日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)君と僕の、意識の矛先

暑さが最早人を殺しにかかってるレベル……_(:3 」∠)_
高知では連日40℃超えなんて炎暑だそうじゃないですか。人間の体温なら間違いなく寝込ん
でいる値ですよ(まぁ気温と体温ではまた勝手が違うのかもしれませんが)

そんなこのお盆の暑さの中ですが、ユー録の四十一章、何とか更新しましたφ(=_=;)
そして涼しい時間──腰を据えて頭を万全にして、取り組める時間──に拘って一層執筆が
細分化されたからか、蓋を開いてみれば3万字超というもっさり分量となりました\(^q^)/
何気にこの大台は本編序盤以来だったりします。

……何といいますか、書いても書いても、考えても考えても不安なのですよね。
言い訳がましいとは承知で綴りますが、こう暑さに茹るような環境だと頭が~は勿論、自身
不覚な状態でものを考え、書(描)くことになりかねん訳で。そうなると物語の質は担保
されるのか? いやそもそも(漠然とした)自分の文章というものをキープできるのか?
いやいやそれ以前に自分はこんな思考・嗜好・技巧でいいのだろうか?と、どんどん疑心が
膨らんでしまい……_| ̄|○

それでも、先日でユー録もなろうさんにして累計70000PV、三題も累計50万文字を突破する
ことができました。これも拙作らを手に取ってくださった皆さんがいるからこそ、自分も続
けてこられたのだと思います。既に活報やツイッタ(小日記)では言及していますが、改め
て御礼申し上げますm(_ _)m

これまで積み重ねてきたものは大切にして、より昇華して。
でもそれだけじゃなく、もっと広く豊かな感性と思考を持ちたいなぁと願う今日この頃。

続きを読む
  1. 2013/08/14(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅳ〔41〕

 戸惑いは静かに、しかし明らかに波紋を描くように伝染していた。
 “結社”の謀略によって瓦礫の山と為ってしまった鉱山跡。微かな希望を必死に抱き締め
ながら、埋もれてしまった同胞達を探す救助隊の面々とその一部始終を見守るレジーナ達。
 そこで見つかったのは、他ならぬジーク達だった。
 但し──四人が四人とも、石像のようになった姿で。
『……』
 眉を顰め、互いに顔を見合わせ、発見の一報を受けて集まった面々は暫しこの状況にどう
応じればいいのか判じあぐねていた。
 まさか、こんな格好で見つかるなんて……。
 予想外が故の戸惑いと、ちらつく見つかったことそれ自体への安堵感。
 だが、どうすればいい? そもそも何故こんな状態に?
 掘り起こされた四人──の像をぐるりと囲んで、やはり一同はお互いを困惑と不安を見せ
合っていた。急遽掻き集めて焚かれた照明が、石像越しの四人のさまを一層リアルにみせて
いる気がする。
「ちょっと、診せてくれ」
 そんな沈黙の中で声を上げたのは、一人の鉱人族(ミネル・レイス)の隊員だった。
 誰も呼び止めることはない。ただ何もできず、ただ彼が自分達の傍を通り過ぎていくのを
力なく見遣り、見守るしかなかった。
 彼はジーク達──のような石像の前に来ると、ゆっくりと屈み込んだ。
 そしてそっと掌を岩の肌寸前までかざし、薄く目を瞑って、何かを探るように暫しその場
から動かなくなる。
「……この感じ、間違いない。やはりこれは同胞の力によるものだ」
 やがて彼は、再び目を開くとそう神妙な面持ちで言った。
 一同がざわつき、互いに顔を見合わせる。
 とはいえ、それは先程までの戸惑いだけではない。
 少しだけ、光が見えた。この奇妙な状態の説明がついたことで緩やかな安堵が皆の胸を撫
で下ろさせたのだ。
「つまり石化能力か……。皇子達は石化させられてるってことなのか?」
「有体に言うとそうなるが、ちょっと違う。どうやら身体の周りをびっしり、硬質の膜で何
重にも包んであるみたいなんだ。まるで、梱包されたような……」
「梱……包?」
「どういうこった? 結社(れんちゅう)は皇子達をぶっ殺すつもりだったんじゃないのか
よ? 何でわざわざ保護するような真似を……?」
 しかし尚も疑問は残る。
 彼の話によればジーク達をこのような姿にした──包んだのは鉱人族(どうほう)の仕業
らしい。だがそんな手間を掛けずともこの爆破・崩落に巻き込ませてさえおけば、ほぼ確実
に殺せた筈である。
 それとも、結社(れんちゅう)とはまた別の誰かによるものだったのだろうか……?
 どうにも解せない。
 救助作業に加わった、場に居合わせた面々が、そう一様に首を傾げる。
「ね、ねえ。包んだだけってことは、ジーク君達はまだ生きてるの?」
「どうだろう……。流石に中の当人達がどうなっているかまでは分からないな。包まれて外
界と隔たれてある訳だから、既に死んでたってことでもなければ、その時のままの状態が維
持されている可能性はあるが……」
 だが、レジーナのそんな希望を託した問い掛けに答えた彼の言葉に、面々はまた新たに色
めき立った。
 不確かではある。だが可能性はある。
 リーダー的な作業員らが互いに顔を見合わせ、力強く頷く。
「だったらすぐに確かめてくれ! 同じ鉱人族(ミネル・レイス)なら何とかできないか」
「あ、ああ。できなくはない。硬質化をこちらで解除してやれば、或いは……」
「じゃあ頼む! このまま皇子達を失わせたら、俺達は末代までの責められモンだ!」
 ずいと、彼らがそうこの鉱人(ミネル)の男性に詰め寄り、請うた。
 おそらく当の彼は半ば諦めていたのだろう。だがそう見出した希望を握り締め、捨てない
と気力を振り絞る彼らを見、そんな萎んだ気持ちに活が入ったらしい。
「……分かった。おい、他にも同胞がいれば手伝ってくれ!」
 ミネルの彼が周りの人の群れへと呼び掛け、その求めに応じてちらほらと数人が駆け寄っ
て来た。そして彼らは少し打ち合わせをした後、再び石化したジーク達の前に屈み、一緒に
なって手をかざしてその硬質の膜を解き剥がしに掛かる。
『──』
 鉱山の作業員達が、救助隊員達が、レジーナやエリウッドが、その時が来るのを固唾を呑
んで見守った。一枚また一枚と、粉末のような灰色が少しずつ散り、徐々にジーク達の梱包
を薄くするのが分かる。
 やがて……それらは全て剥がされた。事に当たった彼らも、びっしりと汗をかいている。
 石像ではなくなっていた。ジーク達四人は、確かに生身の姿になっていた。
 苦しそうな表情で倒れているまま、あちこちに怪我を負って服を赤に染めているのが尚も
痛々しかったが、それ所ではなかった。面々──特にレジーナが真っ先に彼らの下へと名を
叫びながら駆け出していき、そっと身体を起こすとその胸に耳を当てる。
「……ッ、動いてる。まだ……死んでない!」
 数拍の沈黙。搾り出された声。
 わぁっと面々が、諸手を挙げて叫ぶ声が重なった。
 気を失ったままのジークを抱いたレジーナが顔を上げ、感涙でくしゃくしゃになったまま
で皆を見遣る。エリウッドらも同じく彼女に倣い、サフレ・リュカ・マルタ──残り三人の
心臓がまだ弱いながらも打たれていることを確認して、コクリと頷きを寄越す。
「医療班、急いで担架を!」
 喜び。だがそれも束の間。まだ安心はできない。
 隊員の一人がそう叫んでいた。ばたばたと、担架をかついだ白衣の面々が、瓦礫の上を歩
き難そうにしながら何組も駆け付けてくる。
「ジーク君……。リュカさん、サフレ君、マルタちゃん……」 
 四人が大至急搬送されていくのを、レジーナは安堵と不安の中で見送った。
 まだ涙が止まらない。助かって良かったと私の所為で、それぞれ別々な感情が尚も彼女の
胸奥を掻き乱し続けている。
「……大丈夫。信じよう」
 ぽんと、エリウッドが寄り添い、その気丈でも太くはない身体の線を抱いた。
 彼に慰められるがまま頷き、レジーナは言葉を出せずにいる。一方で周囲の作業員・隊員
らは引き続き慌しく、不明者の捜索に戻り始めている。

 夜はまだ続きそうだった。
 だが少し、少しだけ……この絶望の山に今、小さな希望が灯り始めようとしている。

続きを読む
  1. 2013/08/12(月) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「イントゥ・グレー」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:灰色、地雷、増える】

続きを読む
  1. 2013/08/11(日) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)その足元に流るる清濁をみろ

「宿題は朝の涼しい内に済ませましょうね~」
──その朝から既に暑いんだっつーの!( #゚д゚)⊂彡☆))Д゚;) こんにちは、長月です。

お盆が近付いているということもあって、暑さが有頂天になってますね_(:3 」∠)_
昨日で暦の上では秋──立秋だったそうですが、涼しさなんて欠片もありゃしない。日中は
ただ無慈悲なる日差しが注ぐだけです。それだけ昔の暦(が語るこの国の気候)と今日の気
候が乖離してしまっているのでしょうか? そう思うと何となく罪深いような。
(……あ。でも昨日、ちょうどうちの方では小雨ながらにわか雨があって、確かに風「だけ」
はいい感じに冷やっこくなっていた気がします)

先日より、ユー録の続き(四十一章目)の執筆を始めています。
既に例の如く、折につけてツイッタに進捗日記を書いているので併せてみて頂ければと。
流石にこんな暑さもあって、日中に時間が取れてもあまり進みません。
なのに夜、空調を利かせた自室に篭もれば──あら不思議。昼間の能率が嘘のように盛り過
ぎてしまうほど……というのがここ数日の流れであったりします\(^o^)/
(まぁ昼間にプロットを読み返したり、頭の中で仕込みをしているからというのもありますが)

節分け上、執筆は既に折り返しを迎えています。
今週末~翌週明けには三題執筆を挟むにしても、お盆くらいには原稿書き上げ→更新作業と
したいところですねφ(・_・;)

続きを読む
  1. 2013/08/08(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「温の向こう側」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:炬燵、時間、記憶】

続きを読む
  1. 2013/08/05(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month