日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔53〕

「トリニ……ティ?」
 惨劇に落ちた病院の外、手負いのマリアを一気に畳み掛けようとしていた睦月らの下に現
れたのは、思いもよらぬ乱入者達だった。司令室(コンソール)の向こうの皆人らも、思わ
ず目を見開いている。
『……どういう事だ? 何故あの二人が──額賀二見が一緒にいる?』
 変じたのは赤・青・黄、三色の獅子を象った騎士甲冑。
 筧と二見、由香。ただこの三人が現れただけだったならば、まだ分からなくもなかった。
彼らは皆、何からの形で自分達対策チームと関わりを持ってきた者達なのだから。
 しかし……三人がまるで守護騎士(ヴァンガード)のように、パワードスーツ姿に身を包
んだとなれば話は別だ。少なくともその力は、考えうる限り最も厄介な出元であると思われ
るからだ。避けねばならなかった。
 急いで解析を! 萬波や香月、研究部門の面々は、次の瞬間弾かれるようにめいめいのデ
スクへと飛びついていた。皆人らを含め、脳裏に駆け巡ったこの仮説を確認する為である。
その間にも睦月や冴島、仁に黒斗、現場の状況は刻一刻となだれ込んでゆく。
「退いてろ。後は、俺達が始末する」
 赤の獅子騎士──筧はそう短く言い放つと、両腰に下がっていた一対のパーツを手早く組
み立てた。取っ手付きの円筒と、三方十文字に分かれた円筒。両者を真っ直ぐ一本に繋いで
取っ手を手前に捻った瞬間、先端から迫り出したエネルギー塊が大きな刃──剣へと変わっ
て固着する。
 睦月達が止める暇さえなかった。直後彼はダンッと地面を蹴り、一気にこちらの合間を縫
ってマリアへと肉薄。引き離すようにして幾つもの斬撃を叩き込む。
 そのパワードスーツの色彩と同じく、刀身や甲冑から漏れるのは炎。辺りの空気を熱が少
なからず歪ませ、ぼやけたように見せる。マリアもマリアで、この突然割って入ってきた敵
に対し、何とか反撃しようと試みる。
「ガッ……!? 調子ニ……乗ルナッ!」
「本間翼ヘノ回路(パス)ガ途絶エタカラトイッテ、能力自体ハ……!」
 何度目かの斬撃。それをマリアは敢えて肩ごと受けて捉えた。肉を切らせ、骨を断とうと
したが──逆に利用されてしまった。筧ことブレイズのエネルギーをその吸収能力で奪い取
ろうとした直後、寧ろ熱と共に奪い返されてしまう。
「悪いな。てめぇの能力はもう、把握済みだ!」
「グエッ?!」
 続けざまに叩き込まれた一閃。マリアは弱った身体と隙を突かれて盛大に吹き飛び、アス
ファルトの地面の上で仰向けになって悶絶する。睦月達も一瞬、何があったのか理解出来て
いなかった。
「筧さん!」
「吸い取り返した……? あの力は、一体……?」
 熱量掌握。それが筧の、赤の獅子騎士(トリニティ・ブレイズ)の能力だ。熱を生み、或
いは奪って操る。同じく吸収系の能力を持つマリアにも、その効力は例外ではない。
 何故筧刑事達が? 睦月らは混乱していたが、少なくとも目の前で起きた変身(じたい)
は解る。彼らも改造リアナイザに手を出したのだ。このまま好きにさせる訳にはいかない。
間合いの空いた彼へと、急ぎ駆け寄ろうとするが……。
「額賀!」
 だがそれを防いだのは、もう一人の獅子騎士、二見ことブラストだった。青い騎士甲冑の
ようなパワードスーツ姿に身を包んだ彼は、筧からのそんな合図に両腰のパーツを組み立て
て棒状に。筧のそれとは逆方向に取っ手を捻ると、中心からエネルギー塊のシャフトが伸び
た杖を握り締める。
「どっ……せいっ!」
 するとどうだろう。次の瞬間、彼がこの得物を振り回しながら柄先をガンッと地面に叩き
付けると、そこを中心として青い冷気のような余波が睦月達を襲ったのだ。
 思わず駆け寄ろうとした足を止め、手で庇を作って風圧に耐える四人。
 しかしこれと同時、面々の動きはその意思に反して“ゆっくり”になっていた。驚愕する
表情さえスローモーションになる睦月達を、EXリアナイザの中からパンドラが目撃して叫
んでいる。
『こ、これは……まさか!?』
「そのまさかさ」
 物質遅滞。それが二見の、青の獅子騎士(トリニティ・ブラスト)の能力だった。対象範
囲を“ゆっくり”にし、動きを封じる。冴島隊B班を襲った異変と全く同じ効果だった。或
いはその作用の一環で空気中の水分すらも凝結させて冷気に──氷へと変えて攻防に利用す
る事ができる。
 杖の両端から冷気を纏わせつつ、二見は筧に加勢して更にマリアを追い詰めた。今度は熱
ではなく氷でその手足を凍て付かせ、回避を抑え込む。その隙に筧が高熱を込めた拳を腹に
叩き込み、再び病院側の方へと吹き飛ばした。
「……では、仕上げです」
 更に残る三人目、七波由香も準備を整えていた。両腰のパーツをL字型に組み立てて銃身
に見立て、先端三又の左右から弦を展開。まるで弩(ボウガン)のようにこれを構え、ちょ
うど階上の踊り場窓からこの一部始終を見ていた國子や海沙、宙、及び本間颯に狙いを定め
たのである。
『──ッ!?』
 直後、躊躇いなくひかれた引き金。数発の電撃の球が射出されたのを見て、國子達は咄嗟
に颯を庇いつつ避けようとしたが……同じく“ゆっくり”の範囲内に巻き込まれた彼女達は
思うように動けない。結果、最初の一発は彼女らを隔てていた窓硝子を破り、残る二発は他
でもない颯を直接襲う。
「あ……れ? 別に……痛くも……何とも……??」
 されどダメージは無い。しかし、油断したその直後から「仕上げ」は始まっていた。全身
をバチバチと、帯電の光が覆ってこそいたが、颯自身には特に変化はなかった。本人や國子
達が戸惑っている中で、由香は更にもう一発。近くのベンチを目掛け、この帯電させる電撃
球を放ったのだった。
「がっ?!」
 するとどうだろう。次の瞬間、彼の身体は瞬く間にこのベンチに向かって吸い寄せられて
ゆくではないか。「本間さん!?」海沙や宙が止める間もなく、この召喚主の男性は自分達
の手元を離れ、病院外の現場へと引き摺りだされていった。ビタンッ!! まるで磁石のよ
うに引き寄せられ、強力にくっ付く。國子や司令室(コンソール)の皆人、この一部始終を
目の当たりにした仲間達がハッと気付いて言う。
『……そうか、磁力か! あの光球は、包んだ対象(もの)を磁石に変えるのか』
 磁力付与。それが由香の、黄の獅子騎士(トリニティ・ブリッツ)の能力だった。S極か
N極、どちらかの磁場を相手に与え、吸引と反発の力でもって攪乱する。
 筧さん、額賀さん! 由香は二人の仲間に呼び掛けていた。キッと気丈に、手筈通りに。
 彼女はボウガン型に組んだ得物を片手に、これの銃底から延びるスイッチを引いた。スラ
イドしてまた元に戻りつつ、ボウガン及び騎士甲冑のパワードスーツ姿に黄色いエネルギー
の奔流が迸る。「おうよ!」二人に吹き飛ばされたマリアも、同じくベンチの方へと転がさ
れていた。筧は指先でなぞり、赤く熱を帯びる刀身を。二見は杖全体に冷気を巡らせ、回転
させてから再び地面へ。彼らはそれぞれの必殺技を発動する。
「……ッ!?」
「ひぃっ──?!」
 連続の剣閃が描く炎の獅子はマリア本体を、足元を這って進む冷気の獅子はマリアと颯、
両者の身動きを封じて襲い掛かった。ボウガンから大きくチャージして放たれる電撃の獅子
は一方で、的確にその改造リアナイザだけを狙って抉り取る。
『ぎゃあああああああーッ!!』
 故に断末魔。直後この実体化寸前まで進んだアウターは、あと一歩の所で自身の召喚を潰
されて永久に消滅した。三人の大技、風圧の余波で颯も吹き飛び、白目を剥いて遂に意識を
手放してしまった。辺りに立ち上った煙や土埃が晴れるまで、掛けられた“ゆっくり”の効
果が解けるまで、睦月達は呆然とその場に立ち尽くすしかない。
『……凄い』
『ええ。だが間違いなく、あの力は……』
 司令室(コンソール)の皆人や萬波、香月らも、同じく硬直したままでこの一部始終を見
ていた。とはいえそこに込められていたのは、単なる驚愕だけとは限らない。
 じっと筧と二見、由香が、マリアの撃破を確認してからこちらを見遣ってきた。睦月と冴
島、仁が、思わず“ゆっくり”なままで身構えようとする。
『……』
 ただ彼らが狙っていたのは、あくまで四人目──黒斗ことユートピアだったのだ。
 数拍、妙な間があってからの、明らかに害意を向けてこちらに駆け出した三人。それぞれ
の得物を引っ下げて、この睦月達の側に立っている個体(アウター)を引き続いて攻撃しよ
うとする。
「えっ……?」
「ま、まさか。彼らは」
「おい! 止め……止めろォォォーッ!!」
 尚も“ゆっくり”の効果が続いている睦月達には、どうする事も出来なかった。意識の上
でそう叫ぼうとしても、動こうとしても、言葉は酷くスローモーションで鈍い。次の標的と
された当の黒斗も、静かに目を見開いたように見える。
「……っ!?」
 鈴付きの鉤型杖を両手で握り締めたまま、同じく思うように動けない黒斗。
 筧ら三体の獅子騎士は、残るこのもう一人のアウター・ユートピアを倒すべく、彼を目掛
けて襲い掛かり──。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2020/03/24(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔52〕

 時は睦月達が、八代もといキャンサーを倒した後の事。白昼堂々、勇はやや遠巻きの位置
から学園(コクガク)を覗いていた。じっと微動だにせず、物陰から半身を覗かせている。
「……」
 七波由香を巡る攻防は、同じく彼女を狙う別個体らの襲撃により、当初の思惑から大きく
外れてしまった。延びてしまった。
 下調べによると、あの女は一時行方知れずになった後、また保健室登校に戻ったらしい。
 ならば同じ場所を──グラウンドに面したあの一室を狙えば、もう一度始末するチャンス
はある筈だ。
(ただ……)
 とはいえ一方で、気になることもある。同じく下調べをしていた際、市中の“同胞”達か
ら奇妙な噂を聞いていたからだ。何でも『ここ最近、筧の姿が見えなくなった』とか、或い
は『また同胞が一人、また一人と消えていっている』らしいとか。
 少なくとも後者に関しては、今に始まった事じゃない。また守護騎士(ヴァンガード)達
が、手当たり次第に首を突っ込んで狩っているのだろうと思ったが……それにしては奴らの
動きに目立ったものが見られないのは何故か?
 筧兵悟の件も気になる。十中八九、七波由香の方が当人に報せなかったのだろうが、結局
自分が目論んだ策に奴は乗って来なかった。寧ろ後になって知り、彼女と接触して家まで送
ったとみた方が自然だろう。
 何か不穏な動き──。そんな情報もあって、勇は再びの襲撃に対して慎重を期していた。
 大体もって七波由香の転入とその後の動き自体、守護騎士(ヴァンガード)とその仲間達
による“根回し”である。となれば学園(コクガク)内部にも、工作員の類が居てもおかし
くはないだろう。警戒すべき戦力が潜んでいる可能性は否めない。七波由香一人を殺す。そ
の目的自体は、龍咆騎士(ヴァハムート)のアクセルでも使えば強行突破できなくもないだ
ろうが……リスクは大きい。こちらが変身した時点で察知はされるだろうし、今後突きうる
チャンスも減る。となると、やはり在宅時を狙った方がいい。
 ただそれも、自分が七波沙也香を“始末”したことで、一家の住処として殆ど機能しなく
なってしまった。警戒の兵、当局の人員が今も交替で張っているようだが、当の由香本人は
まともに帰って来てすらいないようなのだ。
(……どいつもこいつも)
 俺の邪魔ばかりしやがって。勇は内心ずっと、怒りや焦りが綯い交ぜになったその感情に
苛立ちを覚え続けていた。苛立っている自分自身にも、しばしば害意を向けたくて仕方ない
時があった。
 どうしてだ? お前は何故、俺という“仇”に反撃しようとさえしない? 自ら向かって
来ることすら選ばない? どのみち俺もお前も、今更「普通」の「日常」には戻れない筈だ
ろうが。自分の意思で茨の道を選んだのだろうが。何を呑気に、奴らが設えた安寧の中に閉
じ籠もっていやがる……。
(それにしても。妙に浮付いてるな。何かあったっけか?)
 少なくとも当の標的(ターゲット)、向こうから積極的に動こうという様子は無さそうだ
った。一方で先ほどから覗いている学園(コクガク)の敷地内では、あちこちでトンカンと
工作の音が聞こえる。屋台らしき木組みを運んでいる生徒達の姿が見える。
(……そうか。そう言えばそろそろ、文武祭の時期だったな)
 だからこそ勇も、ややあってその理由に気付き出して。自身も前年と前々年、いち学生と
して玄武台(ブダイ)のそれに関わっていたからだ。祭りの準備をしながら、当時まだ中等
部生だった弟・優との記憶が蘇る。

『へえ、凄いなあ……。話には聞いていたけど、そんなに大きなお祭りなんだ?』
『ああ。玄武台(うち)だけじゃなく、飛鳥崎中の学校が集まるからな。先輩に聞いても随
分盛り上がってたみたいだぜ? まぁうちは基本、スポーツ系の大会になっちまうんだろう
けど……』
 記憶の中の弟は、そうやってニコニコと笑っていた。まだ野球部に入る前、進学先の高校
すら決まっていなかった頃だ。思えばあの時もっと、あいつに合った学校を見つけてやれて
いれば、あんな死に方はしなかったのかもしれない。元々お世辞にも、バリバリの体育会系
という訳ではなかったのだから。
『それでも、だよ。いいなあ。僕も参加したいなあ……』
『はは。お前も進級すれば、クラスでやるだろうさ。それまでのお楽しみだな?』
 只々家から近かったから。選んだ理由は先ずそこからで。
 でも根っこの優しかったあいつには、スポ根という名の閉鎖的なセカイは合わなかった。
奴らの秩序と自らの良心、さぞ辛かっただろう。俺達もあんな最期になるとは考えもしなか
った。あいつの平穏な日々と笑顔を、奴らは平気で奪いやがった。悪いのはさも、そこに小
さくとも疑問を呈した弟の方だと、反省すらしなかった……。

「──」
 要らぬ感傷だな。
 されど勇はすぐに、そんな過去の記憶から意識を現在(いま)に戻すと、再び敷地内の様
子に集中し始めた。だってもう……あの頃には戻れないのだから。殺した者、殺された者。
本当の意味で“取り返しのつかない”ということを、彼は否応なしに知っている。
 かつての平穏だった頃の記憶。同時に自分達を置き去りにしてでも、こうして現在進行形
で前へと進んでゆくばかりな、歳月というものの無慈悲さ。無常さ。
 状況としては、依然として宜しくはない。文武際の準備が本格化すれば、今以上に七波由
香をピンポイントで狙い討つのは難しくなるだろう。
 それでも──勇はやるしかなかった。
 七波由香と筧兵悟、そして守護騎士(ヴァンガード)。彼女らを殺す、これまでのけじめ
をつけるしか、もう残された道は無かったのだから。

続きを読む
  1. 2020/02/25(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔51〕

 最新鋭のAR技術を駆使した育成型対戦ゲーム・テイムアタック。及びその専用ツールで
ある短銃型装置・リアナイザ。
 一時は巷のコアなゲーマー達を夢中にさせたものの、他でもない製造・販売元たるH&D
本社のリチャードCEOにより、事実上の終焉を迎えた。
 だが……そうして“禁制”の品になったからこそ、人々は考える。水面下で尚蠢く者達が
いる。
 中央署の一件を経て、件のツールが電脳生命体なる怪物達の苗床となり得る旨は、広く知
れ渡るようになった。人によってさほど信を置いてはいないにせよ、政府が公式にその存在
を認めた点も大きいのだろう。要するに関わり合いになれば、碌な事にならないと判ってい
るのだ。
 にも拘らず、一方で彼らは考える。もしそんな人外の力を借りられれば、終ぞ果たせなか
った思いも現実のものとなるのではないだろうか? と。
 何としても──たとえ法や倫理を犯してでも叶えたい願い。それは極論、少なからぬ人々
が抱えているとも言える。問題はそういった良識の枷を、一線を越えて行動してしまえるか
否かなのだから。何も彼らを衝き動かす原動力は、「悪意」故の願いとは限らない……。

「だ、誰かいないのか? 来たぞ! 約束通り、例の物を俺に寄越してくれ!」
 水面下での変化。それはアウター及び改造リアナイザの、一層のアングラ化だった。中央
署の一件以降、それでも件のツールを求める者達は、人知れず“窓口”とされる存在と接触
を図っていたのだった。
 昼間でも薄暗い、街の暗部──雑居ビル群の谷間。
 そこへ独り、おずおずと足を運んで来た一人の青年が、未だ見えぬ取引相手へと呼び掛け
て言う。
「──分かってるよ、そんなデカい声出すな。気付かれるだろうが」
 するとどうだろう。次の瞬間暗がりの一角から、何者かの声が返ってきた。青年が思わず
ハッとなって振り向くと、そこには荒くれ風の男と酷い肥満の大男が立っている。良くも悪
くも目を見張る二人分の人影が、気付けば音もなくこちらへと歩いてくる。
「ようゴゾ。あんたは正直者で……幸運だァ」
 言わずもがな、人間態のグリードとグラトニーだった。“蝕卓(ファミリー)”七席にし
て、かねてより改造リアナイザの売人を務めている二人組である。喉まで肉に塗れたグラト
ニーが決め台詞のように、舌っ足らずな口調で言う。
 ほらよ。そして青年へと十分近付くよりも前に、グリードが手にしていた改造リアナイザ
を一つ、彼へと放り投げた。それが自分の求めていた品だと知り、一瞬慌てつつも咄嗟の反
応でキャッチ。両手に包み込んで受け取る。
「こ、これが……苗床のリアイナイザ」
 何より呟くその目には、確かに動揺と一抹の興奮が滲んでいた。
「おうよ。じゃあ確かに渡したぜ? 精々上手くやるこった」
「頑張ってネー」
 禁制の闇取引。だが人々がそれらを求める際、彼らは別段金銭を要求したりはしない。既
に知る者は知っているように、彼らの目的はあくまで苗床の──アウターこと電脳生命体の
増殖にあるからだ。ヒトの欲望、負の感情に付け込み、その個体数を増やす。同胞達の進化
を促す……。
 荒くれ風の男と、肥満の大男。グリードとグラトニーは引き続き言った。
 同じくこれも、予め取り決めた台詞であるかのように。既に青年に対して半ば興味と用件
を失い、ヒラヒラと片手を振って、暗がりの中へと再び踵を返しながら。
「引き金をひけ。そうすりゃあ……お前の願いは叶う」

続きを読む
  1. 2020/01/28(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔50〕

 時は少し前、七波沙也香の告別式が行われた日の昼間に遡る。
 冴島及び同隊A班──由香への刺客騒ぎのため、一旦司令室(コンソール)に戻っていた
面々は、ようやく異変の現状を発見していた。自分達が留守の間、筧の監視・警護を任せて
いたB班の隊士達が、変わり果てた姿でそこに在ったのだ。
『ヴぁ~……』
 場所は飛鳥崎の郊外、北西の外縁部。当初連絡の途絶えた地点から、大きく離れた路地裏
の一角だった。そんな人目の付かない物陰に押し込められ、彼らは酷く“ゆっくり”な動き
のまま、ろくに会話も出来ずにいたのだった。
「……何なんだ、これは」
「じ、自分にも分かりません」
「右に同じく……」
 故に冴島達も、大いに困惑する。呟く彼に、傍らのA班隊士達も答えが見つからない。
 確かにB班(かれら)は、筧刑事の動向をチェックしていた筈だ。なのに当の本人の姿は
此処にはない。一体何処に行ってしまったというのか? 隊士達が「と、とりあえず運び出
そう」「いくぞ。いっせーのーせっ!」と、数人がかりで彼らを動かそうとしたのだが……
罹っている“ゆっくり”の影響なのか、妙に重くて苦戦している。
 加えて彼らのデバイスは、その調律リアナイザごと破壊されていた。辺りに残骸が捨てら
れたままになっている。
 十中八九、時間稼ぎを意図しての行為だろう。これでは記録(ログ)を確かめる事も出来
ない。司令室(コンソール)に持ち帰ってサルベージを試みたとして、はたしてどれほど復
旧させられるだろうか。
(何がどうなっているんだ……? 皆に一体、何があった?)
 普段温厚な冴島も、流石に険しい表情(かお)をしていた。辺りに転がっていた人・物、
異変の様子を注意深く眺めながらも、その一挙に流れ込んできた情報量に困惑している自覚
があった。
 努めて冷静に。
 少なくとも犯人は、こちらの装備なり内情を、相当程度知っていると思われる。
「落ち着くんだ、皆」
 “ゆっくり”化した同胞達を、わちゃわちゃと運び出そうとする隊士らに振り向きつつ。
 冴島は告げた。まだ彼らに何が起こり、自分達が何を見落としているのかも分からない。
それでも尚自分達に出来ることは、今考え得る最善手──もつれた事実の糸を一つ一つ解い
てゆく作業を怠らないこと。ただそれだけだ。
「彼らの搬送は、人手があれば何とかなる。僕から司令室(コンソール)に連絡して、寄越
して貰うよう頼んでみるよ。その間に皆は、彼らの足跡を可能な限り調べてくれ。向こうに
も、定期報告の記録は残ってるだろうけど……もっと線と線を詰める作業が必要だ」
『了解!』
 それまで狼狽えていた隊士達の目が、明らかに力強さを取り戻した。自身のデバイスを取
り出す冴島を視界に、それぞれが何人かのグループに分かれ、聞き込みや捜索の割り振りを
その場で話し合ってゆく。
「……」
 通話の向こう、拠点へとコールされる効果音を耳にしながら、冴島は直感していた。
 少なくとも只事ではない。これはアウターに起因する、何らかの力だ。

続きを読む
  1. 2019/12/24(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔49〕

 中央署の一件の後、その姿は瞬く間に拡散されることとなった。巷の人々に、その存在が
広く知れ渡ることになった。
 守護騎士(ヴァンガード)である。白亜から黒鉄色のパワードスーツへ。一見して主なき
等身大のコンシェル達と共に、電脳生命体こと越境種(アウター)らの頭目が一人・プライ
ド一派と対峙している。署内から飛び出し、手前の広場にて繰り広げられた先の戦いだ。
『……』
 そんなネット上の映像の一つを、彼は観ていた。暗がりの室内、デスクトップPCの画面
からの明かりだけを、少年はじっと見つめている。
 ただ、その眼差しは──驚愕と呼ぶにはどうにも噛み合わない。
(……なん、で?)
 姿形こそ人間ではなかったものの、声で分かる。多少記憶にあるそれよりもくぐもって聞
こえはしたが、確かに引っ掛かる。何より見覚えのある個体達が、この非日常を現実に引っ
張って来たような面子の中に交っていたからだ。
 やっぱり間違いない──あいつらだ。
(何でだよ……?)
 あの時俺達を叩きのめした、変てこでデタラメな奴だ。確か守護騎士(ヴァンガード)と
いったか。詳しい情報はこっちに来てから知ったが……自分にはもう憎い気持ちしか湧いて
来ない。少なくとも己にとっては“理不尽”の象徴だったから。
 いや、何より疑問なのはあいつらだった。怒りが込み上げてくる理由は、そこに奴らが居
たからに他ならない。
 ……大江の野郎、いつの間にか連中の仲間になってたのか。こっちはそいつらにボコボコ
にされたっていうのに。元は同じ、電脳研のメンバーだっていうのに。
 ふざけるな。ふざけるな! 何でお前らが?
 てめぇら、何をしれっと「海沙さん」と仲良くなってやがる……??
(許せねえ……)
 かくして少年は、恨みを募らせる。思いは日々深くなる。
 画面の向こうでは、プライドらを追い払って勝利を収め、まさに“英雄”となった睦月こ
と守護騎士(ヴァンガード)と対策チームの仲間達が映っていた。あの日あの場所で巻き起
こった人々の歓声が、映像の中で轟いていた。
(許せねえ……!!)
 俺をダシにしてお近付きになりやがって。俺一人を除け者にしやがって。
 ギリッと、彼は強く強く歯を噛み締めていた。独り暗がりの部屋の中、再生される映像を
睨みつつ、やがてその瞳に赤く暗い炎を宿して。

続きを読む
  1. 2019/11/26(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (201)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (114)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (53)
【企画処】 (492)
週刊三題 (482)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (411)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month