日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔6〕

 時を前後して。彼らはじっと事の一部始終を見つめていた。
 窓も見当たらぬ薄暗い部屋。そこでも彼らが視覚を保っていられるのは、他ならぬ壁面に
ぶら下がったこの一部始終の映像が放つ光が故だ。
「ふぅむ……」
 映し出されていたのは、とある夜半の駅前だった。
 飛鳥崎北部の玄関口・千家谷。映像の中ではその駅舎や周辺のビル群が次々に爆発を吐き
出し、飛び散る火の粉と瓦礫に居合わせた人々が逃げ惑っているさまが記録されている。
『──』
 そして映像は更に、ついっとフォーカスされた。
 爆発現場。そのすぐ近くのビルの屋上で、筋骨隆々とした怪物を引き連れた男が何やら狂
ったように肩を震わせながら笑っている。
「……流石にこれは、やり過ぎよねえ」
 薄暗い室内。うちゴスロリ服を着た少女がそう開口一番、呆れ気味な感想を口にした。
 他の同席者達も、多くはその意見に同意だった。人数は七人。上座に立ってこの壁面の映
像の横に立っている白衣の男を含め、ぐるりと付けた事務テーブルにはそれぞれ三対──六
つの人影が座っている。
「ボマー、でしたか。彼を与えたのは?」
「ああ。俺だ」
 ローブのような、黒い衣を纏った眼鏡の男性が問い、如何にも不良といった感じの柄の悪
そうな青年が答えた。あまりにもしれっと、悪びれた様子のないその言い方に、他の面々か
ら無言の批判が飛んでくる。
「やはり貴方ですか……。もう少し相手を見極めてからにしてください。百歩譲ってあれが
“繰り手(ハンドラー)”の願いだとしても、街を──インフラを破壊されるのは我々とし
ても困るのですよ」
「んな事言われてもよぉ……。あの眼ならイケると思ったんだ。素質はあると、思ったんだ
がなあ」
 眼鏡の青年からの咎。あまり反省した様子でもない柄の悪そうな青年。
 面々は彼に目を遣りながらも、それでいて説教に加勢しようという様子でもなかった。
 薄く目を開けている、黒スーツの寡黙な青年。
 横柄に両腕を組んでじっとこの二人のさまを睥睨している男性。
 更にこの青年の隣席でボリボリと、同じくらい関心が薄そうにポテチの袋を脇に抱えて食
べ続けている肥満の大男。
 先のゴスロリ服の少女を含めて六人。こうして同じ場所に集まっていながらも、それでい
て彼らは積極的な絆(つながり)で此処に在るという風には見受けられない。
「それでも、程度の問題です」
 はぁ……。眼鏡の男性が半ば諦めたようにため息をつき、そっとそのブリッジを軽く押さ
えて気分や話題を切り替えていた。
 横柄な男と、ゴスロリ服の少女がそれぞれ無言の侮蔑や呆れと共に頷いている。
 一方で、当の柄の悪そうな青年はほじほじと耳の穴に小指を入れてマイペースに垢を取っ
ていた。そうかよ。辛うじて言葉の上っ面だけは従順で、だけどもふぅっと指先のそれを息
を吹きかけて片付けてしまうなど、彼が本当に反省しているかどうかは果てしなく怪しい。
「まぁまぁ。ここで僕らが喧嘩していても仕方ないよ。既に同胞の一人は託された。その行
く末がどうなろうとも、僕らは僕らでただその子らが育つのを守るだけさ」
 そんな時だった。壁面の映像横に立っていた白衣の男が口を開いた。
 気持ち撫で付けた薄めの金髪。頬は痩せ気味で、そう言って微笑(わら)う顔つきには何
処か底知れぬものすら感じられる。
 ヴゥゥゥン……。静かに、彼らの背後には巨大なサーバー機が並んでいた。
 部屋の奥、映像が流れている壁面の左右から延びる階段の上。映像からのそれには到底及
ばないが、これらは彼らが事件の一部始終を観、会話を交わしている間もじっとただ只管に
駆動し続けている。
「……さて、決を採るよ。彼の粛清に賛成な子は手を挙げて」
 そして促す。用いた言葉の不穏さとは裏腹に、この白衣の男は変わらず一見穏やかだ。
 一人、二人、三人──六人。結局彼を除く全員が手を挙げていた。
 うん。白衣の男はそれを確認して小さく頷き、遅れて自身もすいっと手を挙げて七人目の
賛成票と為る。
「決まりだね」
 全会一致。
 薄暗く仄暗く点る明かりの中、彼らは何時ものように動き出した。

続きを読む
  1. 2015/08/20(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「ブロンズメモリー」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:銅像、新しい、激しい】

続きを読む
  1. 2015/08/16(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その8 【ユー録】

新作が出る、だと……?\_へ(゚Д゚;へ)

先日、ツクールの次期作が発表されました。
名前はRPGツクールMV。ゲーム誌や他のツクラーさん達からの情報を見るに、どうやらPC以外
のデバイスでの制作にも対応した、Aceの準強化版であるようです。
ですがここで一つ懸念が。何でも使用可能なスクリプト言語が、Rubyを原典としたRGSS3では
なくJavascriptに移行されるとの事。

……え? 公式さん、XP以降のユーザーを切り捨てるんです?
自分はそんな事を吃驚としながらも思いました。だけども先方は(商業的に)売り上げの為
に新規層に取っ付き易いものを、マルチデバイス対応をという方向に舵を切った模様です。
これはあくまで推測でしかないのですけど、今回の変更は所謂『実況プレイ文化』との一層
の結び付きも狙ったのかなぁ?と考えてしまいますね。
と言うか、RGSS3(プログラム言語の中では比較的大雑把と言われているらしいRuby)ですら
四苦八苦している有り様なのに、また新しくより難しい言語に変わるとか、マジ時代に取り
残される感\(^o^)/まぁJavaの方が畑の人にとってはやり易いみたいなんですけどね……。

ともあれ、どのみち自分は手を出さないと思います。金銭的にも、制作環境的にも。
そもそもツクール2000だって発売から大分経ってから買ったんですよ。田舎なもんですから
中々ああいう特殊なゲームソフト自体、売ってる場所が無くて……。シリーズ屈指のロング
セラー品とはいえ、やはり年代の流れと言うのは如何ともし難く、Aceも奮発して買ってよう
やくまともに一本形になったなんて有り様ですから(´・ω・`) それですら荒削りだし。

……焦りますね。なまじ数を出してる、ハイクオリティを仕上げている色んなツクラーさん
と昨今知り合いになってきている事もあって。
そりゃあ小説業?と併せてってんだからと言ってしまう事も出来るんだろうけど、結局それ
は言い訳にしかならないと思うんですよ。一昔はゴツゴツした石ばかりでわいわいしていた
フリゲ界隈も、気付けば今や(特にグラフィック面を始めとした)ハイクオリティな作品が
人気を博すようになり、益々ユーザーからの期待値は高くなる。だけども、取り立てて高い
ノウハウも即効な技術力も持ち合わせていない作り手からすれば、寧ろ居辛い界隈になって
しまったようには少なからず感じます。結局言い訳というか、恨み節吐いてるけど……。

趣味の一環とはいえ、ユー録RPGはやはり物凄い長丁場になりそう。
基本2000が習作用マシンで、Aceでも併行して追々、という感じになっていくのでしょうか。
(どのみちゲーム創作はゲーム創作で、別途ノウハウを重ねねばならぬ事には変わらない)
うーむ……φ(=_=;)

続きを読む
  1. 2015/08/14(金) 22:30:00|
  2. ユー録FW(凍結中)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「氷想(ひそう)」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:告白、人工、凍て付く】

続きを読む
  1. 2015/08/10(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)過去の人間、現在(いま)の人間

先日、ユー録の六十六章をUPしました( 」 ゚Д゚)」
第Ⅴ部も残す所あと二章分となり、累計PVも150000を突破しました(多謝)

進捗メモ代わりにツイッタ(小日記)で呟いているログを見ていただければその推移が窺え
ると思いますが、今回久しぶりに一章3万字に迫るもっさり分量となりました。やはり戦闘
シーンが主軸になると如何しても膨れますね。逆を言えば、単にやり取りだけのシーンでは
間を持たせ難いとも言えそうですけど……。

とかく暑い毎日が続いています。皆さんはお身体大丈夫でしょうか? 電気代が勿体無いと
言って冷房を惜しまないでください。キンキンに冷やしさえしなければ(25~6℃くらい?)
それほど外気との差で冷房病になる事はない、筈です。水分補給もこまめに意識的に。塩分
やミネラルも一緒に取れるスポーツ飲料などが自分の場合お気に入りです。
まぁ、ただでさえお肉付いてるのに水太りしちゃうんでしょうけどね……(´・ω・`)

暑さにうだりつつ、だけども夕方~夜に掛けては自宅でも冷房も解禁して快適な環境でいざ
執筆を。今回も、昼間お仕事に出ている関係で推敲とUP準備が日を跨いでになりましたが、
可能な限りコンスタンスに創っていこうと思いますのでお付き合いくださればとm(_ _)m
いち人間としてまだまだ課題が山積していますが、当面穏やかです。
出来る事ならもっと色んな、まだプロットにも起こせていない構想や違ったジャンル・毛色
の表現を駆使できるようになりたいものですね。

作業場の面々で、七夕飾りを建てていました。
(昔の祭事なんだから旧暦=1ヶ月遅いでもいいじゃんという理由。by所長の奥さん)
元々あれは織姫にちなんで技能の向上を願うのが本来ですが、やっぱり皆さん思う事願う事
は種々ミクロに至るようで……。仲良く働けますように、スキルアップ、出会った人々への
感謝、買った宝くじが当たりますようになど本当に色々(微笑)
ちなみに自分は『小説を書いて生きてゆけますように』と『なるべく諍いの無い世を』。

──なるべく、諍いの無い世を。

夏の盛り、球児走り回り出す季節、二つの原爆忌と終戦の日。

穏やかに過ぎゆくようで、今も尚不快なほどに騒々しくって。
変わらぬ闘いの時代の中、しかし穏やかに過ぎるものは在って。

続きを読む
  1. 2015/08/07(金) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month