日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)追いかけて老いかけて震える

(ノ)=ω=(ヽ)

雑記ではおよそ二週間ぶりとなります。こんにちは、長月です。
先刻、サハラ~の六章(3エピソード目後編)をUPしました。何とか今月もユー録共々二つ
更新できて一安心。ただ来月がカレンダー的にちと二作が厳しい(休憩期間を圧縮しないと
間に合いそうにない感じ)のが不安材料ですね。今回のでエピソードエンドですし、ユー録
のみに絞って、一回お休みしてもいいかもしれませんけど……。

ついこの間まではカッカと照っては暑い暑いとうだっていたものですが、気付けばお盆少し
前くらいからはたと夕暮れの風が心地良いほど涼しくなってきました。また、天候自体も雨
模様な日が何度か続き、激しい夕立という夏のもう一つの顔が覗きつつあります。
割とホイホイと台風が来ては去り、来ては去りしているのも大きな要因なのでしょうが、夏
の盛りも落ち着いてきているのですかね? 全く残暑が堪えなくなる──なんてのは希望的
観測なのでしょうけど、今から秋の過ごし易い季節が楽しみです。
うちの作業場に近い野球グラウンドでも、先日から早速秋の地方大会(新人戦?)が始まっ
ています。ほぼ連日あちこちから高校生達やその親御さん、はては近隣から足を運んできた
見物人らがやって来ては、快活な試合を繰り広げている模様です。

……嗚呼、皆若いなぁ(おっさん並感)

自分もかつてはあれくらいの年齢の頃があった筈なのですが、如何せん生来運動の類は苦手
でどんどんインドア趣味に走っていったため、結局ああいう青春はありませんでした。それ
でも当時は何キロもの距離を自転車で通学していた訳ですし、やっぱり歳月の経過──衰え
というものは余程気を付けないと身体に纏わりつくものなんですね(´・ω・`) まぁ単純に運動不足
だろと言ってしまえば、否定できないんですけども。

実年齢の割には、やってる事が未だに「遊んで」いるような、ないような。

天狗になれとまでは言いませんが、せめて後に生まれてきた子達に多少なりとも胸を張って
応じてやれるくらいの大人で、経験や実績の持ち主でありたいものなのですがね……。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/08/20(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブル〔6〕

 時を前後して。彼らはじっと事の一部始終を見つめていた。
 窓も見当たらぬ薄暗い部屋。そこでも彼らが視覚を保っていられるのは、他ならぬ壁面に
ぶら下がったこの一部始終の映像が放つ光が故だ。
「ふぅむ……」
 映し出されていたのは、とある夜半の駅前だった。
 飛鳥崎北部の玄関口・千家谷。映像の中ではその駅舎や周辺のビル群が次々に爆発を吐き
出し、飛び散る火の粉と瓦礫に居合わせた人々が逃げ惑っているさまが記録されている。
『──』
 そして映像は更に、ついっとフォーカスされた。
 爆発現場。そのすぐ近くのビルの屋上で、筋骨隆々とした怪物を引き連れた男が何やら狂
ったように肩を震わせながら笑っている。
「……流石にこれは、やり過ぎよねえ」
 薄暗い室内。うちゴスロリ服を着た少女がそう開口一番、呆れ気味な感想を口にした。
 他の同席者達も、多くはその意見に同意だった。人数は七人。上座に立ってこの壁面の映
像の横に立っている白衣の男を含め、ぐるりと付けた事務テーブルにはそれぞれ三対──六
つの人影が座っている。
「ボマー、でしたか。彼を与えたのは?」
「ああ。俺だ」
 ローブのような、黒い衣を纏った眼鏡の男性が問い、如何にも不良といった感じの柄の悪
そうな青年が答えた。あまりにもしれっと、悪びれた様子のないその言い方に、他の面々か
ら無言の批判が飛んでくる。
「やはり貴方ですか……。もう少し相手を見極めてからにしてください。百歩譲ってあれが
“繰り手(ハンドラー)”の願いだとしても、街を──インフラを破壊されるのは我々とし
ても困るのですよ」
「んな事言われてもよぉ……。あの眼ならイケると思ったんだ。素質はあると、思ったんだ
がなあ」
 眼鏡の青年からの咎。あまり反省した様子でもない柄の悪そうな青年。
 面々は彼に目を遣りながらも、それでいて説教に加勢しようという様子でもなかった。
 薄く目を開けている、黒スーツの寡黙な青年。
 横柄に両腕を組んでじっとこの二人のさまを睥睨している男性。
 更にこの青年の隣席でボリボリと、同じくらい関心が薄そうにポテチの袋を脇に抱えて食
べ続けている肥満の大男。
 先のゴスロリ服の少女を含めて六人。こうして同じ場所に集まっていながらも、それでい
て彼らは積極的な絆(つながり)で此処に在るという風には見受けられない。
「それでも、程度の問題です」
 はぁ……。眼鏡の男性が半ば諦めたようにため息をつき、そっとそのブリッジを軽く押さ
えて気分や話題を切り替えていた。
 横柄な男と、ゴスロリ服の少女がそれぞれ無言の侮蔑や呆れと共に頷いている。
 一方で、当の柄の悪そうな青年はほじほじと耳の穴に小指を入れてマイペースに垢を取っ
ていた。そうかよ。辛うじて言葉の上っ面だけは従順で、だけどもふぅっと指先のそれを息
を吹きかけて片付けてしまうなど、彼が本当に反省しているかどうかは果てしなく怪しい。
「まぁまぁ。ここで僕らが喧嘩していても仕方ないよ。既に同胞の一人は託された。その行
く末がどうなろうとも、僕らは僕らでただその子らが育つのを守るだけさ」
 そんな時だった。壁面の映像横に立っていた白衣の男が口を開いた。
 気持ち撫で付けた薄めの金髪。頬は痩せ気味で、そう言って微笑(わら)う顔つきには何
処か底知れぬものすら感じられる。
 ヴゥゥゥン……。静かに、彼らの背後には巨大なサーバー機が並んでいた。
 部屋の奥、映像が流れている壁面の左右から延びる階段の上。映像からのそれには到底及
ばないが、これらは彼らが事件の一部始終を観、会話を交わしている間もじっとただ只管に
駆動し続けている。
「……さて、決を採るよ。彼の粛清に賛成な子は手を挙げて」
 そして促す。用いた言葉の不穏さとは裏腹に、この白衣の男は変わらず一見穏やかだ。
 一人、二人、三人──六人。結局彼を除く全員が手を挙げていた。
 うん。白衣の男はそれを確認して小さく頷き、遅れて自身もすいっと手を挙げて七人目の
賛成票と為る。
「決まりだね」
 全会一致。
 薄暗く仄暗く点る明かりの中、彼らは何時ものように動き出した。

続きを読む
  1. 2015/08/20(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month