日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブル〔2〕

 僕には父さんがいない。いや、いない筈はないんだけど。
 少なくとも僕の記憶の中には全くと言っていいほど見当たらないんだ。事実顔も、名前す
らも僕は知らない。
 物心ついて、母一人子一人が必ずしも普通じゃないと解って。
 勿論、何度か母さんに訊こうとした事はある。何かしら事情を抱えて離れ離れになったの
は間違いないのだから。
 でも、そうやって訊ねる度、母さんは哀しそうに微笑(わら)っていた。幼かった僕の頭
を撫でながら「全ては貴方の為に決めた事なの」と言って詳しい経緯は決して話してはくれ
なかった。
 だから……何時しか僕も訊ねる事を止めた。問い詰めても母さんを苦しめるだけだと子供
心に察したからなのかもしれない。
 僕らは母一人子一人、それでいいんだと思う。今の時代、結婚の形はそれこそ多様だし、
何より母さんと父さんが決めた事だ。それが僕らにとってベストの選択だったんだろう。

 母さんは研究者だ。IT技術で皆を快適に、幸せにする為の研究を日夜行っている。
 物心ついた頃から母さんは多忙だった。一年を通して家にいる事は稀で、大抵は勤め先の
研究所に泊り込みで仕事をしている。
 寂しいと……思わなかったと言えば嘘になる。
 でも多分、僕も子供なりに解っていたんじゃないかなと思う。仕事に没頭すれば、その間
は過去(むかし)を忘れられる。父さんと別れたその何かしらの過去(きおく)を再生して
いる暇は削がれる。それに僕に会わなくていいんだ。息子が目の前にいれば……否応なしに
父さんの事が思い出されてしまうだろうから。
 幸い、僕には助けてくれる人達がいた。ご近所の青野さんと、天ヶ洲さん一家だ。
 海沙と宙。それぞれおじさん・おばさんには事務的な手続きと、料理を始めとした家事全
般のスキルを学んだ。大切な人達だ。もし彼女達がいなければ、僕はとうに家で一人途方に
暮れていただろう。

 今までずっと、僕はそんな皆の厚意のおかげで生きてきた。海沙、宙、皆人に陰山さん。
大切な友人にも囲まれて、僕は何一つ不自由のない生活を送れている。
 だけど……いつも僕には穴が空いている。いつもぽっかりと、胸の奥に大きな穴が空いて
いて、気を緩めばすぐにでもその暗がりの中に巻き込まれそうになる。
 助けてくれる人がいる。支えてくれる人がいる。
 でも、なら僕はどうだろうか? 僕は彼らに、そうした恩に報えるほどの事をしてあげら
れているだろうか? どうしても埋まらない。受け取ってばかりで、与える事も出来やしな
い自分は悪い子なんじゃないだろうか? 折につけて、そう背中に針を刺されるような痛み
を覚えることがある。
 ……気付かれちゃ駄目だ。甘えちゃ駄目だ。
 他人の厚意は素直に受け取っておくものだとは云うけれど、やっぱり何処かで後ろめたく
思っている自分がいる。
 笑っていなくっちゃ駄目だ。不幸な顔をしていたら、きっとまた皆は僕を助けようとして
くれる。それが、何となくだけど、どんどん泥沼に嵌っていく事になるような気がして。
 正直、恵まれているんだと思う。
 でも……だからこそ僕は、自分が“欠けている”と自覚しているからこそ、この疑問を自
身に問い掛け続ける事を止められない。

“何故、僕はここにいるのだろう?”

“そもそも僕は、本当に生まれてくるべき人間だったのかな──?”

続きを読む
  1. 2015/04/16(木) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「円結び」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:神様、破壊、観覧車】

続きを読む
  1. 2015/04/12(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)外に在る悪、内に抱く善

……創りたいものが多過ぎるφ(=△=;)-3

時節はちょうど入学式のシーズンですね。新しい環境を前に、満開の桜に迎えられて……と
いうテンプレなシチュとなるには、如何せんここの数日曇天や寒の戻りかと思われる冷たい
風によって少なからず散らされてしまっている様子です。花弁の絨毯は綺麗なんですがね
自分にも学生の──もっと若い頃があったんだなぁと振り返りつつ、ぼちぼちお仕事(仮)
のある生活も気付けば始まっておよそ半月ほどになろうとしています。

此方での言及が遅れましたが、先日(先週末)ユー録の六十二章をUPしました。
今回の更新で第Ⅴ部も(前・中・後編の内の)中編までが終了しました。
また、本編で念入りに描写した心算ですが、作中の時間が次章よりおよそ二年後に移ります。
ここまで長いことこさえてきたこの物語もだいぶ来ました。プロットの残弾も半分以上消化
しましたし、そろそろ次部の構想も練り固めないといかんですね……φ_(¦3 」∠)_

これまで通してみている限り、ざっと中休みを含め二週間で1作のスケジューリングで執筆
をしていけば三作(ユー録とサハラ~、三題)を回せるかな?という感じです。尤も月によ
っては、そのカレンダーの並び的に更新日は多少前後すると思いますが……。
週頭から書き始めていくとどうしても(三題との兼ね合いで)週末にUP頻度が重なりますが、
アクセスの推移を見ている限り、やはりと言うべきかこっちの方が良さげな気もしますので
結果オーライという打算方向で。

(趣味なんだし)しんどければ止めればいい、ペースを落とせばいい──。創作仲間さんに
はそう言われ、多分苦笑いされているのですが、何というか良くも悪くも自分を追い込んで
おかないと妙に落ち着かないというか。
実際、これ以上定期連載を入れ込むとキャパが溢れてしまうだろうし、何より一度休んで横
になった時の眠りの泥具合が結構深そうなので現状はこのペースに慣れてゆたり維持する事
を指針としているのですが、その一方で新規の各種創作の構想自体はそれでも折につけて浮
かんでくる訳で……。無論大半はうやむやの内に没になるネタには鮮度があります。出来る
事なら可能な限り妄想の水底からすくい上げて形にしてあげたいものですが、それはきっと
この先もずっと付きまとう難題で、何よりも贅沢な悩みなのでしょう。

……とりま、来週辺りにサハラ~の次章執筆を始めようと思っています。
何はともあれ、先ずは今月からのスケジューリングが如何ほどのものか? それを実際に確
かめつつ過ごしていくばかりですね。
ツイッタ(小日記)でも、その際は進捗状況としてツイートしていますので、宜しければ併
せて参照していただけるとm(_ _)m

続きを読む
  1. 2015/04/08(水) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「物念の家」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:玩具、時流、罠】

続きを読む
  1. 2015/04/06(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅴ〔62〕

 梟響の街(アウルベルツ)の一角に、逆コの字型をした元クラブハウスがある。
 そこは現在、街の有力冒険者クラン・サンドゴディマの拠点(ホーム)になっている。
「ニュースッス! ニュースッスよ、ボス!」
 そのロビーで団長バラクと、キリエ・ロスタム以下団員達が確保してきた依頼書を整理し
ている所へ、遅れて戻って来たヒューイら数名が何やら興奮した様子で騒ぎ立ててくる。
「……騒々しい。何だ?」
「ええ、それなんですけどね? 何でも東通りの外れで、あの“剣聖”がブルートバードの
連中に直接指導してるそうなんッスよ。支部(ギルド)の周りでも持ち切りでしたよ。滅多
にないチャンスだって、他の冒険者(どうぎょうしゃ)やら市民も集まってるそうで」
「……ほう?」
 赤毛に褐色の肌。クランの斬り込み隊長も務める、若き蛮牙族(ヴァリアー)青年の屈託
のない笑み。
 しかし対するバラクは少し片眉を吊り上げてみせただけで、特にそれ以上の興味は示さな
かった。秘書──副団長キリエが随時整理して差し出す依頼書を、団長として一件一件目を
通していく。
「あ、あれ? それだけッスか? “蒼鳥”絡みの情報だから、ボスなら喰いつくだろうと
思ったんスけど……」
「お前は俺をどう見てるんだよ……。まぁそう身を乗り出さずに座れ。そっちも依頼、確保
しては来たんだろう?」
 ええ……。ヒューイ達は持っていた幾つかの依頼書をキリエに手渡し、めいめいに適当な
席に着いていった。
 肩透かしを喰らったような。
 彼の表情は不快感こそないが、そうきょとんとした気色をしていた。何となしポリポリと
頬を掻くこの三幹部の一人に、バラクはやや間を置いてから一瞥すると言う。
「合点がいった、それだけだ。何で消失事件絡みの襲撃が終わった後もこの街にいたのか。
元々腹づもりがあったんだろう。特務軍の事もある。レノヴィン達を、自らが鍛えてやる事
で助けようとしているのか……」
 ヒューイや団員達が目を瞬き、方々で「そうなの?」と言わんばかりに互いの顔を見合わ
せている。キリエはその間も黙々と依頼書を纏めて軽く机の端で叩き、ロスタムは愛銃達を
じっくり磨いてこのやり取りに耳を傾けている。
「大都(バベルロート)の時は上手くいったからいいものの、次また“結社”と戦う時にも
同じようにいくとは限らないでしょうからね」
「ああ。雑兵どもはともかく、奴らの魔人(メア)連中はぶち当たると七星級(クラス)に
匹敵するだの何だのと聞くしな。少なくとも今のままじゃ……いつ死んでもおかしくない」
 ならば先ず、特務軍に加わる事自体を止めさせようものだが……。おそらくレノヴィン達
を説得するのが無理だと判断したのだろう。
 バラクはロスタムの言葉に頷きながら、そうぼうっと頭の片隅で思考を過ぎらせていた。
 兄の公務──フォーザリア慰霊式とその後の監獄島での一件。
 弟の静養──清峰の町(エバンス)での休暇が終わったこのタイミング。
 曲がりにも身内の情という奴か、剣聖は二人があの戦いから一段落を経るのを待っていた
のだと思われる。尤も兄弟共々、そういう星の下に生まれたのか現地でもトラブルには事欠
かなかったようだが。
 何より先日、彼らは人々の不安を押し切ってまで魔人(メア)クロムを自分達の仲間にす
ると宣言したばかりだ。自身もああは言ってやったが、十中八九あれは残る“結社”達への
挑戦として受け取られているだろう。
 ……全く、次から次へと試練を背負い込む奴らだ。
 ざわざわ。団員達が複雑な表情をしていた。
 対岸の火事──とは思うまい。実際自分達も、過去三度連中と戦ったのだ。四度目がある
かもしれないという恐れ、ブルートバードばかりが台頭していくという不安・嫉妬。その意
味でも自分達の戦いはもうその内側から始まっている。
「ボス。俺達も……見に行かないんですか?」
 するとヒューイが、気持ち及び腰になる団員(なかま)達に気付かないままで言った。
 言うまでもなく剣聖(リオ)直々の稽古、その恩恵に与からないのか? だ。彼やまだ血
の気の多い団員達が、めいめいに反応を待っている。
「……行ってどうする? さっきも言ったが、おそらくその集まりとやらは特務軍の面子を
鍛える為のものだ。参加してない奴らは追い出されるだろうよ。そもそも、俺達はイセルナ
の傘下じゃねぇだろ。お前らはお前らの仕事に集中しろ」
「そ、それはそうッスけど……」
「でも。なあ?」「ああ……」
 バラクの答えならとうに決まっていた。
 だがそんな団長としての態度に、ヒューイら面々からはそこはかとなく不満が漏れる。
 臆病風に吹かれて──。大方そんな評を受けかねないとでも思っているのだろう。実際他
のクランの中には、レノヴィン達と“結社”との戦いに巻き込まれる事を良しとせず、彼ら
から距離を取る者達が街の人々と同じように存在する。
「……なら、今からでも参加表明すれば──」
「女々しいぞ。その話は、もうクラン全体として決定した事だろう?」
 団員の一人が言い掛けたその言葉を、バラクはぴしゃりと防いで黙らせた。
 そうだよな。だけど……。団員達の中でもその抱く印象・意見は、今もまだ双方に燻って
いるようだ。キリエが検め終わった依頼書を纏めて封筒に収めている。ロスタムも銃の手入
れを終えると唾広帽子を深く被り直し、ギシッと転寝と洒落込み始めている。
 血の気が滾るのは解るさ。
 だけども俺だって、てめぇら団員を預かる身として、考えなきゃならねぇ事はごまんとあ
るんだよ……。
「……だがまあ、かと言って大人しく引っ込んでますってほど、俺達は礼儀正しく出来ては
ねぇわな」
 だからこそ、彼は呟いた。
 バランスを取る、と言ってしまえば身も蓋もないが、それでも全くの「守り」に徹するの
が個人的に癪である事もまた事実だった。
「一応、何人か偵察役を遣れ。俺達と七星級、二つの力量を埋める為の何かを“剣聖”は知
ってる筈だ。そこぐらいは盗むぞ」
『へい!』
 ヒューイら若手の団員を中心に、にわかに面々が嬉々として動き始めた。実際に聞き及ん
だ稽古の話を皆で共有し、ばたばたと何人かが早速偵察に向かうべく出ていく。
(……まぁ、相手が相手だ。すぐに見つかっちまうのがオチだろうが……)
 期待半分諦め半分。バラクは椅子に腰掛けたままじっとその場を動かなかった。
 テーブルの上には一通り確認し終わった団員達の依頼書。とりあえず今日はこれらの仕事
を片付ける事に集中しよう。
 ざわざわ。少しずつ、ホーム内が何時もの空気に戻っていこうとしていた。
 キリエに依頼書を返されてそれぞれの現場に向かっていく団員達。不安や嫉妬に思い煩う
くらいなら、今出来ることを着実にこなして紛らわす方が良い。
(随分と遠い所に行っちまったもんだよなあ……。イセルナ)
 その横顔はあくまで厳かでも。
 冒険者“毒蛇”の内心は同じく、時の流れの無常さを想っていた。

続きを読む
  1. 2015/04/04(土) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month