日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔4〕

 あの日はやがて風化していく、私達の記憶の一頁の筈でした。
 あの日あたし達は、ただ近所の裏山で遊んでいただけだったのに。
『グルル……ッ!』
 気付いた時にはその子がすぐ近くまで迫っていました。ガサリと背後の草むらから物音が
したかと思うと、そう私達を威嚇するように低い唸り声を上げていたのです。
 首輪もついてない。薄汚れていて気性の荒そうな一匹の犬。
 野犬だった。今なら犬一匹どうって事ないやって思うんだろうけど、何せあの頃のあたし
達はずっと小さかった。そこそこの大きさがあれば、自分と同じかそれ以上の体格として目
に映っていた訳で。
『ひっ……!』
『な、何よお。あっちいけ! しっ、しっ!』
 私はすっかり怯えて二人の陰に隠れていました。ソラちゃんは気丈にも立ち向かい、何と
かこの野犬を追い払おうとします。
『大丈夫だよ。海沙と宙は僕が守るから』
 あたしの横で、海沙の前に出て庇うように。
 そんな中でもあいつは変わらなかった。
 いつものように静かな声で、細めた笑みを貼り付けたまま、じっとこのよだれを垂らして
威嚇して──多分自分の縄張りに入って来たあたし達を敵と見なしていたんだろう野犬とじ
っと睨み合っていた。
 それでも野犬は一向に退いてくれませんでした。多分私達が怖がったり刺激したりして興
奮を煽ってしまっていたんだろうと思います。
『グルルルル……ッ!』
『──っ』
 そして一層激しく吠える野犬。
 するとこの子がいよいよ飛び掛かってくる、そう気取って思わず身を縮込めようとした次
の瞬間、むー君は半分咄嗟のように近くに落ちていた木の棒を拾っていたのです。
『ギャウンッ!?』
 一打。
 睦月は飛び掛っていたこの犬に、思いっきり横殴りの一発を打ち込んでいた。
 子供がそんな反撃をしてくるなんて思わなかったのか、その瞬間野犬の方は甲高くちょっ
と情けない悲鳴を上げていた。
 ……でも、その一瞬だけだったのです。
 私達(あいて)に攻撃の意思があると解った瞬間、この子の向けてくる敵意はあからさま
に尖ったのですから。
『ウゥゥ……。ガウッ、ガウガウガウッ!!』
『うひぃ!?』
『ちょ、ちょっと何で逃げないのよぉ……』
『──』
 だからなのかもしない。
 実力行使で追い払おうとしても尚、吠えてくるこの野犬にあたし達子供の気持ちが折れそ
うになったその時、ザリッと、一歩また一歩と睦月が棍棒を握ったまま一人こいつに向かっ
て歩き出していたのだ。
『……ふぇ?』
『ちょっと。睦──』
 ギャアンッ?! ちょうど、次の瞬間でした。私達が戸惑うのも聞かず、むー君はただ背
を向けたまま無言でその棍棒を振り下ろし始めたのです。
 私も、ソラちゃんも突然の事に唖然としていました。
 一発、二発、三発、四発、五発……むー君の反撃は止まりません。
 どうと、野犬がその度に悲鳴を上げて地面に叩きつけられる音がしていました。
 ビチャリ。むー君の左や右から、赤黒くてどろどろしたものが吐き出されていました。
『む……むー君、もういいよぉ!』
『ストップストップ! 睦月、やり過ぎだってば!』
 多分、あいつはあいつになりに必死にあたし達を守ろうとしたんだろうと思う。
 怖かった筈だ。なのにあいつはたった一人で身の丈が殆ど同じな野良犬と向き合い、血塗
れするまで殴り続けたんだ。
『……』
 慌ててあたしと海沙は駆け寄っていく。やはりというべきか、野犬はボロな茶色の体毛を
あちこち赤く染めてぐったりと動かなくなっていた。
 ぽたぽたと、握る棍棒から血が滴っていました。
 もうすっかり半泣きになっていた私の肩をソラちゃんが抱いてくれながら、ゆらりとむー
君は私達の方へと振り向いたのです。
『……大丈夫? 二人とも、ケガはない?』
 安堵より多分悪寒、だったんじゃないかな?
 そう返り血でべったりと赤くなってしまった姿のままで、むー君はだけど静かに何時もの
ように“微笑(わら)って”いたのでした。

続きを読む
  1. 2015/06/17(水) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「僕の部屋」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:部屋、黒、歪み】

続きを読む
  1. 2015/06/14(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)クロスタンダード・ペイン

梅雨入りした筈なのに、思いの外カラッと晴れて暑い日が多いような……(>_<)

およそ一週間ぶりです。季節の変わり目という事もありましょうが、寒暖差が大きい(晴れ
であれば焼けるようだし、雨となれば轟々と降る)日が続いているような気がします。
気を抜けば、また体調を崩してしまいそうな……。
貴方のお身体は大丈夫ですか? こんにちは、体力不足には定評(?)のある長月です。

ユー録の更新も終わり、この一週間はモチベや体力の回復も兼ね、自由気ままに創作思案や
tktkの方を弄ったりして過ごしていました。
そのお蔭か、ようやく長らく懸案だったとあるスクリプト素材の扱いについて、差し替えを
含めて構想上のものを実装できる見通しがつきました。
なのでこんな片隅の頁からですが、相談に(半ば強引というか唐突ながら)乗ってくださっ
たH氏には改めて謝意を述べたく……m(_ _)m

偶々運(タイミング)がよかっただけなのかもしれないけど、やっぱ多少差し出がましくて
も「分からないです」「教えてください」「助けてください」とちゃんと口に出さなければ
駄目なんだなと思いましたね。
そして何より、親切に手を差し伸べてくれたその人に、そんな誰かがいるその瞬間その世界
に対し、謙虚に頭を下げるのを忘れないこと。
これは先日のtktkの件だけでなく、色んな事柄に対して言えることだと思います。

横柄な態度で返される。或いは口撃される。
だけど怒りに任せたらきっと「負け」で。多分言いようが悪かった、巡り合せが悪かった。

望むものを与えてくれない。そして邪険にされる。
だけど相手が応えくれるほど、自分に「価値」はあるだろうか? 資する他者であろうか?

自分の思い通りにならない現実・世界を恨み、何かしらと“義憤”として表現するばかりで
は、きっと僕らのセカイはクソッタレなままなのです。むしろ悪化するばかりなのではない
でしょうか。

……そう思うのは単に歳を食っただけなのか、一層情に絆されただけの体たらくなのか。

故にパチンと両頬を叩き、今日もまた折につけては気付けとするなど(ノ)=ω=(ヽ)

続きを読む
  1. 2015/06/12(金) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「コンスタンツ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:悪魔、屋敷、窓】

続きを読む
  1. 2015/06/08(月) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)荒×愛(ラフ・アンド・ピース)

May(皐月)→Diarrhea(下痢)→June(水無月)\(^o^)/

一時はどうなる事かと思いましたよ、ええ。
私事ですが、先月末、自分は突然の激しい下痢と食欲不振に見舞われていました。
(下痢とは別の)通院ついでに主治医に訊いてみた所──機能性の下痢ですねとのこと。
どうやら暑さに任せてガバガバ冷たいものを摂り過ぎた事で、ただでさえ暑さで弱っていた
胃腸に追い討ちを掛けてしまった格好のようです。要はいつも以上に胃腸が悲鳴上げた、と
いう訳で……。
それでも数日消化のいい温かいものを中心に食べて暮らしていたら、無事治りました。今は
従来通りの食欲も取り戻し、さりとて二の轍を踏まぬようにと気をつけて過ごしています。

かくして月が替わり、六月になる頃には回復を果たしました。
なので(?)先日、ユー録の六十四章もUPしました。今回から地底武闘会(マスコリーダ)編
となります。戦闘シーンが多くなるので、今章もそうですが、ちと分量が多いかな……?
今月も、身体と相談しつつコンスタントに書いていきたいと思っていますm(_ _)m

……しかし、アレですね。
やはり精神は肉体が健康である──もっと言うと充分な余力が在るからこそ、創造的営みに
も耐えうるんだなぁと改めて痛感している所です。

俗に(藝術という側面で捉える)創作は血反吐を吐いて、己を他人びとの為に擲ってこそ為
し得るものだ云々という云いがあります。
でも、自分はそこまで自己犠牲(と、そんな自身への陶酔)を“しなければならない”事は
ないと思うのですよ。
自らを擲って名作を生み出した──結果論としてそれを他人びとは「美しい」と後出しに評
するのかもしれませんが、遺した本人の報いは大抵の場合散々ではないかと思うのですよね。
(生前ボロクソにこき下ろされたり或いは無き者のように扱われたのに、死後に厚顔に持ち
上げられるとか、人気を博した事で生まれる利権争いとかが悪目立ちするばかりで)
そもそも大半の(消費型)読者にとって、個々の作者の人となりや半生なんてものには興味
がないでしょうし、(幻想を砕かれる的な意味で)見たくないかもしれないし、何より自分
を徒に磨耗させたからといって必ず優れた物語を創りだせる訳ではないですからね。
(なので、こう折々につけて綴る自分の雑感もあまり意味が無いのかもしれないなぁ……)

精神衛生、大事ゼッタイ(´・ω・`)φ

何はともあれ、創作も第一に身体が資本です。

一応ぼちぼち梅雨入りして多少はマシになるのでしょうが、それでもこれから暫くの季節は
自分のように、存外胃腸が強くはない方はくれぐれもご自愛くださいませ。

続きを読む
  1. 2015/06/05(金) 17:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month