日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔9〕

 季節は移ろう。ゆっくりと、満開の春から初夏へと。
 高等部に上がってすぐの頃はまだ全身を優しく包み込んでくれるような温かさだったが、
ふと気付けば今は少し汗ばむくらいの暑さへと徐々に変わろうとしている。
「~~♪」
 だが、だからこそこの時期のプールは気持ちいい。
 放課後の部活動。宙はこの日も所属する水泳部に顔を出し、ひんやりと適度に身体を慰め
てくれる水の質量に只々身を任せていた。仰向けに浮かんで見遣る空はすっきりと青く、水
音の背後からは様々な物音や他の部員達の息遣いが聞こえてくる。
 くる、くる。慣れた動作でゆっくりと背泳ぎで進み、身体が覚えた半ば感覚だけでターン
する間合いを嗅ぎ取り、直前で沈む。途端に溢れる泡(あぶく)の中を突っ切りながら浮上
し、今度はクロールで。水に逆らわず、味方につけ、まるで一体化したかのような滑らかな
泳ぎを繰り返す。
 ──水泳は中等部、この学園に入った頃から始めた。
 元々身体を動かす事が好きで、幼い頃から色んなスポーツ・遊びを男の子達とも混ざりな
がら経験してきた。だけど今のマイブームは、この水中での解放感である。泳ぎ終わった後
の程よい疲労感である。
 気付けばそんな感触に病み付きになっていた。ゲームを含め、こんなに興味が長続きして
いるものというのは彼女にとっては珍しい。
 すいすい。周りの事など考えず、ただ何度も水を掻いていた。あくまでゆっくりと、限界
それ以上に腕が身体が伸びていく高揚感を味わいながら、何度も何度も片道五十メートルの
プールを往復し、くるりと水中で方向転換をして水と一体になる。
 ……さて、どれだけ泳いだだろうか。
 疲労が高揚感に追いつき始めた頃、彼女はようやく泳ぎを止めてコースの飛び込み台下に
浮かび、横目に周囲の風景を一瞥してから梯子の方へと向かった。プールサイドに上がり、
ゴーグルとキャップを外す。ぷはっと吐息が漏れ、たっぷりと水の滴るミドルショートの髪
がばさつきながら開放される。
 小脇のそれらを挟み、軽く手足を労わってやりながら、彼女は一人プールサイドの一角に
設けられた休憩スペースに移動していた。マネージャーの娘(こ)の一人がこちらに近付い
て来てタオルを渡してくれる。「ありがと」宙は小さく微笑んでこれを受け取り、早速髪を
拭いながら近場の椅子に腰掛けた。
『──! ──!!』
 ぼうっと休憩を。
 何となく視線を遣ったプールの中では、まだ他の部員達の一団がキリキリと水の中を泳い
でいた。部のレギュラーメンバー達である。どうやら今日も部長に率いられ、厳しい練習に
身を置いているようだ。
(……何でそんなに必死になるかねぇ?)
 部即ち競技チームだという事は理解している。
 しかし宙は、あくまで水の中の解放感が好きであって、自身を苛めてまで誰かよりも早く
泳ごう強くなろうという気概を持たなかった。進級の段階で違う部活を選ぶことも出来たの
だが、結局彼女はそのまま中等部からの繰り上がりで以って、現在に至る。
(中等部(まえのころ)は、ここまでがむしゃらじゃなかった筈なんだけど……)
 だがそれも、学年が大きく一つの壁を越えたが故の必然なのだろう。
 スタイルが違う、抱く意識が違っていることくらいは宙も気付いていはいたが、さりとて
そこに直接不平不満を吐き出すほどではない。
 自分は好きで泳いでいる。あの解放感を楽しめればそれでいいや。
 だからレギュラーメンバーに選ばれる事はなかったし、その心算もなかった。
 尤も他の仲間達曰く、そんなに才能に恵まれてるんだから、もっと真剣になればいいのに
と何度か言われたことはあったが……。
(……贅沢、なのかなぁ?)
 んぅっ! されど小さく声を漏らしながら大きく伸びをし、ややあって椅子から立ち上が
ると、宙はそう意識的に気分を切り替えた。
 ああ、駄目だ。つい陰気になってしまった。
 そんなのは自分のキャラじゃない。青春は今この時しかないんだから、好きな事を好きな
だけやって楽しまないと。
 キャップを被り直し、ゴーグルを付け、宙は再びプールの中へと入って行った。
 あ、休憩終わり? 他の、同じように中等部上がりを中心とした控えメンバー達がこちら
に気付き、笑みを浮かべて一緒に泳ごうよと誘ってくる。勿論。コースに並び、タイムを計
る女子が二・三プールサイドに立って「よーい、ドン!」の掛け声を放つ。
 初っ端から宙は速かった。休憩していたのもあるが、先程と同じくさも水と一体化するよ
うにプール内の質量を掻き分けてぐんぐんこの水泳仲間達を引き離していく。
「……」
 きゃあきゃあ。少なからず黄色い声が混じり合う一時。
 だがそんな彼女達──宙をじっと、プール内の一角から憎々しげに見つめる女子がいた事
を、この時彼女らは未だ気付かずにいたのである。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/11/12(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (510)
週刊三題 (500)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (419)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month