日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔5〕

 集積都市の一つ、飛鳥崎。
 当代の科学技術の粋と人々の欲望を一心に集めたこの街は、たとえそれが夜闇に包まれよ
うとも人造の灯りを絶やす事なく働き続ける。
「……」
 だがそんな煌々と灯る街のさまを、酷く忌々しく見下ろす者がいた。
 とあるビルの屋上。眼下に広がっている広場(ターミナル)と延びていく線路群から察す
るに、其処はかなり大きな駅のようだ。
 確実に老いをその身に刻んでいる日焼けと皺塗れの肌。
 夜風になびいている灰色のシニアジャケット。
 ギチチッ……。彼は静かに歯軋りをし、ぶら下げた拳に力を込め、さも“仇”を見るかの
ようにこの街の風景を睨んでいる。
 ──嗚呼これが、これが奴らの望んだものか。
 忌々しい。反吐が出るほどの嫌悪感で自身が満ちていくのが分かる。
 集積都市。弱者を切り捨てても恥じる事のない、改めようともしないこの国の象徴──。
「やれ」
 壊さなければならない。
 彼は言った。するとヌッと、その横からもう一人の人影が姿をみせる。
 だが果たしてその者は人であったろうか。身体こそ隆々とした巨躯ではあるが、服は粗末
に破れたズボン以外は半裸で、何より四肢には明らかに枷と思われる戒めが半ば鎖を千切っ
た格好でぶら下がっている。表情(かお)は見えなかった。夜闇に隠れてしまっているのか
ただ僅かに顎を覆う銀鉄の拘束具が窺えるだけである。
 ググッ……。男の隣で、この大男がゆっくりと右腕を振りかぶった。
 するとどうだろう。夜闇で見え辛いが、元より丸太のようなそれはボコボコと歪な隆起を
始め、今にも破裂しそうなほどに巨大な無数のイボとなったのだ。そしてこれらを解き放つ
かのように大男が力一杯腕を振り抜くと同時、これら無数のイボ──肉塊は一斉に腕から撃
ち出され、眼下の駅前へと降り注ぐ。
「……?」
「何だ……?」
 故に通り掛かっていた人々の幾割かはこれに気付き、思わず頭上に目を凝らした。
 夜闇に紛れて何かは分からないが、何か黒い塊のようなものが降って来る……。
「ひっ!?」
「うわぁぁぁッ!!」
 だがそれは本来、悠長に眺めていていいものではなかったのだ。
 爆ぜた。これら肉塊は落下し地面やビル壁にぶつかった瞬間、さも起爆したかのように激
しく轟音と爆風を伴いながら炸裂していったのである。
 人々は逃げ惑った。一体何が起こったのかさえよく分からない。
 しかし次々に降り注ぎ、爆風に呑まれる目の前の光景、破壊される駅ビル群のさまを目の
当たりにして少なからぬ者は思った筈だ。先端科学とインフラの粋が集まったこの街で本来
起きてはならぬ事態が今起こっているのだと。
 テロが、起きたのだと。
「ふふふ……」
 ビルの屋上から、男は嗤いを漏らしながらこのさまを文字通り見下ろしていた。その横で
は大男が、今度は左・右と同じように腕を隆起させ、二撃・三撃目の肉塊を飛ばしている。
「いいぞいいぞ。もっと逃げ惑え、後悔しろ!」
 男はザッと大きく両腕を横へと広げる。
 それは力を誇示するように、或いはその狂気ですら足りぬと言わんばかりに。
「思い知るがいい! これがお前達の、偽りの繁栄に対する罰だ……!」
 爆ぜる街。
 だが彼の吐き出した怨嗟は、逃げ惑う人々の悲鳴に掻き消されるのだった。

続きを読む
  1. 2015/07/16(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「命の総量」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:砂時計、罠、増える】

続きを読む
  1. 2015/07/12(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)其処にいる、緑眼の怪物

2016.exeをダウンロードしています… [██████      ] 50%

七月になりました。即ち今年もこれで折り返し、半分が過ぎてしまった訳です(´・ω・`)ハヤイ
ここ暫くは梅雨らしい梅雨模様が続いていますね。洗濯物が乾かないってのは何気に面倒で
はあるのですが、そもがっつりインドア派という事もあり、個人的には(中々適度なレベル
に収まってはくれないけど)雨音を聞きながらゆったりと過ごすのが好きだったりします。
何より日の光がギラギラ差しているってのが苦手でしてね……。こんにちは、長月です。

先日、ユー録の六十五章(と今週分の三題)をUPしました。
三月からサハラ~も併行して週一短編、長編月二本のペースで執筆スケジュールを組み始め
てちょうど今月で五ヶ月目になりますか。夏が本格化する頃には半年です。大体二週間ほど
を1タームとして俯瞰して進めていますが、やはり如何やったってしんどいものはしんどい
んだなぁというのが正直な感想('、3_ヽ)_ でもはたと感想が来て励まして貰えると、存外に
気持ちが昂ぶった自分に気付くのです。改めてこの場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

七月七日はご存知のように七夕。
やっぱり日本のあちこちでは短冊に願い事を書き、笹に吊るし置くなんていう風景が見られ
るのでしょうかね? でもあれって、厳密には『技芸の上達』を祈願するものなんだそうで
神社仏閣などでのざっくりとしたお願い事よりは割と限定されてるっぽいです。

……その話を聞いて、やっぱり自分が思い浮かべたのは己の筆力でした。
数こそはじゃんじゃか相応にこさえてきた心算だけど、はて肝心のクオリティは如何だろう
か? もっと埋もれぬほどの、なるべくn番煎じにならぬ物語を、と向上心なのか欲張りな
のか判然としない願望ばかりが渦巻く。されどそれ(創作)ばっかりでもなあ。現実問題、
リアルの生活をどうちゃんと真っ当にしていくか、そのスキルアップの方がよほど本来切実
な願いとなるべき筈なんだけど……φ(・_・;)

はたと過ぎる、最早悪癖とすら言っていいぼんやりとした“不安”。

かつての友人達はもうあんなに現実を生きている(生きざるを得ない)のに、自分は。
兄妹は自身の生に汲々として不機嫌で、両親は確実に老いて頼れなくなるのに、自分は。
だから、そんな圧倒的で静かなリアルに比べればずっとちっぽけだけど、変わらねばと。

今月から作業場での勤務時間を、これまでよりも早くする事にしました。
やはり朝の一時間は大きくて、早速貧弱な身体が悲鳴を上げているけれど、これも暫く耐え
ればまた慣れてくれるんだろうかしら? 体力気力の収支バランスがどうにも……。

先は長い。果てが、見えない。

続きを読む
  1. 2015/07/07(火) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「衰明哀歌(ビリーブド・エレジー)」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:天使、ロボット、廃人】

続きを読む
  1. 2015/07/06(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅴ〔65〕

 会場にいた者達全員の視界に、抱えきれないほどの紅(ひかり)が満ちた。
 轟。ジークが上空から振り下ろした一撃は、まさしく文字通りリング上のライバル達を呑
みこみ、薙ぎ払う。
『……』
 やがて強い強い紅(まぶしさ)が晴れ、観客達は絶句した。
 リングは、その表面がまるで巨大な爪にでも引き裂かれたかのように深く抉れ、その周り
には累々と選手達が倒れていた。
 白目を剥き、焼け焦げたように。
 直前までジークと打ち合っていたハリー・ブレイドもその例に漏れない。ジークの放つそ
の桁違いの威力に逃げようとしていたのか、その身体はリング外の地面に転がっている。
「……」
 ストン。脚をオーラで覆って強化しながら、ジークが独り着地した。二刀、紅梅に滾らせ
ていたオーラは既に解かれ、彼は自身が放ったその結果のさまを静かな深呼吸をつきながら
ぐるりと眺めている。
『……きょ、強烈ゥゥ!! なな何とジーク選手、上空からの大技で、残るライバル達を文
字通り一網打尽にしてしまったーっ!』
 ハッと我に返った実況役のアナウンサーがここぞと叫び、次いで会場の観客達もようやく
何が起こったのか──彼がたったの一撃で勝負を決めてしまった事実を理解し、興奮のまま
総立ち(スタンディングオベーション)を起こす。

「ははは。こりゃまた派手にやったなあ」
 そんな一部始終を、本棟地下の選手控え室にいた仲間達もまた、映像器越しにしかと目撃
していた。呵々と、ダンがその筆頭宜しく上機嫌になって笑っている。
「良かった……。兄さん、これで本選ですね」
「ミアちゃんに続いて二人目だね。さて、何人くらい僕らは枠に入れるだろう……?」
「早速潰し合いになってしまったものね。私達の組み合わせだともっと激しくなりそうよ」
「しゃーねぇさ。むしろよかった。もし綺麗に一人ずつ各ブロックにってなってたら、それ
こそラポーネのオッサンから要らぬ贔屓(はいりょ)を受けたとか何とか、疑って掛かられ
てたろうしな」
 アルスやシフォン、イセルナが言う。だが応えるダンは存外思慮深かった。周囲の他の選
手達はまだ映像器を見上げて唖然としていたり、震えている。面倒見がいい分、その性格の
分、彼個人としても遠回しなしがらみは嫌うのだろう。
(つ、次は僕達か。だ、大丈夫かな……?)
 見せつけられた戦い(もの)がものだけに、アルスは密かに緊張でガチガチに硬くなって
いた。それを目の端で捉えた相棒(エトナ)がぽんぽんと肩を叩いて励ましている。
「前半戦が終了しましたー。リングの保守・復旧作業が済み次第後半戦に入りますので、第
五から第八ブロックの選手の皆さんは移動をお願いしまーす!」
 そうしていると、上階から降りてきた係員がそう一同に呼び掛けてきた。アルス達が、そ
れまで震え動揺していた選手達が、ハッとなって一斉にこの彼女へと顔を向ける。
「……いよいよね」
「おう。ジークやミアだけにいい格好はさせられねぇぜ」
 サァッとマントを翻すイセルナ、ポキポキと握り拳を鳴らすダン、後半ブロック組の面々
がにわかに闘気を纏い出す。
 歩き出す、獲物を担ぐ。
 ダン、グノーシュ、アルスとエトナ、リンファ、シフォン、そして……イセルナ。
『……』
 腰に差した愛用のサーベル。一瞬半透明で姿を見せつつ、また消える相棒・ブルート。
 面々、クランの大人達が歩き出した。
 地底武闘会(マスコリーダ)、その予選後半戦が迫る。

続きを読む
  1. 2015/07/05(日) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month