日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)交わりそうで、人の輪と

気付けば早くも一週間が経ってしまった……orz

前回の雑記から読書とゲームしかやってねえ。時間が勿体ねえ<(^o^)>
ポジティブに捉えようとすればインプットな使い方、ではあるけれど、こうポンと空いた間
にこれ!といったことが成せないと自身のリソースが凄く無駄になった気がする……。

お天道様も、人間(こちら)の把握の斜め上を往くよう。
梅雨入りは確かに宣言されましたけど、かといって四六時中雨が降ったりどんよりしている
訳じゃなく、降る時は夕立というか集中豪雨みたいなケースがまま。そうでない時はカラリ
と晴れ渡りくさって眩しいったらありゃしない←出不精
まだ汗ばむ程ではなく、時に清々しささえあるのでまだその時ではないのでしょうけれど、
どうせこのままずるずると夏本番に滑り込んでいくんだろうなぁと思うと……_(:3 」∠)_

──何時から、こう感じるようになったんだろう?
もっともっと昔、それこそ子供だった頃は、明日が来ることに時が過ぎていくことにこうも
感傷的になりはしなかった。
それは、他ならぬ当時は文字通りの子供──“知らぬ”者であったからで、感傷を覚えるの
はそれだけ歳を食った証(良くも悪くも知ってしまった後)だからなんだと嘯き、理由づけ
するのは出来ない訳じゃない。
だけども……少なくとも、自分個人のレベルで言えば、間違いなくそれに加えて(以上に)
身体を壊してしまったことがそのターニングポイントになったんだろうなぁとも考える訳で。

「普通」のレールからあの時降りてしまったことが、間違いなくそんな土壌を作った。
今でこそ病院通いを続けて、日常動作をするには支障ないくらいにはなったけど、じくじく
自分の奥まった所は未だに、こうして勿体無い──リソースを無駄にした感を、速球で投げ
つけてくるブルペンとして機能しているような気がする……。

まぁ、それでも。
一方でこういう“レール”に乗ったからこそ、ここまで創作中毒もとい物書き道に邁進でき
たと言っても過言ではないんですよね。数奇なる、というか、何というかφ(=_=)

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2014/06/14(土) 17:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month