日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔12〕

「八代、実はお前に訊いておきたい事があるんだけどさ……」
 それは文化部棟の廊下。皆人・睦月と物別れし、仁が一人踵を返していた時の事だった。
 物陰に隠れていた、先程の一部始終を聞かれていたらしいメンバーの一人。
 即ち期せずして人払いのような状況であったのだ。だからこそ、仁は意を決してその抱い
ていた疑問を問い質そうとする。
「どうもな、最近海沙さんをストーカーしている奴がいるっぽいんだよ。俺も話を聞いて自
分なりに調べようとはしたんだがな。……なぁ八代。お前じゃ、ないよな? 妙だとは思っ
てたんだ。お前の、海沙さんの写真は、あまりにも──」
 クローズ過ぎる。仁は仲間を疑いたくはないと思いながらも、質さずにはいられない。
 対する八代は黙っていた。こちらの戸惑いも、意を決した質問も、まるで磨耗した感情の
中に取り込んで無に返してしまうかのような。
「確かに俺達は彼女のファンだ。でも本人を怖がらせてまで、その姿を追うべきじゃない。
そうだろう?」
「……」
 だから仁は次の瞬間、八代の放った言葉に耳を疑った。嘘であってくれ──俺達は同じ人
を好きになった、だけど報われる筈もない“仲間”じゃないか。
「やっぱ勘付いてやがったか。あの時見かけてから、ずっとどうしてやろうかと考えてた」
「八代……?」
 自白。現した本性。
 仁の頭の中でそんなフレーズが鳴り響き、警告を鳴らす。だが一方でそんな目の前の現実
を認めたくないと、彼の視界は眩暈を起こすようにぐわりと歪んでいく。
「まさかお前。本当に……」
「……」
 そして八代は、懐からとある馴染みのある物を取り出した。
 リアナイザ。コンシェル同士を戦わせるゲーム・TA(テイムアタック)用の出力装置で
ある。その……筈だった。
「悪いが暫く寝てて貰うぜ。俺も忙しいんでな」
 やれ。彼が躊躇うことなく引き金をひく。するとそこから現れたのはギョロっとした眼、
くすんだ緑色の身体をした怪物──本来リアナイザのホログラム上でしか動けない筈のコン
シェルだったのだ。
「ひっ……!?」
 半ば反射的に、背を向けて逃げる。
 だが仁が次の瞬間味わったのは、背中に打ち込まれる、酷く熱い痛みで……。

(──んぅっ……?)
 はたして、それから一体どれだけの時間が経ってしまったのだろう。
 次に目を覚ました時、そこは何処か狭い場所のようだった。
 パッとイメージしたのは、少し大きめの用具入れ。全身が鈍く痛んでいる。あの時受けた
ダメージだろうか。仁はすぐに自分が、手足を縄で縛られ、口にガムテープを貼られている
事に気付いた。
 監禁、という奴だろうか。いよいよヤバい事になったな……。痛む傷で未だぼうっとする
意識の中、仁は只々失望と絶望に打ちひしがれる。
(まさか八代が……うちのメンバーが本当に犯人だったなんて……)
 それに、あのリアナイザは何だ? もし記憶が確かなら、自分はあの現れた化け物──緑
色のコンシェルに攻撃されたことになる。
 コンシェルが人間を襲う? まさか。そんな、馬鹿な事が……。
「っ──」
 いや、今はそんな戸惑いに意識を取られている場合ではない。
 ややあって仁はある可能性──八代があの化け物を使ってやってきた、やろうとしている
事に予想がついてしまったのだ。
 そういえば三条や佐原も、自分のリアナイザを疑っていた。そういう事なのか? にわか
には信じられないが、もし本当にそうなのだとしたら。
(……知らせないと)
 思い、必死にもがく。だがおそらく八代によってぐるぐる巻きにされた仁の身体は、うん
ともすんとも自由が効かない。
(何とかして、知らせないと……!)
 もがく。ある種の罪悪感とでもいうべき感情が、彼の全身を苛んでいた。

 急がなければ。
 このままじゃ……海沙さんが危ない。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/02/20(土) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month