日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)Dear SORCERY〔4〕

「隊長ぉーッ!!」
 突如風と共に疾走していったその向こう側で、クラリッサが昏倒していくこの一部始終を
麻弥達は見ていた。
 デズモンド──の姿をした偽者から溢れ出した濃緑の毒煙、悲鳴を上げつつも下手に近付
けない彼女の部下達、そしてデズモンドだった人皮(モノ)がすっかり萎んで崩れ、独りで
に無に還り始めていくさま。
 聖は寸前で飛び退いていたようだ。ちょうど両者の間に片膝をつく格好になっていた晴の
背中を視界に、毒々しい緑は濃く濛々と立ち込めている。
「……助けなきゃ!」
 危険なのは直感していた。だが、たとえ知り合って数時間ほどでしかない女性(ひと)で
あろうとも、麻弥は駆け出そうとしていた。
 もう魔術の所為で、人が傷付くなんて……嫌だったから。
「待て。麻弥」
 だがそれをサッと手で制する者があった。他ならぬ、彼女のすぐ傍らに立っていた義兄・
正明である。麻弥は思わずそんな彼の横顔を見上げていた。
 どうして?
 軽く制されているだけなのに不思議と動けない。掌から伝って、感じる。見上げたその横
顔はぶすっと顰められているが、義妹(じぶん)を止めているその心はきっと愛情に満ちて
いたから。
 その直後だった。まるでこのデズモンドの偽者が爆ぜたのを合図とするように、周囲の他
の使い魔(ゾンビ)達もが次々に爆散、同じく濃い緑の毒煙を撒き散らしてきたのだ。
「げぇっ!?」
「こ、こっちも……」
「くっ……。退避! 退避ぃ!」
 それはちょうど外側、一同をぐるりと囲むボーダーを形成していたゾンビ達で。
 巫監の、騎士団の面々がそれぞれ見渡し、顰め、慌てて後退していった。しかしそれでも
毒煙はまるで生き物のようにうねりながら襲ってくる。騎士達の何人かが逃げ遅れて巻き込
まれ、白目を剥いて倒れた。
「囲まれたか……。皆、私達の周りに!」
「瀬名川君も、早く!」
 武蔵、そして凛が叫んだ。共に素早く胸元で印を結んでいる。
 次の瞬間、彼らを中心に半球型の結界が形成された。迫ってくる毒煙がその外郭で受け流
されるようにして流動する。呼び戻された晴が、倒れた同胞を引っ張り出し担ぎ上げた騎士
達が、慌ててその合間を縫ってこの内側へと避難していく。
「聖!」
「こっちは気にすんな、そっちこそ吸い込むんやないぞ!」
 防御結界の中から晴が聖──《虎》に向かって叫んでいた。当人は大丈夫だと言う。見れ
ば白目を剥いて気を失ったクラリッサをひょいと肩に担ぎ、すんでの所でこの毒煙群を潜っ
ているようだ。
「ったく。せやから来るな言うたのに……」 
 聖はチッと独り静かに舌打ちをしていた。一番面倒な方向へ、この女は状況を混ぜっ返し
てきなすった。騎士団だか何だか知らないが、余計な事をしてくれたものだ。
「ひー君!」
 また──いや今度は別の、自分を呼ぶ声がした。
 御門麻弥だった。結界の中で、兄に飛び出さぬよう片手を取られ、それでもこちらを心配
そうに見遣って呼んでいる。早くこっちに──という意図なのだろう。
「……」
 だが聖はその意図に応えなかった。見返しこそはしたが、彼女達の方へ向かうことはしな
かった。
 何処かで“近付いて”はならぬと思っていた、言い聞かせていたからだと思う。物理的に
それを軽く越えてしまえば、気持ちの方もいずれ持っていかれてしまうような気がして。
 とはいえ聖自身、そんなフッと過ぎったイメージは決して口にはしない。ただもっと目の
前の現実、現状として、ただ皆で寄り集まってもこの毒煙が晴れて──自分達を避けてくれ
るとは思わなかったから。
 外側、ぐるりとゾンビ達(やつら)が包囲していたのは、やはり……。
「ちっ……」
 再度、今度は向こうの彼女達におそらく見えたであろう位置で。
 聖もとい《虎》は舌打ちをしていた。
 何で俺が、こいつの尻拭いをせんといかんねや……。
 ちらっと周囲、うねって面々に迫る毒煙の全体を観る。デズモンドが残した面倒な奴らを
見遣る。
 カツン。そして聖はそう脚で地面を押していた。するとどうだろう、まるで彼が合図を送
ったかのように、三度周囲のコンクリートな地面は次々に塊(ブロック)ごと隆起、巧みに
彼自身と麻弥達を毒煙から阻む防壁のようにびっちりと展開してこれを大きく迂回させた。
「毒ガスが……」
 流動する脅威が通り過ぎていく。伴太や騎士達がこの大地の魔法を少なからず驚いて見上
げ、ぐるんと上部で反り返りアーチ状に組み合わさったそれらに目を瞬かせている。
「よくやった! 早く、隊長をこっちに!」
 そうして頷くように叫ぶ副官(エリオット)。彼はこちらに手を伸ばしていた。
 あんたらの為じゃないんだけどな……。まぁいいけど……。
 よっこいせ。存外軽いクラリッサの身体を肩に引っ掛け直し、石壁のアーチと己の後ろ姿
を背景とするように。
 聖はようやく、彼らの方へと歩き出していた。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/03/09(日) 18:00:00|
  2. Dear SORCERY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)Dear SORCERY〔3〕

 遠くにかつて鉱山だった山々が在る。
 しかしそれは昔々の栄光で、今はただゆっくりと時の流れに沈むだけだ。
 闇が呑み込んでいく。かつての日々も今日という一日も等しく埋もれ、隠されていく。
 そんな夜闇の中、人知れず交戦があった。妖しい火花が断続的に散り、そして消え入り静
かになる。
 いや……それを交戦と呼ぶのは厳密ではないのだろう。それらは終始一方的であった。故
にこの男、強襲を受けた側は程なくして敗れ、命辛々一人夜闇の中を逃げ続ける。
「はぁ、はぁ、はぁ……っ!」
 多くを白髪に占領された頭、暗闇の中でも疲弊したさまが分かる息遣い。
 彼は大きく肩で息をつき、それでも傷付いた身体と心を引き摺って物陰に隠れていた。
 全身が痛む。現に左肩は撃たれたように赤黒くシャツが汚れており、それを庇うように彼
の片手が添えられている。
 聞き耳を立てる。追っ手の気配は尚も多く、執拗だ。当然の反応というべきか。
 だが自分にはもうこれしかなかったのだ。こうでもしなければ、取り戻すことなど……。
 そうしていると、気配が先程よりも広く散っていくのが分かった。どうやら手分けして付
近を捜索し始めるらしい。拙いなと彼は思った。早く離れなければ此処も危ない。
「……」
 一体何処へだ? 自分は、何処へ?
 あの町はもう駄目だ。他ならぬ自分が駄目にした。理論に粗は無かった筈なのに、失敗し
てしまった。
 足りなかったということか。自分が“差し替える”その瞬間まで、持たなかったのか。
 ぎりっ……。彼は俯いた表情(かお)のまま唇を噛み締め、もう片方の拳を強く強く握っ
ていた。
 懺悔の念は無い。あの時からもう持ってはいけないと思った。狂うと決めた。
 代わりにこの身体を支配しているのはただ一念だ。何としてでも取り戻してみせる。故に
あの失敗は手痛く、邪魔をするあの連中どもが忌々しく思えてならなかった。
 自分の記憶が正しければ、奴らは“騎士団”からの刺客だろう。
 正直、侮っていた。こんな地方の町に迅速に兵を送り込んでくる、その情報網と組織力の
大きさをずっと遠く──自分とは関係ないものと頭の何処かで思っていたのかもしれない。
 もう引き返せなかった。奴らが兵を寄越して来たということは、既に自分を捕らえるべく
警戒網が敷かれていることだろう。
 この国に──もう、自分の居場所は無い。
「くそ……ッ!」
 悔しさと憤り。吼えたくなる叫びを噛み殺し、男は歩き出していた。
 逃走を続けた疲労とその内心の焦燥。それらが混ぜ合わさり、髪はぼさぼさに乱れ、両の
眼はぎらぎらと血走っている。
 ぐらり、ゆたり。一歩一歩が重い。受けたダメージは少なくない。
 此処は海岸線に近かった。されど今は潮の香りや波打つ音すら苛立ちの材料に為る。
 彼は身体を引き摺り、歩いた。
 内陸に向かってはみすみす捕まりに行くようなものだ。ぼやっと、しかし確かにそう判断
して幹線道を目印に南下してきたのだが……さて。
(……。あった)
 寄せる波のすぐ際まで人工の足場が迫る、されど明らかに大規模とは言えぬ港がそこには
あった。男は見上げる。夜闇に溶ける停泊する船影や積み下ろし用のクレーン、そして周囲
に積み上げられた貨物コンテナ。そう暫し辺りを見渡したまま、彼は大きく深呼吸する。
(詳しく調べている暇は、無さそうだな……)
 ようやく呼吸が落ち着いてくる。顰めた表情(かお)のままで思考する。
 船に直接乗り込む(かくれる)のは向こうも想定してくるだろう。
 だが、こちらなら……。
 少なくとも出港してしまえば奴らは手が出せまい。少なくともその間に時間を確保するこ
とはできる。仮ではあるが“場”を設えることができる。
「……っ」
 灯台の光は遠く届かず、此処はコンクリートと鉄で出来た剥き出しの蔵。
 三度身体を引き摺り、積み上げられたコンテナ群を目指し、彼は歩き始めていた。

続きを読む
  1. 2014/02/10(月) 00:00:00|
  2. Dear SORCERY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)Dear SORCERY〔2〕

 かつて、とある魔術師同士の抗争があった。
 結局何が彼らをそこまで争わせたのか、この時は判らなかった。
 ただ確かなのは、彼らが魔術師の“領分”を越えたことで、閑静な夜の住宅地を一つ、大
火に呑み込んだという事実だけである。
「しかし……酷いものですな」
「ええ。これは聞いていた以上に面倒な事になりそうです」
 故に事態は由々しきものだった。それは秘匿されるべきものだが、由々しきものだった。
 魔術と科学は相容れない。数百年以上前に、両者は別々の道を歩み始めた。
 だからこそ棲み分けなければならないのだ。魔術(こちら)側が科学(むこう)側に害を
加えるような事案が発生すれば、それは長短どちらの目で見てもこの峻別を脅かす。
 事件を受け、周辺に居を構える魔術師を中心としたチームが現地に入っていた。
 当面の拠点として提供されたのは、現地に建つ小さな教会。
その元礼拝用の地下室に集まった面々は、寄せられる報告と実際に──秘匿、その細工の為
に運び込まれた犠牲者らの亡骸を目の当たりにし、総じて渋面を隠せない。
「魔術物質の採集を急げ!」
「息のある人間には記憶の操作を」
「……ミセス瀬名川。彼らの容態は……?」
「正直、厳しいですね。火傷、創傷、肉体的なダメージ以上に魔術の余波が治癒を妨げてし
まっていますから」
 そこには、彼女もいた。
 瀬名川アリス。日本人の夫を持つ英国出身の魔術師だ。魔術医療に長けた手術服姿の彼女
は、仮設の寝台にずらりと並べられた人々の間を忙しなく行き来しつつ、そう淡々と処理を
続けながら応えている。
「そうですか。ではせめて、彼らから魔術の痕跡を除去する方向でお願いします。もう少し
すれば全員、向こう側に引き渡しますので」
「……。ええ」
 カツンカツン。タイル張りの床の上を、そう言い残した魔術師の一人が踵を返していく。
 手術服で表情が隠れていて良かったとアリスは思った。
 つまり、まだ息のある彼らの生死には関わらないということなのだ。最終的には救急──
科学(むこう)側の病院へと引き渡される。
 あくまで自分達の目的は、魔術の痕跡を揉み消すこと。
 政府が今回の件でどれだけ口煩く苦情を言ってくるかは分からないし、自分のような末端
の魔術師が知ったことではないが、命より重いものがあるというのは……正直胸糞悪い。
 既に死んだ、魔術物質を除去し終わった犠牲者は、早々に引き渡され出したようだ。
 翌朝には、彼らは犠牲者○○人という数字の一つになるだろう。そして原因は住宅街に敷
かれたガス配管の破裂──と、表向きには発表される。そういう手筈だ。
 夫を含めた同胞らが、既に政府当局筋と刷り合わせに入っていると聞いた。
 後始末。尻拭い。そう言ってしまえば簡単だが、やはりこういった仕事を受けるのは貧乏
くじなのだろうなと彼女は思う。
「……」
 また一人、助からない命を看取った。そっと瞼に指先を当て、静かに眠らせる。
 自分の薬を投与すればまだ助かる可能性はあった。だがそれはこの状況では許されない。
魔術の痕跡を第三者に悟らせない為の工作をしているのに、魔術薬を投与しては目的が入れ
替わってしまう。……それは許されないことだ。
 ずらりと患者達を見渡し、アリスは静かに目を細める。……ざっと三割か。
「み、ミセス瀬名川」
 そうしていると、別の方から声が掛かった。他の患者達とは距離を置いて隔離されている
重要な者達の寝台だ。
「彼の呼吸が戻ってきました。目は、まだ当分覚ましそうにありませんが」
「そう……」
 厚手のビニールカーテンを潜り、アリスはその中に入った。そこには三台の寝台が用意さ
れており、内二つには見るも無惨な遺体──大人が二人、残る一つには焼け焦げをあちこち
に残す幼い少年が寝かされている。
 様子を見てくれていた同じ医療系統の魔術師が、おずおずと表情を強張らせている。
 アリスはそっと歩み寄り、彼と替わった。
 無理もないだろう。ここにいるのは今回の事件の犯人──抗争の末に死んだと思われる当
の魔術師たち本人なのだから。
「しかし、一体どういうことなんでしょうね?」
 少年の顔にそっと手をかざす。腰を落として寝台の位置に目線を合わせる。
 微かだが吐息を感じた。ゆっくりと、とてもか弱いが胸が上下しているのが確認できた。
 助手役の彼が言っていた。アリスは最初何も言わなかった。それは話を聞いていなかった
のではなく、自分もまた答えようがなかったからで……。
「彼らの傍に、この子は倒れていた。二人とも死んでいた──魔術的な力で殺されていたに
も拘わらず、この子にはこうして息がある。巻き込まれたにしては……不自然です」
「そうね」
「や、やっぱりこの子が……? 腕のアレがありますし……」
「……」
 実際の現場は、ちらっとしか見ていない。
 遠巻きにだがそれは地獄絵図だった。
 夜の闇を煌々と照らす赤。だがそれらは全て炎であり、何百人もの人々の家を生活を消し
炭と瓦礫に変えてもなお燻り続ける色だった。
 この少年と魔術師二人の遺体。
 彼らが運び込まれたのは、こちらに拠点を作ってからちょうど最初の第一陣のことだ。
『どうやら事情は更に拗れているらしい……。観れば分かる。アリス、この子を頼む』 
 夫らが大慌てで担ぎ込んできたもの、それがこの三人だった。
 大人、魔術師二人は既にその損傷著しい見た目からして絶命していた。なのにもう一方、
残る少年だけは──まるで何か力を使い果たしたかのように眠っていたのだ。
 文字通りボコボコにされた二人の魔術師。今回の大罪人。
 だがその死という末路は、本当に彼ら同士の抗争「だけ」に因るものなのだろうか?
 今でこそ次々と運ばれてくる犠牲者・患者への対応であくせくしているが、最初この三者
を見た時、自分を含めたこの場の皆は悔しさ──そして戸惑いを隠せなかったものだ。

 まさかこの子が、二人を殺したというのか……?

 疑いはやがて半ば確信へ。彼が宿していたそれによって、自分達はその考えから逃れられ
なくなっていた。
(……一体、君は何を願ったというの……?)
 この地下室にも、時折遠くけたたましいサイレンの音が届いてくる。
 尚も眠るこの幼い少年を見下ろし、アリスはそう何度となく繰り返す問いを紡いでいた。

続きを読む
  1. 2014/01/16(木) 18:00:00|
  2. Dear SORCERY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)Dear SORCERY〔1〕

 視界も意識も、染め上げるのはむせ返るような赤だった。

 その日も彼らは何一つ疑っていなかった筈だ。
 朝起きて、その多くは昼間に汗水を垂らし或いは頭をフル回転させて働き、日がとっぷり
暮れた頃にようやく家路に就く。
 ふと、何の為に自分は生きているのだろう……? そう自己嫌悪を併せて自問したくなる
日常ではあった。だが多くの者はそんな問い自体を詮無いものとした筈だ。してきた筈だ。
むしろ生産性を下げるだけの“雑念”だと言い聞かせ──それでも現実はくそったれだと頭
の片隅では理解していても──日々の生計を立てることがイコール人生だった筈だ。
 ……なのに、世界はもっと理不尽だった。
 家族団欒、或いは自室やアパートの部屋に篭って他者と隔絶し、隔絶された環境で。
 夜が深まっていく、まさにそんな最中だった。皆が皆、明日が当たり前のように訪れると
信じて疑うことすらしていなかった。

 爆発。予告も何もない熱風。

 必ずしも満たされている訳ではなかったにせよ、彼らの平穏は文字通り一瞬で灰になって
しまった。
 彼らが振り向く。
 その時、各々の瞳に映ったのは猛烈な勢いで破壊され、蒸発していく家財であり、我が家
そのもので。……彼らの住んでいた、とある街そのもので。

『──』
 赤い。
 少年は生まれて初めて、この三原色の一つがこんなにも暴力的なのだと知った。
 闇は深かった。深かった筈だ。
 それは、今やおぼろげになってしまった記憶自体の所為もあるのだろうが、この赤い光景
があまりにも逆に闇の色を際立たせていたからに他ならない。
『……っ、ぁ……』
 傷だらけだった。少年はぽつんと、原形すら留めてない街の瓦礫の上に立っていた。
 それはほんの六歳の少年にはあまりに過酷すぎる現実であっただろう。
 一瞬だった。いつものように夕食を摂った後、母はキッチンでいそいそと後片付けをして
いたし、父はリビングで横になってテレビを観ていた。自分は少し離れた所で壁に背を預け
ながら本を読んでいた。……それだけ。ただ、それだけだったのに。
 奪われた。あの、この赤が全てもっていった。
 ざくり。一点に定まらない身体の力。少年は大きく肩で息をつきながら、再びこの惨劇の
中を歩き出す。
 殺した。焼き尽くすよりも早く、砕けた家屋が。
 貫いていた。或いは押し潰していた。あまりに突拍子もないことで、気付いた時にはもう
全てが手遅れになっていた。
 母の身体に頭に、飛び散った瓦礫が刺さっていた。人間って柔らかいんだなと思った。
 父が大きな瓦礫に胸を潰されてへしゃげていた。普段口下手な彼が、気付けば自分を庇っ
て事切れていた。 
 はたして何処でもう助からないと悟ったのだろう? 諦めた──見捨てたのだろう?
 少年は父が作ってくれた物陰から這い出し、暫くの間変わり果てた両親を見つめていた。
 元より感情をあまり表に出さない性格だったのが災いした。或いはそれは不幸(すべて)
の始まりだったのだろうか。ぼろぼろと大粒の涙こそ伝ったが、彼は声をあげて泣き喚くよ
うなことはなかった。
 何となく解っていた。だけども解りたくなかった。
 瓦礫の山となった我が家を出て、外──というのも既に体を成さなかったが──に意を決
して足を踏み出し、そして少年は知らしめられた。
 自分達だけじゃない……。見渡す限り、おそらくこの街の殆どが同じことになっていた。
 赤色。燃え盛り、灰燼に帰し、或いは流血を示すそれ。
 こんなにも、暴力的な色だなんて──。
 ふらりふらり。自身、身体中に傷を負っていたにも拘わらず、少年はそんな無残の跡を歩
き回った。
 全てが変わって(こわれて)いた。
 顔を合わせば可愛がってくれた近所のお婆ちゃん、よく野菜を分けに来てくれたおじさん
や年上のよく笑うお兄さん、しっかり者で怖いけど本当は優しいお姉さん。
 そして──物心つく前から一緒だった、幼馴染の女の子。
 誰も彼もが遠くにいってしまった。両親のように瓦礫の下敷きになっていたり、辛うじて
人の形をした、焦げた塊になっていたり。怪我もたくさんしていた。
 でも……自分には何もできなかった。
 ただこうして他人(ひと)がたくさん酷い目に遭った、満足に動ける人もいない筈のこの
瓦礫の中を、助けを求めて当てもなく彷徨うことしかできなくて。
『はっ、ぁッ……!』
 だけども、限界は程なくしてやってきた。自身もまたボロボロになっていることを身体が
全力で訴えてきて、遂には震え続けた膝が耐え切れずに地面をついた。
 荒い呼吸が止まらない。少年は両膝を、両手をついたままの格好でその場に蹲る。
 しとしと。少しずつ雨が降り始めていることに気付いた。
 そうなればあちこちの火は消えてくれるだろうか……? ぼうっとそんなことが脳裏を過
ぎっていくと同時、思考(じぶん)が自分を哂っている気がした。
 瞳が、濁る。
 視界ならさっきからずっと霞んでいる。
 けれど、それ以上に目に映る世界はどんどん暗くて澱んで、自分の中にどうしようもない
怒りがこみ上げくる。
 余りに理不尽なこの現実への、ぶつける相手のいない、怒り──。
『ああ、やっと見つけた』
 そんな時だった。ふと直前の気配すら感じ取れず、いきなり頭の上から声が降ってきた。
 少年は一瞬身体を強張らせたが、一方ですがり付きたい思いであった。
 助けを、呼べる……。
 悲鳴を上げ続ける身体に鞭打って、彼はゆっくりとこの声の主を見上げる。
『……いい眼だ。ただ如何せん子供過ぎるが……。まぁよい』
 相手が何者かはよく分からなかった。
 ただでさえ夜と灰と瓦礫と、降り始めの雨で暗いのに、この人物は頭を含めてすっぽりと
黒いコートで全身を覆っていたからだ。
 とはいえ、掛けてきたその渋い声色からすぐに男であることは分かる。
 ぱくぱくと口を開け、言葉を紡ごうとする。だがこの男は軽く片手でそれを制すると、何
かを値踏みするように少年を見つめていた。
『この爆発は、ある二人の大人が起こしたものだ』
『──ッ!?』
 そして口にされたその一言。少年はすっかり濁ったその瞳を大きく見開き、内側から滾る
その感情を抑え切れなくなっていく。
『ああ、言っておくが私ではないよ? あそこ──あの一番燃えている所にいるのを見たん
だ。まったく、いくら何でもやり過ぎだよ。あれは』
『……』
 少年は震える身体を腕を、ぎゅっと押さえつけていた。
 男は相変わらず自分の前に立ったまま、口ほど真剣なようには振る舞っていない。それが
余計に、少年にはこの滾る思いに火をくべる結果となり、違うと言われたのにさも彼を仇の
ように睨みつける。
『……ふっ』
 笑った。男はフードの下から覗く口元にそっと弧を描き、笑っていた。
『いいだろう、今回は君を選ぶことにする。さぁ答えろ、君が望むものは何だ? 私が一つ
だけ叶えてあげよう』
 言って、持ち上げた左腕。その袖口からは何か……刺青、のようなものが覗いている。
 だが少年にとってもう、そんな視覚情報は瑣末なことだった。
 望みを叶えられる。この男がそう言う。嘘か真かなんてどうでもいい、考えている暇も何
もなかった。
 ただ今この瞬間、自分を衝き動かすのはこの滾りだった。全てを奪った──奪おうとして
いる誰かがいる。正体なんて判らない。ただ、それは強く強く願うもの。
『……。僕、は──』
 故に少年はそうして口にした。願った。
 それが神の奇跡か、悪魔の契約か、問い直すこともなく。

続きを読む
  1. 2013/12/23(月) 18:00:00|
  2. Dear SORCERY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (151)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (89)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (349)
週刊三題 (339)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (326)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート