日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)反転する空っぽに向けて

……月に五本の雑記を書いたなんて随分久しぶりな気がする。

暫くぶりです、長月です。年度末の忙しない時期に失礼します。
ざっと過去の雑記原稿(バックアップ用に全部取ってある)を確かめてみたのですが、最後
に五本書いたのは一昨年の七月だったようですね。ちょうどあの頃は公募初挑戦が見事一次
落ちだったり、プロットを書き溜めていたりしていた時分でした。
……残弾がないと言い訳している内にもう二年も経ってしまったんですね。幸いこの一年程
で自分のリアルは大分前進こそしましたが、物書きとしてのレベル(と表現してしまうのは
少々画一的を強いるようで宜しくないか)はあまり変わっていないような気がしなくもない
です。とかく量ばかりがもっさりで、一層俺得状態が進んでいるような……。それでも日々
アクセスは大なり小なり刻んでいるようなので、直接レスポンスを交わすでもなく手に取っ
てくださる方はいるのだろうとは思うのですが……φ(=_=;)

(現在進行形の)当面のスケジュールは、先ず月頭の三題二本を書き終え、その上でユー録
の次章執筆に移ろうというものです。当稿現在で来月第一週分の三題は上がっているので、
もう一本ですね。まぁネタが降ってくるのは半分は運というか、はたとしたタイミング次第
であるので、気長にやろうと思います。自分で自分に課したマイルールとはいえ、一度その
“惰性”を断ってしまうともう戻って来れないような気がするんですよねぇ……。

なもので、つい「したい」よりも「やらなきゃ」で自分を律してしまうものだから、尚の事
その都度書き上げたものが満足いくものか?全力を出せたか?とどうにも慎重というか、疑
いの眼を持って睨めっこしてしまう。コレジャナイ──コレデイイノカ感。だけどもスパン
の為には期限の余力みたいなものがあって、結局軽く手直しこそしても大体はえいままよと
投下しているのが実情です。

では具体的に、どんな文章だと「コレ」なのか?

まぁその辺がはっきり自分にでも分かれば(言語化できていれば)苦労しませんわな。
実に曖昧。尤もその不確定さの中でもがき、試行錯誤し続けることが創作なり物書きであっ
たりするし、明確に「答え」が明文化されてしまったら創る──物語という形である必要性
すら無くなるのかもしれません。喧しい、細かいことは(ry パッションに任せてぶつける
先であればいいんだとはよく云われますが、多分そういうのがぐるぐる捻じれて一繋ぎにな
って、物語としての論理構造が何処か途中でぼやっとしたまま放り出される──自分として
は何だかはっきりしなくて収まりの悪い感触なっているのかなぁ……?ヾ(:3ノシヾ)ノシ

所詮、毛が生えた程度のアマチュアが論ずる所であって、実際これ自体が大分「感覚」的で
はあるんだけども。

ただ「精進あるのみ」と嘯いているだけでは駄目だよなぁと思うのですよ。

柔こめ? 硬め?──エンタメ? 文芸?──エンジョイ勢? ガチ勢?
色々筋を、立てなきゃさ?

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/03/31(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「アンロック」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:扉、才能、生贄】

続きを読む
  1. 2016/03/27(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)思考する頭の内と外

遅くなりまして……φ_(:3 ⌒゙)_

いや、違うんですよ。
久しぶりに執筆明けの反動(疲労)がどーんと来て、週の後半から土日にかけて何度も昼寝
や仮眠を取ったり、気晴らしにと積んでいたゲームを消化していたり。
例の如く長編系の更新後は雑記でこうして近況を述べつつ、書き〆のワンセットという心算
だったのですが、ガス欠になったのか頭の中に中々文章が起こらなくてですね……。そんな
こんなで気付いてみればおよそ一週間後の雑記となってしまいました。申し訳ない。
                  前回、一週間~十日という大体のスパンをぶった切ってUPした影響もある?

という訳で、もう早先週の半ばの事となりましたが、サハラ~の十三章をUPしました。
7エピソード目前編です。書き溜めてあるプロットが今回のお話で一旦尽きることは前回の
雑記でも言及した所だと思いますが、それに加えてこのエピソードは作中でも重要な意味を
持つことになります。言ってしまえばシーズン2以降の布石って奴です。まぁどれだけお話
を広げ、何より畳み切れるのかが寧ろ肝要、物書きの技量というものですが……。ともかく
現状趣味ですし、精神衛生の為にも好きなように書いていきたいと思います。その上で読者
さんとwin-winになれれば儲けものって所ですかねえ。

関連してプロの……という訳ではないのですが、一方同じ物書きをやっている繋がりで現在
二件ほど文章の依頼(?)を受けています。一つは既に完了、もう一つは先方と相談しつつ
改稿を繰り返している最中です。
こんな一介の趣味人でも他人の役に立てるケースってのはあるもんだなぁと、内心少々感慨
深いような、こっ恥ずかしいような。ただ長いこと、一回ざざっと書いてUPしたらば次へ次
へという動きでやってきたせいか、何度もリテイクをしていると中々終わりませんね……。
やはり推敲とは必要だけども、疑心暗鬼の巣窟やで;

コレジャナイ、コレデイイノカ。

自分も結構な頻度で口にしている言い回しですが、ぴったりバッチリな「正解」なんてそも
そも無いんでしょうしね……。とにかく数をこなして、前に進んで、ぼんやりとパティーン
を造っていくしかないように思います。さりとてその枠に拘り過ぎても書き手としての自分
の寿命を視野を狭めかねないとも戒めます。

……嗚呼、気楽な商売だよ(笑)
予め内容が指定されている文書ならともかく、まぁこれまでさんざ空想を頭の中で捏ね回し
続けてこれたものだなぁと。
先日、自分の文体を好きだと言ってくれた方がいました。尤も本人を前にして多少おべっか
になっておられたのかもしれませんが。

体力気力が続く限り頑張りたいですね。

人間(ひと)一人が紡ぐ言葉に、本当に意味が在るというのなら。

続きを読む
  1. 2016/03/21(月) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「コンベア・ターム」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:部屋、砂、高校】

続きを読む
  1. 2016/03/20(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブル〔13〕

 事件は既に起きていた。
 夜の飛鳥崎、沈んだ日の代わりに煌々と街のあちこちで輝くネオン。
 だがそんな人工の光達から零れ落ちるように、薄暗い路地裏の一角をふらふらとした足取
りで歩いている少年がいた。
 ……いや、歩いているのではない。必死に逃げようとしていたのだ。しかし胴や腕、頬、
あちこちに走った決して浅くない裂傷をいくつも負い、彼は朦朧とする意識の中、思うよう
に走ることさえできなくなっている。
「はぁっ、はぁっ、はぁっ……!」
『……』
 荒くつく息。もつれて暗くて、あたかも永遠に続きそうに感じられる夜闇の路地裏。
 そんな彼の後ろを、静かに着実に追い掛けて歩いている者達がいた。
 一人はフードを目深に被った、同年代と思しき少年。もう一人はこの少年に付き従うよう
に歩を進める、見上げるほどの体躯をした大男だ。
 轍が出来ていた。二人の後ろには点々と、惨殺された何人かの別の少年達の亡骸がそのま
まの形で転がっている。胸を斬り裂かれ、或いは首を刎ねられ。夜闇色を背景にした彼らの
鮮血は不気味に静かに赤黒く映る。
「っ……!?」
 そうして、逃げ惑う少年の正面が行き止まりになった。慌ててブレーキをかけ、引き攣っ
た表情(かお)で背後に振り返り、しかし淡々と迫る二人にもう逃げ場がないと悟る。
「た、助けてくれ! なぁ、もう充分だろ? もうあんだけ殺せば充分だろ? なぁ!?」
 だから矢継ぎ早に口にしたのは、命乞いだった。
 プライド、命──優先順位(プライオリティ)が彼の中で激しく入れ替わり、必死にそれ
でも体裁を整えながら、何としてでも自分だけは助かりたいという本性。
「……」
 しかし程なくして追いつき、このすぐ対面に立ったフードの少年は黙していた。
 殺されてもう戻って来ないとはいえ、友人達を見捨ててでも助かろうとするその性根を侮
蔑しているのか、或いはそんな変わらぬ心根に怒りすら覚えているのか。
 ギロリ。どうやら真相は、後者のようだった。
 小さく顔を上げ、フードの下から微かに片目だけが覗く。……酷く冷たくて、静かな怒り
を湛えている眼だった。
 そんな反応を見て、話が通じないと悟ったのだろう。すると次の瞬間、追い詰められた少
年はギリッと歯を食い縛り、それまでの態度から一変して罵声を張り上げる。
「畜生! ふざけんな! 何で俺達が、こんな目に……!」
 フードの少年の後ろ、大男が動こうとしたが、他ならぬ彼がまだ動かない。そんな二人の
図るタイミングすら見据えられぬほど、冷静さを欠き始めたこの最後の少年は、言う。
「俺のせいじゃねえ! あいつは……自分でヤったんだろう? 俺のせいじゃねえよ。結局
弱ェ奴だったんだ。なら要らねぇだろ? 今は……そういう時代じゃねえか」
『……』
 逆ギレ、責任転嫁。少なくとも彼がその誰かを貶しているのは分かった。
 フードの少年が気持ち、一層の殺気を漂わせたように感じられた。暗い裏路地にフゥッと
冷たい夜風が吹く。後ろの大男は何も言わず、ただ大きな影の塊として佇んでいる。
「そうかもな。だが、問題はそこじゃない」
 はたして、フードの少年は言う。
 数拍置いた間。とうに予想はしていて、だけどその直情を呑み込む為に、一度は静かにな
らなくてはいけなかった数拍。
 サッと小さく片手を上げる。その合図で後ろの大男がガチャリと巨大な刃をこの少年に向
けて持ち上げた。ひっ……?! もう逃げられない行き止まりに背中をぐいと押し当て、彼
はまた恐怖でチビりそうな表情(かお)になる。
 屁理屈だ。最期の興奮だ。
 もう何度も何度も言い聞かせたこと。フードの少年はその片手をついっと下げ、まるで単
純作業のようにゴーサインを出す。
「──お前は、俺の仇(てき)だ」
 直後、一閃。
 背後頭上より放たれた大男の一撃が、この少年の首を鮮血と共に跳ね飛ばした。

続きを読む
  1. 2016/03/16(水) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (149)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (87)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (340)
週刊三題 (330)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (319)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート