日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)深淵をのぞく時、深(以下略

φ(=_=)<前回の雑記からまだ一週間も経ってはいませんが。

何というか、定期的に記事を埋めるといいますか自分の手で形にしたかったのです。
本当、作業場に通うようになってから一週間がホイホイと過ぎ去っていきます。やっと週末
かと思えば、え?もう週末?と思う時もあるし──。少なくとも時の早さの割には、自分が
したいと思っていたことは出来ていないなぁという印象ですね……。

ただまぁ、最近は吹っ切れつつあるのか、一昔ほど「創れない」ことに毎度乱高下するほど
激しく気落ちしたり、或いは創れてほっこりするという波ではなくなってきているような気
がします。詮無いのですよね。それこそこれが他人様を巻き込み、お金を伴うお仕事であれ
ば多少なりとも自分に鞭を打たなければいけませんが、そうでないのなら(いや実際そうで
なくとも)急いた所でその分能率が上がるって訳でもないですし……。
そもそも冷静に考えてみれば、大抵の人間にとって「創っていない」状態とは「普通」なの
ですよ。つい創作人の一人として、中毒な人間として視界が狭まってしまいますが、やっぱ
しっかりガッツリ詰められていない・起こって来ない内は無理しない方がいいなぁと。確か
に自分に付随するリソースは有限ではあるけれど、駄目そうだったら一回寝た方がいいです。
寧ろ他の事をしている内にふいっと浮かんでくることだって珍しくないのです_(¦3 ⌒゙)_

……と、自己弁護はこの辺りにしておいて。

前回(ユー録)の執筆からぼちぼち一週間が経とうとしています。例の如く、来週明けから
はまたもう一回、三題→サハラ~の執筆に掛かろうかなと予定している所です。

追記(2/15):インフルエンザに罹ってしまいました。早く治そうとは努めますが、確実に
予定よりも遅くなると思われます……。
どだい鈍行営業ですが、とりまこの雑記や週明けの
三題を繋ぎにでもしてゆるゆるとお待ちください。

来月で、このお仕事に行き始めて一年になります。

先日、なろうさんにて三題の累計ユニークが5000人を突破しました。

もっと他に、もっと色々新しい物語を書きたい。ツクりたい。

それでもキャパは限られているからね。
用心して用心して、長く自分を使ってゆく為にも身体は労わってゆかないといけないからね。
仕方ないねヾ(:3ノシヾ)ノシ

続きを読む
  1. 2016/02/12(金) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ノット・オンリー・フォワード

前日に書いて、翌日にUPする(その方が月別履歴の表示が多く埋まり易いんだもの)

……まぁそんな個人的な拘りは置いといて。こんにちは、長月です。
先日、ユー録の七十章をUPしました。当初の心積もりよりも存外に膨れてしまい、久しぶり
に三万字を超えるボリュームとなってしまいましたが、例の如く気長に生温かい目でお手に
取っていただければ是幸いですm(_ _;)m

二月も、入ったと思えば早一週間が過ぎました。
かねてよりそういう(お仕事の合間に執筆スケジュールを始めとした創作活動をねじ込んで
いく)スタイルを採っているのだから当然といえば当然なのですが、ゴリゴリ時間が過ぎ去
っていきますね……。全く何も進んでいない、出来上がっていない訳ではないにせよ、どう
にも惜しや。先の土曜も午睡に任せて横になっていたらあっという間に夕方になっていて、
軽く衝撃を受けたり何だったり^q^

……こうして繰り返し、気付けばすっかり自分のリソース──人生を使い尽くしてしまって
いるのかなあ?
流石に「気が早いよw」と突っ込まれるのは分かっているのですが、ここ暫くついそんな事
をぼーっと考えてしまいます(だけども、かといって何が出来る訳でもないですが)

時々、自分でも自分が分からない瞬間ってのがありますね。
疲れは溜まっている筈なのに、妙に滾っている。いわゆるランナーズ・ハイならぬライター
ズ・ハイ的な状態なんだろうなと思いつつも、同時にいつこれがガクンと崩れ去って大きな
反動になるのかしらん? どだい有限な自分であるのなら、可能な限りできることをやって
おきたい。色んなものを創りたい。でも意識の表面上だけ焦っても、気持ち所か元療養人の
身体がおいそれとついてこれる訳もなく、結局大抵はコツコツ積み上げてきた今までを、今
あるコンスタントなリズムを刻み続けるのをキープするくらいしかないという現状が……。

ぐぬぬ。

だが、焦るこたぁないと宥められていても、もっと変化がなければ。作らねばとぞ。

ユー録は今回で七十章目の大台に達しました。まぁ単純計算で月一更新──10ヶ月毎にそう
いう節目は来るのですけど、中の人的にはめでたいめでたいとただ喜ぶよりは、もっといい
ものにしなくちゃ(既にかなりもっさり分量だけど、実際ついてけてる人っているのか?)
過去の自分に負けないくらい、同じくらい新しい物語も書きたいなあとか。そういう気持ち
の方が勝っているのが正直な所です。手に取ってくださっている方、ごめんなさい。

……とはいえ、見方を変えれば、それだけ今の自分に意欲や活力がある証ではあるのか。

……( ・x・)φ 程々に、頑張っていきまっしょい。

続きを読む
  1. 2016/02/07(日) 17:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「舌禍」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:戦争、炎、希薄】

続きを読む
  1. 2016/02/07(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔70〕

 飛行艇の便を急ぎ予約し、ジーク達は一路梟響の街(アウルベルツ)のホームへと向かっ
ていた。他人も多い空の旅ではいつ“結社”に狙われるやもしれないとは考えたが、一旦は
大会中に刺客──と思しき者達も退けて抑止力も示してあるし、何より今はハロルド達の事
を思うと少しでも早く向こうに着きたかった。
 魔界(パンデモニム)から顕界(ミドガルド)へ。
 世界の層を越え、北方の大陸に着陸し、街へと続く街道を進む。
「ストーップ! ストップ、ストップ! 皆、あたしだよー!」
 それは、いよいよ街の中心部に入る寸前の事だった。
 郊外のまだ疎らな家屋。遠くに見えるのは、巨大な足場の骨組みと雨風を凌ぐ為のシート
に覆われつつも、時折ちらとその全体像が見える、目下最終調整の巨艇・ルフグラン号。
 ジーク達が乗る鋼車の列に、はたと何者かがそう言って立ち塞がったのだ。
「……レジーナさん?」
 いや、何者かではない。そこに立っていたのはレジーナと、エリウッド以下ルフグラン・
カンパニーの面々であったのだ。
 慌てて運転手に停まるように頼み、ジーク達は何事だと頭に疑問符を浮かべて次々に鋼車
から降りた。彼女達が、わたわたと大層焦ったようにこちらへ駆け寄ってくる。
「一体、どうしたんです?」
「あんたらもホーム(むこう)から聞いてねぇのか? 今あっちは大変な事に──」
「それが更にややこしい事になってるんだってば。何か少し前、酒場の方に史の騎士団のお
偉いさん方がやって来て、ついさっきには正義の剣(カリバー)まで来てさぁ……」
 ジークが、ダンが訊ね、こんな時間すら惜しいと言わんばかりに口を開こうとする。
 だがレジーナが次の瞬間放った言葉に、一同は思わず途切れ、目を丸くした。
 何……だって? にわかに緊迫した互いの表情(かお)を見合わせ、再びレジーナ達の方
を見る。少なくとも冗談などではない。この二年間、それ以前から一緒に力を合わせてきた
仲間なのだから。混乱している中、それでもホーム(むこう)の団員達が、何とか自分達に
事の急を知らせようとしたのだろう。
「……何か、あっちを出る前よりもややこしくなってねぇか?」
「それでハロルドは? リカルドさんは今どうなっているんです?」
 仲間達は各々に戸惑い、そしてこの急を要する事態を把握しようと努めた。
 レジーナら曰く、現在かねてよりホームに滞在していたセイオンと史の騎士団団長率いる
部隊、そこにヒュウガら率いる正義の剣(カリバー)の部隊までもが鉢合わせ、三つ巴の一
触即発の状況にあるという。
「うん。あたし達も導信だけ来たからよく分かんないんだけどさ? どうやら騎士団の方も
レナちゃんが目的っぽいのよねぇ……」
『……??』
 更にセイオン、史の騎士団まで。
 ヒュウガ達は十中八九、特務軍絡みの用事だろうが。はたしてジーク達は混乱していた。
 ダンが向こうの団員達から受けた報告によれば、セイオンの目的はレナで、その為に養父
であるハロルドとの接触を図ろうとしていた。それだけでも「何故」は膨らんでいるのに、
そこに史の騎士団──リカルドの本籍まで加わってくるとなると……。
「またレナか……。どうなってんだ?」
「やっぱりあれかなあ? セイオンが訊いてきたっていう、レナの《慈》が関係してる?」
「うう。そ、そう言われても……」
「……史の騎士団」
「クリシェンヌ教団、教皇直属の……」
 若干、頭からぷすぷす煙でも出てしまいそうだ。ステラも不安がる当のレナを優しく抱い
てやりながら、への字に唇を持ち上げて不満そうだった。
 サフレやアルス、そしてリュカ。博識な部類の仲間達が、ぶつぶつとこの新たな来訪者と
その意味について思考を巡らし──そして互いにハッと、何やら一つの考えに至ったかのよ
うに見える。
「だがまぁ、このままぼさっと突っ立ったままって訳にもいかねぇだろうよ。急ごう。何は
ともあれ実際に確かめてみない事にはどうにもならねえよ」
 一方でジークは一度ふるふると頭(かぶり)を振り、鋼車の列に戻り始めていた。
 踵を返し、肩越しに仲間達に振り返り、そう尤もなことを言う。皆も概ね同意であった。
「──それは」
「暫し待って貰わねば困るな」
 しかし、その直後だったのだ。ザリッと、車列に戻ろうとしたジークや見送ろうとしたレ
ジーナ達の背後──つまり街の方から、見知らぬ二人組が現れたのである。
「……何だ。てめぇら」
 嗅ぎ取ったのは、害意。ジーク達は半ば本能的に身構え、中には腰や背の得物に手を伸ば
した者もいた。
 隆々とした大柄の男と、これより一回りも二回りも小さく見える優男。
 二人は共に、肩や胸当てといった防具を伴う黒衣に身を包んでいた。更にその胸元にあし
らわれているのは、三柱円架のピン。
 何者かは言わずもがなだった。緊張が、高まる。
『……』
 史の騎士団、隊長格の神官騎士が二人。
 即ち先刻、リザ・マクスウェルが連れて来た、部下達だった。

続きを読む
  1. 2016/02/05(金) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「間際」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:光、東、部屋】

続きを読む
  1. 2016/02/01(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month