日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)迎える四年とこの病巣(ふあん)

明けました\(・ω・)/賀正

待ってくれなんて言い分など通る筈もなく、新年──2014年がやって来ました。更に時
の流れとは残酷な(淡々とした)もので、気付けば正月休みもあっという間に終了、中には
既に仕事始めを迎えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
早いもので当庵も開設から四年(厳密には未だ三年目)を迎えました。皆さんは年始を如何
過ごされましたか? 創作ブログ『日暮創庵』の長月です。

本来ならもう少し早く──それこそ三賀日の内に新年の挨拶をすべき所だったのでしょうが、
更新ログを見てくだされば分かるように、自分は年末年始など関係なく動いていました。

小説しか書いてねぇ\(^q^)/φ

……例の如く創作中毒です。
今月の各三題を始め、年明け早々ユー録の続きを執筆して正月を過ごしていました。昨日は
第二週分の三題を、夕刻にはユー録の四十六章をUPしています。
嗚呼、まるで成長していないですね。書いて描いて書きまくって……φ_(:3 」∠)_

今年は何が起こるのかな? 何が変わるのかな? 変われるのかな……?
相変わらずな筆力と思考の輩ですが、本年もどうか宜しくお願い致しますm(_ _)m

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2014/01/06(月) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅳ〔46〕

 当初人々が抱いていた予想の遥か上を往き、大都(バベルロート)は“結社”の手に落ち
てしまった。
 最外周の城壁を残し、文字通りくり抜かれるように消え去った──巨大な空間結界に呑み
込まれた大都の街並みと人々。
 それは此処、元第二隔壁南部だったこの場所も例外ではない。
「──回線はまだ繋がらないのか?」
「は、はい。滅茶苦茶ですよ。結社(れんちゅう)ってば、一帯のストリームを根こそぎ弄
り回したみたいで。小手先の挿げ替え程度じゃあ、とても……」
 場にいたのは“正義の盾(イージス)”所属の一個大隊。数にしておよそ一千。
 隊を率いる指揮官の片割れ、将校スタンロイはそんな機材を前にお手上げ状態の魔導兵ら
を見、静かに眉間の皺を寄せていた。
 この場この結界内の誰しもが抱いているであろう、焦り。
 だが己が無力さを併せたそんな感情を、末端の部下達にぶつける訳にもいかない。
「……そうか。頼む、できるだけ急いでくれ」
 踵を返し、大柄な身体を包む軍服を揺らし、スタンロイは屈み姿勢から立ち上がると一旦
彼らから離れた。足を向けたのはもう一方、こちらに背を向けて部下達と何やら話している
相棒の方だ。
「チッ、やっぱりか。すぐ戻ってくるように伝えろ。友軍からの支援が望めない以上、敵に
知られてしまっては全滅すら招きかねない」
「はっ!」「すぐに」
 スタンロイのような大柄ではないが、軍服の上からもその引き締まった身体が窺がえる男
だった。両手を腰に当てて仁王立ち。彼は報告に来たらしいその数名の部下達に指示を飛ば
し、そのままついっと無機質な灰色の空を見遣っている。
「デュゴー」
「ん? ああ、スタンロイか。回線の方(そっち)はどうだった?」
「駄目だな……。復旧にはまだまだ時間が掛かってしまうらしい」
 呼び掛けられて振り返ったのは、濃いめの人相。
 同じく同隊の指揮官でスタンロイの相棒、デュゴーだ。ただ書類の上では彼が指揮官でこ
ちらが副官という扱いになっている。更に付け加えるならば、二人はシノ達がダグラス一行
の来訪を受けた折、割って入ろうとしたダンに立ち塞がった側近その当人らでもある。
「……そっかあ。こりゃあいよいよどん詰まりだな。さっき遣ってた偵察要員達からの報告
が来たんだ。予想通り辺り一面、石の廊下と塔ばかり。加えてあちこちで“結社”の軍勢が
睨みを利かせてるんだとよ。精霊伝令も試したが……案の定沈黙してる。この結界の術者に
潰されてるんだと思うが……」
 ガシガシ。デュゴーは半端に逆立った髪を掻き毟りながら呟いていた。
 ふむ。スタンロイも口元に手を当てて沈黙する。
 やはり“結社”達の狙いは、自分たち武力ある者らを分断することなのだろう。
 ──邪魔されたくない。
 こんな大仕掛けを打ってまで、彼らが成そうとしていることとは……?
「王達が心配だな」
「長官達もな。あの人のことだから真っ先に助けに向かっていると思うんだが……如何せん
他の隊がどうなってるか分からねぇからな……」
 言って、二人はどちらからともなく空を仰いだ。
 いや──じっと、すぐ近くでそびえているある建物を見上げていた。
 志士聖堂。ゴルガニア帝国時代末期、かつて英雄ハルヴェートらが反撃の狼煙を上げ解放
軍を立ち上げたとされる教会。今建っているものは大戦後復元されたものだが、それでも歳
月の経過は如何ともし難く、歴史に思いを馳せるマニアでもない限りそう多くの人々が足を
向けることもなくなった史跡もとい記念館だ。
「……」
 相棒と共に、デュゴーはそんな、一見物寂しげな箱型の家屋を見上げながら思った。
 今回、自分達が命じられたのは此処の警備。
 妙だなとは思った。確かに歴史的には大切な場所なのかもしれないが、一個大隊を投入し
なければならない程の案件なのか。
「あの。デュゴー大佐、スタンロイ大佐」
「やはり、ここは多少リスクを取ってでも急ぎ友軍と合流した方がいいのでは……?」
 だが今は違う。暫し聖堂を見上げている自分達をみて不安になったのか、部下達がおずお
ずとそう行動を促してみようとしてくる。
「……いや、それは取らない。少なくとも回線が繋がるまでは待機する。そもそも俺達の任
務は此処なんだ。加勢に出るにしたってお互いの状況が把握できないこの状態じゃ、却って
味方の足を引っ張りかねない」
「焦る気持ちは我々とて同じさ。だが分断された中で戦い、お前達を失うような状況があち
こちで起これば起こるほど、それは結社(れんちゅう)の思惑通りになるだろう?」
「そういうこと。……そうホイホイ、犬死させる訳にはいかねぇよ」
 デュゴーが肩越しに、そしてスタンロイがそっと諭すように言った。
 部下達は頷きながらも、しかし本心までは同意に染まり切ってはいないようにみえた。形
こそ敬礼のポーズを取っていたが、表情は硬い。待機の列に戻っていく者、回線の再設定に
四苦八苦している者、或いは偵察に出て入ってをしている者。そんな面々の息遣いを、ただ
この空間の無機質さはひたすらに揉み消している。
(この街はハルヴェートゆかりの地。んでもって此処は更にピンポイントな場所……)
 デュゴーは思い返す。サミット開幕前、この任務を言い渡された時、相棒と共にダグラス
から告げられたある話のことを。
 結社(やつら)の狙いが“あれ”だというのなら、確かに此処は……。
(……何にしても滅茶苦茶だ。その為に世界に喧嘩を売ろうだなんて、馬鹿げてる)
 そう思って密かに嘆息を吐いた。やはり連中の思考というものは理解できない。
 だけども彼らは今現実にそれを実行に移している。英雄ゆかりの地に、数え切れないほど
の暴力を携えて荒らしに来ている。

 大きく構えているようでも、その内心はより深い悲劇を想起してはざわめいていた。
 そびえる石の摩天楼の頂。
 この時それは、まだ何一つ異変を起こしてはいなかった。

続きを読む
  1. 2014/01/06(月) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (459)
週刊三題 (449)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month