日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)正しさという言葉について

少し日が経ってしまいましたがこんにちは、長月です。
先日、連載(ユー録)の三十四章をUPしました。第Ⅲ部も終盤となります。
また今週分で以って、週刊三題が通算50本目を達成しましたヽ(・ω・)ノ 塵も積もれば何と
やらですかね。
気付けば2013年最初のこの一ヶ月も、創作漬けな日々であったように思います。
長編を二本併行している(ユー録とデッドレス)現状も大きな要因ですが、ほぼ毎週何かし
らの執筆を抱えうんうんと唸りながら、それでも書き進めていく書き上げていくその達成感
と清濁併せ持った疲労感(しばしば言及している“反動”とでも言いましょうか)が自分に
止める選択肢を取らせないというような……。

……足りない。まだまだ鍛錬の果ては見えてきません。
もっと色んな、新しい物語(特に堅苦しさを掃った毛色)を書きたい創りたいという欲求。
掲載先を増やすなりして、もっと手に取って貰える可能性を「拓く」べきではという思案。
十中八九、疑心暗鬼の類なのでしょうね……f(=_=;)
どれだけ創っても、所詮は手前の想像のセカイの中じゃないか。独り善がりじゃないのか。
そういう自分を哂う自分を掻き消したくって、無理くりに拓こうとする。或いは許せなくて
恥ずかしくって、撤退衝動みたいなものがはたと襲ってくる。
でも実際問題、自分ではキャパの限界があるし残念コミュ力だし、どちらにせよそういった
衝動に任せてしまうと後々苦しむのが自分なのは明らかな訳で。

だから結局一番の道は、今在るセカイをきちんと形にしてあげることなんだろうなあ……。
そんな思考ばかりがループしている気がします。とかく迷ってばかりいる気がします。
……煩悩というか、何というか_(:3 」∠)_

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 22:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

(企画)週刊三題「太陽の児」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:太陽、少年、燃える】

続きを読む
  1. 2013/01/27(日) 21:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅲ〔34〕

 世界が粗いノイズに打ち付けられるように何度も何度も乱れていた。
 ジークが次に気付いた時、視界一面に広がる世界は何処か色褪せたような、自分という存
在だけを遠くに置き去りにしているような、そんなセピア調の色彩を帯びていた。 
(……?)
 怪訝に眉を顰める。
 五感へ訴えかけてくるのは確かに臨場感だ。
 なのに……視線を落としてみた自分の掌、いや身体全体がぼんやりと霞んでいるのは何故
なのだろう? 半ば透き通ってさえいるのは、何故なのだろう?
 少し離れた眼前に、たくさんの連結されたテーブルが並んでいた。
 そして更にそれらを囲んで多くの人々が座り、或いは後ろで立ち見状態になっている。
 静かに目を凝らす。
 彼らは皆、ローブ姿に杖──魔導師と思しき格好をしていた。
『開放すべきです。この独占的な構造が続けば我々全体への信頼は失墜するばかりだ。魔導
とはヒトとセカイを結ぶもの。閉じ込めるなど本来あってはならない筈です!』
『愚かな……。魔導とて力ぞ? 正しき理を知らぬ、知ろうともせぬ凡俗どもに扱わせては
摂理が侵されるだけ……それこそ本末転倒ではないか。所詮利益が欲しいだけであろう?』
『そんなことはない! 我々は人々の幸福の為を思っているのだ!』
『貴方達こそ、今の利権を手放したくないだけではないか!』
『言葉を慎め下郎! 己が我欲(ごう)を棚に上げて我らを愚弄するかっ!?』
 どうやら、彼は延々と何かを話し合っているらしい。
 だがその実情は最早喧々囂々──「議論」と呼べるほど冷静・理知的ではなくなっている
ように思えた。
 席に着いていた者すら多くがガタッと立ち上がり、互いに売り言葉に買い言葉の様相。
 そんな歪な白熱ぶりに、立ち見している者達も次々に割って入っては相手方を批難し合っ
ている。そんな有り様。
 ジークが先ず覚えたのは、焼け付くような胸糞悪さだった。
 いかに自分という人間が正しさや理性、良識を標榜しているとポーズしていても、実の所
はより情動的な部分で動いている、その矛盾を認めようとしない偽りさ。……いやそれ以上
に思いは伝わらず、只々空回りして傷を掘り深めることへの落胆のようなものか。
『──! ──!』
 それに、気のせいだろうか。
 先程から延々と口論している彼らの髪が、どんどん黒みがかった銀色、白みがかった銀色
に変色してゆくように見えて──。

(……。あれ?)
 はたと気付くと、景色が変わっていた。
 瞬きをした、その僅かな暗転の瞬間に何が起きたのか。
 ジークはもう一度、相変わらず霞み半透明な自分の掌に目を落としてから、ざっと周りを
見渡してみる。
 そこは先程のような会議室ではなかった。
 言うなれば工場──作業場のような内装か。だだっ広い空間に等間隔に並べられた作業台
と道具一式。それら一つ一つに、鍛冶師らしき職人と数名の魔導師がセットで着いている。
 彼らは黙々と作業をしているようだった。
 門外漢なので詳しくは分からないが、不思議な光沢を持つ金属を熱し、職人が鎚で叩いて
鍛えながら魔導師らが掌から靄のような何か──おそらく魔力(マナ)──を注いでいる。
 徐々に形になっていくのは剣や槍といった武具、或いは指輪などのアクセサリー類。
(これってもしかして……)
 再び辺りを見渡し、確認する。
 一心不乱に製造を続ける職人や魔導師らの並び立つこの場にあって、一方でそんな彼らに
何かを届けている者達がいたのだ。
 その抱えた箱に詰まっていたのは、宝玉。
 ジークにも見覚えがあった。
 間違いない。これは魔導具の製造現場ではなかろうか?
 実際、届けられた宝玉を嵌め込む作業を経て、彼らは次々に作り出した武具・装飾品──
魔導具を完成させていく。
 ああやって作られるのか……。フッとそんな感慨を抱き、ジークは何気なく普段得物を、
六華を下げている腰に手を遣っていた。
 だが──手は空を切る。
 見てみれば、腰に六華は差さっていなかった。まさかと思って懐に差してある脇差三本の
方も確かめてみたが、やはりその姿はない。
(……?)
 眉根を顰め、そうだったと思い出す。
 そうだ。自分は転移の直前で六華が啼いていることに気付いて……。
「──ッ!?」
 その瞬間だった。ぞわりと、全身を蝕むような猛烈な悪寒がジークを襲った。
 帯刀していた筈の腰から視線を顔を上げて、再び近くて遠い作業場の光景を見る。
 一層、人々が遠くに色褪せているように思えた。
 代わりに、存在感を増して訴えかけてくるのは……宝玉達。
 気のせい? いや確かに感じる。視界一杯に宝石一つ一つから濃い靄が上がっていた。
 赤、黄、緑、青、紫、白、黒──様々な色彩が静かに揺らぎ、蠢き、ジークにはそれらが
まるで無数の人影を成しているかのように感じられる。
 いや……ように、ではない。
 見ていた。その無数のオーラ状の人影の全てがこちらを見ていた。
 靄の中で薄暗く窪み、中央に深い深い光を宿す瞳。

“──そうだ。これがお前達(ヒト)の歩んできた道だ”
 
 そして脳髄へ直接流れ込んでくるような、大量に共鳴された重苦しい声。
 ジークは思わず動揺で目を見開き、漠然としかし巨大な畏怖に気圧され大きく後退る。

続きを読む
  1. 2013/01/24(木) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「遠い場所」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:緑色、幻、輝く】

続きを読む
  1. 2013/01/20(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ラディカルなセカイを生きる

昨日、執筆が一段落しました。
「死に損いのデッドレス」三章をUPです。

ずっとユー録ばかり書いているとしんどいというか、変化が欲しいなと新しくプロットを起
こして書き始めたお話ですが、今回の更新でおおよそ物語上折り返し地点となります。
あと、なろうさんで感想が付き、連載頑張って下さいとあって(≧▽≦)
数字(だけ)じゃないんですよね。手に取って下さっている、その気付きをくれるというの
が嬉しかったりするのです。……まぁ自分の方から他の作者さんに、というのは中々チキン
故にできないでいるのですけどφ(=_=;)
しかしまぁ、主連載(ユー録)が随分と息が長いのもあって、あと数回の更新で一先ずの〆
が来ますよって言い難くなった気がが。反応次第では続編を書く可能性も、なくはな──

過去作達『<●><●> ソウイッテ、ケッキョクホウチプレイ……』 
長月「……あ、はい。すみません_| ̄|○」

次の執筆は、ユー録の三十四章です。
今回からは西方編に突入、現在の第Ⅲ部も終盤に入っていきます。
(嗚呼、あれだけあったプロットの山が消化されていく……グヘヘ^q^)
できる事なら今月中にもう一回、当章をUPできればなぁとは思っていますが、さてはて。
巷では芥川賞・直木賞の発表があったりと文壇にも動きがありますが、なまじ物書きの一人
として文藝界隈を覗いている故、“ネームバリューありき”や“金儲けありき”だったりする
今日びのそれらにはさほど強い興味はなかったりします。
というよりも、結構アマチュアで書いている・社会全体としては微々たるものでもネットの
向こうの誰かとやり取りができる、それだけで自分はもう創作の醍醐味を知っていると感じ
ているのかもしれませんね……。まぁそれで「満足」したままでは創作が閉店してしまう訳
ですし、まだまだ色々なものを書きたいですし、これからも一連の営みは続けていくつもり
ではあるのですが。

続きを読む
  1. 2013/01/17(木) 15:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (140)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (23)
【企画処】 (310)
週刊三題 (300)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (299)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート