日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)五つ巡りの時節に添えて

(前回の雑記からまだ一週間も経っていませんが)

ですがまぁこんにちは、長月です。早いもので四月もあと三・四日で終わってしまいます。
桜はすっかり咲き頃を過ぎて散りゆき、代わりに田舎の山々は桃色から新緑の色に装いを変
えて広がっています。こっちもまた乙なものですね。道端のタンポポや、山吹の色が目に映
る視覚を差してくるほどに明るい。そして今のこの色彩も、もう半月一月もすれば一層濃い
ものになるでしょうし、更には梅雨時の雨でだばだばと滴っていくのです。先日はさも初夏
のような軽く汗ばむ暑さでしたが、あれがデフォルトになるのはもう少し先の事。

さて、何でまた雑記をしたためているかといえば、他でもありません。
本日四月二十八日は当庵の開設日です。そして今日でもって、その開設から丸五年を迎える
運びとなりました\(^o^)/
という訳で、今回は記念的な雑記となります。またいつか、過去の自分を振り返る為にも。

単発短編→20本(+1)
三題→245本(+60)
ユー録は第Ⅵ部序盤、昨年三月からUPし始めたサハラ~も先日とりあえずシーズン1終了まで
漕ぎ付けました。他にも絵やらツクールやら、こさえたいものは色々あれど、中々その全て
が円滑に動いていないというのが実情です。
あと、お仕事(作業場)に通い始めてちょうど一年ほどが経ちました。良縁というのはああ
いうのを言うのだろうなあと思っています。すっかり仕事や環境にも慣れ、もしかしなくて
も日がなPCと睨めっこしているより、お仕事という物理的に縛りのある時間に身を置いた方
が寧ろ脳内イメージをより練られて執筆の効率は増したんではないかと感じます。……まぁ
肝心のクオリティも同じくそうかというと、正直怪しいのですけど;

……長かったなあと思いつつも、いざ過ぎてしまえばあっという間で。

相変わらず硬い・長い・臭いの三拍子が揃いーの、他人に読んで貰おう・楽しんで貰おうと
いうより自分の愉しみ(思考)の為に書いている節がありーの、中々頑としてエンタメ精神
をその身に宿せないままここまで来てしまいました。それでも宜しければ、今後とも気長に
生温かく拙作らにお付き合いくださるとm(_ _)m

本当、精進に果ては無いですね。限界や妥協という形で切ってしまう事は可能だけども。

ただ願わくばこの“極振り”した能力やリソースが無駄にならないことを祈るばかりです。
五年・六年と創作活動をしつつの療養──からの一応ながらお仕事ができるまでに回復して
くれたこの歳月を、全くの無駄な日々だったという結末にはしたくない。なってしまったら
本当に怖い。まだ全然彼らに「返して」もいないのに、そもそもまだまだ途上なのに。

……今夜は改めて、少々ネガティブなくらいにここ暫くを振り返ってみたく。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その11 【ユー録】

何というか、ほぼツクール方面での生存報告となりつつありますが……。

一応四半期ぶりの制作記録です。なのですがはい、最早進捗らしい進捗を挙げる方が難しく
なってきた感があります\(^o^)/折々エディタを弄っては加筆・修正を加え、一つ一つの
挙動に不都合が見つかればうんうん仕様と睨めっこして解決策を模索する──相も変わらず
ゲーム本編にはほぼと言っていいほど表面化しないことばかり手を出している気がします。
(それでも、ユーザビリティの類には、多少神経質なくらい注意しておいた方がいいんでは
ないかとも思案するなど。そりゃあ最終的にはこっちの好みと先方の好みの差とする他ない
レベルのクレームに行き着くのでしょうが、創るからには万全を期したいものですし……)

ただ、前回の記録で「大きな課題」としていたプレイ中の“ラグ”の件ですが、これまでの
試行錯誤の中で何とか解決しました。
どうも調べてみた限り、このプレイ中にものによっては定期的にカクつくという現象はVXAce
の半ば仕様となって久しいようです。改善策としてはゲーミング用のマシンを使うか、そも
そもの原因である移動中のスリップダメージ(及び回復)判定自体を何かしらの方法で削除
しない限り無理くさい──という感じでした。

前者は……悪手でしょうね。こちら側は環境向上も兼ねて買い換えうるかもしれませんが、
少なくともプレイヤー側にそれをデフォで要求するのは難しいと考えます。そもそも気軽に
遊ぶという前提で手を伸ばしてくれた界隈なのに、その為に別途大仰な用意をせねばならぬ
というのは、おそらくそれだけで「じゃあいいや」になりかねません。大体今日びはもう、
気軽の一点に寄りかかるならスマホゲームに行く人が世の大半でしょうし、そういう潮流を
観た上で公式もMVという多デバイス対応型ツクールをごりっと発売したのだと思います。

……まぁ、一先ずシリーズの趨勢は置いておいて(個人的に嘆息とか出過ぎる)

なので、結局自分は後者の方向で解決するに至りました。某スクリプト素材を応用し、歩数
によるステート解除を除いて、大よそ移動時のスリップダメージ判定を起こす処理自体を省
くことにしました。移動中にダメージ及び回復するステートは限られているので、後は自力
で処理をゴリゴリ手打ちですヽ(゚Д゚)ノ
具体的には、専用変数に歩数をカウントする→任意の数値(20歩毎なら20)での剰余が0の時
に分岐(本処理開始)→特定のステートになっているか否かで分岐→スクリプト記述も併用
して任意のスリップ量で増減を指定する、を隊列メンバー毎に繰り返す。現状これらを咬ま
せてみても仕様のようなカクつきは発生していません。まぁ今後色々処理をぶっ込んでいく
につれて再発する可能性もなくはないですが……。

一方、OP処理(主人公メイキング)の前後の方は……こりゃどうにもなんないなぁと。
多分単純にやらせてる処理が多いんでしょう。なのでこのまま『初期化処理を走らせます。
暫く画面をアクティブにしてお待ちください』といったメッセージを表示するぐらいでごり
押そうかと考えています。戦闘ラグも、多少は緩和できました。どうなんかね? 既存の高
速化処理を実装してやればもっと気にならないレベルまでなるんだろうか? だけども原因
が各種効果を“複層化”させられるようにしてる所にありそうな気もします。まだまだ弄り
回すファクターは尽きなさそうです(´A`)-3

あと、改めて感じるリストアップ作業の大切さ。難儀さ。
OP処理やメニュー画面、システム周りの設計・雛型作成もゼロから比べれば大分進みました。
今の所何とかエタらずに始まって主人公メイクして、初期マップでうろうろできるくらいに
は持ち込めています。
……ただ、それだけではゲームのゲの字にもならないんですよねえ。一にもデータ、二にも
データ。突き詰めればできることも何も予め各種データが揃っているからこそな訳で、この
やたらカテゴライズされたデータ群を埋めていく作業からは逃れられない。まぁ凝り性故の
自業自得っちゃそうなんですけども。

とにかく「綺麗にまとめる」よりも先ず「バラバラでもいいから書き出す」というのが大事
なのだなと思われます。何はともあれ、目の前にデータなり構想なりが具体的に出ない事に
は結局頭の中の空想以上のものにはなりませんからね。ブレーンストーミング? だっけか。
性格的にも何だかんだでキチッと揃えたがる癖がありますので、この辺は今後もこれ以上の
グダグダを抑える為にも実践していかねばなりますまい。……畑が違いますが、小説の構想
だって共通する部分はあると思いますね。断片的な思考をそのまま頭の中で霧散させておく
よりは、不恰好でもいいから紙なり何に残していくべきなのでしょう。ついくしゃくしゃに
して捨てがちなのですが、どうせ正式(?)なプロットをこさえても文章なり図なりの、傍
から見ればよく分からん羅列のオンパレードでしかない訳でね……?

創作人をやり始めてもう何年も経つけど、未だにハウツー方面の未熟を意識せざるを得ない
日々でありますね。いい加減物語に酔うばかりでなく、冷静に分析・抽出できるだけの眼力
を持ちたいものです。持たなければならないものですφ(・_・;)

  1. 2016/04/26(火) 22:30:00|
  2. ユー録FW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「禁断」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:楽園、神様、城】

続きを読む
  1. 2016/04/24(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)纏めたいには違いなく

( 」 ゚Д゚)」<お待たせしました

暫くぶりです。ちょうど二週間ぶりになりますか。そしてやはりと言うべきか、月日の経過
とは存外に早いもので、雨風に打たれて散り始めていた桜や他の木々も、今や芽吹く緑色に
濃いという印象が強くなりました。当稿執筆中の現在も、日がな雨がぽたぽたと降り続けて
そうした向きに拍車を掛けています。……まぁそれもそれで、喧しい豪雨でさえなければ、
また別の趣として楽しんでしまえばいいと思います(静かなのって好きですし)

先日、サハラ~の十四章をUPしました。7エピソード目後編です。そして以前から予告して
いた通り、今回でシーズン1終了──書き溜めてあったプロットが全て消化となりました。
なので、来月からは暫く(二・三ヶ月位?)は同作の更新はお休みとさせていただきます。
一息つけた後、例の如く次編シーズン2の分のプロット作成に掛かろうと思います。その間
も他拙作の更新は行いますので、気長に生温かくお待ちいただければと……m(_ _)m

……というかこのサハラ~、どの程度読まれているんでしょう?

少なくともなろうさんでの推移は(掛けてきた歳月の差も当然ありますが)ユー録や三題に
比べると文字通りの桁違いな差となっています。ファンタジーではなく、SFカテゴリにて
投稿しているせいもあるのか、何となしに振るわないなぁという気がしています。
自身はどれも同じく(期間を決めて執筆モード中としますし)楽しんで書いているつもりな
のですが、如何せん「過去の自分」を超えられないというのは中々どうしてモニョるもので
ありまして……φ(=_=;) まぁ以前にこちらで読んだよーとメッセージも貰っていますし、
全くのノータッチではないのですけれど。

検索サイトとか、その辺にこっちも登録しておいた方がいいのかしらん?
実際ユー録と三題はそうしています。というか、寧ろそうやって広告に手を出した事でよう
やっと今のアクセス状況になっているんではないかと思うこともしばしば。
自分が旧い人間なのか、あまり「戦略」の方にばかりエネルギーを割きたくはないんですけ
どもね。そんな余裕があったらもっと文章自体を磨き続けたいというくらいにはジャンキー。
(とはいえ、知って貰わなければ始まらない、というのも理解はしている心算なのですが。
実際ことウェブ小説、コンテンツなど星の数ほどありますからねえ)
……まぁ、結局の所は堂々巡りな思考で詰まるだけな気がします。自分の愉しみや研鑽へと
どうも主だった関心は向いてしまいますし、邪推ばかり僻んでばかりでも精神衛生上宜しく
ないのは確かですし……。

書き続けたいですね。創り続けたいです。

己が内側と外側のセカイの差に悶々とするというのは、どだい創作人の宿命みたいなものな
のだろうなぁと思う今日この頃。

続きを読む
  1. 2016/04/22(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブル〔14〕

 咆哮と、渦巻いて空へと舞う炎。
 瞬く間に睦月は文字通り火だるまと化し、大きく跳び上がるとタウロスに襲い掛かった。
一切の加減を知らない熱量。盾代わりにした戦斧が濃い紅蓮を通し、より黒ずんで映る。
「くぅ……ッ!!」
 それでも、相手は電脳の怪物、剛の者か。
 睦月という今や炎の塊とでもいうべき相手と打ち合っても、その両脚はどしりと地面を捉
えて退かない。寧ろ後ろの勇を何としてでも守らんとするよう踏ん張っている節さえある。
 夜の路地、ビル群に切り取られた空。
 そんな闇色に割り込む守護騎士(かれ)の火だるまの拳を、タウロスはぐぐっと一旦戦斧
ごと押し留めると弾き返す。
『睦月!』「これは……」
「押すには、押してるけど……」
 だがこの彼の豹変を、仲間達が見逃す筈もない。
 同じ現場の目の前で、司令室(コンソール)から、面々の動揺は伝播している。
「違う……。これは私達が想定した換装じゃない」
『えっ?』
 更に司令室(コンソール)の画面前に張り付いて、香月がごちた。同じ白衣の研究仲間や
職員達、皆人もが目を丸くして彼女を見、即座にその意味を知る。
「暴走している。換装に失敗したんだわ」
 その間も睦月は火だるまになったまま、何度となくタウロスに向かっていく。
 しかし香月が言った通りなのだろう。その動きは破れかぶれというか、明らかに理性的な
戦いには見えない。当のタウロスもそれは理解し始めていて、受け止めるよりもかわす方へ
と捌き方を切り替えている。
『國子ちゃん、ワクチンを使って! このままじゃあの子が死んじゃう!』
 香月の、母の悲痛な指示(さけび)だった。
 インカム越しに伝わるその言葉。仁らリアナイザ隊士達が一斉に顔を向けてくる中、國子
は一旦朧丸の召喚を解除すると、事前に受け取っていたリリースワクチン入りのディスクと
自身のデバイスを入れ替えた。
 再起動させた調律リアナイザの銃口を戦う──暴れている睦月に向けて引き金にじりっと
指を掛ける。だが本人が動き回っているのと、何より彼から生まれ、辺りに渦巻く炎が激し
さを増す一方なために中々狙いが定まらない。
「ラァッ! アァッ!」
「……こいつ、本当に正気が……」
 渦巻く熱量を孕んで繰り出される拳。だが言い換えればそれはワンパターンでもあった。
タウロスはあくまで勇を庇うようにして立ち回り、炎の途切れた箇所を狙っては柄先を打ち
込んでこれを幾度となく弾き返している。
「陰山さん、早く!」
「分かってます。でも……」
 戦えば戦うほど、届かねば届かぬほど激しく燃え盛っていく睦月の炎。
 まるで膨張するように燃え盛るその範囲は増していった。気付けば当の二人を目で捉える
のも難しくなるほど、その激しさは敵味方に関わりなく猛威を振るう。轟々と、噴き出した
炎の先が路地のあちこちでビルや電線に燃え移っていく。
「……やっべ」
 そして近くのビルの屋上でこれを見下ろしていたグリードも、グラトニーと共にそそくさ
とその場を逃げ去っていく。
 見上げれば炎は辺り一帯を包み込んでいた。それでも二人、暴走した睦月は止まらない。
 くっ……! 時間が無かった。國子はタイミング良く射線上を走っていく彼に向かって意
を決して引き金をひき、撃ち出された半透明の光球が真っ直ぐに飛んでいく。
 睦月! 仲間達が呼ぶ。炎に巻かれて、それでも彼を何とかしたくて、だけどもそこから
一歩すらも満足に進めなくて。
 轟。膨張する炎。その噴き先は次々に周囲へとぶつかり、焦がして破壊し、加速度的に空
間を紅蓮に染めて一つにならんとする。届いたか、届かないか。光球が睦月の方へと吸い込
まれていったのが見えたが、そこまでだった。
『──ッ!?』
 爆ぜた。遂に燃え移った炎達はビル群の何かしらに引火し、大きな爆発を起こして辺りを
一気に吹き飛ばしたのだった。

 悲鳴。
 國子が、仁が、リアナイザ隊の面々が。司令室(コンソール)の皆人や香月達が。庇うよ
うに咄嗟に勇を抱え込んだタウロスが。
 膨れに膨れ上がった炎は、場にいた者全てを巻き込んで。

 爆風。
 敵味方の区別もなく、暴走する力は路地一つをごっそりと呑み込んだ。

続きを読む
  1. 2016/04/21(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (140)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (23)
【企画処】 (310)
週刊三題 (300)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (299)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート