日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅱ〔13〕

 そこは、地上の何処とも形容しがたい場所だった。
 一見すると仄暗く、しかし視界全体に強烈に飛び込んでくるもの。
 刻一刻、淡々とその色彩を変え続けている光の柱だった。……いや、厳密には非常に高濃
度のマナの流れ(ストリーム)であるらしい。
 それらが縦横無尽に複雑に入り組み、遥か天上へ、或いは底知れぬ深淵へと延びている。
 ヒトの営み、有象無象な雑踏のノイズ。
 それらとは明らかに一線を画す空間、静謐な世界の拡張。
『──そうか。元・七星が潜んでいたとはな』
 そんな中に彼はいた。
 青紫のマントを纏った気障な青年・フェイアン。
 隆々とした体躯を持った荒々しい大男・バトナス。
 継ぎ接ぎだらけのパペットを抱いた少女・エクリレーヌ。
 彼らは点在する分厚い硝子のような足場の上で、その静かに響いてくる声に跪いて耳を傾
けている。
「申し訳ありません。よもやあのような伏兵だとは斥候役の兵だけでは把握できず……」
『構わぬ。少なくとも六振りの内半分を回収できたのだ。上々とするがよい』
「はっ……」
 そんな低頭するフェイアン達に相対するのは、巨大な光球だった。
 マナの束が支柱の如く周囲を巡る中に鎮座するようにそれは中空に浮かんでおり、淡い紫
の光を揺らめかせながら静かに瞬きつつ、一人の男性──耳にする限りは老年らしき──声
を発している。
「ですが、どうします? もう一度体勢を整え直して残りを奪取に向かいましょうか? 今
度こそ邪魔な奴らは全員ぶっ潰して」
『その必要はない。目的は護皇六華であってそれを所有している者達ではないのだぞ』
「……す、すいません」
「そーだよ? “教主”様の言う通り。バトちゃんはいつも突っ走っちゃうんだもん」
「ぬぅ。任務ほったらかして遊ぶような奴に……あぁっ、止めだ止め! 埒が明かねぇ」
 予期せず退く形になったことが気に入らないままだったのだろう。バトナスは光球の主に
向かってそう進言しようとするが、彼はその言葉を遮り静かに諫めた。
 バトナスのような荒々しい好戦者すらも従える者。
 その光球の主──“教主”は暫しやり取りを交わすバトナスらを無言で眺めているかのよ
うにも見える。
『……ところで、レノヴィン一行のその後はどうなっている?』
「はい。目下残存の兵で追尾させておりますが、どうやら皇国(トナン)へ向かうつもりの
ようです」
「らしいな。でもそうなると色々面倒だぜ? あっちは……」
『うむ。護皇六華の出所に手掛かりを求めるつもりなのであろうが、そうなると我らの務め
に支障を来すやもしれぬ』
「ですよねぇ。でも生憎、俺達のとこには今充分な人形がいませんぜ? 竜帝の野郎にごっ
そりもっていかれちまったんで……」
 バトナスがごちるのを合図にするように、フェイアン達は暫し黙り込んだ。
 しんと静謐な空間にマナの色彩が変遷する。三人は目して漂う“教主”の応答を待つよう
にしてやや上目遣いに視線を送る。
『……ルギス。オートマタ兵の生産状況はどうなっている?』
「はいですねェ。現在発注数のおよそ五割になっておりますよォ?」
 すると次の瞬間、“教主”のそんな問い掛けを待っていたかのようにフッと薄暗さの中か
ら一人の人影が現れて答えた。
 痩せぎすの長身に撫で付けた褪せた金髪。ヨレヨレの白衣を引っ掛け、分厚い眼鏡の眼光
を怪しく光らせて笑うその声色は「奇人」のそれと言って差し支えないだろう。
 ふへへと、不気味な引き攣り笑い。
 そんな彼・ルギスにバトナスが片眉を若干しかめつつ悪態をつく。
「まだ半分なのかよ。もっと早く用意できねぇのか? “博士”の称号は飾りかよ?」
「はははァ、あまり無茶を言わないでくれたまェ。いくら無尽蔵に製造可能であるとはいえ
被造人(オートマタ)もまた魔導の産物なのだよォ。これでもラインをフル稼働させている
のだがねェ」
「……つまり、まだバトナスの言ったような兵力に物を言わせて強襲するという手は使えな
いと考えた方がいいね」
「んー。何なら他の連中から分けて貰うか?」
「冗談を。そんな真似、スマートじゃないじゃないか。任務といえど常に優雅に、だよ?」
 フェイアンが気障ったらしく髪を撫でて言ってみせるのを、バトナスは横目で鼻で笑って
いた。その間にも、時折ルギスは何やら腕に巻いた端末を操作している。
 そしてそんないがみ合う二人を制するかのように、やがて“教主”は静かに告げた。
『そうだな。できる限り各方面での計画に綻びが出るのは避けるべきだろう』
 フェイアン達がはたと彼に向き直り、低頭してその言葉を受ける。
 静かに濃淡と共に瞬く紫の光球。
 数拍の間を置いて、
『使徒フェイアン、バトナス、エクリレーヌ。それでは改めて命じる。レノヴィン一行から
の残り三本の回収を図り、その行動を阻害せよ。併行して皇国(トナン)方面の“使徒”ら
と合流し此度の計画の成就を図るのだ』
 厳粛な声色で告げられる“教主”の命。
「はっ」「了解です」「任せて~」
 フェイアン達は更なる低頭を以ってその指令を承っていた。
 同じく数拍、深々と下げた頭を垂れると、三人は勢いよく立ち上がり出立しようとする。
「そうだ。エクリレーヌ」
「? な~に?」
 だが颯爽と踵を返そうとしたちょうどその時、フェイアンはふと何かを思い巡らせたかの
ように不敵に微笑むと、
「……ちょっと君には別な“お遣い”を頼みたいんだけど、いいかな?」
 そうこのパペットを抱いた魔なる幼女にそんな言葉を向けたのだった。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2011/12/11(日) 20:30:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month