日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)ニュートラルからドライブに

\祝・累計アクセス8000人突破!/

……まぁ開設当初から、単純にページを開かれた回数ではなく端末数でカウントする設定に
してあるため、厳密な数値はもう少し多い可能性はあるのですが。というよりも、七年八年
近く続けているにしては、そう大入りではないような……?(。д゜)
(取り扱っているジャンル自体の流行廃り、何よりいわゆる宣伝活動というものをさしてや
っている訳ではないので、当然っちゃ当然ではありますが)
あとなまじ記事の数も多くなり、最初のまだ使い勝手を把握し切れていなかった頃の失敗=
カテゴリの整理整頓やら、その過程で安易に消してしまったが故の記事番号の欠損などが先
日からふいっと気になり始め、一度ガッツリ作り直したい──HPの引っ越しを含めた頁の
リニューアル・リセット欲が頭をもたげてきてますが、多分一時の衝動なんだろうなあと。
今はじっとそんな波が引くのを(忘れるのを)待っている状態です。ごちゃごちゃしてくる
と卓袱台を返したい欲求に駆られるのも、別段今に始まった事ではないのですが、如何せん
これだけ塵(データ)も積もれば山と化している訳で……。ぶっちゃけ移し直す為の作業を
するってのも面倒臭い。かと言ってさてはて、今の当庵は(こと小説などが)スッキリ読み
易くなっているのかと訊かれると……。

(端っから、読み易い文章を書いてないじゃないか^q^)結局、保留かなあ。

それはさておき、ユー録のプロット作成は先月末にギリギリ全体の2/3までが組み終わり、
現在百十二章まで終了しました。残り1/3──終盤ですね。もう一ヶ月ほどの辛抱。年明け
くらいには執筆を再開できるよう、引き続きスケジューリングしながら組み立てていこうと
思っています。既になろうさんの方では、長らく更新されていません的な表示が出てしまっ
ているとは思いますが、もう暫くお待ちくださいm(_ _)m

それにしても……毎日どっと疲れるなあ。
昼間、作業場でのお仕事から帰って来るのは夕方頃なのですが、それでも一回軽くでも横に
ならないと身体が満足に動かない(或いは習慣化している)なまじ最初の頃に比べて密度が
濃くなり、その癖働いている間は妙にハイのスイッチ辺りでも入っているのか、それほど疲
労が感覚の前面には出ずに、帰って来てほっと一息ついた頃にどばっと出てくる。遅効性と
いうか何というか。でも一般的な勤め人さんに比べて、自分のシフト(勤務時間)は少ない
ですし、多分こういう毎日みっちり働いては帰って来て……というのがいわゆる「普通」な
んだろうなあとも。だから、それでも数年前の日がな臥せって閉じ籠っていた頃の自分に比
べれば大きく進歩している筈だし、胸を張っていいんだと言い聞かせはするのですけど。

……反動というか、何分一番若い盛りにドロップアウトしていた分の“勿体無い”──人生
の埋め合わせというものを、今ずももっと自分の心はやりたがっているのかなあ? その割
にはちょいちょいガス欠を起こしてはぐったりとし、凹んではまた回復を待たされてという
サイクルを、まるで学習していないかのように繰り返している感が否めないのですが……。

嬉しい悲鳴? それともやはり、薄氷の上の小躍り?(師走だけに)

長いこと臥せってきて“セーブ”する生き方を続けてきた(基本として馴染んできた)身と
しては、どうもこう一緒くたに意欲云々(エネルギー?)が溢れてくると、逆に戸惑いの方
が大きいんですよねえ……φ(=_=;) そもそも物理的なキャパからして全部捌けないし……。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/12/06(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)疾く疾くと、急き急いて

ダッシャアッ! ゴラァァァーッ!!ヽ(゚Д゚#)ノ

……忙しない。お仕事も創作スケジュールも、みっちみちで次から次へとやって来て、どう
にも物理的なキャパが精神的なゆとりを牽引するようになってしまいました。まぁ半分以上
は(こと創作方面においては)自業自得ではあるんですが。それでも連日ガッツリと消耗し
て帰って来て、いざ日中やろうと思っていた作業が捗らない──とにかく一回横になって軽
く寝てからでないと、風呂飯を挟んで夜時間にならないと、中々まともに手も付かない状態
というのは宜しくない。可処分時間が限られてきてしまえば、たとえ“夜更かし”をしてで
も粘ってキリの良い所まで進めようとし、結果として睡眠時間が足りずに翌日の疲労に上乗
されてゆく訳ですから。もう歳なんだから無理するな。そしたらば、またガッツリ消耗して
帰って来るというパターンも繰り返される・習慣化されてちまう訳で……(º﹃º)

ユー録のプロット作成は、当原稿現在で百十章まで終了しました。当初の予定だと、次編全
体では既に折り返しを過ぎています。目下次(百十一章目)を詰めている途中ですが、さて
今月中に組み終えられるだろうか……? 如何せん他の作業も併行しつつ、ただでさえ一章
をこさえるのに数日は掛かっているため鈍足ではありますが。例の如く最新の進捗の程は、
ツイッタ(小日記)の方を遡ってくださると。
……それでもまあ、こう一ヶ月二ヶ月とプロット作りに時間を割いていると、前編・前々編
の時よりも間違いなくみっちりと自分なりながらもノウハウが溜まっていくなあという実感
はあります(否応もなくとも言う)各章毎の書き込み量も、気が付けばほぼ覚書から概要の
それになっていますし、これで多少はいざ執筆モードに入っても、書くべきことに困り難く
なるかもしれませんね。いっそのこと、後につっかえているサハラ~次編のプロット作成が
終わった後も、ある程度この手の作業をコンスタントにやってみるのもいいかもしれない。
(今まで断片的なまま、宙ぶらりんになってしまいがちだったネタ達を形にする確率を上げ
るという意味で。ものを書く、という意識を常に持っておく為に。尤も今の自分=負荷を観
ている限り、地獄を見ることになるのは明らかですが……)

とにかく、キャパが足りない。そりゃあ物理的に一人じゃあ、どうしたって色々限界っての
は出てきて然るべきなんだろうけども。

ばたばたっと、日々が忙しなくみっちりあっという間に過ぎていって、十一月も残す所あと
僅かになりました。という事はほぼ年末まで一ヶ月ですよ。三題五本書いたら今年も終わり
ですよ。それまでにⅧ部のプロット仕上がってないと厳しいんですよ(知らんがな)

……やるべき事はいっぱいある。目の前、日々捌いてゆくべきタスクの一つ一つは言わずも
がな、自身の将来的な立ち回り方とか、今度独りで生計を立ててゆく為のスキル・ノウハウ
諸々とか。
決して時間的に猶予がある訳でもない。寧ろ一番若い盛りを臥せっていた分、本来はもっと
もっと頑張らないと、周回遅れの人生は取り戻すことさえ出来ないんだろうなと、かねてか
らぼんやりと思いはしている。だけども幸い今の作業場のお陰で、そこでのお仕事に忙殺さ
れていることで、ここ暫くはそんな個人的な課題達を何処か頭の遠くに置いたままにしてき
たような気がするのです。臥せっていてろくすっぽ「できなかった」反動を、今更だばっと
ハイになりながら謳歌してしまっていたような……。せめてそれらが(趣味たる)創作活動
ではなく、きちんと生計に直結する営みで発揮されればいいんですけどねえ……(º﹃º)

続きを読む
  1. 2018/11/27(火) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)傾け過ぎも如何なものか

φ_(x3 」∠)_ ⇒<(・ω・)/ ⇒('、3_ヽ)_

十一月も折り返しを過ぎようとして、二・三日ほどこちらは木枯らしが吹きつけては過ぎる
天候が続きました。一時は寒暖差で濃く色付いていた作業場敷地内の紅葉も、ごっそり振る
い落とされて物寂しい感じに。重ね着するのも気付けば当たり前になって、やはり穏やかな
秋、時分というのはあっという間に過ぎてしまうものだなあと思いました。静かで柔らかな
ものとは、天・地・人何処であろうが、中々どうして(広く)存在すること自体が難しいの
かもしれませんね……。

まぁ、そんなおセンチな御託を嘯いている余裕ってものは、実際には無くって。
前回の雑記でもざっくり言及していた内容ではありますが、日々のエネルギーの消耗がデカ
くって敵わない。それだけ日中のお仕事に力を入れている(入れざるを得ない)ってことな
のでしょうが、折角の休日なり余暇時間が先ず「休む」に振り分けないとままらなぬという
のはもどかしい限りなのですよ……。執筆、創作中毒者が故の感覚なのでしょうが。とかく
書けない、文章が物語が起こせないということは(普段から色々“縛り”を設け過ぎている
所為もあるのでしょうけど)自分にとっては結構なストレスでありまして……。

日が空いてしまいましたが、先日サハラ~の四十章をUPしました。20エピソード目後編です。
現行シーズン3も、残す所あと丸1エピソード(前後二章)分となりました。ユー録の方が
先月からプロット作成休載をしている中、じわじわとこっちも構想のストックが減ってゆく
のは精神的に宜しくないかもですね。まぁ「何とかなる」と気楽・気長に捉えないと結局は
余計に自分を苦しめるだけと、経験上分かってはいるのですけども。

そして今回も難産、難産も難産。

……正直、久しぶりに心が大きく折れる音が聞こえてました。筆がノってくるのが遅いのは
最早いつものこととはいえ、執筆モードの初動でここまで文章が浮かんでこない、書けない
に圧殺されかかったのは最近でもあまりなかったような気がします。それでもまあ、今回も
例に漏れずにエンジンの点火が遅かったのか、日が落ちてからようやく書けるようになって
ゆき、最終的には何とか土日の休日間に終了──積めた分量でみれば、21300字強とまずまず
の出来。結果オーライと言ってしまえばそれまでなんだけども、やっぱりこういう振れ幅が
あるってこと自体が、ごっそり精神力を削ってゆくんですわ……○| ̄|_ それでも書くこと
を止めない(止められない)のだから、元より狂ってるのは頭の方なんでしょうが。

……こうして振り返ってみると、明らかに仕事での消耗が響いてますね。今週、何のかんの
で書き切った、今回のサハラ~の原稿をUPした後も、ぐったりしてて中々次の文章が浮かば
なかった──雑記やら三題のネタ出しに手が出せなかったですし。当稿現在、何度か眠って
ようやく体力気力が戻ってきたのを見計らい、書いている状態です。……いつも通りっちゃ
いつも通りですけども。相も変わらず書きながら考えるってパターンを繰り返す。改まって
テキストを開いてキーボードを叩く余力が確保できないと、今現在「思っていること」さえ
形に出来ないとは、何とも歯痒いφ(=_=;)

今回の教訓:いいから休め。気分転換をしろ(積みゲーをやっている内に気持ちが晴れた)

続きを読む
  1. 2018/11/16(金) 22:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)押し拡げてゆく為の試行

(º﹃º)<寒暖差……

今年も残す所あと二ヶ月を切ったという(まだ少し猶予がある)事実よりも、今現在進行形
で繰り返される日々を如何に凌いでゆくか? という目の前の現実の方に、ごっそりとエネ
ルギーを持って行かれている感のある今日この頃。皆さんは如何お過ごしでしょうか?

どうも暫くぶりです、長月です。こちらは相変わらず作業場と自宅の往復で、尚且つ前者、
日中のそれの密度が増す一方なもので、どうにも先ずもってごっそりエネルギーを消耗して
からの帰宅というパターンがすっかり定着しています(大事なことなので二回言いました)
それだけうちの仕事が各所に認知されてきた──実際に複数のリピーターさんのお陰で営業
の手間が省けていますし、良い傾向ではあるのでしょうが……いち工程を任されている身と
しては、それ以上に平時の負荷も増し増しになっている分、キツくないと言えば嘘になりま
すからねえ……。嬉しい悲鳴、と言えばそう言えなくもないし、何年も病に臥せっていた頃
を思えば大分個人的にも進歩とは思うのですが、流石にもう一人か二人コンスタントに分業
してくれる同僚(ひと)が欲しいです^q^

……まぁ、そんなプライベートのあれこれはこの辺りにして。
では例の如く、生存報告を兼ねての近況報告をば。ユー録のプロット作成は前回雑記時から
二章分進んで百七章まで組み上げ終了。今回か次章かぐらいで全体の折り返しとなる計算で
しょうか。なまじモチベの浮き沈みだったり、並行してのノルマ的書き物にうんうんと唸っ
て苦しんではいるものの、何とかプロットの方は進んでいます。
これがアナログの、只管紙にガシガシとみっちり書き溜める方式ではなく、きちんと綺麗に
テキストに起こして他人の眼に耐えうるものにする(作成時のノウハウとして習慣づける)
ことができれば理想なのですが、多分それを目的にし始めると、今以上にエネルギーを集中
させないと方式として維持出来ない気がするんですよねえ……。ソース(経験)はtktk
でのデータ作り。作業自体は前段階も前段階なのに、綺麗に纏めようと注意して書いている
分だけ、どうにも手が遅くなってしまう。結局可処分時間を費やしごり押しましたが、はた
してその労苦に比して肝心のガワが出来上がったか? と訊かれると正直疑問なので……。
                           新しい習作もツクりたいのだがなあ。

良く言えば職人気質、泥臭さ。
でも言い換えればそれらはただの「拘り」で、必ずしも成果に結びつくとは(論理的には)
言えないような我流、結局は独り善がりに過ぎない……?φ(=_=;)

勿論、持って生まれた性分が故にどうしようもない面もあるのでしょうが、少なくとも自分
は「損な性格だなあ」とかねがね思ってしまいます。流石に今更超能率な創作人に変貌でき
るとも思えませんが、せめて聞く耳くらいは持ち合わせて、収集・分析・改善をスムーズに
出来るようになれれば今よりマシにはなるんじゃないかと。……きっと何より、そうした方
向へのエネルギーの注ぎ方こそを、一般に「努力」と呼ぶのでしょうし。

続きを読む
  1. 2018/11/07(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)空っぽな日々の上を

最早冒頭のテンプレと化した「時の流れ早過ぎ」からの~、気付けばまた一ヶ月が経とうと
しています云々。

ユー録のプロット作成も清書段階に入り、毎章ごとに四苦八苦しながら紙にガシガシ書き留
め始めてほぼ一ヶ月。やはり日数はあっという間に過ぎてゆくもので、今月も残す所僅かと
なりました。

進捗は──当稿現在で百五章まで終了。尤も実際に組み上がったのは一昨日の深夜で、すぐ
には呟きを残すことはおろか、こうして報告記事兼雑記さえ疲れで手が動きませんでした。
すみません。ともあれこれで次編(第Ⅷ部)用も六章分。最終的に編の〆まで組み上げ切っ
てからでないと確かなことは言えませんが、これで予定では全体の1/3までが終わった計算に
なります。例の如く三ヶ月を目途──つまり一月で五~六章分という目標は、まぁ何とか初
回は達成された格好ですね。

……この調子で、残り2/3も捌けるといいんだがなあ。
いや、そもそも「この」ってのが、結局難儀しつつのゴリ押し感がそこはかとないですし、
準拠とするのは如何なものなのか。

……どうにもこう”苦しみ”つつ書く(創る)ってのが、自分にとっては最早デフォルトに
なって久しくなってしまいました。なってしまったのだから、それって要するに「十全」な
パフォーマンスは発揮できたんではなく、事実上のまぐれ──博打頼みの創作が続いてるっ
てことじゃあないですか。加えてそうやって何か一本こさえられても、他人に読まれるのか
受けるのか、或いは他ならぬ自分の“納得”があるか? という問いには、必ずしも比例し
ないんですよねえ……。さんざ歳のせいだの、日中のお仕事でエネルギーを使い過ぎている
だのと「言い訳」を書き散らしてはいるけども、結局は逃げじゃねーの。もう理想の十全な
んて無いんだと直視した上で、そこからどう実際に最大のパフォーマンスを出せる・出し続
けられるか(ものを創る・創り続けられるか)を、自身の活動の中に組み込んでゆくっての
が筋だろうに……。

あ~、いかん。結局自責のふりして、やってる事は言い訳(愚痴)だもの。そんな暇がある
んならもっともっとキリキリ書くんだ。足りない脳味噌を振り絞って、ネタを考えるんだ。

自身の単純なリソース、インプット量不足も十中八九その一因なのだろうけど、それ以上に
創作を楽しむっていう在り方がどうも自分には出来ない。出来なくなった。求道的と言って
しまえばそれっぽく聞こえるが、巷(TL等)の他の創作人さん達──うちの子・よその子
云々のキャッキャウフフを見ていると、どうして自分はああ為れなかったんだろう? と己
の性分を恨むことがままあります。嫉妬……と呼ぶには少し違う気もしますが、まぁ傍から
すれば似たようなものか。要するに自分の創作活動ないし考えたそれ自体が、そもそも何処
か根本的に間違っているのではないか? という懸念なのです。少なくとも創造することで
癒されるという、当初の手段と目的が入れ替わってしまって久しい(=創ることが目的化し
ている)以上、何かしら歪んでいる部分は在る筈で。

……或いはいっそ、創作とは元来「そういうもの」なのかなあ?

孤独と孤高と無名を耐え忍び、他の全てを捧げてでも創りたいとする衝動、覚悟。ないしそ
うした営みさえも「楽しい」と感じられてしまう感性──ある種の狂気。

尤も現在進行形でガス欠している身としては、そこまで耽溺すらできない状態なのがもどか
しい限りです(何につけ、中途半端な出来となってしまう口惜しさ。無力感)

続きを読む
  1. 2018/10/27(土) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (173)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (99)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (40)
【企画処】 (412)
週刊三題 (402)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (367)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month