日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)縁良し悪し時に狂おし

涼しくなったかなと思えば、残暑。
残暑でひいひいしていたかと思えば、台風。
それだけ天気が変わるという事が秋の訪れなのでしょうが、不安定な空模様は気を逸らされ
てしまいますよ……。こんにちは、体調を崩し気味の長月です(^o^;)<ダルイ…
とはいえ、できる限り執筆は続けていますよ。日々コツコツとなのです。
時折ツイッタで進捗報告(という名の自身へのプレッシャー掛け)をしているので、細かい
状況はそちらから覗いていただければ分かるかなと思います。いや、むしろ来て?(何
もっと色んなコンテンツの創作を、もっと色んな人々との交流ができれば嬉しいですね。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 21:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)自益、他益、何がため

先刻、連載小説のプロット追加作業が完了しました。どっさり十二章。
メモ紙に書き出しただけなので、きっと実際に執筆する際にはもっと風呂敷が広がるんだろ
うなぁ……。でも書くよ、ガシガシ書くよφ(・_・;) こんにちは、長月です。
ありがたいもので、なろうさんでのアクセス数も(この雑記を書いている時点で)450PVを
越える状態となっています。趣味丸出しのファンタジー小説だと思っているのですが、こう
して読んでくれる誰かがいるというのは、励みになります。
この場を借りてお礼を申し上げますm(_ _)m

続きを読む
  1. 2011/08/27(土) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-〔3〕

「いるもん! 皆はいるもん!」
 それはまだ少年が、その瞳に映る世界が必ずしも他人と同一でないと理解していなかった
頃の話だ。幼い彼は涙目になって訴えていた。
 場所は近所の森の中。
 村の遊び仲間達を前にそう力説する。それが、少年にとっての現実だったから。
「いねーよ! どこにいるんだよ~」
「オレ達には見えないぞ。この嘘つき!」
「い、いるよ! 今だって……ほら!」
 しかしこの他の子供達は一向に信じてはくれなかった。
 ぐっと堪えて、少年はびしりと一同の中空を指差した。
 彼の瞳には、確かにそこには頭に疑問符を浮かべてこちらを見てくる千差万別の姿をした
御遣い──精霊たちがふよふよと漂っている。
「……何もねぇぞ?」
「ほら~、やっぱり嘘つきだ~」
 しかしその世界は他の子供達とは共有できていなかった。
 再び幼さ故の容赦ない批判が待っていた。皆から連呼される「嘘つき」のコール。
「違……。ほ、本当にいる、もん……」
 そして少年の涙目が限界を迎えようとしていた、その時だった。
「こらー! お前らアルスに何やってんだー!」
「げっ。ジークだ」
「逃げろ~」
 同じく子供の、だが確かに叱り付ける声色が飛んで来たのだ。
 少年──アルスも含めた面々がその少し年上の少年の姿を見遣ると、子供達はとてとてと
散り散りになって逃げ出し始めた。
「あ。こら、待て!」
 少し年上の少年──ジークが睨みを効かせたが、相手は散開した複数人だ。とてもではな
いが捕捉できない。ジークの動きに隙ができたのをいい事に、彼らはそのまま森の出口、村
の方へと走り去って行ってしまう。
「あんにゃろ。帰ったら一発シメとかねーとな。……大丈夫か、アルス?」
「ぅん……。ありがと」
 駆け付けてくれた兄に、アルスはついに涙を零していた。
 少し遅かったか? ジークは弟の涙を見て内心かなり狼狽している。
「ねぇ、兄さん。兄さんは見えるよね? ここにいる皆のこと」
「えっ?」
 だから次の瞬間、まるで懇願するかのようにアルスに言われ、ジークは困り果ててしまう
こととなった。
(それって例の森の“トモダチ”の事、だよな……)
 弟が村、特にこの森の中でたくさんの何かを見ているらしい事は前々から知っていた。
 だがジークもまた、他の子供達、いや多くの村の大人達と同様にその姿を知覚できてはい
ない。だからといって嘘つきだとは思わないが、少なくとも弟の期待に応えられる自分では
なかった。
「あ~……」
 アルスが懇願の眼差しで指差す中空。だが、やはりどんなに目を凝らしてもそのトモダチ
とやらを見つける事はできない。
(うぅ。俺にどーしろってんだよぉ……)
 兄として、ジークは大いにその返答に迷っていた。
「──それは精霊よ」
 だがそんな時、助け舟が来た。
 二人が振り返ると、村の方向から一人の女性が近付いて来ていた。
 サラリとしたセミロングの濃紺の髪。そのうなじには宝石状の器官“竜石”が髪の間から
垣間見えている。
 リュカ・ヴァレンティノ。村の教練場で子供達に勉強を教えているドラグネスの女性だ。
「せーれい? 何だよそれ」
 ジークは聞き慣れない言葉に眉根を上げていた。
 その隣でアルスは優等生よろしく、フッと微笑んで言う。
「マナにとても近い、魔導の御使い様……ですよね」
「ええ、そうよ。よくできました」
 リュカは二人の傍まで歩いてきた。そして教え子を慈しむように微笑みながら、模範解答
をみせたアルスの頭をポンと撫でてくる。
「精霊はね、魔導を勉強した人でないと目には見えないの。彼ら自身が姿を現してくれない
限りはね。だからあの子達やジークが見えていなくても仕方ないのよ?」
「そうなんですか……。じゃあ、兄さんは」
 優しく諭すようなその言葉。
 その包容力にアルスの泣きべそが止んでいく。
 だがそれと同時に、アルスはふと兄が実は見えていなかった事に気付きかけるが、
「あ、いや……そ、それじゃあ先生。何でアルスにはそのせーれいが見えてるんだ? その
話だと、まどーってのを勉強しないと見えないんだろ?」
 その不満な視線を振り払うように、今度はジークが質問を投げ返していた。
「そうね……。ちゃんと検査しないと確かなことは言えないけれど」
 リュカは微笑の中に何処か複雑な感情を湛えていた。
 もう一度、そっとアルスの頭を撫でる。彼のその無垢な幼い瞳が彼女を見上げている。
「……アルスは間違いなく素質があるわ」
 リュカはきょとんとする兄弟を見下ろしながら、静かに呟いていた。
「魔導師の、それも天賦の才に近いような素質が……ね」

続きを読む
  1. 2011/08/24(水) 20:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)フラッグ・ゲーム

だいぶ過ごし易い天候となってきました。創作の秋も近いですね。長月です。
連載の方の三章が書き上がりました。あとはざっと見直しをしてから、近日中にも当ページ
(やなろうさん)にUPしたいと思っています。
そして……これはツイッタでも呟いている事なのですが、当章UP後は少しばかりハイペース
な今の状態をセーブしていこうかなと考えています。少なくとも今のまま突き進めば、いず
れ息切れするであろう事は目に見えていますからね……^o^; 他に断片的な創作にも手を出
しつつ、無理の出ないような創作環境を模索したいのです。
それはあたかも、何も無い荒野の中に一本ずつ、己の目印としての旗を差してゆくような作
業にも似ている……のでしょうかね。

続きを読む
  1. 2011/08/23(火) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-〔2〕

 それはある意味、世界にとっては日常の出来事であった。
 だが同時に当の彼らにとっては、それらは決して納得できる理(ことわり)ではない。
 魔獣は、人々にとって時にその生命すら脅かされる忌むべき害獣である。
 それはただ、瘴気という“死の毒に中てられても尚、生きようとした者の末路”である、
故に彼らは邪悪な存在である──そんな人々の「常識」からの起因だけに留まらない。
 ヒトと魔獣の境界が侵される時。
 それは圧倒的な彼らの「狂気」が、人々に襲い掛かることを意味するからである──。

「ぐっ……! ダメだ、押さえ切れん……っ」
「踏ん張るんだ! これ以上下がったら村の皆が危ない!」
 何処にでもある、ありふれた小さな村だった。
 ヒトによる開発の魔手が及んでいない、山間の小さな集落。
 その鬱蒼とした森の奥から、魔獣の群れが迫っていた。
 ギラリと血のような真っ赤な眼を向けて、その狂気の歩みを押さえ込もうとする村の自警
団の面々と、押し合い圧し合いの競り合いを繰り広げていた。
「何が何でも耐えろ! 守備隊(国が領内各地に派遣している駐留軍事・警察隊)には連絡
を飛ばしたんだ。それまで持ちこたえるんだ!」
 だが相手は魔獣。腕っ節だけのにわか勢力では容易に退けられる筈もない。
「バカヤロー! 死ぬ気か!?」
 ちょうど、そんな最中だった。
「で、でも……っ。精霊達(みんな)が泣いてるんだ、苦しんでるんだ!」
「だからってお前まで森の中に行って何ができんだよ!」
 自警団らの戦線の少し後ろ──ちょうど村と外を結ぶ小川の橋の手前で、一組の幼い兄弟
が揉み合っていたのである。
「ジーク、アルス!? 何でここに……」
「馬鹿野郎っ! 何してるんだ、早く村の中に逃げろ!」
 それは村に住むとある兄弟。
 彼らは剣や槍に力を込めて魔獣の猛進を押さえながら口々に叫ぶ。
 だが、その一瞬のやり取りが“隙”にならない訳がなかった。
「がぁっ!?」
 次の瞬間、一つ目のゴリラのような魔獣──サイクロプスの剛腕が彼らの一人を捉えた。
 地面に叩きつけられる音。くぐもった叫び声。そして崩される防衛線。
 その兄弟達はビクッと身体を震わせて硬直し、その変化を見た。弾き飛ばされた自警団員
らを蚊帳の外に、魔獣の鋭い爪が倒れた彼の身体を、
「──が、ぁぁぁぁぁぁッ!!」
 突き刺した。
 絶叫と、飛び散る血飛沫。他の自警団員たちも思わず尻餅のまま、顔を背ける。
 だが……事はそれだけでは終わらなかったのである。
「う、あァ……」
 突如倒れた彼から、濛々と上がり始めるどす黒い靄(オーラ)。
「あ、あれって。まさか」
「……瘴気」
 兄弟達、そして自警団員らはすぐにそれが何を意味しているかを悟る。
「まずいぞ。マーロウが“中てられ”やがった……!」
「に、逃げろぉ! 巻き込まれるぞ!」
 そして武器も投げ捨てて一目散に逃げ出していく大人達。
 その言葉はきっと兄弟達にも向けられたものだった筈だが、二人は恐怖と動揺で耳に入っ
ておらず、ただ唖然とその場に立ち尽くしている。
「ァ、ガアァァァァ──!!」
 やがて、狂いの絶叫が響いた。
 どす黒い靄、生を蝕む毒素・瘴気が彼をじわじわと覆い尽くしたと思った次の瞬間、その
黒の皮膜を破るようにボコボコと隆起し、何かが飛び出す。
 腕。しかしそれは最早ヒトのものではなかった。
 隆々とした巨大な、鋭い爪を持った怪物のそれ。
 間違いなく今まさに、彼は──魔獣と化そうとしていた。
「お、お前達……」
 ゆっくりと起き上がった彼は、右半身は既に瘴気に中てられ魔獣化しつつあった。
 一つ目のゴリラのそれと同じような、明らかにヒトの身体には不釣合いな膨張したように
隆起した巨大な上腕。
 それでも尚、彼は内から押し寄せる狂気に激しく顔をしかめながらも、兄弟達に言う。
 ビクリと。二人は肩を寄せ合って震えた。
「…………俺を、殺せ」
 その震えは次に紡がれた言葉によってより激しく確かなものとなった。
 弟は焦点が合っておらず、今にもその場に崩れ落ちそうで。
 兄は辛うじてそれは免れるも、その命令──懇願に黙って震えながらふるふると首を横に
振っている。
「殺すんだッ!! このまま、じゃ俺は……完全に、魔獣になってお前……達を、村……を
ほろ、滅ぼし……ちまう」
 彼は殆ど怒声に近い叫び声でそう拒否しようとする少年の兄を叱咤した。
 途切れ途切れになってゆく声でヒトの意識を繋ぎ止めながらそう言うと、一度発狂したよ
うな叫び声を上げて魔獣化した腕を渾身の力で振るった。
 その思わぬ一撃。すると残りの魔獣達は首を狙った一閃を受け、例外なく倒れ伏す。
「こ、これで……一先ずは、時間が……稼げる。俺を、殺せ……。俺が本当に、魔獣になっ
て……お前らを殺しちまわない、内にッ」
 苦悶の顔から遣られた視線。
 その先を追うと、地面に転がっていた自警団員らの武器がある。
 それを兄が認めたのを確認してから、彼はゆっくりとこちらに向かって近付いて来た。
「何でもいい……。首だ。首を、刎ねれば……何とかなる……」
 ごくりと兄が息を呑んだ。
 近付いて来るのは魔獣? それともよくしてくれた気のいい村のおじさん?
 その場に崩れ落ちて震えている弟をそっと傍の木の幹に預け、少年は再びゆっくりと顔を
上げた。ふるふると。自分には殺せないよと、拒もうとする。
「いいから早く! お袋さん──シノブさん達が、巻き添えに……なっても」
 再び彼が叫ぼうとする。
 だがその瞬間、ドクンと何かが強く脈打ったようにして彼ははたと動きを止めた。
 しかめていた顔がガクガクと震える。
 そして俯いていた顔を上げたその両の眼は──血のように真っ赤に染まっていて。
「ガ、アァァァァァァ……ッ!!」
 狂気が彼を押し遣った瞬間だった。
 ボコボコと残り半身を魔獣に変えてゆく瘴気の毒。少年に振りかざされようとする剛腕。
 そしてそれは少年にとっても殆ど自己防衛という本能だったのかもしれない。
 その襲い掛かる一撃を頭上に、彼は咄嗟に駆けていた。
 地面に叩き付けられた腕。駆けながら拾い上げた一本の剣。
 それを、指示の通りに魔獣化したその首へと力の限り跳んで、振り下ろして──。
「がッ!?」
 深々と刃がまだヒトの姿を残す首を横断していた。
 短い悲鳴と、どす黒くなりつつある血飛沫。少年は数拍遅れてから、ぎゅっと瞑っていた
その目をゆっくりと開いた。
「…………よく、やっ、た……」
 目に映ったのは、グラリと自分の目の前で倒れてゆく、魔獣として侵食されていった村の
おじさんだった筈の姿で。
 首が半分千切れるようになりながらも、自分にそんな言葉を遺して逝こうとする村のおじ
さんの姿で。
 ズンと大きな音と共に、彼は倒れた。
 生気を失っていく眼。尚もシュウシュウと瘴気によって滅んでゆくその身体。
「ぁ……ぁぁ……」
 少年の手にはどっしりと剣の感触があった。
 べっとりと魔獣の血で塗れた刃。よく知る村のおじさんが殺められた元凶。
 驚愕、恐怖、悪寒。
 見開いた目だけでは自分の姿を直視することができないような錯覚だった。
 血塗りの剣を握ったまま、少年はガクガクと震える。
 殺した。俺が、マーロウおじさんを……。
「あ、あ、ぁあ──」
 生まれて初めて魔獣(いのち)をこの手で殺めたその日。
 少年は血に汚れた姿のまま、曇天の空に向かって慟哭の声を上げた。

続きを読む
  1. 2011/08/19(金) 21:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (149)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (87)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (339)
週刊三題 (329)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (318)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート