日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔25〕

 夜の路地裏に、怪しく蛾の怪人が浮かんでいた。ゆっくりと二対の羽根を揺らしながら、
心許ない月明かりの下で漂っている。
 そしてその表情は、明らかに焦っているように見えた。
 理由は眼下──自身をここまで追い詰めた刺客達の存在である。
「皆、一気に決めるよ!」
 そこには守護騎士(ヴァンガード)姿の睦月がいた。加えて冴島と國子、仁及び数名のリ
アナイザ隊士らと、それぞれが操るコンシェル達。総勢十数名。
 マントを翻してジークフリードが、ゆっくりと太刀を斜め上段に振りかぶって朧丸が、盾
を前面に槍を逆手に握り直してグレートデュークが、一斉に次の攻撃に備えた。その中央で
睦月はEXリアナイザを頬元に当て、コールする。
「チャージ!」
『PUT ON THE HOLDER』
 人気のない路地裏に響く電子音。空中の蛾の怪人──モス・アウターは直感的に危険だと
理解したらしい。大きく羽を広げて、大量の鱗粉を撒き散らす。
「おっと」
 だが無数の攻撃が襲い掛かる直前、仁のデュークが睦月達の前に飛び出した。その堅固な
盾でもってこれを防ぎ、激しい火花を散らせながらも無傷を確保する。
 加えてジークフリートも動いていた。その身体を流動する大量の水に変え、鱗粉攻撃ごと
モスに覆い被さる。ずぶ濡れになっていた。水圧に負けてどうっと地面に落ち、よろよろと
起き上がった時にはもう、勝負は決していた。
「どっ……せいッ!」
「はああッ、せいやーッ!!」
 デュークが投擲した、力を纏って輝く突撃槍(ランス)。朧丸からは紅い飛ぶ斬撃が放た
れ、睦月からは円錐状のエネルギーポインタと空中からの蹴りが飛ぶ。
 逃げる暇などなかった。モスは冴島のアシストを受けた、三人の必殺の一撃を次々ともろ
に食らった。槍で片腹を抉られた瞬間にもう片方を斬撃が、睦月の蹴りがグラついた全身を
駄目押しと言わんばかりに吹き飛ばす。
 蟲の鳴き声のような、断末魔の叫び声。
 睦月の蹴りを受けた直後、全身に瞬く間にひび割れをきたし、モスは爆発四散した。夜の
路地裏に一瞬大音量が響き、すぐに無かったかのように消え失せる。ストンと睦月はその場
に着地した。仁達もゆっくりと残心を解き、振り返った睦月に向かって屈託のないサムズア
ップや小さな頷きを。ここ数日の間、追っていたアウターをようやく退治する事ができた。
「やったな。これで奴の被害はなくなる」
「お疲れ様。見事なコンビネーションだったよ」
「あはは……。相変わらずオーバーキルばっかりですけどね」
『それくらいでいいんですよ。倒し損ねたらそれこそ、割を食うのは何の落ち度もない街の
人達なんですから』
『……そうだな。お前は少々、優し過ぎる』
 仁や冴島とハイタッチし、苦笑いを零し、睦月は呟いていた。守護騎士(ヴァンガード)
となってかれこれ三ヶ月が経とうとしているが、正直このアウターを斃す瞬間というものは
未だにいい気分にはなれない。
『ともかく、撤収だ。他人が来る前にそこを離れろ。不必要に目撃者を増やす義理はない』
 了解! インカム越しの司令室(コンソール)で、皆人がそう一同に指示を出す。最初の
呟きはすぐに脳裏から消えていったようだ。リセット──睦月が変身を解き、冴島や仁、國
子達もそれぞれのコンシェル達の召喚を解く。

『……』
 だがこの時、睦月達はまだ気付いていなかった。
 近くの物陰から、戦いの一部始終を覗き見ていたとある人物の存在に。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/05/16(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔24〕

「……さようなら。先輩」
 失望し、一転して冷たく見下した眼と共に、スーツ姿の男が呟いた。それを合図として、
金色の騎士甲冑──セイバー・アウターがその剣を振り下ろす。
 睦月は、動けなかった。同じくセイバーの能力でコンシェルを掻き消された冴島達が叫ぶ
も、吸い取られたエネルギーはすぐには戻って来ない。
(くうっ。身体が……)
 力が入らず、項垂れる首元へと迫る刃。
 これまでになかった事態に、守護騎士(ヴァンガード)姿の睦月は正直もう、ここまでか
と思って──。
「ぬっ!?」
 だがイメージした切断は来なかった。一向に刃が触れないことに異変を感じ、恐る恐る顔
を上げると、そこにはセイバーの剣をがしりと片手で受け止める別の怪人の姿があった。
 全身錆鉄色のトカゲ型──いや、竜(ドラゴン)のアウター。隆々とした巨躯はつい先程
まで睦月らを圧倒していた剣を容易く受け止め、口からフシュウ……と、熱を帯びた息を漏
らしている。
「な、何だ、こいつ……?」
『アウターです! しかも、もの凄いエネルギー量……。一体何者……?』
「……何のつもりだ? 何故我々の邪魔をする?」
「おい、セイバー、何をやってる!? そんなデカブツさっさと倒しちまえ!」
 まるで庇われる──乱入されたかのように。驚いて見上げる睦月やパンドラを余所に、当
のセイバーやこの召喚主の男は怪訝に、そして苛立ちを隠せないでいた。
 しかし対するこの竜(ドラゴン)のアウターは、低い唸り声こそ上げど応えない。その膂
力に任せてぐいぐいと、セイバーを剣ごと押し返すばかりで意思疎通が取れているようには
見えない。もしかしたら見た目の凶悪さに相応しく、かつてのボマーなどのように狂化され
ているタイプの個体なのかもしれない。
 オォォ……! そして次の瞬間、竜(ドラゴン)のアウターはセイバーを押し飛ばした。
思わずふらつき、剣を構え直す暇も与えずに襲い掛かってくるこの同胞に、セイバーは守勢
に回らざるを得ない。
「あ、あれ? もしかして仲間割れ?」
『少なくとも、加勢に来た訳じゃなさそうですね。とりあえず助かったみたいです』
『そのようだな。睦月、今の内だ。撤退しろ。このままじゃジリ貧だ。それに、当初の目的
ならもう果たしている』
 図太い鉤爪の豪腕を振り回し、セイバーに火花を散らせる竜(ドラゴン)。
 いきなりの展開についていけない睦月達に、通信越しから皆人が指示を出した。コクリと
頷き、物陰の向こうにいた冴島達もこちらを見遣って首肯を返してくる。
 竜(ドラゴン)とセイバーが戦っている隙をみて、睦月達は急いでその場を後にした。男
がそれに気付いて止めさせようともするも、狂気のままに襲い掛かってくる竜(ドラゴン)
に頼みのセイバーは終始押されっ放しだった。
「くそっ! 逃げられ……。っていうか、何であいつ、セイバーの剣が効いてないんだ」
 十数度目かの火花。だがふと睦月達が逃げていったのをまるで確認するかのようにちらっ
と横目を遣ると、竜(ドラゴン)のアウターは突然大きく背中の翼を広げて舞い上がった。
轟と舞う風圧にセイバーやスーツの男が思わず仰け反る中、この錆鉄色の闖入者はまたして
も理由(わけ)も告げぬまま飛び去っていってしまう。
「……一体、何だったんだ?」
 ぽかんと、その場に取り残された男とセイバー。実際に刃を交えたセイバーに至っては、
自分の力が通じなかった事実と共に、剣を地面に差して杖代わりにしながら少なからず肩で
息をしている。
「……」
 そんな二人、事の一部始終を、工場の物陰から見つめている人影があった。
 背格好からしてまだ少年だろうか。影になった暗がりに潜み、その手には間違いなく引き
金をひいたリアナイザをぶら下げている。
「この程度か……。同じ候補者だったと聞いていたんだが、大したことないな」
 もう放っておくか。静かに呟き、そっと引き金を離す。場に取り残された格好になった男
とセイバーを暫く観察していたものの、この少年はやがて興味を失ったのかそのまま人知れ
ず踵を返して物陰の奥へと消えて行った。
「奴は──俺の得物だ」
 ギロリ。暗がりの中でも映える血走った眼。
 はたしてその少年は、佐原睦月と因縁のある人物だった。

続きを読む
  1. 2017/04/18(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔23〕

 夜の街を灯す光は、名も知れぬ無数の社畜達そのものだという言葉がある。
 そんな社会の影を象徴するような光景が、そこにはあった。とうに定時を過ぎ日も落ちた
オフィスの一室で、一人邪悪にほくそ笑みながら札束を数えている男がいる。
「ひひひ……。今日も大漁大漁……」
 その男は、このオフィスに入る会社の社長だった。尤も規模自体はそう大きくない。だか
らこそ法の眼は疎かになるし、また彼自身も守る気は更々なかった。
「やっぱり使い潰す奴あ、馬鹿に限る」
 男の経営する会社は、いわゆるブラック企業だった。人を酷使し、物を惜しみ、暴利を貪
る者達の一人だった。
 優遇するのは自分に忠実なイエスマンだけ。その一部の側近の下に、学も浅い下っ端達を
文字通り消耗品のように従える。
 疑問を抱く者、呈する者、いわんや歯向かってくる奴には容赦しない。徹底的に日陰に追
い遣って手前の立場ってものを解らせてやる。辞める事も許さない。せっかく手間を掛けて
採用してやったんだ。余計な真似をしないよう、磨り減って無くなるまで使ってやる。
 一番の無駄金は、人件費だ。なぁに分かりやしない。それぞれの給料をちょろまかすなん
てのは日常茶飯事だった。組合? 誰が許すと思ってる。そんな暇があるならもっと働け。
もっと俺に金を持って来い。ノルマをこなして来い。
 こういう時、馬鹿が大半を占めていると都合がいい。奴らはそこまで頭が回らないし、考
えようともしない。こちらが日頃から働き詰めになるよう仕向けてやれば、そんな余裕すら
持てなくなるだろう。加えて今はそういう“運動”自体を格好悪いものとして避けるような
風潮がある。こっちとしては願ったり叶ったりだ。
「……?」
 だが、そんな時だった。ふと男は背後から気配を感じ、ほくそ笑む口角と札束を数える手
を止めた。目を丸くし、ゆっくりと後ろに振り返る。
『──』
 そこには見慣れぬ、二人の侵入者が立っていた。
 一人は草臥れたスーツの上にフード付きのパーカーを羽織り、ぶらんと片手に奇妙な短銃
型の装置を握っている男。もう一人はその傍に付き従う、金色の騎士甲冑──文字通りの怪
物だった。
「な、何だお前ら! どうやってここに入って来た!?」
 男は黒縁眼鏡がずれ落ちるのも構わぬまま、この二人に向かって叫んだ。さっきまで、ま
るで気配などなかった筈だ。
「大体、警備の奴はどうし──」
 そして言いかけて、止まる。彼らの背後、少し開いた扉の向こうの通路に、その警備員達
が倒れていた。白目を剥き、或いはぐったりとうつ伏せになってぴくりとも動かず、遠目に
も全員が倒された後なのだと解る。
(何だ、こいつらは……?)
 口元から目元へと、表情が引き攣る。彼らは自分が雇っている、荒事専門の男達なのだ。
 にも拘わらずそんな屈強な彼らが、こちらが気付く前に全てやられていた。つまり物音の
一つすら立てずに。極めて短時間で。
「……徳永太一郎だな?」
「ひいっ?!」
 ぽつり。ぐるぐると思考が切羽詰まる中、フードの男が言った。恐怖と驚きと。何故俺の
名を知っている? 疑問は次々に過ぎったが、何かが喉に引っ掛かるようにして中々言葉と
なって出てこない。
「正義の名の下、お前を処罰する。やれ」
 そしてフードの男が命じるままに、金色の騎士甲冑が動いた。ザラリと幅広の両手剣を抜
き放つと、ゆっくりこの社長・徳永に近付いていく。
「ま、待て。待ってくれ! 金ならある。幾ら欲しい? 誰かの差し金だろう? その倍、
いや三倍は払うから、見逃し──」
「……」
 テーブルの上の札束を震える手で掴み取り、見せてくる徳永。
 だがフードの男は、影になったその表情を一切変えず、酷く冷たい眼でこれを見ていた。
心の底から侮蔑し、静かに怒りさえ宿していた。
 変わらず、金色の騎士甲冑が近付いて来る。間合いはやや近距離。徳永はすっかり腰を抜
かして椅子から転げ落ち、涙目になっている。自分のみせた反応がまるで逆効果だと気付い
たのは、これからもっと後になってからの事だった。
 くるり。直前小さく嘆息を吐き出して、フードの男は踵を返す。
 それが合図だった。徳永の絶望した思いは届かない。騎士甲冑の幅広剣が大きく振り上げ
られ、這いつくばって逃げ出そうとするこの男の背中を──。

続きを読む
  1. 2017/03/22(水) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔22〕

 握り締め、振り上げた神像を叩き付ける。
 直前、瞳に映った男の驚く表情(かお)。だが来栖の身体は既に命じられたままに解き放
たれ、人気のない教会内に鈍い音を立てた。
「ガッ?! 何(なん)──」
 人間らしい抵抗があったのは最初だけだった。
 何で。突然の出来事に男は思わずくぐもった悲鳴を漏らし、理解できずに問うてきたが、
勿論答えなど返ってはこない。
「あがっ……! や、止め──」
 殴る。殴る、殴る、殴る。殴打する。
 手の中の神像が真っ赤に染まっていこうとも、見開いた眼鏡越しの視界が次々に汚れてい
こうとも、来栖は振り上げる手を止めなかった。
 止められなかった。目の前に映るのはただこの男──あの善良なる愛しき母子(おやこ)
を殺めた犯人の姿、憤怒の対象だけだった。
 ……憎い。何故このような理不尽が許される?
 幸せになれた筈だ。彼女達には、その資格があった筈なのだ。
 それをこの男は奪った。その浅薄で身勝手な理由で、二人の未来を。可能性を。
 何よりも……自分が許せなかった。こんな結末を防げなかった自分が許せなかった。
 結局、自分は逃げていたのだ。心は彼女達を愛していたのに、神父と信者という枠組みか
ら外れることを恐れ、ただ見守るだけに終始した。苦しくとも祈りを捧げることを忘れなか
ったその強さに惹かれながら、自分は都合よくその姿だけを愛でていた。苦しんでいる現実
があると知っていたのに、打ち明けられたのに、実際に手を差し伸べることをしなかった。
 ……許さない。この男も、自分の偽善ぶりにも。
 来栖の中に込み上げた無力さは、まるでこの期を逃さぬとするかのように全て“怒り”と
なって沸き上がった。
 最早止められぬその衝動。ちょうどその時、憎き仇が目の前にいる。
 彼の視界(セカイ)はただ、そんな目の前の一点に狭まっていった。振り上げた凶器は繰
り返し繰り返し、執拗に男の頭部を狙い、赤黒い飛沫を辺り一面に撒き散らし続ける。
「はあ……はあっ! はあっ、はあっ……!!」
 故に、ようやく気付いた時には全てが終わっていた。
 酷く息切れした身体。手や全身に残る生温い感触。かつて信仰の依り代であった像は今や
真っ赤に濡れて滴り、落とした視線の先にはかつて男だった者の肉塊が大きな血だまりの中
に突っ伏している。
「……」
 サァッと、冷静さが戻ってきた。つい先程までの激情は何だったのか。
 確かめる必要もない。死んでいる。自分でも数え切れないほど殴り続けた男の頭部は最早
原型を留めないほどにぐしゃぐしゃに歪み、破け、まだ何処の何ともつかない液体達が零れ
続けている。
 震え出す手。ゆっくりと見つめ返した自身のそれは赤黒く汚れ、更に握られていた神像は
全身だけでなく、まるで哀しみを向けているかのように、目の下からもどろどろと赤い涙を
垂らし続けている。
「あ、ああ……」
 殺した。私が、殺したんだ。
 赤黒いイメージが目に焼きつく。これは、罪だ。私は罪を犯したんだ。
「あ……あアアアアアーッ!!」
 次の瞬間、来栖の脳裏が爆発する。一瞬にして過ぎるのは、これまでの日々で鬱屈してき
た自身の記憶だった。
 寂れた教会、すっかり見知った地元の信者達。
 その中で出会ったあの母子(おやこ)と──苦笑いを零すその優しい面影。
 彼女達は死んだ。殺された。イメージは、自分はまだその面影を追っていたいのに、その
像を教会に押し寄せる人々が掻き乱す。
 憤怒に包まれる自分が視えた。法衣に身を包みながらも、その本質は悪魔だった。
 来栖は叫ぶ。ギリギリッと強く頭を抱え、一人その場に崩れ落ちながら雄叫びを上げる。
 ひび割れは瞬く間に広がった。広がり、砕け散った。
 信仰の徒としての自分、絶対だった筈の自負。
 しかしそんなものは何と脆いものだろう。自分はずっと偽り続け、罪を抱え、遂には人を
殺めてしまったのだ。何より頭を抱えるこの掌の感触には大量の血のぬめりがあり、頬にも
眼鏡にも全身にも、今や赤い烙印が無数に飛び散っている。
「アアッ、アア、アアアアーッ!!」
 締め付けてきたからこそ、それは苛烈を極めた。
 締め付けてきたからこそ、それは許されなかった。
 来栖は自らもまた血塗れになり、枯れ果ててしまいそうな程に悲鳴を上げ、天を仰いだ。
 そうするしかなかったのだろう。これまで信じてきたもの──拠り所の全てが音を立てて
崩れ去ったこの瞬間、彼に残された道は一つしかなかった。

 全てを棄てて、狂うことしか。

続きを読む
  1. 2017/02/22(水) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔21〕

「あがっ!」
 そこは飛鳥崎の中心部から遠く離れた、とある廃教会だった。
 這う這うの体で、そんな所へ逃げ込んできたのは、逆さ帽子の生意気そうな少年だった。
以前守護騎士(ヴァンガード)への刺客として召集された三体のアウターの内の生き残りで
ある。
 屋根も大きく穴が空いている堂内へと足をもたつかせながら転がり込み、このアウターは
激しく息を切らせながら怯えていた。震えながら振り返ったその先に、薄眼鏡をかけた神父
風の男──ラースが一人、こちらに向かって歩いてくるのが見える。
「……やれやれ。こんな所にいましたか」
 朽ちた長椅子を後ろ手で掻き分けながらズザッ、ズザッと、ガタガタンと逆さ帽子の少年
はその歩みに押されるように後退る。ラースは言葉遣いこそ丁寧だったが、そこに込められ
た気色は間違いなく“怒り”であっただろう。
「ひっ──!」
 忌々しい。まるでそう言わんばかりに眼前に迫り、見下ろしてきたラース。
 逆さ帽子の少年はその眼光に一ミリとて逆らうこともできず、次の瞬間彼がサッと向けて
きた掌に、飛び出してきた半透明の壁にあっという間に圧し潰される。
「ぐべっ!? つ、つぶ、れる……ッ」
「説明して貰いましょうか、トレード。私は貴方達に、守護騎士(ヴァンガード)の正体を
明らかにし、これを討伐せよと命じた筈です。にも拘わらず貴方達はろくに連携も取らずに
敗れた。そして貴方はそれだけに留まらず、一人逃げおおせようとした」
 言うなれば障壁(バリア)である。ラースの掌から放たれたそれは、尻餅をついていたこ
の逆さ帽子の少年──トレード・アウターを床と共にサンドイッチにし、ミシミシと容赦な
く圧す。淡々と口にされるのは断罪。この、任務を放棄した同胞に対して。
「し……仕方なかったんだ! 兄貴や、ストームまでやられちまって……。あんたも知って
るだろ? おいらは誰かをサポートしてこそ、真価を発揮するタイプだって。直接攻撃する
能力がそうある訳じゃないおいら一人で、どうやって奴らを倒せってんだよ!」
 しかし、当のトレードも必死だった。最早半分そのプライドをかなぐり捨てて、自分一人
だけであることの不利を説く。
 彼の能力は、確かにサポート向けだ。タフネスのある前衛とコンビを組むことで始めてそ
の力が活かされる。だがその相手であり、兄貴分でもあったジャンキーが斃されてしまった
今、ストームまで独断の末にいなくなってしまった今、彼に確実な勝算はなかった。
「……ならば貴方のコアを回収し、せめて守護騎士(ヴァンガード)との交戦データだけで
も確保させて貰うだけですが」
「ッ!? そ、それだけは止めてくれ! 嫌だ、まだ死にたくない!!」
 ミシミシ。障壁(バリア)に圧し潰されながら、それでもトレードは弾かれように叫ぶ。
 ラースからの一言。それは彼ら越境種(アウター)達にとって、事実上の死──廃棄処分
を意味した。なまじ実体を得終わり、一個の個体として完成しているからこそ、そんな宣告
にトレードは激しく抵抗する。
 じたばた。するとラースは、あくまで足掻こうとする彼をじっと見下ろしたまま、不意に
張っていた障壁(バリア)を解いた。
「……では、もう一度だけチャンスを与えましょう。守護騎士(ヴァンガード)を倒してみ
せなさい。力が足りないというのなら、使うといい」
 そしてようやく解放されて大きく息を荒げるトレードの傍に、カシャンと何かが落ちた。
ゆらりと顔を向けると、そこには一枚の黒光りするチップが転がっていた。
「次はありませんよ」
 その間に、ラースは衣を翻して立ち去っていった。
 その言葉に、トレードはまるで雷に撃たれたかのように唖然として震えていたが、やがて
重い身体に鞭打って起き上がると、このチップを手に取り、ごくりと一人静かに息を呑むの
だった。

続きを読む
  1. 2017/01/17(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (142)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (25)
【企画処】 (319)
週刊三題 (309)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (305)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート