日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅲ〔39〕

 その一撃が、また一人阻まれた生命を引き裂いた。
 振り下ろされた斧。その断撃を防ぐこともままならず、鉱夫が一人左右に真っ二つにされ
て崩れ落ちた。
 骨肉を貫き砕き、舞った血飛沫の鈍い音。辺り一面に広がった、惨殺体の山。
 そんな中でもヴァハロは快活な微笑を一つも変えず、ひゅっと斧を振って血を掃う。
 今彼がいる場所はフォーザリア鉱山の中腹であり、幾つかの昇降機が外への順路を求めて
口を開く場所──岩と土で出来た、だだっ広いバルコニーのような空間だった。
「そっち終わった~?」
 そうして佇んでいると、ふと後方から声が聞こえた。
 肩越しに振り返ってみれば、身体中血塗れ包帯塗れのアヴリルが笑顔でこちらに近付いて
来ているのが分かる。更にその背後では、無数の蟲型魔獣達が絶賛“食事”中だ。
「うむ、今し方な。そちらも片付いたか」
「見ての通り。まぁ雑魚ばっかりだからどうせ時間の問題だったろうけど」
 辺りには死が満ちているというのに、二人のやり取りは文字通り雑談するかの如き気安さ
にも思えた。どんよりとしてきた空模様へ抗議するかのように、大量の血色がくすんだ土色
に静かに広がっていく。
「しかしバカだよねぇ……。守るって言っておいて自分から見捨てるような真似してさ?」
 足元に転がっている死体の一つを頭から摘み上げながら、アヴリルは哂っていた。持ち上
げた元傭兵の身体を後方に投げ、即座に自身の魔獣達が喰い付いていく。
 骨を砕き、肉を咀嚼する音が暫し続いた。
 ボタボタと血も流れ落ちている。それでも彼女は平然と背を向け、ヴァハロと向かい合っ
たまま、緩んだ身体中の包帯を手馴れた様子で結び直している。
「……みすみす逃す訳ないじゃん? 鼻につくんだよねー、ああいういい子ぶりっ子は」
 計画通りに事が運んでいれば、今頃レノヴィン達は坑内で信徒と戦っている筈だ。
 わざと騒ぎを煽り、彼らを内部へ誘き寄せる。後は準備までの時間を稼ぎ、丸ごとを此処
終わらせる。
 ……これまでの行動パターンから、あの少年は何としてでも取り残された者達を助けよう
とするだろう。
 しかしそうはさせない。精々たっぷりと犠牲に、我らが敵達に大打撃を与える為の生贄に
なって貰う。摂理(あるべきすがた)に反逆する者には、死を与えなければならない。
「──お?」
 そんな時だった。はたと着信のバイブ音が岩と土のバルコニーに響いた。
 アヴリルが包帯の端で手の血を拭い、胸ポケットに忍ばせていた自身の携行端末を取り出
して応える。
「やあやあヘイト? ご苦労さん」
『ああ。ったく、相変わらず能天気な声しやがって……。そろそろ駒どもを動かす時間だ。
鼠の始末は済んでるか?』
「うんー、少し前に。そっちこそしっかりやりなさいよー?」
 言われなくても分かってら。導話の向こうのヘイトがそう憎まれ口で答えていた。
 それでも対するアヴリルは顔色一つ変えていない。逆に憎たらしいほど朗らかである。
 端末を耳に当て、彼女は笑っていた。何気なくぐるりと辺りを見渡している。
 勿論在るのは自身とヴァハロで始末した、脱走者(ねずみたち)の死体だ。だが彼女はそ
うした光景には何の興味示さず、蟲型魔獣達に喰わせるままにし、ふと気付いたように問い
を投げてくる。
「そういえばさー、クロムっちは何処行ったの? そっちで居場所探せない?」
「ん? あやつならば少し前に坑内(した)に降りて行ったぞ。信徒程度ではレノヴィン達
を押さえられるか不安が残る……などと言っておったが」
『はぁ? 何勝手に動いてんだよ……。巻き添えで死ぬ気か?』
 ヴァハロからの返答が聞こえて、ヘイトの声色が一層あからさまに不機嫌になった。
 端末越しに聞こえるのはため息──いや、冷笑。
 だが彼は、そんなクロムの単独行動をもっと別な側面から観ていたらしい。
『大丈夫かよ。ただでさえあいつはレノヴィン達と一度顔合わせしてるんだぜ? まさか変
な手心を入れるつもりじゃ……』
「別に問題ないわよ。裏切り者(もしそう)なら始末すればいいだけ」
 しかしアヴリルの返答は迅速で、かつ淡々と割り切ったものだった。
 自分達“結社”とて一枚岩ではない──それは事実だ。
 教主・使徒・信徒・信者、明確なヒエラルキーがあるのと同時に、組織に加わった経緯も
時期も動機も、皆突き詰めればバラバラなのだから。
 それでも、自分達は戦っている。摂理(あるべきすがた)を代行する、その為に。
「ふむ……」
 一方でそんな二人のやり取りを眺めつつ、ヴァハロは何やら思案顔をしていた。
 右手には肩に担いだ手斧、左手にはぶらりと下げた手槍。
 この二刀流が多くを斃(たお)してきた。彼の求道の為に贄となった。
「なぁに、そう心配することはなかろう」
 最強の古種族──竜族(ドラグネス)。そして使徒達の中でも無類の戦闘能力を有する、
一見して武人以外の何者でもない彼は、ややあって呟く。
「……そもそも我らに居場所というもの自体、そう多くは存在せぬのだからな」
 アヴリルが、導話の向こうのヘイトが押し黙っていた。加え魔獣達すらも急に大人しくな
ってそう語る彼の方を見遣っている。

 曇天に、血の匂いの風が吹き上がっていく。
 フォーザリアの地に“結社”の影が満ちていく。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2013/05/23(木) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month