日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)あまりに遠くて、皆の幸

( ˘ω˘ )

気付けば九月も半ばとなり、陽も風もずっと柔らかくなりました。流石に照り続けると眩し
いくらいですが、真夏の頃に比べれば遥かに過ごし易い。まぁ相変わらず午睡の誘惑には負
けっ放しなんですけども;
こんにちは、長月です。先日連載(ユー録)の五十五章をUPしました。
加えて今回の更新によって、なろうさんでの総合点が200ptの大台を、投稿総分量が300万字
をそれぞれ突破するという節目にもなりました\(^o^)/
これまで手に取ってくださった全ての皆さんに最大級の謝辞を。
宜しければ今後とも、緩々と生温かくお付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

……創作の秋ですね。いや、勿論何の秋かは人によりけりですが、自分はね?
物書き仲間さんと話していて、ふと話題に上った件の総分量。改めて自身のユーザー名にて
検索を掛けてみれば──文字数:3,000,000超。
気付かぬ内に此処まで来ていたか……。そしてこれはあくまで「なろうさんに投稿した分」
なので、当庵のみのコンテンツ(過去の長編系やら企画物やら、雑記やら短歌やら)を全部
合計すればとうに+云万という数字になっていた訳で……f(=_=;)

でも足りない。書いても書いても創りない。創作中毒だからです←結論
(今は波が上向きってこともあるのだろうけど)どうにも気持ちだけは前のめりで、だけど
実際身体は思うほどついては来なくって。
年齢やら持ちうるキャパシティやら? でも、分かっていても、その度につい歯痒い思いを
するヾ(:3ノシヾ)ノシ 確かに個々人のリソースってのは有限で、皆がそれらを割きながら自身
生を過ごしているのだけど、それもこれも「ない」「なくなる」に気を取られ過ぎるからそう
急いてしまうのかもしれないなあ、などと。どうせ防ぎようはないのだしね

禅の教えによれば、水が半分入ったコップを指し『中はいっぱい。半分は水で半分は空気』
と云うそうです。

はて、自分には何が「ある」のだろうか? 何を「為せている」のだろうか……?(:3 _ )=

続きを読む
  1. 2014/09/15(月) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「怪物」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:雪、赤色、冷酷】

続きを読む
  1. 2014/09/14(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅴ〔55〕

 自室のベッドで、アルスはそれこそ深く沈み込むかのように眠っていた。
 二段ベッドの下、普段は兄・ジークが寝ている場所。
 相棒たるエトナは勿論、仲間達は皆この部屋にわらわらと集まり、そんな彼の寝姿を心配
そうに見守っている。
「過労、ですね」
 医務担当の侍従がやがてそうぽつりと言い、皆に向き直った。
 その傍らには使用済みの注射器と、空になった栄養剤のパック、医術道具がいくつか。
「おそらくこれまで積み重なった心労が、今回の帰還という一区切りを切欠に限界を迎えて
しまわれたのでしょう。リンファ様とエトナさんの話を聞くに、倒れられたのはご学友との
導話の直後だったそうですし、緊張の糸がその安堵感でもって切れてしまったのではと」
「そっか……。あいつも、無理してたんだな」
「うぅ。私の馬鹿馬鹿! ずっと傍にいたのに何で気付かないのよぉ!」
 ざわめき。
 連絡を受けてリオ達と共に戻って来たジークもそう深く眉根を寄せて呟き、エトナに至っ
ては、ひた隠す相棒の内心を察し切れなかったことに彼女なりの後悔を吐き出している。
「ていうか! 何でジークは平気な訳?! 大都(バベルロート)で大変な目に遭った……
滅茶苦茶戦っていたのは同じなのにさ」
「あ~……。そりゃあまぁ、アルスと違って冒険者(プロ)だからな。鍛えてる分がある。
それに俺、接続(コネクト)使ってぶっ倒れてたからなあ。他の誰よりも長く寝てただろ?
多分回復って意味じゃ、それで賄えてたんじゃねーか?」
「むぅ……」
 ばつが悪そうに、ガシガシと後ろ髪を掻いてジーク。さりとてあながち嘘でも間違いでも
ないのはエトナも重々理解しているところであり、彼女も只々唇を結ぶしかない。
「でもまぁ、落ち着いたみたいでよかった。ぶっ倒れたって聞いた時は流石に冷や汗がだら
だらしたもんだが」
「そうね。まだ暫くは安静に、ゆっくり眠らせてあげる必要があるのでしょうけど」
 ダンとイセルナを筆頭に、団員や侍従達はここに来てようやく一息をつくことができたの
だった。アルスはまだ目を覚まさない。だが医務の侍従の話では、命に別状があるという訳
ではないとのこと。
 今はそっとしておいてあげることだ。……ここ暫くが、あまりにも煩過ぎた。
「休息が必要、ということだな。アルス様も、私達も」
 深く息をつき、リンファがごちた。場の一同も大きく首肯する。
 足を止める。さりとて彼らの纏う雰囲気は“真面目”だ。
「……」
 そんな空気を、リオは一人、少々遠巻きな位置から黙して眺めている。
「と、なると、当面の公務の予定は全てキャンセルしなければなりませんね……。皆さん、
時間はすっかり遅くなっていますが、連絡の取れる先方には至急この旨を。くれぐれも外部
には漏れることのないようにお願いします」
 はい! 次いでイヨの指示を受け、侍従達がその場から動き出した。
 日はとうに暮れている。だが状況が確定した以上、早く動くに越した事はない。
「あとは陛下とコーダス様ですね。私が直にお伝えします。きっとご心配なさるのだろうけ
れど……」
「そうだな。実の息子だ、宿から飛んでくるかもしれない。だが陛下達が動けば、それだけ
で周囲は敏感に察するだろう。できるだけ連絡の時点で、事を大きくしないよう進言するの
がベストか」
「そうかもしれんが……。時間の問題だと思うぞ? 良くも悪くも有名になっちまったから
なあ。昼間もあちこち記者が張り付いていたろーが」
「僕もダンに賛成。オブラートに包むにしても、メディア向けに多少の発表をした方が弊害
は出難くなると思う」
 イヨとリンファ、ダンやシフォン、クランの幹部達。
 早速彼女達は、今後の対応をどうするのか話し合いを始めていた。それとなく覗き込んで
いた部屋から離れつつ、廊下に出つつ。そんなさまを室内のジークやエトナ、或いはミアと
いった尚も見守ろうと留まった面子が言葉少なく見遣る。
(分かっちゃいるが、あんまりいい気はしねぇな……)
 団員達(みな)のではない。きっとこれから起こるであろう、周囲──外野の人々がみせ
るリアクションの数々にだ。
 メディアはこぞって弟のダウンを記事にするだろう。心配ですとのたまいつつ、そのどれ
だけがあいつを自分達の飯の種にすることか。
(……英雄、ねえ)
 犠牲。暗がりの向こうからの無数の眼。
 当のアルスは相変わらず深く寝入り、辺りはすっかり夜闇の色に塗り替えられている。
 ジークはぼんやりと、今日から何日かは、何処か別のソファででも寝起きしないといけな
いなぁなどと思った。

続きを読む
  1. 2014/09/12(金) 00:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)きっと誰かのディストピア

一週間なんてあっという間で、気を抜いてしまえば書いてない・創っていない日数の方が
どうにも大勢を占めてしまう\(^q^)/
こんにちは。すっかり差す陽も吹く風も、穏やかな秋色になってきましたね。長月です。

ツイッタ(小日記)でも度々呟いては悶々としている所なのですが──能率が悪い。
叶うのなら毎日でもコンスタントに書いて創って形にしたいくらいなのに、現実の自分はと
いうと中々どうして手が伸びず、或いは途中で力尽きているケースの何と多いことか。実際
は書け(て)いる時<<<書け(て)ない時、みたいな状態で、充電モード(?)な時分が
日々の多くを占めてしまうもどかしさ。いかんなぁとは解っていても、今や創っていない、
それ自体がストレスになってしまっているきらいすらある……。

でも結局の所「書けない時はどうやったって書けない」ものなんですよねぇ。
ましてや現状趣味で、お仕事でもなし。なのに(何者でもないが故に)自分には創作(これ)
しかないんだ!みたいに気負いや義務感などを背負い込み、自縛したり自爆したり(´=ω=`)-3
(まぁ生まれてこの方「○○しなければ」で己を律し、雑務をこなしてきた人間だからこそ、
そう頭では解っていてもこの先もこういう行動ルーチンが直ることはないんでしょうが……)

──『創らなきゃ』より『創りたい』を大切に。

改めて言い聞かせなきゃならんですねその言い聞かせる、が自縛的なんだって
クオリティと向き合うことならば必要でしょうが、自滅し途中でエタっしまえば、それこそ
拙作を手に取ってくださった方達の注いだ時間をふいにしてしまう。いわゆる急がば回れっ
て奴で、経験的にもずーっと創る作業「だけ」と睨めっこするよりは、他のことをしている
最中の方が案外イメージや着想が湧き易い、降って来易いなんてことはあるもんで。
遠回り=時間の無駄、とは限らないんですよね。戸惑いこそ人生だよ、なんて。もっと「他」
にも優しく、許せる人間でありたいなあ。

……ぼちぼち、ユー録の次章にも掛からんとφ(=_=;)


続きを読む
  1. 2014/09/08(月) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「G.O.D」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:迷信、動物、竜】

※今回、盛り過ぎました。約14000字あります。
なので読了の際には予めそのつもりでm(_ _;)m


続きを読む
  1. 2014/09/07(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (459)
週刊三題 (449)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month