日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「ストレージ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:金庫、業務用、恐怖】

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)一丸と、為らぬことに一丸で

[疲労 原因]→もしかして:デブ ▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂

雑記では暫くぶりです。今更ながらそんな事に気付くものの、どうせ年末年始に掛けてまた
肥えるんだろうなぁとすぐに諦めてしまう当庵の中の人、長月です。
                           だって、お弁当もお茶請けも美味しいんだもん……(´・ω・)

割とこまめに疲れる──コンディションの上下が今も在るのは事実ですが、ここ一週間ほど
を顧みる限りでは、全体として平穏無事な日々を過ごせています。
これも、少なからずお仕事(作業場)に通い始めたことが影響しているのだと思います。
一度は心身を壊してドロップアウト──もとい、そもそもスタートラインに立つ前に脱落し
たような人間ではありますが、その分負い目である部分を拭えると随分気が楽になったのか
もしれませんね。
まぁ一方でそんな平穏無事に、この腰を据えた場所に埋没してゆくことに折につけて最早癖
の如く不安は疼くのですが……少なくとも堂々巡りの中で気に病んでも毒にしかならない。
それはこれまでの経験上、間違いはありません。なるようにしかなりません。どうせ今更近
道したって追いつけやしないんですから。

あと、お仕事関連でもう一つ。
先日話をして決まった事なのですが、来年から通常シフトが一日増えます。
故に当然、物理的にがっつり執筆に当てられる時間は減る訳で、もしかしたら年明けから再
開する拙作らの更新も以前より(またもや)遅くなる可能性があります。
尤も元より全く休みが無い訳ではありませんし、先方の理解もあるのでそう劇的に創作不能
な程の疲弊に陥るとは考え難いですが……予めご容赦のほどをm(_ _)m 既になろうさんの活
報では、先日の時点で同様の旨をしたためてあります。

……しかし中々どうして、意欲と身体が正比例してくれませんね。
他に形容するならば、身体の中で無数に繋がっている“糸”を維持できる時間が、どうして
も限定的にならざるを得ないもどかしさと言うか。

まぁそれだけ活力だけは、発病当時に比べて回復したという証なのでしょう。
もっと色々創りたい。でも身体がついてこない。
それは過ぎ去っていった歳月も無関係ではないけれど、多少はポジティブな風にして受け止
めておきたいなと思う。
何せただでさえ筆が遅く、かといって若く健康な書き手達には逆立ちしても敵う筈もなく、
過去の自分(ユー録)という看板作に未だもって新しい自分の物語達が追いつけないという
嬉しいかな悲しいかなのジレンマも抱えていたりする訳で。

──累計アクセス20000人。

次編のプロット作成の為に更新を休止していても地道に毎日アクセスはあり、有り難いなぁ
と思うと同時に、やはり他人に読んで貰うには相応の下準備と労力が不可欠なんだとも兜の
緒を締め直す。……あ、あと先日の活報の方で「待ってるよー」とレスポンスをくださった
こと、地味に嬉しかったです。やっぱり創っている自分の営みは自分しか知らず、自分一人
でわちゃわちゃ頼んでもないに言い訳したり何なりして──その実空回りした道化なんでは
ないかしら? というのは少なからずあるので。
残り日数的に、雑感の類をしたためるのは今年で今回か次くらいが最後だと思います。只管
誰得な文章を書き連ねてきたこの数年でありますが、ようやっと今年は大きな一歩を踏み出
せた年となりました。

語りたいから言葉を組み上げるのではなく、言葉が組み上がったから語る。

改めて初心に還って臨みたいですね。

続きを読む
  1. 2015/12/23(水) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「仲間外し」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:緑、秋、小学校】

続きを読む
  1. 2015/12/20(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(書棚)感想:櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス』

書名:ホーンテッド・キャンパス
著者:櫛木理宇
出版:角川ホラー文庫(2012年)
分類:一般文藝/オカルトミステリ

君の微笑みがプライスレス。
恋に悶える草食系霊感学生と仲間達の、割とゆるゆる、キャンパスライフ──。

続きを読む
  1. 2015/12/17(木) 22:00:00|
  2. 【読書棚】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「魔女駆り」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:魔女、冷酷、才能】

続きを読む
  1. 2015/12/14(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (146)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (85)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (27)
【企画処】 (329)
週刊三題 (319)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (312)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート