日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)霜月からの嵐に備え

十月「後は、任せたぜ……」
十一月「兄貴ィィィーッ!!」(はい茶番)

少し前までは立て続けの台風禍も合わせ、夏の延長線上のように天候が目に見えて荒ぶって
いましたが……気付けば秋という穏やかさもすっ飛ばして、急に寒くなって驚いています。
既に巷では手垢のついた言い回しでしょうが、朝晩の寒暖差がとんと大きくなっています。
季節柄仕方ない部分があるとはいえ、皆さんくれぐれも体調管理にはお気を付けて。どうぞ
ご自愛を。ただでさえこの時期は風邪やらインフルやら、一旦やらかすと辛い症状が少なく
ありませんからねえ……。自分も一昨年ぐらい罹って大変な目に遭いました(>△<)

暦が替わり、十一月になりました。暫くぶりです。霜月ですが、長月です。
今年もあと二ヶ月を切ってしまったという事実、現実──今更ながら、何故年末を師「走」
と呼ぶのか、否応なく思い知らされる立場になっちゃいましたなあφ(=_=;)

……まあ、あんまりリアルの多忙ばかりを愚痴ったって詮無いのです。ともかく創作活動的
な意味での生存報告をば。

間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百十章をUPしました。現行第Ⅷ部も次回で中編が
終了する見込み。プロットも順調に消化されていっています。辛い。分量としては、推敲後
時点で21000字強──少し多め。本編中の展開が進むためか、全体的にバタバタっとしている
感じがします(それでも他の作者さんと比べて遅いだろうし、相変わらず文章自体は硬いま
まなんだろうけど)絶対的に「これ!」という文章の組み立て方・作法みたいなものは無い
としても、何というかこう……安定して没入出来る文字運び、話の創り方をノウハウとして
言語化出来ればもっと楽なんだろうけどなあとは思うんですが……。手に取ってくださる読
者さん側は勿論の事、書いている自分自身の為にも。

前回の雑記でもつらつらと綴っておりましたが、お仕事のスケジュールが今月結構カツカツ
になっております(日数的にというよりは、この週は●●があるぞという精神的な負荷の方
が大きいやもしれませんが。何につけても、まだまだ半人前)今回=月頭の長編系執筆は運
良く連休を取れて捌けたものの、さてはて来週末は……? というのが当稿現在の状況で。
なるべくリズムを崩さないよう、時間を捻じ込んで済ませてゆく気ではいますが、引き続き
ちっと不確定要素が消えていません。更新が遅れていたら、そういう状態故だと予めご容赦
くださいm(_ _)m ……色々、新しい企画・媒体も軌道に乗せたいんだけどなあ。

“暇(時間)はあるが、意欲が湧かぬ”
“意欲はあるが、暇(時間)が取れぬ”

無いものねだりと言ってしまえばそれまでなのですが──正直もどかしい。如何せん自分の
創作スタイル、手持ちのコンテンツが、同じ物語(はこ)を延々何年も弄り続けているよう
なパターンなものだから、余計に『早く完結させなきゃ』と焦っているのやもしれません。
少なからずそういった面はあるのだろうと思います。

安定しない文体、且つ万人受けしない(筈もない)テーマ、思考の浅さ……etc。

もっと深く、もっと新しい物語達を紡いでいきたい、ついつい時々の「ノルマ」に追われて
間に合わせ的なもので済ませてしまうけれど……今後の忙しさを考えると寧ろ難しくなって
ゆく一方なのだろうか(´・ω・`)


続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/11/06(水) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ガス欠の合間に書く話

ごっそり持って行かれる……('、3_ヽ)_

早いもので、とはもう散々使い回した書き出しではあるものの、現時点で今年も残すところ
四半期はおろか、二ヶ月を切ろうとしてるんですね……。一年を通じて個人的に大きな変化
(社会復帰)の年ではあったけれど、まだまだ出端というか。先方の都合やら何やらが絡ん
でくるため仕方ないにせよ、もう少し色々レベルアップ出来ることはなかったかなあ? と
は思ってしまいますね。後は何より、今後の負荷に自分が食らい付いてゆけるか否か?

例の如く長編系の更新報告です。先日、サハラ~の四十八章をUPしました。24エピソード目
後編。現行シーズン4の三話目までが終了した形です。次のお話で折り返しですね(こう言
うとまだまだ先のように思えるけど、消化されてくのはあっという間なんだろうなあ……)
分量としましては、推敲時点で22500字半ば──やや多め。後編かつ今回後半がドンパチ系の
多い構成だったこともあり、そこそこに膨れてくれました。如何せん書き終わること、故に
展開を巻こう巻こうとする向きが出てしまうからか、文章(描出)自体は昔に比べ、雑にな
っているんではないか? と、不安になること頻りではあるのですが……。

──もし手に取っていただければ、愉しんでいただければ是幸いです。
最早自分なりのテンプレのように、謙遜なのか高慢なのか分からない文句になって久しくは
あるものの。

かねてからの偏りではあるのですが、どうも自分は物語を「真面目」に書こうとすればする
ほど、結果「悲劇」ばかり生んでしまうんだよなあと頭を抱えております。救いの無い物語
というか。キャラクタ達に試練ばかりを与え、意地でも大団円にまとめさせない──そんな
都合の良い結末になんてしてやるものかと、変な感情移入(性癖?)が過ぎるように思えて
ならないんですよねえ……。こと娯楽、ラノベちっくな題材を採る場合が多い癖に、それは
拙かろうよ? と(事実その点は以前から友人などに指摘されている)
それでもろくすっぽ直る様子はなく、直そうともせず、文藝なのか娯楽なのか、中途半端な
辺りをずっとうろうろしている。……性悪なんでしょうなあ。一応三題などで、時折ほっこ
り系を目指してみたりはするのですが、実質ビターエンドみたいなのが多い。何より書いて
る自分がむず痒いというか、こんな都合の良い展開なんてねーよ(哂)とネガティブな評価
ばかり下したがる。……反面教師としての物語ならいざ知らず、コンテンツの趣旨自体まで
それを求めちゃあエンタメも糞もないだろうに(´A`)-3

歳月ばかり無駄にかけて(ほぼ)同じ物語を書いているが、はたしてそれに見合っただけの
技術は向上しているんだろうか? 成長しているんだろうか? 何より長々と同じような物
語にばかり付き合わせて、手に取ってくださっている方々の時間≒人生を徒に奪っちゃあい
ないだろうか?(そこまで不安、心配するなんてのは、余計なお世話かもしれませんが。上
から目線ですからねえ、結局。ほなら始めっから書いて寄越すんじゃねえよ、と)

……うーん、言葉が汚い。

物書き(創作活動)を始めた当初からではあるものの、どうしても愉しむことより求道する
方にばかり行ってしまうなあ。何が楽しくて、自分に鞭ばかり振るうんだ……?

(追記)
今秋からお仕事環境が変わり、日中の忙しさでプライベートの創作に割けるリソースが如何
せん不足しています。カレンダー的にも月頭一週目が少ししかないので、おそらく次回長編
系更新=ユー録の次章は、更に翌週末に延ばすかと思われます。ご容赦くださいm(_ _)m
間に合いました。ですが多分、次=サハラ~の方が予定的に厳しいかな?

続きを読む
  1. 2019/10/23(水) 23:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)上滑りする僕の言葉を

(º﹃:.` ;:・∵゚.

嗚呼忙しい、忙しいといった言葉を、言い訳に使うべきではないのですが……実際問題とし
てここん所暫く、多忙に振り回されてばかりのような気がします。今に始まった事じゃない?

気が付けばごっそりと二週間弱、前回の雑記から間が空いてしまいました。そうした間にも
季節は確実に移ろい、朝晩がすっかり寒いくらいになりました。近隣の道端を赤く侵食して
いた彼岸花達も、ここ三・四日でしおしおに枯れているのを見て、嗚呼もう夏は完全に終わ
ったんだなあと。最中は毎日のように(暑さで思考が回らない・しんどい云々と)恨み節を
呟いていたものですが、いざ去ってしまうと一抹の寂寥感があります。そんな感慨を抱ける
だけ、何のかんので余力が出来つつあるのか、或いは忘れっぽい馬鹿歳食った証左か……。

それはさておき、今月前半の長編系更新です。先日、ユー録の百九章をUPしました。前章と
合わせて前後編的な構成となっています。物語の展開上、如何せん詰め込み過ぎたようにも
思いますが……(相変わらずプロット段階の自分と、実際の執筆時の自分に開き・鮮度が出
てしまうというのも考え物ですね)分量としては27400字弱──かなりもっさりです。実際
別途掲載先=なろうさんにおいても、九パート分。書いていた本人も、執筆モードを三日間
に延ばしての原稿でしたし、相変わらず読者(ユーザー)フレンドリーとは対極にあるよう
な創り方をしやがる……φ(=_=;) それでもいざ更新すれば、ある程度どばっとアクセスが
貰えている分、自分はまだマシなんでしょうけども……。反応はなくて当たり前。あれば万々歳。

──しっかし、どうにも日中の消耗具合(負荷の基礎値)が上がっちまったなあ。勿論その
日の作業如何によって、大なり小なり差異はありますが。

本当これ、今後も充分な創作活動が出来るんかな? と不安が育ちつつあるのですよ。切欠
となったお仕事環境の変化は、一応昇級のそれなんですけどねえ……。ただ自身にとって、
なまじこの営みがワイフワークというか、中毒になって久しいため、全く出来ぬ・浮かばぬ
となってもストレス。出来てもそれはそれで作業量の多さでストレス(どっちやねん)もう
二ヶ月・三ヶ月と時間が経てば、今の生活リズムにも慣れて、またリソースも割けられるよ
うになるのかなあ? とは思っていますが……。流石に体力気力諸々のキャパが足りない感
がひしひし。元より創作を「趣味」以上に「義務」的に取り組んでしまう分、余計に生みの
苦しみって奴に苛まれるのでしょうけれど。

いっそスパッとリアルに没頭する?
手段が目的化して久しい現状を、一度筆を置く期間を設けるなりして是正する?

今までは、コンスタントに続けてきた習慣(惰性)を断ってしまった後が怖くって、とかく
維持する方へ維持する方へと傾いてきましたし……。

実を言うと、先のユー録原稿を書いている際は、割増しで「コレジャナイ感」「コレデイイ
ノカ感」に刺されまくっていまして。三日目夜を終えてようやく予定分を書き終わり、一晩
寝かせて推敲してUP準備して……という例の流れに入ってゆく中でようやく、気持ちも落ち
着いてきたという次第です(当稿、この雑記を書いている頃は、更新後に一息ついた後の時
系列となっている筈)……本当、成長しないな。

相も変わらずその時々の振れ幅を制御出来ない。分量的な意味でも、精神的な意味でも。
根っこは我が儘──自分の為にばかり書いている癖に、自身が愉しむことに全力に振るえる
他人を観ていると、大抵モヤモヤする。嫉妬の類を抱く。鬱々とし、詮無い思考が過ぎり、
たとえ(無闇に)弾数をこさえても、今度はまた自身のクオリティの方で自らにネガティブ
評を入れてゆく。そうやって初めに戻る──負の無限ループ。

何なんだろうなあ? 書くのがしんどい癖に、しんどいのを止められない。その癖、それが
済んだらやり終わったら、逆に清々しくもなる。経験則からも、とうにそれらはほんの一時
の達成感にしかなり得ないというのに。

……やはり己の振れ幅、移り気が許せない。度し難いφ(=_=#)

続きを読む
  1. 2019/10/10(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)キャパ・チャレンジーズ

(´-`)。oO(粗が増し増し?)

今年も残り四半期となったからといって、時の流れが加減をしてくれる訳でもなく、今月も
ばたばたっと忙しなく過ぎてゆくようです。日中ないし朝晩も気付けば随分と涼しくなり、
ついでに先日自分もまた一つ年齢を重ねましたorz どうもお久しぶりです、長月です。

現在も例の如く、一週間のスパン(小休止)を挟んでからの執筆モード──長編系の更新は
隔週の月二本というペースを続けていますが……流石に疲れましたね;少し前よりお仕事の
方が一段階レベルアップした影響で、日中の基本負荷が上がっているためです。かといって
音を上げて、今の頻度を更に落としたとしても、いずれその楽に「慣れる」だけでしょう。
そうしたらどうせ、削ったその隙間にお仕事なり他の作業の為のリソースを注げるじゃんと
注ぎ込み、またひーこら言い出すのは目に見えてますから、なるべく維持の方向で。寧ろ頑
張っている人は(何も創作人さんだけに限らず)世の中にごまんとおられるのですし、再構
築するなら前向きのそれでありたいものです。仕事とプライベート、どちらも両立出来るよ
うになってようやく、一人前の大人になれるのかなあとも思いますし……。
                    ただまあ、それで肝心のクオリティが磨かれるか如何かは分からず。

先日、サハラ~の四十七章をUPしました。24エピソード目前編です。
分量としては、約18200字──普段の目安からすると結構少なめとなりました。今回のお話の
導入的位置付けであったのに加え、プロット段階でやり取り系のシーンが殆どとなっていた
のも大きいと思われます。上述の平日に溜まった疲労が尾を引きがちなのも相まって、何だ
か物語が進んでいるんだかいないんだかφ(=_=;)

何時もの事っちゃあ何時もの事ですが、今回もすらすら文章が起こせなかった(労力の割に
は分量が積めぬばかりだった)なあという印象が強いですね。後延ばしして好転する保証も
ないけれど、そんな状況で、無理を押して執筆したクオリティで良かったのか? 手に取っ
てくれる人達には如実に伝わってしまうのではないか? かれこれ十年以上は書いてきてい
るにも拘らず、良き意味で上達した感じがあまりしない今日この頃。既に通った「出来た」
よりも、捌いたすぐ際の「粗」にばかり目が行ってしまうきらいがどうにも……。

(前提としてやりがいが在って)多忙の中に埋没してゆくのなら、それは大よそ、現実の中
で生きてゆくという姿に自分も至れつつあるんだろうとは思うのだけど。

如何せん技術や藝術を吟味するより、当座の“ノルマ”を優先してごり押すばかりの執筆が
続いているように思うのです。その安易を見抜かれているというか……実際ここ暫くふいっ
とレスポンスが減っているような……? 三題などの「試行錯誤」ですら、あんまりに使い
回したパターンを繰り返しているモンだから、正直飽きられているんではないかと。新しい
ものを書きたくない訳じゃないのに、日々のリソースが追い付かない。もしかしたら、もし
かしなくてもジリ貧。此処で改めてリソース配分や普段の回復速度を向上させないと、何年
時間があっても足りやしない……(´・ω・`)

地味に今回の更新で、サハラ~も累計100万字を突破しました。

だけどもそうやって分量ばかりを誇り、油断すればすぐ壁が立ちはだかる現実から目を逸ら
していたって、状況は好転せんのですよ。寧ろ再構築するんなら前向きに──もっと努力と
その方向を締め直し、正してやらないと、自分の物語は上手くならない筈で。

続きを読む
  1. 2019/09/25(水) 00:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)もりもりと、再三再四

前回はあんだけ大上段に「語って」いた癖に、肝心の自身はというとさんざ好き勝手に言葉
を、妄想を吐き出して娯楽に替える営みをやっている٩( 'ω' )و 我が儘と言わずに何と言う。

まだ一週間と経っていませんがこんにちは。例の如く、長編系更新後の雑記です。日は少し
空きましたが、先日ユー録の百八章をUPしました。分量は19900字半ば──ギリギリ2万字台
に届かなかったといった所。全体の章数的に、次回で現行第Ⅷ部も折り返しを過ぎる計算と
なります(本当に過ぎ去るのが早いなあ。プロット作成月間が近付いて来る……)

自身の近況としては、新しくなった仕事環境にも少しずつ慣れてきました。まぁ今後も都度
の分担やら何やら、改善の為の変化が継続して続くと思われるので、日中の消耗度は底上げ
されたまま推移するのでしょうが。一時は変わり映えのしない繰り返しが正直だるいなどと
感じていたクチの癖して、いざごそっと違ってくると、今度は対応してゆく為のリソースで
もってしんどい・疲れる──欲張りなモンです。人間皆、慣れの生き物だと言ってしまえば
身も蓋もありませんが┐(・ω・)┌
ただ、その“慣れ”一つにおいても、いわゆる普通ととことん相性が悪い(困難を覚える)
人達というのは確かに存在している訳で……何とも悩ましい。仕事柄? 偽善? どうにも
日頃の思考材料についても、流石にリアルでのそれをぶち込み過ぎてるきらいがあるなあ。

……うーむ、話のネタが浮かばない。

いやまぁ、普段からそうですが、基本「更新しましたよ~」とか生存報告だけで十分なんで
すけどもねえ。なまじ文章を書こうとするともさもさ無駄に長く書きがちだわ、表現も堅い
し行間もみっちりだしで、相も変わらず不親切。それでも結局こうして“自分の”ノウハウ
を優先、貫き続けている時点で、嗚呼やっぱり自分はエンタメ(他益)精神ってものが無い
んだなあと。お仕事中求められている反面、プライベートがONになると逆張りでもするのか。
冒頭にも自分でごちて自分で突っ込んでいるように、別に無理して「語る」必然性は無いの
ですが、悲しいかな最早これ=書かないと段々と焦る・怖いってのは己のデフォルトです。
言うなれば“業”なんだと思います。

(時事問題=往々にしてイデオロギー云々、即ち面倒臭い話を成る丈梃子にしない縛り?を
やってきた所為か)論理構成力が回を経るにつれてガバガバになっている気がしてならない
今日この頃。残暑と秋口の狭間φ_(:3 」∠)_

続きを読む
  1. 2019/09/12(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (192)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (110)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (48)
【企画処】 (469)
週刊三題 (459)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (400)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month