日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)絆は有限、清廉でもなく

\猛暑!/ \台風!/ \政争!/

諍いやら、心乱される外圧なんてのは大嫌いです。
出来る事なら成る丈静かで穏やかな環境に身を置きたいものですが、中々そう上手くはいか
ないし、そうはさせないというのが世の常なんでしょうね……。
夏というゴリゴリ集中力を削り取ってくる季節然り、飽きる事を知らぬ世の争い然り。
もういいよ……。五月蝿いから、手前らそのままどっちも滅んじまえよ……(´A`)

先刻、サハラ~の五章をUPしました。3エピソード目前編です。ツイッタ(小日記)では既
に呟いている所ですが、今回はおそらく一章分としては自身最小レベルの分量になっている
と思われます。ご容赦の程をm(_ _)m
(まぁそれでも一回の更新量としてはもっさりな部類なんでしょうけどね)
加え、今回の更新で同作の総文字数が10万字を超えました。これでこの物語も文庫本一冊分
以上の体裁は取れた訳です。尤も肝心なのは如何に物語を綺麗に〆るかであって、現在手元
にあるプロットではこれまた「第一巻完」的な半端さとなる可能性が高いのが何とも……。
消化し終わる頃どんな心持ちになっているかは分かりませんが、それでもユー録や三題に続き、息の長いコンテンツ
になっていればいいんですけれど(´・ω・`)φ


作業場での勤務時間を増やし始めて、ぼちぼち半月が経ちます。
漠然とした不安を紛らわす──少しでもステップを踏んでいく為です。なので従来よりも朝
早く起きなければならず、朝一で軽く執筆というのは難しくなっていますが、何だかんだ言
って身体は慣れるもので何とか間に合うくらいにはなりました。

……でもやっぱり、一度病気になって壊れた身体は元には戻りませんね。
尤も単純に年を食って衰えがちだからという部分もあるのでしょうけれど、中々「普通」の
人達のように活動するのは遥か遠いレベルのようです。
これから先の季節は益々ゴリゴリと体力も集中力も削がれていきますし、元よりインドア派
な自分は冷房の中に退避するばかりになりそうです。とはいえ、あまり内臓を冷やし過ぎる
と先々月のような下痢の強カウンターが来かねないし……。

毎年の事だが、夏は嫌いだ(´A`)

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/07/16(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブル〔5〕

 集積都市の一つ、飛鳥崎。
 当代の科学技術の粋と人々の欲望を一心に集めたこの街は、たとえそれが夜闇に包まれよ
うとも人造の灯りを絶やす事なく働き続ける。
「……」
 だがそんな煌々と灯る街のさまを、酷く忌々しく見下ろす者がいた。
 とあるビルの屋上。眼下に広がっている広場(ターミナル)と延びていく線路群から察す
るに、其処はかなり大きな駅のようだ。
 確実に老いをその身に刻んでいる日焼けと皺塗れの肌。
 夜風になびいている灰色のシニアジャケット。
 ギチチッ……。彼は静かに歯軋りをし、ぶら下げた拳に力を込め、さも“仇”を見るかの
ようにこの街の風景を睨んでいる。
 ──嗚呼これが、これが奴らの望んだものか。
 忌々しい。反吐が出るほどの嫌悪感で自身が満ちていくのが分かる。
 集積都市。弱者を切り捨てても恥じる事のない、改めようともしないこの国の象徴──。
「やれ」
 壊さなければならない。
 彼は言った。するとヌッと、その横からもう一人の人影が姿をみせる。
 だが果たしてその者は人であったろうか。身体こそ隆々とした巨躯ではあるが、服は粗末
に破れたズボン以外は半裸で、何より四肢には明らかに枷と思われる戒めが半ば鎖を千切っ
た格好でぶら下がっている。表情(かお)は見えなかった。夜闇に隠れてしまっているのか
ただ僅かに顎を覆う銀鉄の拘束具が窺えるだけである。
 ググッ……。男の隣で、この大男がゆっくりと右腕を振りかぶった。
 するとどうだろう。夜闇で見え辛いが、元より丸太のようなそれはボコボコと歪な隆起を
始め、今にも破裂しそうなほどに巨大な無数のイボとなったのだ。そしてこれらを解き放つ
かのように大男が力一杯腕を振り抜くと同時、これら無数のイボ──肉塊は一斉に腕から撃
ち出され、眼下の駅前へと降り注ぐ。
「……?」
「何だ……?」
 故に通り掛かっていた人々の幾割かはこれに気付き、思わず頭上に目を凝らした。
 夜闇に紛れて何かは分からないが、何か黒い塊のようなものが降って来る……。
「ひっ!?」
「うわぁぁぁッ!!」
 だがそれは本来、悠長に眺めていていいものではなかったのだ。
 爆ぜた。これら肉塊は落下し地面やビル壁にぶつかった瞬間、さも起爆したかのように激
しく轟音と爆風を伴いながら炸裂していったのである。
 人々は逃げ惑った。一体何が起こったのかさえよく分からない。
 しかし次々に降り注ぎ、爆風に呑まれる目の前の光景、破壊される駅ビル群のさまを目の
当たりにして少なからぬ者は思った筈だ。先端科学とインフラの粋が集まったこの街で本来
起きてはならぬ事態が今起こっているのだと。
 テロが、起きたのだと。
「ふふふ……」
 ビルの屋上から、男は嗤いを漏らしながらこのさまを文字通り見下ろしていた。その横で
は大男が、今度は左・右と同じように腕を隆起させ、二撃・三撃目の肉塊を飛ばしている。
「いいぞいいぞ。もっと逃げ惑え、後悔しろ!」
 男はザッと大きく両腕を横へと広げる。
 それは力を誇示するように、或いはその狂気ですら足りぬと言わんばかりに。
「思い知るがいい! これがお前達の、偽りの繁栄に対する罰だ……!」
 爆ぜる街。
 だが彼の吐き出した怨嗟は、逃げ惑う人々の悲鳴に掻き消されるのだった。

続きを読む
  1. 2015/07/16(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (510)
週刊三題 (500)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (419)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month