日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)彼の掌の上にて掌を

先日、連載の十七章をUPしました。
それと前後してなろうさんでのアクセスも7000PV強・1000人超となり、手に取ってくれて下
さっている方がいるんだなぁと、自己顕示欲かと哂えもしますが、一人の書き手として素直
に嬉しく思っている今日この頃でありますm(_ _)m<重ねて感謝申し上げます
(前々から携帯系からのPVが大きいなと思っていたのですが、実はあれって画面に全文が収
まり切らないがために分割表示になって、それ故にカウント数が割り増しになるんですね;
最近知人が指摘してくれてようやく気付けた今日この頃f(=▽=;)←PCユーザの余りモバイル
に不得手な自分)

貴方は自分の書く物語で何を見ているのでしょう? 何を感じているのでしょう?
少しでも、拙作たちが貴方の愉しみや思索の糧となってくれていますように……。

続きを読む
  1. 2012/02/16(木) 21:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅱ〔17〕

 かの「ゴルガニア帝国」が戦乱の世界を統一せしめたものは何だったのか。
 歴史の変遷、運命の巡り合せと云われるものか。或いは拗れた対立の束を武力で以って断
ち切ってくれる──結局は時が経つにつれ“悪”扱いされた──強権だったのか。
 一概には語れない。しかし一つ確実と言っていいファクターはあるだろう。
 それは即ち帝国が開発し、大成させた“機巧技術”に他ならない。
 今日、かつては大陸毎に隔絶していた人々を結びつけ、交流を盛んにし、そして飽くなき
セカイの開拓を可能にするインフラとしての飛行艇や鉄道網は、これらのテクノロジーなし
には成しえなかったのだから。
 しかしこれらの功罪を、この機械仕掛けの空港(ポート)に居る人々はどれだけ真に理解
しているのだろう?
 一方では人々を苦しめた圧政の巨悪として。
 一方では今日の交通・物流の要を築いた先駆者として。
 それでも衆愚(かれら)はそのような事も考えず、今目の前にある繁栄に口を開けて待っ
ているだけなのだろう。
 それらがいつ潰えるとも知らず、想像せず、ただひたすら依り立つセカイを顧みる事すら
を偽善などと哂ってのけて、多くの彼らはただ刹那の現在(いま)を過ごして。

「……」
 人の波がひっきりなしに行き交っている。
 彼らが忙しなくひしめているのは、一面が金属質の素材で覆われた建物だった。
 此処は、空港(ポート)。
 世界各地に建設され、日夜飛行艇が離発着する機巧技術の最先端の現場。
 何処へ向かうとも知れぬ人々の群れが視界を断続的に遮ってくる中、分厚いガラス越しか
ら眼下に見えるのは、硬い石造りのだだっ広い地面の上で待機している多数の飛行艇だ。
 中にはポートの建物から延びる機械式の渡り廊下と接続し、乗客の出入りをしている最中
の機体もある。
 生産国や機種にもよるが、基本的に飛行艇はずんぐりむっくりな卵を横に倒したボディに
多数の軌道制御用のプロペラを取り付けたフォルムをしている。この金属で覆われた機構が
大気中のマナを取り込みながら動力にして消費・排出し、推進力に変えながらセカイを覆う
マナの雲海を航海するのだ。
 そしてこうしている間にもまた遠巻きに一機、ゴウッと唸りを上げながら空高く飛び立っ
てゆく姿が見えた。
(さて……と)
 コツンと、ロビーに点在する観葉植物の枝葉に隠れるようにスーツケースを一つ置く。
 その所作に周りの誰も気付かない。
 無数に巡り、行き交っている姿と眼。しかしそれらから気配を断つことなど自分達には容
易い行為だ。ゆたりとその場から離れて人の波に混じりつつ、着こなした黒スーツの襟元に
取り付けた小型のマイクに呟くように合図を送る。
「設置した。お前達(そっち)はどうだ?」
『ハイ、問題アリマセン』
『配置ノ遂行状況ヲ確認……百パーセント完了デス』
「ん……。では撤収だ。常に余裕を持って、スマートに」
 そう言うと、人ごみの中で一瞬だけ同時に複数の人影が動いた。
 一見すると何の変哲もない、共通点もない一般市民の姿をしている。
 だが彼らが各々マイク越しに伝えてきたのはヒトではなく──戦闘用オートマタ兵らが語
るぎこちなさを伴う人真似の声だった。
 しかし雑踏の騒々しく忙しない構内に、彼らの侵入を察知したものはいなかった。
 ゆっくりと、しかし確実に彼らは人ごみの中から現れて集まると、言葉の通り余裕綽々と
してその場を立ち去っていく。

 彼らは知らないのだろう。いや……知ろうとすらしないのだろう。
 セカイを壊してまで自分達だけを豊かにしようとする行為が結果、何を意味するのか。
 正義は──摂理の加護は我々の側にある。
 さぁ、すぐに示してあげよう。我らの大命を妨げるとどうなるのかを。
 そして泣き叫びその慢心なる生を存分に呪うがよい。
 君達の“善”とは真に善か?
 君達の“悪”とは真に悪か?
 ヒトという名の尺度の狭さ、今此処に示してやろう。
「──さぁ。派手な花火を打ち上げよう(パーティーをひらこう)じゃないか」
 前髪に隠した表情の隙間からにたりと口元に弧を描いて。
 配下らを率いたこの黒スーツの男(フェイアン)は、そう小さく呟くと哂った。

続きを読む
  1. 2012/02/13(月) 22:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)この身一つに圧し掛かるもの

最近のバレンタインデーって「女性から男性へ」という形よりも、女の子同士であげ合った
り、自分自身のご褒美で食べたりするんですってね。
まぁ本場(欧米式)だとそもそも親しい間柄同士・恋人同士が贈り物をし合う日──らしい
のであながち間違ってはいないとは思うんですが……お菓子業界の販促、恐ろしい^p^
だけどそんなものにはとんと縁はありません。
こんにちは、草食系ならぬ創作系男子(誰得)の長月です(挨拶)

先刻、連載の続きが書き上がりました。
例の如く一旦クールダウン(少しでもその場の勢いだけにならない為に)をした後、読み直
し手直しをした後、UP稿の作成に移ろうと思います。近日中に当頁やなろうさんにもUPでき
るものかと思います。

にしても……何だか章毎に書き上げるまでの苦労が増し増しになっている気がする;
それだけ達成感もあるし、苦楽を両方味わえるからこその創作の醍醐味なのでしょうが、ど
うにも負荷ばかりが続くと不安になってしまう気がします(誰得とかは最早デフォルト)
やはり現在の、第Ⅱ部の展開(内容)が重い──実は自分の手に余るものなのでしょうか。
創作作品に「思索」を込めるのは、間違っているのかな……?

続きを読む
  1. 2012/02/12(日) 23:15:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)制度機構(システマティック)は歯車の夢をみるか

連載の執筆もしてるけど、他にも色々創り散らかしたいですね(挨拶)
こんにちは。誰が呼んだか(←誰も呼んでない)誰得拙文を書き散らす者・長月です。
気付けば今月もはや一週目が過ぎていますよね。
はたと勿体無いと思う一方で、何処かしみじみとしてしまう今日この頃。

それぞれの都合などお構い無しに、時は確実に流れていきます。
──その中で、自分はどれだけのことを成しているのでしょう?
さりとて振り返れば過去は常にこちらを見つめています。
──その中で自分はどんな思いを胸中に抱き捏ねてきたのでしょう?

(文章量がもっさりなのは相変わらずですが)どうにも最近の自分の文章は「感情」に比重
が掛かっているというか、人間の内面への眼が強くなっているような気がしています。
小説という内面を抉りうる媒体なら表現の幅が広がっているのだ云々と歓迎できるのなのか
もしれませんが、如何せんそればかりに傾斜してしまっても駄目じゃないかとか、どうにも
心配になるなぁというか。
これでも以前は「理屈人間」を目指していた筈なのですが……一体どういう事なのやら;

続きを読む
  1. 2012/02/08(水) 06:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)今問い掛ける強さ

Dilemmaはキリがない……さまよい続ける The End justiφ's the means~♪
(仮面ライダー555(ファイズ) OP曲「Justiφ's」より)

この誰得ページも積み重ねれば相応に数になるもので、来訪者累計が(この記事を書いてい
る時点で)555人のキリ番を迎えることができました(上記の歌詞はそれ故。お気に入り^^)
そして雑記も今回でちょうど50件目。何かこう地味に“キッチリとした”場面に出くわすと
ほっこりとしませんか? ……しませんか?(大事なことなので二回言いました)
ふとキリ番を踏んでくれた方にはプレゼント的な何かを……と思ったのですが、自分には
硬い文章や落書きレベルの画力くらいしかないんですよね;
そもそも(アクセス追跡を導入していないので)誰が踏んだのかも分からないですし<(^o^)>

誰得と言われようとも、俺得じゃね?とセルフツッコミしようとも、創る事は愉しい。
連載も、そうでない単発のお話も色々創り散らかしたい下手の横好きな妄想屋。思索バカ。
今後とも、私長月と当頁『日暮創庵』を宜しく(生温かく?)お願いしますねφ(・v・)

続きを読む
  1. 2012/02/06(月) 06:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month