日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅴ〔54〕

 控え室の中は、人の数に対してやはり手狭な感が否めない。
 ジークはその日、試合開始を前に大部屋の片隅にあるベンチに独り座り、じっと目を瞑っ
て黙していた。
 耳に届くのは雑多な騒がしさ、荒々しさ、有り体に言えば好戦的な雰囲気。
 この場所が元よりそういう性質なのだから仕方ないとはいえ、あまり気持ちのいいもので
はない。一所に前半の参加者が収まっているので何処かに仲間達もいる筈なのだが、彼らも
各々に精神統一でもしているのか、耳と肌だけでは様子は視えない。
「……」
 自身の風体も幾分変わったと思う。少なくとも、この控え室で今か今かと開戦を待ち侘び
ている出場者(もさ)達の中に交じっても、気圧されないくらいにはなった筈だ。
 以前よりもずっと引き締まった身体、伸びた身長。右頬から鼻骨に延びる傷跡。
 羽織るコートもより動きやすく、丈が短めの、革の肩当を巻いたものに替えてあるし、髪
もただの無造作な伸びっ放しから思い切ってやや短くすいてある。
 とはいえ、結んだ後ろ髪は少なくなっても残したままだ。
 これは……あの日からずっと、生きたくても生きられなかった村の皆と共に在る、その自
戒の印でもあるから。
「ふっ、はっ……」
「せいっ!」「らぁッ!」
 少し遠巻きに、他の選手達が思い思いにウォーミングアップしているさまが聞こえる。
 剣など、得物の素振りをして繰り返し動作を確かめている者。
 互いに武器と防具を打ち合い、臨戦意識を高めている者。
 或いはそれすら今は無駄な消耗だと考え、自分のようにじっとその時を待っている者。
 共通しているのは、意思があることだ。ここにいる者の十中八九全員が、何かしら目的を
持って、わざわざこの闘技場に身を委ねようとしている。
(戦いは、見世物じゃないんだけどな……)
 これで何度目か。胸奥で静かに鳴る違和感にそっと手を当てつつ、密かに押し込める。
 リオは言った。成果を見せてみろと。
 こんな場で、衆人の前でわざわざ戦ってみせなければならないのは正直不本意だが、確か
に此処のレベルで勝てないようなら、到底奴らとやり合う資格もないのだろう。
(資格、か)
 そう自分で思っておいて、自嘲(わら)う。
 こういう所は結局変えられなかったなあ。もう理屈で済むような問題でもないのに……。
「第一から第四ブロック所属の出場者の皆さん、もうすぐ試合開始です。係員の指示に従っ
て各リングゲートへ移動してください」
 そんな折だった。肩に引っ掛けた長銃を揺らし、係員の一団がそう自分達に呼び掛けてく
るのが聞こえた。
 スッと閉じていた目を開く。見れば四ブロック分、配分された選手達がぞろぞろと係員ら
の下に集まっていき、点呼を受け始めている。
(俺も行くか……)
 さてと。一度静かに息を吐き出し、ベンチから立ち上がった。
 腰には六華、長年の相棒達。腰に懐に、ガチャリと揺れたそれを軽く手で押さえてやりな
がら、自分も他の選手達に交じるべく歩き出す。

 ……ああ、そうだ。今の内に話しておこう。
 自分達がこうしてこの場にいる、そもそもの理由。

 それは今から二年ほど前──大都(バベルロート)での事件が、一先ずとはいえ落ち着き
を取り戻した頃のことだ。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2014/08/15(金) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (510)
週刊三題 (500)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (419)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month