日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔10〕

「何なの!? 一体何なのよあいつは!? どいつもこいつも、私の邪魔ばっかりして!」
 その夜、晶は自宅の部屋で拭い切れない苛立ちを露わにしていた。
 月明かりの中喚き散らし、握った枕をベッドの上に叩き付ける。
 据わった眼をした彼女の脳裏には、今日の放課後に起こった“理不尽”が繰り返し繰り返
し再生されていた。
 ……これまでのように、部長(じぶん)に従わぬ部員らを“教育”する。
 自分にはその資格があると思った。責任があると思った。だから彼女がこのリアナイザか
ら現れた時、迷わず自分は願ったのだ。
「大体、何で貴女に通用する人間がいる訳? 話が違うじゃない!」
 故に彼女の苛立ちはややあって、これでもう何度目か、先程から傍らに控えている蒼白く
輝く鎧の女騎士に向けられる。
「そう言われてもな……。あの時も言ったろう。私も混乱していたんだ。しかし──」
 この鎧騎士──クリスタル・アウターは最初、そんな癇癪を起こす召喚主を何処か距離を
置くようにして眺め、そしてあくまで冷静に声色を落とすとそっと口元に手を当てる。
 晶はむっとしたその表情(かお)をこちらに向け、覗き込んできた。
 まさかとは思うんだが……。クリスタルはそう一度予防線を引きながら、言う。
「あれは、守護騎士(ヴァンガード)かもしれない」
「ヴァン……ガード?」
「アキラも聞いた事はないか? ここ最近、飛鳥崎に現れる怪人を片っ端から倒して回って
いるという人物の噂を」
「……それが、あの駆けつけてきた子だというの?」
 水晶のように光沢を放っているフルフェイスの兜。
 クリスタルは、その隙間から辛うじて見える紅い両目の光を湛えていた。兜の後頭部、後
ろ髪に相当する一房の金髪をふぁさりと揺らし、戸惑う晶に言葉なき首肯を返す。
 自分の手で彼女を召喚した時から、いわゆる常識など放り投げたつもりだったが……どう
やら世の中の不思議というのは思った以上に深いらしい。
 まさか、その正体が学園(うち)の生徒だったとは。世間は狭いというか、何とも運が悪
いというか。
「……とにかく、明日は学園を休むんだ。敵は私達を必死になって探している筈。策もなく
出向いては今日と同じ轍を踏む」
 だから次の瞬間、クリスタルの発した言葉に晶は思わず眉を顰めた。
 逃げだと直感した(おもった)からだ。正しいのは自分なのに、被害を被ったのは自分な
のに、何故その守護騎士(ヴァンガード)とやらに怯えなければならないのか。
「駄目よ! 大会だってそう遠くはないのよ? 部は、練習はどうするのよ!?」
「どのみち学園は騒ぎになっているぞ? いきなりの事とはいえ交戦してしまったんだ。大
人達が何もしない訳がない。そもそも、事件だという理由で部活自体、休止させられる可能
性だってある」
「それはっ……! それは、貴女があいつに一方的にやられたからでしょう? 何とかしな
さいよ。それでも願いを叶える怪人なの?」
「……無茶をいうな。そもそもにアキラ、お前の願いに合わせて私はこの姿形と能力を得た
んだぞ? 注いだリソースが違う。……正直言って、あれには勝てる気がしない」
 くわっとその不機嫌に拍車が掛かり、噛み付く晶。
 だが当のクリスタルはあくまで冷静で、自身の持つ力について客観的だった。
 睨み付けて眉間に皺が寄る晶。しかし彼女にとってはそんな言葉などただの言い訳で、怠
慢でしかなかった。
 その仰々しい姿は何の為?
 不満げに苛立つ彼女だったが、そんな直情とそこから湧く契約(ねがい)の独善ぶりを、
対するクリスタルが内心淡々と見透かしていた事などはつゆも知らない。
「ここは一度“彼ら”に知らせるべきだろう。その上で助力を仰ぐ。いいか、アキラ? 私
がいなければ、お前の望みは叶わないんだ」
「……。分かってるわよ……」
 最後は一つの案と、滔々とした説得に押し負け、渋々ながらも頷くしかなかった。
 自分の望み。そのフレーズを唇を結んだ口の中で、抑え宥めるようにしながら反復する。
「……はぁ」
 深く嘆息を吐き出し、晶はゆらりと部屋の中を見た。
 今日という日の終わり。月明かりが静かに照らす自室の明暗。クリスタルもまた、自身の
依り代たるリアナイザ──改造リアナイザを片手にしたままの彼女に倣い、じっと黙してこ
の部屋の中を眺めている。

 壁際の戸棚。
 そこには彼女と同じ、蒼白い輝きを放つ結晶片が、幾つも収められていたのだった。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/12/10(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month