日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「隣接線上のトラジェディー」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:日常、音楽、新聞】
本文は追記部分からどうぞ↓

続きを読む
  1. 2012/06/18(月) 18:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)セカイが繋がり僕らはきっと

先日連載の二十五章をUPしました。こんにちは、長月です。
そして……遂に、本章を以って第Ⅱ部『皇国再燃』編が無事完結致しましたヽ(≧▽≦)ノ
累積で二十五章分、総文字数も約77,2000字と、思えば随分と長く続けて来れたものです。
これもひとえに、拙作を手に取って下さった読者の皆さんの後押しがあったからこその結実
だと思います。この場を借りて、改めて重ねて御礼申し上げますm(_ _)m

実は何気に、此方では鯖さんが安定の不機嫌っぷりを発揮してきたり、なろうさん方面では
最後のパート(UP稿上の区分け)の予約投稿の時間を間違って後でこっそり追加していたり
など。水面下では投稿確認の段階であたふたしていたのですが、もう大丈夫。一安心。
自分は今、大きな達成感と愉悦を感じています。
最初の頃はこっそり自分の中で温めていただけのセカイ。
だけど、いざそれを作品として形にし、誰かに「開いた」時から、セカイは他者を介しより
活き活きと動き出すのです。
──実際に投げかけられた声(レスポンス)はなくとも、手に取ってくれた。
ただそれだけで、作り手という人間は嬉しいものなのです。
そこで少なからぬ“義務感”も出てくるとはいえ、そうした他者の眼差しは同じくらい彼の
者を奮い立たせてくれるのです。
何より作り手自身が愉しむこと。誰かが愉しんでくれていると想起すること、知ること。
そしてそんな感触を、同じセカイでできると知った時、彼らはどれだけ豊かなことか……。
創作における良い循環とは、実にこうしたものではあるまいかと思うのです。

暫しの休息と移り気を挟みつつ、それでもコンスタントに。創る営みは何処かで。
ぼちぼちと続編──第Ⅲ部のプロット作りも始動させようかと思います。故に次回の更新は
時間が空くものと思われますが、まったりと気長にお待ち下さいφ(=_=)

そしてこれからも、拙作らが貴方の愉しみや糧の一助とならんことを──。

続きを読む
  1. 2012/06/15(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅱ〔25〕

 空が、澱んだ紫色を帯びながら低く鳴いている。
 明らかに普通の気象ではなかった。しかもこの異変は、遠くの皇都──その中枢である王
宮上空を中心として拡がっているらしい。
 アズサ皇と共同軍が対峙する前後、七星傘下の傭兵達が中心となり、皇都トナンとその周
辺住人達の避難はほぼ完了しつつあった。
 ある者らは自ら逃れた、レギオン勢が落とした各守備隊の砦に身を寄せて。
 またある者らは点在と、皇都近郊の丘の上から。
 人々は皆一様に強い不安の下で、固唾を呑みながらこの異様な曇天を見上げている。
「ご覧になられるでしょうか? 空が……空が禍々しく澱んでいます!」
「は、はい。周辺の人々の避難はご覧の通りほぼ完了しています。ですがアトス・レスズ共
同軍からの厳命によって我々もまた、これ以上の進入は不可能で──」
「皇国(トナン)は、今まさに大きな分岐点に立っています。以上、現場から中継でした」
 それは、この場においても世界中に映像を届け続けているマスコミ各社も同様だった。
 ある若手の女性レポーターは目の前の光景に畏れ、震えながらも、何とか自身の職責を全
うすべくマイクを片手に中継を続ける。
 また別の、怜悧冷静な派遣局員の男性は、極力内面の動揺や私情をひた隠しにしようとす
るかのように淡々と、生の報告を導話回線の向こうへ返している。
『……』
 そんな中、彼らは避難してきた人々の中に──しかし心持ちぽつねんと距離を置いたよう
に半端に交じって立ち尽くし、或いはぐったりと座り込んでいた。
 粗末な最低限の着の身着のまま、中には申し訳程度の家財を小脇に抱えて。
 そう。彼らはスラム街でジークが出会った住民達だった。
 両軍の戦闘が始まりジークが出て行ってしまった後、やはり誰からともなく都と命運を共
に──消極的な閉じこもりを続けようとしていた彼らだったが、暫くして突如飛来してきた
竜族(ドラグネス)の一団によって避難するよう粘り強い説得を受け、ようやくその重い腰
を上げていたのだ。
『俺達は、ジーク殿下より直々の依頼を受けてやって来たんだ。あんたらは何よりも死なせ
ちゃいけない人間だ──そう言われてな』
『頼む。急いで避難してくれないか? 私達のこの翼で君達を運び出そう。さあ、早く』
 彼ら飛竜部隊がかの七星“青龍公”傘下であることにも驚いたが、それ以上にあの手負い
の青年がシノ皇女の息子だと知った時には皆激しく驚き、動揺したものだった。
 そこまで言ってくれるのなら……。
 皇子直々の頼み(おそらく当人はそういう立場を利用して頼んだとは、自分達には思えな
かったものの)となれば断れまい。そうして、スラム街の面々は今此処にいる。
「……兄(あん)ちゃん、大丈夫かなぁ?」
「兄ちゃんじゃなくて殿下だろ。ジーク殿下」
「水臭いよなぁ。ちゃんと言ってくれれば、俺達だって……」
「何言ってんだよ……。仮について行ってた所で足手まといじゃねぇか」
「だよなぁ……。よ、様子を見てくるって言われてたけど、今じゃ王宮の方もあんな気味悪
いことになってるし……」
 避難してきた人々がそれぞれに身を寄せ合って、同じ紫の曇天に不安の眼を注いでいる。
 だがそんな状況でも、スラムの住人達はそうした「一般人」とすら壁を感じ、壁を作って
しまい、大勢の集まる場所からは距離を置いて同じような不安と嘆きを重ね合っていた。
 面々の脳裏に過ぎるのは、あの時己の傷を押してでも皆の身を案じていた皇子(ジーク)
の真剣な姿。
 あの後、彼は──いや、あの方はどうなったのだろう?
 共同軍にはシノ皇女、彼の母も同行しているようだから、遅かれ早かれ合流を果たしたと
は思うのだが……。
『……』
 粗末な衣服の裾を握り締め、彼らは何とも言えない悔恨を抱えた。
 この国自体、もう自分達には関係ないとばかり思っていた。
 なのに……この胸の奥のもやもやは何なのだろう? どうせ自分達とは身分が違う。そう
判明したあの青年を──たとえ一時の保護と共同生活があったにせよ──どうして今になっ
て心配し、何もできない・何もしない自分達を申し訳なく思っているのだろう?
 もしかして。もしかして自分達の中にも、まだ──。
「何をウジウジ縮こまってるんだい? 男だろうが。情けない」
 そんな時だった。
 杖を突いた気の強い老婆が、ふと横向かいから歩いてくるとそう静かに眉を顰めていた。
 一時深手を負ったジークの治療もした、彼らのリーダー格たる老医師である。
「お、御婆……」
「あれ? 一体何処に行ってたんです?」
 そんな彼女に随伴していたのは、スラムの女性達が何人か。
 加えて老婆自身、避難の際に持ち出していた医術道具入りの鞄を手にぶら下げている。
「一応あたしも医者の端くれだからねぇ。怪我人の面倒を頼まれていたのさ。そんな所で不
貞腐れてる暇があるんなら、ちったあ手伝いに来たらどうだい? 男手があるに越したこと
はないしねぇ。女子(おなご)連中に丸投げしてもいいってなら……話は別だけどね」
 言われて、このスラム街の男達は互いに顔を見合わせた。
 そしてぽつりぽつりと、彼らは誰からともなく立ち上がってゆく。
 そうだ。別に一緒に戦ってくれとは言われていない。
 ただ皇子(かれ)に願われたことは、“生きてくれ”というメッセージだったと思う。
 そんな面々の内心を見透かしたのか、或いは別な推論があったのか、老婆はフッと言葉な
く口角を吊り上げていた。
 杖と共に踵を返して「さて……。行こうか」と一言を残し、再びこの戦の混乱の中で負傷
した人々の救護活動を再開しようとする。男達も、わたわたと遅れがちにその後を追った。
「……」
 歩いてゆく中でも、避難してきた人々は一様に曇天に不安の眼を注いでいる。
 そこには既に敵味方もなくなっていた。
 皇国兵も共同軍も、レジスタンスもレギオンも。
 沸いてきた傀儡兵らを撃退し、避難の人々の中に交じり入ったまま、彼らもまたあの皇都
で起こっている筈の狂気(たたかい)を想う。
 今目の前にある不安。或いはこの戦いが終わった後の自らの生計や祖国の政治への不安。
 今この場には間違いなく、そうした人々の嘆きが満ちている。
「一体、この国はどうなっちまうんだ……」
 そして、そんな皆々の思いを代弁するかのように。
 老婆らが一瞥を寄越して通り過ぎる中、そう誰からともなく、深く哀しい嘆声が漏れた。

続きを読む
  1. 2012/06/14(木) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)棄てるは易く、護るは難く

※平素以上に糞真面目(で理想論的)です。ご注意下さい。

続きを読む
  1. 2012/06/11(月) 22:15:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「深緑曰く返せよヒューマン」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:泥棒、森、コンビニ】
本文は追記部分からどうぞ↓

続きを読む
  1. 2012/06/10(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month