日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「残すべきか」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:本、兵士、馬鹿】

続きを読む
  1. 2016/03/13(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)何を憶えて、何を忘れる

暖かくなるかな~? と思ったら、また寒くなった件について(^o^三^o^)

一週間も経たぬ内に雑記です。そして一週間も経たぬ内に気候がふいっと春から遠退いたか
のような昨日今日。先の陽気につられて芽を出し始めた作業場近くの梅の木たちが、冷たい
風にじっと吹かれておりました。……何かこっちまで芯が冷えてきそうになります。
どうやらまだもう一回、二回、寒暖の波が必要みたいですね。一度はインフルまで拗らせて
痛い目をみた者としては、いい加減まっすぐ季節が変わって欲しいもんですけど……。

今週は、例の如く長編な方の執筆はお休みし、充電期間のような生活を送っていました。
しかしまぁ……お仕事で平日の多くを過ごすようになったこともあって、一週間があっとい
う間に過ぎるのなんの\(^o^)/ 幸い肝心の作業もこなれて久しく、新しい人やお客さんも
増えてきてしばしば活気ある。人によってはそれが煩いくらいに感じられるかもしれません
が、自分としては割とよかったなぁと思う方です。不思議なもので、物書きをする時とは違
って他人の声(喋ってる気配・姿)があると適度に肩の力を抜けるんですよね。本当、何で
こうTPOによって違うものなのか……。嫌ではないのだけど。

カレンダー上の週毎の短さ(日数)にもよりますが、ざっくり自分は一週目と三周目にそれ
ぞれ長編系二作の執筆スケジュールを入れるようにしています。体力的にも立て続けはしん
どいというのは経験で分かってますし、やはり余裕は作っておきたいので。
このリズムの通り、来週からはサハラ~の次章(十三章・7エピソード目前編)の執筆に掛
かろうと思っています。いよいよ書き溜めたプロットもこれで最後のエピソードとなって参
りました。詳しい事は来月、後編を更新してからまとめるものとしますが、故にサハラ~は
次編──シーズン2のプロット作成の為に暫くお休みになるでしょう。
……ただ、ジャンル分類をSF(変身ヒーロー物)として投稿しているのもあって、次編以降
も読みたいと思っている方がおられるのかどうか……;正直まだ、他の構想と併行していく
のかいっそ切って入れ替えてしまうのか、迷っている節があるんですよねぇ。
(尤も後続はプロットすら出来ていないので実際問題すぐには難しいが)

そんな事をぼやっと考えながら、趣味と仕事を往復する。

ほっこり良い方向にむかっていく案件が出てくる一方、はたと懸念材料も出てくる。それら
は確かに今すぐではないけれど、折角前に進んでいこう・笑って生きていける人の、まだ安
定しない足場から、ややもすれば乱暴に梯子を外そうとするのは如何なものか。確かに全員
が全員『社会はお前の母親』ではなくて、逐一リソースを振っている余裕がある訳ではない
のは理屈では分かるのだけど、何だかなあ……。

……失礼。私事過ぎたかしらん。
でもここ最近、仕事柄もあって改めて考えるようになっている。

本当の「優しさ」とは──何だ?

続きを読む
  1. 2016/03/12(土) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)意識の高い侮蔑たち

φ_(¦3 」∠)_ ……ふぅ。

三月もばたばた執筆とお仕事を行き来している内に、気付けば一週間が経ちました。
これまで油断すればすぐ曇天になって冷えてばかりいたお天道様も、何だかここ暫くは上着
が要らないくらいの暖かい日差しを届けています。
朝の早い内は、作業場内をある程度暖めるのにストーブや空調を焚きますが、もうぼちぼち
その必要性もなくなってきそうですね。春の足音がにわかに大きくなり始めています。
冬も遠退き新しい季節、環境、人。しかしそれが次第に惜しくすら感じられてくる日も……。
未来よりも在りし日々に情が移りがちなのは歳の所為なのかしら? こんにちは長月です。

例の如く、先日拙作連載(ユー録)の七十一章をUPしました。あと今週分の三題も。
先月がインフルで気持ち不完全燃焼だったからなのか、何だか今回は反動のようにもっさり
と盛れてしまいましたね。だが私は謝らない。書けること筆が進むことは嬉しきかな愉しき
かななのですが、如何せんどんどんユーザビリティというものからは遠ざかっている、よう
な気がしないでもないです。
だけども、今回更新して(おそらく)すぐに、なろうさんの方で評価点を付けていってくだ
さった方がいたようでした。そして累計アクセスも18万PVのキリ番を突破する運びとなりま
した。あちらの活報では既に追記しておきましたが、改めて重ねてこの場を借りて御礼申し
あげますm(_ _)m

幸い、引き続き平穏無事な日々。
あまり大きいとは言えない作業場も、地域や業界方々に知られていくにつれ、新しく人もお
仕事の依頼も増えていっているようです。まぁ高齢や転身を理由に卒業して(さって)いく
同僚さんもいなかった訳ではないですが、今生の別れでもなし、また何処かで縁があれば会
うことがあるかもしれません。お仕事に限らず『新参者→離反者』ではなく『いらっしゃい
ませ→いってらっしゃい』くらいの精神で場に場に在りたいものですね。
……まぁ一方、年齢を問わない場合、気付けば自分がかなり長老格に近くなっているという
現実がが<(^q^)> いつぞやの嘯きではないですが、そんな時の流れもいつかは笑って語れる
ほどに、自身が成長してくれていればいいんだけどなあ……。

ぼちぼち年度も変わります。

新年の折の如く改めて、この先どんな自分になりたいか、具体的なプランを立てて邁進でき
るくらいのバイタリティがあれば尚理想的ではありますね。

続きを読む
  1. 2016/03/07(月) 18:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「ゲエム」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:冷酷、遊び、携帯】

続きを読む
  1. 2016/03/06(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔71〕

 それは史の騎士団と正義の剣(カリバー)、セイオンの三つ巴の睨み合いが収束し、よう
やくクランが一先ずの安堵に包まれた夜のことだった。
 宿舎の自室で、ジークは二段ベッドの下へともぞもぞ潜り込む。アルスも日課となって久
しい夜長の勉強を切り上げて魔導書やノートをしまい、同じく寝間着になって二段ベッドの
上へと上っていく。
「あ~……。今日はすっげー疲れた……」
「だねえ。でも何とか丸く収まってよかったよ。一時はどうなる事かと思ったもんね」
 自身を包み込み、受け止めてくれる布団の感触に背中を預け、ジークは思わず身体の底か
ら声を絞り出していた。上段のアルスも薄手の毛布を被りつつ苦笑する。エトナが机の上の
照明具をオフにして室内はパチリと暗くなり、二人の目が闇に慣れるには暫しの秒数を必要
とする。
「それって、史の騎士団? それともレナが“聖女”だったってこと?」
「うーん……どっちもかなあ。でもレナがってのは正直あんまり驚きはねぇな。そうだと言
われても何となくしっくり来るっつーか……」
 ふよふよ。エトナが気持ち自身の翠光を抑えながら、天井近くへと浮き上がりつつ問う。
 ジークは頭の後ろで両手を組み、ぼうっと意識と身体を手放しながら答えた。脳裏に己の
秘密を知らされた時のレナの横顔が映る。
 ……酷く動揺していたっけ。自分があのマッチョな神官騎士にぶん殴られていた時、今ま
でに見たことがないくらいに泣き叫んでいたっけ。連中が守備隊に連れて行かれた後も、赤
く泣き腫らしていたのに、それでも真っ先に自分の手当に駆け寄って来たっけ。
「あ、それは皆も言ってたね。“俺達の天使だし”とか何とか」
「天使(エンゼル)と聖女はまた別物だと思うんだけど……」
「それだけ皆の支えになってるって事だろ? 俺だってそう思うぜ? あいつは気立てもい
いし、大人しそうに見えて案外肝も据わってるしな」
 これだから男は……。エトナがジト目になりながら呟いている。
 しかしジークはそんな弟の言葉を継ぎ、微笑(わら)っていた。胸元から下に毛布を被せ
て暗闇に身を委ねながら、仲間達と同じ思いであることに何処か誇らしさすら覚える。
 すると今度はふわっと、エトナが逆さまになってこちらに顔を出してきて言った。先程と
は打って変わり、妙にニヤニヤとしていて悪戯っぽい。
「ほうほう……? じゃあジークはやっぱり、レナのことが好きなんだ?」
「はっ?! な、何でそういう話になるんだよ? 信頼できる奴だって話だろ? そういう
のじゃねぇよ……。大事な仲間、だよ」
 折角ゆっくりと眠気に委ねようとしていたのに、不意にそう意識を叩き起こされた。
 がばっと毛布をはだけつつ、ジークはベッドの外でほくそ笑むエトナに反論していた。自
覚はしていないが少し頬が赤い。ニヤニヤと、彼女はそれを心底面白そうに見返している。
「もう、エトナ。あんまり兄さんをからかっちゃ駄目だよ? もう今日は遅いんだし、お喋
りは程々にね」
「あ、ああ。そうだぞ、エトナ。お前は時々斜め上なとこからぶっ込んでくるからなぁ」
「は~い。……はあ。こりゃレナ達も苦労する筈だわ」
 うん? 兄弟の疑問符が綺麗に重なった。だがエトナは「何でもなーい」とわざとらしく
視線を逸らし、再びふわっと天井へと飛び上がると顕現を解いて(きえて)しまった。
 夜更けの静けさが、はたと距離を縮めてそこに在るように思えた。
 暫くジークとアルスは、上下それぞれのベッドの中で黙した。毛布の柔らかさに包まり、
うつらうつらと少しずつ瞼が重くなり始める。
「……兄さん、まだ起きてる?」
 そんな沈黙の中、小さく声を出したのはアルスだった。
 もぞっ。ジークは瞑りかけていた目を軽く開け「ああ」と短く答えた。また少しの間が横
たわる。静かになると、またさっきエトナが言った言葉が思い出されてくるかのようだ。
「その……またレナさん達と出掛けるんでしょ? ヨーハン様に会いに」
「ああ。それが“青龍公”の用件だしな。荷物を整理したら、また近い内に出るんじゃねぇ
か? もしかしてお前も行きたいのか? そりゃあマジモンの英雄様だからなあ」
「きょ、興味はあるけど、講義が……。それに今日のゴタゴタでフィデロ君達、随分と先生
に絞られちゃったみたいだしね。昨日の今日でサボる訳にはいかないよ」
「真面目だなあ。まぁ実際、あいつらが割って入ってくれたお陰で助かったんだが」
 夕食時に話し合った結果、古界(むこう)へ行くメンバーはレナとハロルド、代表として
ダンにジーク、ステラ、リュカ、サフレ及びマルタの八名となった。兄弟ともに手負いでは
あったが、今回はより重症だったリカルドは引き続きこちらで養生して貰うことにする。
「さて、どうなる事やら。伝説の勇者様が一体レナに何の用なんだか」
「……」
 おそらくは“聖女”と“勇者”──同じ十二聖繋がりだとは思う。
 だが片方は正真正銘の生き証人で、もう片方は生まれ変わりである。相手の肩書きの大き
さに、レナがまた萎縮しなければいいのだが。
「……。ねえ、兄さん」
 だから少しばかり、ジークはいつの間にかアルスが押し黙ってしまっていたことに気付け
なかった。代わりにちらと視線を上段の底板に向けた時、彼は暗闇の中で自分に何かを伝え
ようとしていた。
 沈黙。しかしまだ語るべき内容がはっきりとしていないのか、底板越しの弟はたっぷりと
逡巡しているようにもみえた。
「アルス?」
「……あ、うん。その、まだ色々僕の中で詰め切れていないんだけど。まだ皆に話すには早
計だとは思うんだけど」
 目を瞬き、ジークは問う。
 するとアルスはついっと文字通りを背中を押されたように促され、訥々とながらに話し始
めたのだった。
「向こうへ発つ前に、聞いて欲しいことがあるんだ」

続きを読む
  1. 2016/03/05(土) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month