日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅳ〔51〕

 意識が青く暗い底へと沈んでいったその先は、暴力的までに照らされた一面の赤だった。
 眩さ。だけども目を細めることも何故かできない。
 代わりに彼は思い出していた。そうだ。これは……かつての記憶。
 詳しい経緯など知らない。知る術もない。
 ただ間違いないのは、あの時代(とき)戦争があったという事だけだ。
 国と国がその仲を決裂し、互いにその我を通そうとし、武力で以ってこれを実現させよう
としていた。或いはそれらから領民を守ると謳い、戦った。
 そんな上辺は知らない。今となってはどちらでもいい。大地に満ち満ちていた。
 記憶が蘇る。覚えているのは、火の海に包まれた故郷と逃げ惑う人々。なのに互いに尚も
戦い続けている両国の軍勢達。
 駆け抜けていった、蹂躙された。
 ごろり。あの時の記憶がまた傷を疼かせる。この身になったことで、実際の怪我はとうに
消えてしまった筈なのに。
 記憶が見せる。再び感じさせている。
 時を経て移り変わっていく──戦線が移動して捨て去れていく戦場(こきょう)。そこに
残っていたのは只々死臭だった。亡骸だった。あちこちで燻る炎だった。ぐったりと焼け跡
に倒れ、立ちぼうけたままの同胞達であり、黒く濁った空だった。
 後々になって分かったことだが、これが瘴気だった。
 どうやら両軍が大量に魔導を撃ち合ったことで、一気に周辺のマナが瘴気化するまで汚れ
てしまったらしい。尤も、それは何もこの戦場だけに限った話ではなかったのだが……。
 死んだ者。死にかけている者。まだ生きている者。
 彼は煤だらけの、傷だらけの身体を引きずって歩いた。暴力本体(それじたい)は去った
が、人々に刻まれた痛みはそう簡単に消える筈もない。
 ぼうっとして、クリアに物を考えることはできなかった。目の前で死が続いている。戦火
に呑まれた者は言わずもがな、今度は残された瘴気によって人々が中てられ始めていたから
である。
 彼は皆は逃げ惑った。そのまま朽ち果てた者が大半ではあったが、中には魔獣として再誕
を遂げ、暴れ始める者らが出たのだ。
 ……奴らが戻ってきた。国軍、或いは傭兵畑や賞金稼ぎの冒険者達だった。
 皆を守ると言った。言いながら、彼らは魔獣と化したかつての領民を“処分”して回って
いく。断末魔が聞こえた。そんな武力の連鎖を聞きながら、彼は自らもまた瘴気に侵され始
めていることに気付いてしまった。
 焼け跡の故郷から、生き残って身を寄せ合う人々から、彼は人知れず離れた。
 もしかしたら皆を巻き込んでしまうかもしれない。そんな思考と、せめて醜態を晒さずに
終わりたいという我欲が彼にはあった。
 何処だったか。本来の場所も分からぬ廃屋の奥で、彼はじっと耐えた。
 瘴気に中てられた身体が、内側からメキメキと壊されていくのが分かる。
 独り。感覚をただそれだけに注いだ。
 だが──そもそもこれは、本当に“破壊”なのだろうか?
 色彩を失った瞳で、屋根の役割も満足に果たせない天井を見る。仰向けの身体からふと力
を抜く。
 身を焦がしているのは……単なる痛みか?
 いや、違う。怒りだ。この世界に対する怒りが、相まって己の身体を痛めているのだ。
 理不尽だった。
 自分にはそう学がある訳でもないから、国同士のあれこれはよく分からない。それでも、
少なくともこんな事で解決するとは、彼にはとても思えなかった。
 ……嗚呼、そうか。
 この怒りは奴らに向いたものだけじゃない。暴力と……何よりもそれらに抗えない自身の
弱さを恨んでいたのだ。
 焼き付いた記憶が、次々と乱暴に切り替わりながら脳裏を過ぎる。
 友人、村の皆、家族、妹──。皆みんな、死んでいった。苦しんでいった。一人また一人
と動かなくなった。
 ……嗚呼、こん畜生。
 彼は手を伸ばす。瘴気が黒ずみ蝕む身体に痛みに耐え、息を切らし、それでも彼は朽ちた
廃屋から覗く汚れた空に手を伸ばす。

 力が、欲しい。
 こんなクソどものいる世界なんて、俺が──。

「──ス、バトナス!」
 はたっと、突然半ば強引なまでに意識が引き戻された。
 彼は、バトナスは、空に手を伸ばそうとしたままの格好でハッと我に返る。
 黒くはなかった。仰向けに倒れている自分が見ている空は無機質な灰色で、すぐに自分は
任務の途中で、ここはリュウゼンの、大都一帯に張った空間結界の中なのだと再認識する。
「お、おい! 大丈夫か? お前何で一体、落っこちて来たんだよ……」
「というかバトっち。召集かけられた時、いなかったよね?」
 そして、大量の瓦礫に埋もれつつ倒れていた自分を覗き込んでいたのは、同じ“結社”の
使徒であるヘイトとアヴリルだった。
 尤も既に一戦交えたのか、何故か前者は、顔や服など全身が血の跡やら土埃やらで大層汚
れてしまっていたのだが……。
「……」
 しかしバトナスは、すぐには返事もろくに出来なかった。
 ゆっくりと、半ば無意識の内に空に伸ばしていたその手を下ろし、彼は存外に昂ぶった内
心の鼓動を、今はただ鎮めることしかできなくて──。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2014/05/09(金) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month