日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅴ〔67〕

 それはジーク達が魔都(ラグナオーツ)へ発って数日後──地底武闘会(マスコリーダ)
の予選が行われたその日の夜の出来事だった。
 ホームの酒場。とっぷりと夜も更け、店の扉に「CLOSED」の看板がぶら下がって数
刻が経った頃。明かりも殆ど点さないまま、ハロルドはカウンターの一角で一人静かに酒の
入ったグラスを傾けていた。
「……」
 眼鏡の奥が限られた光を反射して光る。黙したままの彼は、どうやら平素以上に人知れぬ
思案の中に沈んでいるようだった。

『お父さん。私も、皆と一緒に色装を学びたいの』
『……どうして? 私もクランの一員だよ? これから先、ジークさん達が本当に死んじゃ
うかもしれないのに……。私なら、聖魔導師(わたしたち)なら助けられる。その為の支援
部門じゃないの?』
『もういいよ! お父さんが何て言っても私は教えて貰いに行く! 理由を聞いてもちゃん
と答えてくれないのに納得なんてできない! 私だって……守りたい!』

 脳裏に蘇るのは二年前の記憶。“剣聖”の圧倒的な力の一端を垣間見、ジーク君達がその
秘密に迫ろうとしていた頃だ。
 その場には自分も、養女(むすめ)もいた。そして翌日、彼女は自分に彼らの二年の修行
に加わらせて欲しいと頼んできた。
 ……認める訳にはいかなかった。首を縦に振ってしまえば、きっとこの子は自分の秘密に
近付いてしまうだろう。いや、既に剣聖(リオ)やクロムは勘付いていたのかもしれない。
彼が防衛後もこの街に留まっていた時点で、自分達がサミットから持ち帰ってきた宿題が公
になった時点で、何となく予想はついていたのだ。その心算で、この街に来たのだと。
 レナは私の態度に酷く動揺し、そして遂には涙ながらに飛び出してしまった。
 私の頑ななそれに怒りを覚えたのだろうということは重々承知している。だが、ではどう
すればよかったのだ? あの子に色装に近付かれては、この十数年の逃亡が全くの水の泡に
なってしまうのに。
 だからあの子が頼んでくるよりも前、私は先立ってリオと秘密裏に面会した。何とかあの
子には、色装を教えないで欲しい……。
 しかし彼は私の申し出を断った。資格がある者ならば差別はしない。少しでもお前達の中
で高次に辿り着く者が増えれば、巡り巡って自分自身を守れることになる。

『……それに、隠し事をしたまま頼み事をしようという男を俺は信用しない。お前の言う娘
の為とは、本当に彼女の為なのか?』

 正直、あの場で聖魔導の錆にしてやろうかとさえ思った。
 やはり勘付かれている。持つ者だからこそ、私があの子に、イセルナ達に隠し通してきた
ものの存在を既に嗅ぎ取っているのだと思った。唇を噛み、帰るしかなかった。何事もなか
ったように皆と合流し、それまで変わらぬ──しかし変わっていかざるを得ない日常の中で
息を潜めるしなかった。
 結局レナはジーク君達と共に、リオとクロムの指導の下、色装の修行を始めてしまった。
普段は大人しくて争い事を嫌うような子なのに、いざという時は絶対に譲らない芯の強さを
持っている。改めて思った。あの子は私の実娘(むすめ)ではない。私の娘というよりは、
このクラン全体の娘であるのだなと思う。
 ……可笑しくなる。自らが惨めであるという思いに比例して。
 私はあまりに早い内に“諦め”という感情を学び過ぎた。だからこそ、旅の最中で出会っ
たイセルナ達の強い不屈の心に惹かれたというのに、今ここでその精神を娘が受け継いだ事
を呪おうとすらしている。
 話せなかった。話す訳には、いかなかった。
 少しでも綻びをみせれば、魔手は動き出すだろう。願いと誓いはあの日から変わらない。
あの子には、あの子自身の背負った“魂”など知らずに育って貰いたい。……親心であり、
彼らに対する復讐でもあった。目の前の平穏と、置き去りにしてきた過去が互い違いに私の
前に現れ、幾度となく身を引き裂かんばかりの闇を与えた。
 ……まだ、話すまい。口を開いていいのは、本当に気付かれて問い詰められ、切羽詰った
時だ。あの子とこのクランの闘いとは本来直接的な関係はない。私の落ち度で、貫けなかっ
た誓約で、その結束を掻き乱す事はしたくない。
 でも。
 それでも少なくとも、今の内に何とかしておかなければならない者はいる──。

「ここに居たのか、兄貴」
 ちょうど、そんな時だった。独りじっとグラスを傾けながら思考に沈んでいたハロルドの
横から、憎々しく聞き覚えのある声が聞こえた。
 リカルドだった。すっかり寝静まった宿舎の方から酒場(こちら)の裏口を通ってカツン
と靴音を。その服装は非番時のラフな私服ではなく、三柱円架を胸元にあしらった神官騎士
の正装。黒い衣が、深く更けた夜の闇色に音もなく溶けている。
「……」
 ハロルドはちらと目を遣り、じっとこの弟の姿を見ていた。
 とうに団員達(みな)は寝入ってしまった筈だ。なのに自分がここにいると気付き、皆に
気付かれぬよう起き抜け、この場に現れている……。
「そんなに睨むなよ。まるで人でも殺しそうな表情(かお)してるぜ? 兄貴」
 フッ。弟はそう気取ったように苦笑いをしていた。
 仕事ではない場、親しい者にしか見せない地の性格の姿、語り口。兄貴、というその声が
妙に癇に障った。このクランで再会して以来、こいつがそうフランクに自分に話し掛けてく
る時というのは、大抵寧ろ重大な心積もりを抱えていると経験が告げている。
『……』
 暫く、二人はその場で黙り合っていた。
 数小刻(スィクロ)か、一大刻(ディクロ)か。
 体感的には一瞬にも永劫にも思えるようなそんなピリピリとした沈黙の末に、リカルドは
やがてスッとその気安い表情(かお)を顰め、目を細めると言ったのである。
「……来いよ。あんたに、話がある」

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/09/05(土) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month