日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「悪人装置」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:恐怖、天使、悪魔】

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/12/28(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)聖夜に澱んだ言霊を

今年も気付けば残すところ一週間となりました(今年も早かった……)
そして遂にやって来ました、来てしまいましたクリスマス。
一年を越す前に避けては通れないイベント、クリスマス。
リア充がここぞとばかりにイチャコラする聖夜、クリスマス。
皆さんはどのような一時を過ごされたのでしょうね? こんにちは、長月です。

自分は、先日からこさえている新作のプロットを書いて過ごしていました。
特にイベント的な何かがあった訳でもなく、夕食はチキンでもケーキでもなく何故か八宝菜
でしたし、やっている事といえば相変わらずPCの前でもぞもぞ作業。音楽を聴いて妄想力を
鍛えることの繰り返し(一応菓子パンやらお菓子類は買ってあって、ぶっちゃけ昼間っから
もしゃもしゃと摘まんでたんですがね)……まるで成長していない(´・ω・`)
ツイッタ(小日記)では一度言及しているのですが、今回の新作は変身ヒーロー物です。
以前同ジャンルのものは書いた事がありますが、こちらは敢えて「完結に行き急ぐ」ことを
せずに走ってみようかなと思っています。自分に鞭打つ形になるとは分かっていても、此処
長らくユー録と三題のみで執筆・更新を繰り返しているこの現状を変えてみたいのですよね。
色々書きたいという理由もありますが、読者さん以上に他ならぬ自分自身がこのマンネリさ
を脱そうと試み始めている、といった次第です。

あわよくば次なる看板コンテンツに──というのは流石に欲を掻き過ぎでしょうかね?
でも、少なくともプロットをこさえている段階の当稿現在は楽しいです(そもそもに特撮系
が好きってのが大きいのでしょうけど)
ですがもう倍くらい、話のストックを作っておいてから執筆に入りたいなぁと……φ(・_・;)
実際に形になってUP出来たとしたら、年を越した以降になると思います。
(問題はユー録・三題と併行し続けるだけのエネルギーとスケジューリングですね)

本年は、拙作らを手に取っていただき、誠に有難うございました。
宜しければ来年も、引き続き気長に生温かくお付き合いいただければ、是幸いですm(_ _)m

続きを読む
  1. 2014/12/25(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「除興液」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:紫、アルバム、殺戮】

続きを読む
  1. 2014/12/21(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その2 【ユー録】

進捗:亀足。

気が付けば今年もそろそろ終わりに近付いています。
皆さん創ってますか? こんにちは、長月です。
例の如くふと体調を崩したかと思うと、暫くすれば(他人から声援や刺激を貰って)回復し、
また創り散らかしてはぐったりするというサイクルが続いています_(:3 ⌒゙)_

具体的には小説の更新をメインにあちこちのジャンル(創作媒体)を行ったり来たりの日々
といった感じでしょうか。忙しなくもしんどい愉しいのですが、如何せん一点特化の創作人
さん──この場で言うなら知り合いを含むツクラーさん──の力作を見聞きし、触れている
と「形になって」いない自分の、ツクール媒体での力量・経験値が足りないなぁ(足りない
のかなぁ)と思ってしまいますね。相談しようにも人の輪に入る事自体苦手だし……。

それでも、tktk。
現状、執筆の間を縫うようにして出来そうな事を探しては少しでも作業をしているといった
状態です。……しかし相変わらず道のりは遠い。物陰からエターn(ry

↓長くなったので畳んでいます

続きを読む
  1. 2014/12/20(土) 21:30:00|
  2. ユー録FW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)戯言─知性への怪訝

お陰さまで持ち直しましたm(_ _)m

まぁ当稿執筆現在は反動で疲れているんですが、少なくとも気分が落ち込んで仕方ないとい
った(焦りの泥沼にあった)先週とは違うと思います。単純に肉体疲労なんでしょうね;

その瞬間の自分に正直、頷けるクオリティを。書かなきゃを解す、創る楽しみの瞬間。
激励のコメントをくださったyさん、物書き仲間の皆さん、有難うございました。あれから
何とかエネルギーをコンディションを持ち直し、今月分のユー録の執筆&更新を済ませる事
ができました(今年の更新はこれで最後になるかと思います。分量は久しぶりに2万字を切り
ましたが、これでも多いのかな……?)
多分きっとこれからも弱音を吐いて、七転八倒して迷惑を掛けるんだろうなぁと思います。
それでも私と私の拙作らに、気長に生温かくお付き合いいただければ、是幸いですm(_ _)m

歳かなあ……? 随分と口が脆くなった。
だけど吐き出さねば「進めない」実感が以前より在る。惜しむらくはいざその吐き出したい
(言いたい)こと──私事ないし時事への嘆息の塊が大きくなると、あまりにも自分の心の
中でそれらが優先され過ぎてしまって、物語を文章を書く、その体でのクオリティが後回し
になってしまっているのではないかという危惧がある点ですね。元よりエンターティナーで
はないという自覚はあるにせよ、それでも同時に“語りたがり”なだけではうざったい人間
と化すのだろうなとも思う訳で……。

実務的なそれとは違い、小説は「絶対に説得しなきゃいけない」言語ではありません。
むしろそうした意図を前面に出し過ぎると(出す“だけ”のものは)物語としては三流扱い、
『論文でヤッテロ』になってしまうのかなと。
如何に自分の思いを巧みに練り上げ、他者の娯楽としても成立させられる(に奉仕できる)
のか──? 元より彼ら全てに為せはしない(そもそも合わなければ離れていくし、合えば
引き続き手に取ってくれる。それだけです)けれど、そこの伝え方の創意工夫を厭うようで
あれば……もう小説である必要性はないですし。もう思想書を名乗ればいいじゃんと

改めて難しいですね。まぁ、それが面白さでもあるんですがφ(=_=;)

続きを読む
  1. 2014/12/15(月) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (140)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (23)
【企画処】 (310)
週刊三題 (300)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (299)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート