日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅴ〔66〕

 天上層の一つ、古界(パンゲア)某所。
 七星の一人“青龍公”ことディノグラード・F(フランシェス)・セイオンは、とある人
物からの呼び出しを受け、此処ディノグラード公爵家本邸へと帰って来ていた。
 正真正銘、貴族の最上位。
 しかしこの一族は、竜族(ドラグネス)という事もあり、家名の大きさの割には質素倹約
を旨としている。今彼が歩く、長々と続く廊下は昼の陽だけを利用して少し薄暗いくらいで
あり、調度品も時折花瓶に生けられた花や絵画がぽつんぽつんと現れるだけである。
「セイオンです。呼び出しに応じ、参上致しました」
『ああ。待っていたよ。入ってくれ』
 世間では黄色い声も含めて賞賛を掛けられ、仰がれる事の多いセイオン。
 だがそんな彼は、今この時、その生真面目な表情(かお)に一層の緊張を貼り付けて足を
止めていた。突き当たりの大きめな扉をノックし、中から老人らしき声が返って来る。
「……失礼します」
 緊張を態度には出さず、しかし纏う雰囲気には否めず。
 セイオンは意を決してドアノブに手を掛けた。ギィッと年季の入った軋む音がし、彼は中
で自分を待っていたこの人物と対面する。
「──」
 ゆったりとした広間。そこにはロッキングチェアに座る、一人の竜族(どうぞく)男性が
微笑んでいた。
 長い歳月を生きてきたと分かる、顔や手にびっしりと刻まれた皺。
 白地に藍や黒のギザギザ文様を裾に襟にあしらった、竜族伝統の着物。
 ディノグラード・ヨーハン。世間的には“勇者ヨーハン”と呼べば分かり易いだろう。
 そう、彼こそセイオンの母方の高祖父であり、かの志士十二聖の一人、その本人である。
 今年でおよそ千二百歳。平均千年の寿命である竜族(ドラグネス)の中にあっても彼はか
なり長寿な部類だ。千年前のゴルガニア戦役(解放戦争)を戦い、今日のディノグラード家
の礎を築いた彼は一族から“大爺様”と呼ばれ、今も強い影響力を持っている。
「よく来てくれた、セイオン。どうだい? そっちの仕事は順調か?」
「……はい、お陰様で。それで大爺様。緊急の用というのは、一体……?」
 それでも彼の生来の性格は穏やかで、先ずは久しぶりに顔を合わせた玄孫との雑談と洒落
込もうとする向きさえあった。
 うむ……。そんな年寄り心をいざ知らず、早速本題に入ろうとするセイオンに、ヨーハン
は一度軽く目を瞑ると、傍に控えていた付き人達を退出させた。
「これを見てくれ」
 リモコンを操作し、彼は壁に取り付けてある大型の映像器の電源を入れた。
 どうやらこれは録画した映像のようだ。画面にはちょうど、闘技場のような場所でジーク
が大歓声に迎えられながら、他の選手達と共に入場していく姿が見て取れる。
「地底武闘会(マスコリーダ)ですね。どうやら剣聖(リオ)がこの二年、彼らを鍛えた総
決算を兼ねて出場させていると聞きました」
「らしいの。だがセイオン。今日お前を呼んだのはこの──レノヴィンではないのだ。少し
ばかり、早送りするぞ」
 セイオンの淡々とした受け答え。するとヨーハンは苦笑(わら)い、またリモコンを操作
する。試合開始前、緊迫して互いに身構える選手達の姿が映し出されている。加えて今か今
かとその瞬間(とき)を待ち、ボルテージが上がる観客席の人々も──。
「ここじゃ」
 はたと。ヨーハンはそんなとある一シーンで映像を止めた。
 ぐるり観客席を映していたフォーカス。そこにはリオとイヨら侍従関係者、そして金髪と
銀髪の少女──レナとステラがそれぞれ息を呑む様子で眼下に目を凝らしている様子が映り
込んでいる。
「……セイオン。お主はクラン・ブルートバードと縁があるそうじゃな?」
「はい。直接会ったのは皇国(トナン)擾乱の際くらいですが……」
「ならば聞きたいんじゃ。ここに映っておる、この鳥翼族(ウィング・レイス)の女子は何
者なんじゃ?」
「鳥翼(ウィング)……この金髪の少女ですね。確か、レナ・エルリッシュという名です。
クラン幹部の一人の養女だと、記憶していますが」
 セイオンは内心訝しまざるを得なかった。実際、答えるその目は静かに細められ、言葉尻
にも「それがどうした」がじわりと滲んでいる。
 何故レノヴィンではなく、この娘(こ)なのだ?
 大爺様は何故わざわざ自分を急ぎ呼び出してまで、そんな事を……?
「……そうか。それ以上の事は知らんのじゃな?」
「はい。この話も半分は又聞きですので」
「そうか……。ならばセイオン、至急この娘について詳しく調べて来てはくれんだろうか?
もし当人が承諾すれば、一度直接会いたい」
「……構いませんが。しかし大爺様、何だというのです? 確かに彼女はブルートバードの
一員ですが、貴方様がそこまで彼女に拘る理由は──」
「うむ……そうだの。まぁよい。元よりお前には話すつもりで呼んだのじゃ」
 近こう。促されて、セイオンは椅子に座ったままのヨーハンのすぐ前まで進み出た。
 先刻の人払いも然り、やはりあまり大っぴらには出来ない事情か……。
 それでもセイオンはこの時まだ分からなかった。想像もしなかった。解放戦争を戦い抜い
た程の英雄が、これほどまで拘り、焦る理由など。
「実はな……」
 若干ひそひそ声になり、ヨーハンが話し始める。
 セイオンは、それをあくまで真面目に傾聴しようとする。
「──ッ!?」
 紡がれた理由(ことば)。
 故に次の瞬間、彼は予想外の事に言葉を失い、目を見開いたのである。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/08/06(木) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month