日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔2〕

 僕には父さんがいない。いや、いない筈はないんだけど。
 少なくとも僕の記憶の中には全くと言っていいほど見当たらないんだ。事実顔も、名前す
らも僕は知らない。
 物心ついて、母一人子一人が必ずしも普通じゃないと解って。
 勿論、何度か母さんに訊こうとした事はある。何かしら事情を抱えて離れ離れになったの
は間違いないのだから。
 でも、そうやって訊ねる度、母さんは哀しそうに微笑(わら)っていた。幼かった僕の頭
を撫でながら「全ては貴方の為に決めた事なの」と言って詳しい経緯は決して話してはくれ
なかった。
 だから……何時しか僕も訊ねる事を止めた。問い詰めても母さんを苦しめるだけだと子供
心に察したからなのかもしれない。
 僕らは母一人子一人、それでいいんだと思う。今の時代、結婚の形はそれこそ多様だし、
何より母さんと父さんが決めた事だ。それが僕らにとってベストの選択だったんだろう。

 母さんは研究者だ。IT技術で皆を快適に、幸せにする為の研究を日夜行っている。
 物心ついた頃から母さんは多忙だった。一年を通して家にいる事は稀で、大抵は勤め先の
研究所に泊り込みで仕事をしている。
 寂しいと……思わなかったと言えば嘘になる。
 でも多分、僕も子供なりに解っていたんじゃないかなと思う。仕事に没頭すれば、その間
は過去(むかし)を忘れられる。父さんと別れたその何かしらの過去(きおく)を再生して
いる暇は削がれる。それに僕に会わなくていいんだ。息子が目の前にいれば……否応なしに
父さんの事が思い出されてしまうだろうから。
 幸い、僕には助けてくれる人達がいた。ご近所の青野さんと、天ヶ洲さん一家だ。
 海沙と宙。それぞれおじさん・おばさんには事務的な手続きと、料理を始めとした家事全
般のスキルを学んだ。大切な人達だ。もし彼女達がいなければ、僕はとうに家で一人途方に
暮れていただろう。

 今までずっと、僕はそんな皆の厚意のおかげで生きてきた。海沙、宙、皆人に陰山さん。
大切な友人にも囲まれて、僕は何一つ不自由のない生活を送れている。
 だけど……いつも僕には穴が空いている。いつもぽっかりと、胸の奥に大きな穴が空いて
いて、気を緩めばすぐにでもその暗がりの中に巻き込まれそうになる。
 助けてくれる人がいる。支えてくれる人がいる。
 でも、なら僕はどうだろうか? 僕は彼らに、そうした恩に報えるほどの事をしてあげら
れているだろうか? どうしても埋まらない。受け取ってばかりで、与える事も出来やしな
い自分は悪い子なんじゃないだろうか? 折につけて、そう背中に針を刺されるような痛み
を覚えることがある。
 ……気付かれちゃ駄目だ。甘えちゃ駄目だ。
 他人の厚意は素直に受け取っておくものだとは云うけれど、やっぱり何処かで後ろめたく
思っている自分がいる。
 笑っていなくっちゃ駄目だ。不幸な顔をしていたら、きっとまた皆は僕を助けようとして
くれる。それが、何となくだけど、どんどん泥沼に嵌っていく事になるような気がして。
 正直、恵まれているんだと思う。
 でも……だからこそ僕は、自分が“欠けている”と自覚しているからこそ、この疑問を自
身に問い掛け続ける事を止められない。

“何故、僕はここにいるのだろう?”

“そもそも僕は、本当に生まれてくるべき人間だったのかな──?”

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/04/16(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month