日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)ビターよりもシュガーかは

(=ω=)-3

早いもので、気付けば今月もそろそろお終いです。
年末年始の忙しなさ、ACアダプタがお釈迦になって取り寄せたり、腸炎になりかけて病院に
駆け込んだり。かと思えばものっそい大寒波で雪が積もって道が凍てて、それもようやく落
ち着いてきたかなぁと一息つく間もなく、今日も今日とて世界のクソッタレさを存分にアッピル
してくるニュースがそれこそ湯水の如く沸いてくる……。

ただまぁ、前回の雑記を始め常々言葉にしているように、少なくとも自分自身はそうした世
の諸々に一々感情的にならないようにならないようにと留意しています。……だって大抵の
事件は直接利害がある訳でも、当事者でもないじゃないですか。いち外野が憤ったって事態
をややこしくはしても、解決・収束には往々にして寄与しないと思うのです。

何処ぞの男女が浮気しようが。
何処ぞのアイドルがお家騒動に巻き込まれようが。
何処ぞの元県議がその自己愛がゆえにおよそ引っ込みが付かなくなっていようが。
何処ぞの政治家が“首獲り”の標的にされ、さんざ使い潰された末にポイされようが。

これも歳相応──年齢のなせる態度なのか。その割には上記などの世事にプリプリ怒ってい
る、年配の御仁が散見されるのですけど……。
やっぱり“義憤”というのは悪──大よそ不必要な善ですよ。その「正しさ」がきちんと定
義されていない、個々の曖昧な道徳なり価値観に依っている以上、その執行とは恣意的なの
です。どうしても私刑なのです。今日び“放っておく方向性の忍耐力”って大事だと思いま
すよ? 裏を返せば、度を過ぎれば、他人に冷淡だ情がないと批判されがちですが、少なく
とも困っている他人に手を差し伸べるのではなく、他の外野と一緒になって彼の者を泥沼の
中へと押し込むような真似が「正しさ」とは到底思えませんし。或いはこんな感慨も“義憤”なのか。

──まぁ、政的な話(いらんはなし)は置いといて。

とりあえずこちらは平穏無事です。時折それ自体が、今の環境と小さな幸福感に埋没しそう
になって怖いけれど、それでも焦る必要も意味もあまりないんだと思います(結果何か好転
するかと問えば、大抵は否だろうという意味で)……先日所長にも看破されちゃってました
からね。「焦らずゆっくりね^^」と。そんなに表情に出てたかなあ? それっぽい事ぼやい
ちゃってたかなぁ?←多分後者の可能性が大きい?

睦月から如月へバトンタッチ。

次の長編系更新(ユー録次章)も、月明け二週目くらいには上げられるように書き始めよう
と思っています。例の如く遅筆ですが、もう暫くお待ちをφ_(¦3 」∠)_


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 17:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その10 【ユー録】

( ˘ω˘ )。oO(Aceを買ってから既に一年以上が経っている……?)

久しぶりに此方(制作記録)を書こうかしらとログを漁っていると、その進捗の遅さに改め
て絶望しそうになるなど。

……まぁ大抵のツクラーがそんなものだろうし、そもそも自分は物書きの畑にいながら手を
出している半端者なんだよなぁという言い訳は幾らでも出来るのですけど。
ただ卑屈にならず、形にならぬ事をその必要性以上に気負いにせず、さもなくば出来ること
すら出来ぬというのは創作全般における事実だと思います。……気長にやっていきますよ。
そりゃあツク専だったり、数や質もバンバンUPしている方達に比べればどうしても見劣りし
ますが、それでも全く進んでいない訳ではないので。筈です、多分。

前回から今までの主な進捗としては、
・「料理」系アイテムの作成終了
・初期荷物の中にゲームの取説的なアイテム(書物)の追加
・各種イベント処理の雛型を幾つか作り置き
・本編スタート地点のマップ作成(外観および内装)
でしょうか。
特にマップ周りはこれまで殆ど触ってこなかったので苦戦しています。当たり前ですが200X
のそれとは勝手が違いますし……。

ともあれ、本業(?)の執筆の合間を縫ってはちみちみと弄っています。尤も、触らないと
始まらないのは当然なのですが、如何せん毎度毎度それが細かい──内部的でゲーム本編か
らは見えない部分ばかりなのがもどかしいですね(基本そんなものなのかもしれませんが)

徐々に別個に組んでいたものが紐付けされてきた。
今後も同じように只管データを書き起こし、紐付けていく作業となります。消耗品・装備品
はこれまでに大分「枠」を整えることが出来たので、次いでぼちぼち技能の方を。こちらも
結局は具体的なデータ起こしと紐付け──リスト化してごり押していく形にならざるを得な
いとは思いますが、如何せん元の区分が多いのでソートの管理すら大変で……φ(=_=;)

──ただ、これとは別に現在大きな課題(問題点)が一つ。

それはプレイ中の“ラグ”です。ゲーム画面とは別に内部での処理が遅れて、プレイヤーの
操作レスポンスが悪くなる瞬間という奴です。
以前からしばしば確認していたのですが、他のツクラーさん達にも相談してみても、やはり
自分がツクっているこれは快適さに支障が出るレベルのラグが散見されると言ってしまって
よいと思います。
新規で開始後、OP処理(主人公メイキング)の為に各種初期化を走らせるだけでも数十秒、
途中でも何ヶ所か、一通り終了した後スタート地点のマップに飛んで実際に動かせるように
なるまでにも数秒ほど。他にも自作で組んだ各種イベントの雛型を走らせる度に、それぞれ
ラグが出てしまう。戦闘のログだってエフェクトから表示されるまでに間がある……。
(一応長くなるものには「暫くお待ちください」等、予め待機を促すメッセージを併記して
おくようにはしているのですが)

……うーん。これって十中八九、色々と詰め込み過ぎなんだろうなぁ。変数とかスイッチを
参照し過ぎるとか、並列処理とか。でも処理自体を消してしまうと何にもならないし、これ
らをスクリプト記述で代用してみてもあまり変化は見られないし、かといって各々のマシン
スペックを成る丈高い奴でやってね? は流石にユーザーにぶん投げ過ぎだと思うし。はて
さてどうしたものか……。

かなり先(というか未定不定)になるけども、動作確認版みたいなのをこさえる必要が出て
くるだろうか。今後とも助けも借りつつ、自分なりに改良を試行錯誤したいと思いますが、
最悪技術的にツクールの仕様的に、システム構想の根本の部分からひっくり返されてしまう
可能性も否定できないです_| ̄|○ やっぱ(冷凍保存しつつ)とにかく習作を重ねた方がいいのかなぁ……。

↓以下、今回のスクショ。
続きを読む
  1. 2016/01/25(月) 22:00:00|
  2. ユー録FW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「害蟲」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:虫、幼女、雷】

続きを読む
  1. 2016/01/24(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ゴロゴロ黒く、黙々白ける

……寒い。

この前年が明けたとばかり思っていたら、もう気付けば今月も終盤ですよ。そりゃあお仕事
と執筆スケジュールの往復で、一通りこなした頃には既にその月が終わり掛けてるなんての
は今に始まった事じゃないですがね……。こんにちは、長月です。

前回の雑記でやらかしたーと言っていた腸炎も、早期発見・早期治療のお陰かあれ以来下っ
腹が痛む様子はなく、どうやらしっかり薬で散ってくれた模様(=ω=)-3 ただやっぱりこれ
ばかりはもう季節柄仕方ないのか、母や作業場の同僚などがあっちやこっちで風邪だのイン
フルエンザだのに罹ってしまい、ぽつぽつとダウンしています。
……本当、冗談抜きでこの季節は身体に堪えますものねぇ。風呂掃除するにも窓が凍ててし
まってたり、水がクッソ冷たかったり……。電気代? 石油代? 死ぬよりはマシだ。とに
かく念入りに温かくしてお過ごしくださいませ。

さてさて、挨拶はこれ位にして。
先日、サハラ~の十一章をUPしました。6エピソード目前編となります。前章前々章は宙を
メインに据えたお話でしたが、今回は主人公のもう一人の幼馴染・海沙を中心に据えたもの
となっております。
例の如く硬い・長い・臭いの三拍子が揃ってしまう自分の文章ですが、もしよければお手に
取って貰えれば、束の間の愉しみなり糧なりにしていただければ、これ幸いですm(_ _)m

──これにて今年最初の、今月分の長編系の更新は達成しました。月二作はプロット作成で
ユー録をお休みし始めた昨年十月以来ですね。まぁアレです。やれやれ……というのが正直
な感想といった所。
更新頻度はどうしたって若くて健康な(ほぼ日的な更新をなさっている)書き手さんには勝
てませんが、はてさてこの一回一回の全力投球の(心算な)クオリティは手に取る貴方にと
っては如何ほどのものか? というのも、何だかここ暫く、キッチリカッチリと構想を練っ
てプロットをこさえ、定期的な執筆活動までに持ち込む──そんな機械的というか理詰め?
に文章を組み立てている自分を自覚する時、ふいっとこれでいいんだろうか? という疑心
は湧きますよね。趣味なのに「処理」している風で、本来の創作の「楽しさ」は何処に置い
て来てしまったんだろうと巷の他の創作人さんの小躍りやら語り口を眺めながら思ったりは
するのです。まるで今のこのノウハウや錬度の代わりに、純粋?な何かを失ってしまったよ
うな、捨てる選択をして久しいような……φ(=_=;)

まぁ今更なんですけどもね。こういう感じが多分、自分のスタイルなのでしょう。
少なくとも達成感や空想、思考する愉しさは味わわせて貰っているので、引き続き頑張ろう
かなと思います。あわよくば誰かにも愉しんで貰えればと思います。
(とはいえ、堅苦しい文藝文藝してる作風よりは、コメディ風味の娯楽の方が大よそ食い付
きは良いんだろうなぁとは感じる所なんですけども……)

続きを読む
  1. 2016/01/21(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブル〔11〕

 日が落ちて、今日も街に夜がやって来る。
 とある商店街だった。昼間あった明るさはなりを潜め、立ち並ぶ店先から漏れる照明や道
端にぽつぽつと立つ街灯がこれに代わっているが、正直心許ないのは否定できない。行き交
う人の数も明らかに少なく、漂う物寂しさに拍車を掛けている。
「……」
 そこに、一人の少女がいた。
 やや薄めの鹿射ち帽と黒縁の眼鏡、ベージュの薄手のコート。そして肩には大きめのショ
ルダーバッグを引っ掛けており、その手を彼女は随分と大事そうに、この鞄を庇うように隠
すようにして添えていた。
 はっきり言ってしまって、挙動不審である。
 彼女は先程から何度もきょろきょろと辺りを見渡し、あたかも他人の眼を気にしているよ
うだった。もしこの場に彼女の知人がいたならば「そんなんじゃ余計に目立つよ?」と苦笑
いを向けたに違いない。
 ──知人がいたならば。
 そう、彼女は他ならぬ海沙だった。どうやら普段はあまり着ない中性的なファッションに
身を包み、変装をしている心算のようだ。
 だがどれだけそんな努力をしても、こうもあくせく何度も周りを警戒しているようでは逆
効果というものだ。事実、既に行き交う人々の何人かは時折ちらっと彼女を見ると、不思議
そうな表情(かお)をしたまま立ち去っていく。
 日没後の、人気も疎らな小さな商店街。
 そんな時分に海沙が向かっていたのは、道端の一角に立っているポストだった。
 ガサゴソ。最後に改めて自分を見ている眼がないのを確認すると、彼女は鞄の中から大き
めの茶封筒を取り出した。
 暗くて見え辛いが……赤ペンで何処ぞやの宛先が書かれているようだ。そしてこれをえい
やと投函し、手元が空になって初めて、海沙はホッと深く静かに安堵の息をつく。
「──っ!?」
 しかしその時だったのである。海沙は直後、背後から何者かの視線を感じると慌てて後ろ
を振り返った。
 なのに誰もいない。見遣った先は街灯の光も届き切らない暗がりで、代わりに彼女の視界
をぽつ、ぽつとおよそ無関係な通行人らが通り過ぎていく。
 海沙はぼうっと立っていた。暫く目を瞬かせてゆっくりとこの方向に目を凝らし、しかし
やはり誰もそこにいるようには認められず、ごくりと喉を鳴らす。
 薄ら寒かった。確かに今、自分は誰かに見られていた。
 だが振り向いた瞬間にはその姿はなく。ただそんな自分を、時折疎らな通行人が怪訝な眼
を遣りながら通り過ぎていくだけだ。
「……。また?」
 ようやく、僅かにだが言葉が出た。
 海沙はぎゅっと、胸元に遣っていた鞄を一人握り締める。

 日の落ちた街の片隅で。
 ややもすれば気のせいかと忘れ去ってしまいそうな出来事だったが、少なくとも彼女にと
っては、得体の知れぬ恐怖を与えられるには充分だった。

続きを読む
  1. 2016/01/20(水) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (146)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (85)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (27)
【企画処】 (329)
週刊三題 (319)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (312)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート