日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅳ〔43〕

 南方のとある小国の王・リファスは悩んでいた。
 椅子にはやや浅く腰掛け、大きく頭を垂れたその額を組んだ両手で支える。押し潰されそ
うな不安と理不尽への怒りが綯い交ぜになり、落ち着いてなどいられなかった。かといって
何か行動を起こすには遅過ぎるし、何より自国の力では限界などとうに見えている。
「……」
 今は、此処は、統務院本会議場の控え室。まさに今回のサミットが始まる寸前だった。
 何てことをしてくれる──それがリファスの吐き出したくもさせられぬ本音であった。
 言わずもがな“結社”についてである。これから採ろうとしている統務院──を主導する
大国どもの選択である。
 確かに、連中の横暴は目に余るものがある。過去自国でも関連の事件があった筈だ。
 だが……だからといって、彼らと全面対決に突き進むとなれば話は別だ。
 トナン内乱以降、水面下で繰り返されてきた統務院加盟各国間の会談、折衝の数は枚挙に
暇がない。ただそれらに共通しているのは、王貴統務院対結社“楽園(エデン)の眼”とい
う明確な対立構造だ。今回の総会(サミット)はそんな方針を公的なものにする──決議と
して示す場であると言っていいだろう。

 ……火の粉を被るのは、ごめんだ。

 決して公式には口にしないものの、加盟国の多くが内心そう思っているのではないのか。
 ヴァルドーを始め大国はいい。地の国力がある。だが自分達は自国の内政で手一杯な所が
ある。なのに万が一“結社”に目を付けられ激しい攻勢を受ければ、どうなるのか? その
炎を彼らは拭ってくれるとでもいうのか? ……十中八九、否ではないか。
 何より、既成事実のように事を運んでいるというのが憎らしい。
 水面下の政争で、その萌芽は見えつつある。
 “結社”の脅威に「世界」が団結する──そんな動きに、仮に反対や独断をしようものな
らば『自分達の利益しか考えていない』『まさか不穏分子の仲間ではないか?』などと陰口
を叩かれてしまう。
 連中はそんな状況を、権力内に生きる者達の上っ面を、見越した上で十把一絡げにしよう
としているのだ。世界を脅かすテロ組織を駆逐する──その美名の下、自分達にとって都合
のよいパワーバランスを作ろうとしているのである。

 ……随分と偉そうな“正義”なことだ。

 そもそも“結社”のような不穏分子──反開拓勢力(保守過激派)が生まれたのは、彼ら
大国が過去よりこれまで、利の為に少なからずを切り捨ててきたからではないか? 放置し
続けたその歪みが生んだ怪物達ではないのか?
 なのに、彼らは駆逐する。目障りだと再び拳を振り上げる。それが正しいのだと云う。
 ……何も自分がそれほど正義感に溢れる人物だとは思わない。だが、違和感や不信といっ
たものは、確かにこの胸に抱いていると自覚している。
 王とは……何ぞや?
 帝国時代、解放戦争、そして統務院(の原型)成立までの少なからぬ混乱期。
 既に遠い過去の出来事になっているとしても、自分達は学んだではないか。
 権力を一人に持たせてはいけない。されど複数人に持たせても争いは起こる。
 だから王は生贄のようなものなのだ。領民の安寧と繁栄を担保する──その一点で権力を
持つことを許され、政務を執ることを委託された存在なのだ。
 だから……? いや、一国の王というよりは、酷く個人的な感情になるのかもしれない。
 不安で不安で、仕方ない。
 さも膨張していくかの如き正義、秩序の正当性、繁栄を謳歌する今の世界そのもの。
 この戦いの先に、自分達は一体何を得るのだろう? どれだけを失うのだろう? 何より
民達は……本当にそんなことを望んでいるのだろうか?
 確かに実際問題、最早“結社”の実害を無視はできない。だが──。
「陛下」
 そうして悶々としている、ちょうどそんな時だった。
 はたと声が降ってきたかと思うと、そう官吏がドアをノックし、外より自分を呼ぶ声がし
たのである。
「そろそろお時間です。本会議場へ」
「……ああ。分かった」
 リファスは疲弊した顔を上げると、ドア越しにそう答える。
 向こうではまだ気配があった。数人分。自分を補助・警備する官吏や高官、兵らだろう。
 身体を起こし、暗くなった表情(かお)を引き締め直してから、大きく深呼吸。
 一国を任されている者として、せめて外面だけは……ふてぶてしくないといけない。此処
は悔しいかなそんな世界だ。
 椅子の背に引っ掛けていた礼装の上着を羽織り直し、リファスは立ち上がった。手櫛で軽
く髪を整えるとドアを開けて彼らと合流する。
 すぐに官吏らが身だしなみをチェックしていた。総会の資料を抱えつつ取り出ししつつ、
最後の打ち合わせをする。
 同席する予定の高官らが一礼し、自分を励ましてくれた……ように思う。だがおそらくは
おべっかなのだろう。だが決して珍しい風景ではない。警備兵に囲まれ大舞台を前に、いい
意味で高揚しているなら心強いのだが。
「……では、行こうか」
 きゅっと唇を結んだ後、言ってリファスは歩き出した。分厚い赤い絨毯が足音をサクサク
と掻き消す。廊下のあちこちで同じく、他国の代表団も本会議場へ向かう姿が見えてくる。
『──』
 リファス達一行も歩いていく。
 天井の高い廊下、その窓から等間隔に光が差し込んでいる。
 だが実際、彼らに去来するイメージは、暗闇のそれに違いなかった。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2013/10/08(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (473)
週刊三題 (463)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month