日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)感情(こころ)を殺す生き方

盆休みェ……。

暫くぶりです、と言おうとしたけど、日数ではまだ十日と経っていないのか。それだけ毎日
が濃密というか忙しいというか。でもこれを四・五回繰り返したら一ヶ月があっという間に
終わってゆく、次の月に替わるというのもまた事実であって……。

今週はほぼ半分くらいがお盆の時期でしたね。かく言う自分も作業場が盆休みで、いつもと
は違う変則的なシフトで動いていました。なのですっかり社畜というか、保守的な性分なの
だなというか、そういった“いつもの”──日々のルーティンが違ってしまうと調子が狂う
の何の……。週前半にお休みは貰って家にいたものの、結局創作作業的には決して捗ったと
は言えない有り様でしたね。ほぼ暑さに任せてだるだるしていた感じです(´・ω・`)
まぁここの所動きっ放し──痩せたくって意図的に身体を苛めてみていることも相まって、
一旦がっつり「休み」を取れたのは、長い目で見れば良かったのかもしれませんが。

おそらくは何度もポップしては列島を過ぎ去ってゆく台風の余波なのでしょうが、気付けば
先週ぐらいから随分と過ごし易くなってように思います。

何につけ、地面に纏う熱気が何処かへ行ったというのが大きいですよねえ。しばしば強く風
も吹いたりして、体感的にはぐっと楽になりました。あわよくばこのまま夏終了、秋になっ
てくれれば執筆環境も良くなるんではないかと思うのですが、例年からするとその中間の季
節=春・秋という期間自体がどんどん短くなってますし……そう思惑通りに行くものやら。
今年は災害級の暑さ、なんてわざわざ行政が声明を出していたのですから、もっと早い段階
で冷房でゴリ押していた方が捗ったのか。まぁ今更振り向いたって、先月・先々月に書いた
原稿は、二度と(同じ且つそれ以上に)戻って来ることはないにせよ。

一応例の如く、次の三題は書き終えてありますが、今回も存外ぽっかりと書かないままイン
ターバル期間を過ごしてしまったような気がします。
いやまぁ「休み」なんだからと言えばそうなんでしょうが、如何せん元療養人の反動もあっ
てか、何かしら創っていないと──作業していないと落ち着かない。無為のままに過ごすと
いうことが、どうにも自身の焦りをむくむくと刺激してならない。生憎、これを喜ばしい余
裕と笑える心持ち(それこそ余裕)にはかなり遠そうです。もしかしてワーカーホリックと
いうか、単純にポンッと可処分時間だけを与えられても、イコール捗る訳じゃないからまだ
日中お仕事をして、その間にその日の予定を組みつつ“溜め”を作った方がいいんじゃない
かという……。尤も段々、そのお仕事の方に一日分のリソースがより割かれつつあるような
気もしないではないのですけど(´・ω・`)

……少し前、一時はどうにもエネルギーが湧かなかったけど、また持ち直してきたか?

病気の有無に拘らず、こういうのはどうしても波があるものなんでしょうが、やっぱり振れ
幅があるということ自体に中々慣れ(受け入れられ)ませんね。それは十中八九、裏を返せ
ば、ものを書く自分への期待値が高過ぎるんでしょうけど──はは、高慢だなあ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/08/17(金) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)下ろした腰が溶けぬ内に

……何だか急に、過ごし易くなりましたね?

昨日、ユー録の九十八章をUPしました。現行第Ⅶ部も終わりが見えてきました。既になろう
さん側で記載してある通り、次回で一旦終了→次編のプロット作成のため暫くお休みという
形になります。
そして以前の二の轍を踏まぬよう、今回は冷房を惜しまずに執筆環境を万全にごり押したお
陰なのか、分量的にももっさり書けた──のですが、いざ更新が終わったと思ったら、その
翌日からふいっと風が強くなって随分過ごし易くなっている現在の田舎です。どうやら関東
に近付きつつある台風の余波が影響しているようですが……。ってことは、一通り過ぎ去っ
たらまた酷暑に戻ってしまう?(´A`) ぼちぼちお盆で、例年だと暑さも峠とはかつては云い
ましたが、昨今のそれは「残」暑じゃないですからねえ。がっつり「延長戦」です……。

……やれやれ。

今月前半の執筆モードも、何とか終えられました。先月末からの逆算しての三題連荘を含め
れば、実質一週間以上はほぼ書きっ放しだった格好ですか。幸いそれらが筆感覚のリハビリ
になりましたし、何より昼間から惜しまずに冷房を稼動させていたので、環境的な意味での
後押しも大きかったかなあ? どうにも毎回一喜一憂してしまう。
(実際そのお陰でこれだけ書けた、安定するのなら、茹だりながらだった先月・先々月分の
更新がクオリティ的に不安──今更ながら後悔することになってしまうが。まぁ普段から前
向きというか、自信満々という訳ではないけれど。形容するとすれば「慢心」だろう

暦が替わって八月になりました。こちらは相変わらずクソ暑い中、作業場と自宅を往復する
毎日です。勿論お仕事の為、なのですが、半分は冷房の中に気兼ねなく居られる目的という
のもあったり。今も気持ちの上ではお仕事・創作活動半々の心算でいるのですが、如何せん
身体の方はどんどん前者(時間配分的にリソースを先に注ぐゆえ)に傾いている気がしてな
らない今日この頃。家に帰って来た頃には、もう大分ぐったりしております。
肉体的疲労の回復=要するに横になるルーティンはすっかり組み込んだものの、やはり精神
力というか、モチベが足りない。もっと言えば“前向き”なモチベが十二分ではない。大抵
の場合、自分を動かしているのは寧ろ“後ろ向き”な──「創りたい」よりも「創らねば」
なノルマ意識でもってというパターンが多い気がします。昔からの悪癖、自身への律し方と
でもいいましょうかね。あまり健全な形ではないとは、自覚こそしているのですが……。

例の如く、来週末まではインターバル。月後半の長編系(サハラ~)に備え、またコンディ
ションを整え直す時間の始まりです。

とは言っても、今やその大方は日中お仕事をして過ごす、という内容なのですが。何より各
週毎の三題は継続して書くようにしていますので、実際の丸っとな「休み」はあまりない。
ないというより、丸っと休んでしまうと勿体無いって気持ちばかりが急いてねえ……。どの
みち本当にクタクタになったら頭も身体も動かなくなるにしても、能率が悪い(´・ω・`)

……もっと色々と書ければいいんだけどなあ。

そう(この雑記で)嘯いておいてかれこれ二年?三年? 企画はあっちへこっちへ起こし散
らかしていれど、いざ毎月のスケジュールに如何組み直したらいいものか。なまじ過去作の
それが組み込まれてゆく中で、自分の中で“鮮度”が落ちていったことを考えても、闇雲に
タスクを増やした所で自縛が関の山ですし。

少なくとも「思考実験」の類や、断片的な場面書きとかは、UPする(更新用にする)必要性
は無いのかもしれないなあ。本当に練習の練習で、もっと気楽に書く用にすれば……?

続きを読む
  1. 2018/08/08(水) 22:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)One Answer, One World

(雑記としては)またしても久しぶりになった気がします。
でも日数の上ではギリギリ二週間を越えなかった程度で、そう考えるとそこまで時間が経っ
てはいないのかなあと思ったり。だけどこうして振り返った瞬間にはもうそんなにと、一転
して早いようにも感じる。……それだけ、日々の生活に目新しい刺激を感じられなくなって
久しいという証なのでしょうねえ。如何足掻いても歳は取る──“子供”の頃のままの感性
を維持するのは難しいとはいえ、引き出しを補充することを怠れば、即ち創作人としての死
が待っている。どん詰まりに行き当たるという訳なのか……(´・ω・`)

さて、予定通りこの原稿を書き切れていれば、これがUPされている時には暦も八月になって
いる筈です。一旦は列島を横断(縦断ではない)した台風がごそっと熱を持ち去ってくれた
かなと思いましたが、そうは問屋お天道様が卸さない。一過後の二日・三日となれば早くも
気温はむくむくと上り調子を回復し、茹だる暑さに。
……それでも、先日の40℃を超えた時のことを思えば、まだ現状マシな部類なのかなあ?
まだお盆前後及び残暑シーズンが控えているので、楽観視はできませんが。
(そもそも先の酷暑が“異常”なのであって、それを比較対象にするってのが本来おかしい
んですけどもねえ。本当、人間慣れってのは恐ろしいとよく云ったもので……)

かねてよりのスケジュール通りに身体が動けば、この週末に次の執筆モード(ユー録次章)
を迎える予定です。例の如くこの時期は暑さでどうにも思考が纏まらないのですが、まぁ何
とか時間やらをやり繰りして書き切りたいなと思います。大体もって、じゃあ程よい気候で
あれば“良文”が書けるのか? って話でね……? いわゆる精神論は正直好きませんが、
うだうだ言ってる暇があったら手を動かすよう自分に鞭を打たなきゃ。少なくとも毎回、書
いている内に段々ノってくるパターンだし。ただでさえ自分は、所詮努力の方向音痴っての
をばかり続けてきた訳ですし……。

……。

例の如く愚痴ばかりです。お目汚しお許しください。ツイッタ(小日記)での進捗覚え書き
でも少し呟いているのですが、目下自分の創作云々に対して迷走中です。いつもの事では?
どうも自分は当初から「思考実験」=自分の為の小説ばかりを書いてきて、いわゆる「娯楽
小説」=他人の為の小説というものを後回しにしてきた感が否めない。我ばかり突っ張り、
蔑ろにしてきたという認識がある。
それがここ暫く、改めて脳味噌の真ん中というか、意識の俎上にずずいと登ってきた。それ
では誰かの為の物語じゃないぞ? 他人受けしないぞ?と。読んで貰えないぞ?と。

努力の方向音痴──というより、何のかんのと理由をつけてそっちへの努力自体を疎んでき
たきらいさえあるのです。今居る、或いは往こうとするフォーマットにおけるニーズを分析
する=既存の作品を読み込むことを怠って、自分の我(思想)ばかりを突き通そうとする。
そんなのは自分本位というか、我が儘ではないか。寧ろ尚もプロに未練があるのなら、そう
いった我を殺してでも読者という「お客さん」のニーズに応えなければ……φ(=_=;)

理屈でいけばそれがお仕事、なんだけどなあ。普段作業場でやっていること──中の人的に
せっせかヒーコラいっていても、先方からの要望に(可能な限り)応えてゆくのが、長い目
で見ても肝の一つであろうに。なのに感情の部分では、未だにそういった心構えに、創作と
いう土俵ではどうしても頷けない。求められるやり方に従えない。まぁこうしたアプローチ
云々はウェブ小説系で特に強いのであって、いわゆる文壇サイドの小説書きさんは、逆に既
存のニーズに応えるというよりも新たに自分が生み出すんだ! っていう考えが強いように
見受けられますが。
(あくまで職業・商業としての小説に徹するか、文藝という求道の営みに重きを置くか、と
いう態度の違いではあるんでしょうけどねえ。どちらが良い悪いとは一概に言えない。ただ
前者の方が、理屈の上では“近道”であるには違いない訳です。中世みたいにパトロン的な
人々がいる訳でもなし、そもそも自分自身としても、がっつり純文に転向しようとしたって
これまでのラノベ的題材選びを捨てなきゃならないわ何だわで……)

創作はあくまで趣味だ。そう言い切れればいいんでしょうけど、なまじ病気をして周回遅れ
の人生だった分、何とかして挽回を──夢を見ているんでしょうねえ。ぶっちゃけ小説家や
その周辺の業界を舐めてるとしか言えませんが。自分だけが楽しむ分には別にこのままでも
よいとしても、如何せん職人気質なんですわなあ。求道しちゃうし、長く続けている内に欲
も出てきて、気が付けば捨てられなくなっちってるし……。

っと、いけない(長文すみません)

私事の濃い話は、なるたけ折り畳みの中でやらないと。

続きを読む
  1. 2018/08/02(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)だって回答(こたえ)が違うなら

日差しが……日差しが冷房を突き抜けるッ!!▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂

前回の更新から日が空いてしまいましたが、先日サハラ~の三十六章をUPしました。18エピ
ソード目後編。現行シーズン3もこれで計算上は折り返しを越した格好となりますか。

……いやね? 連日の暑さで連荘でものを書こうって気力が湧かなかった。そういう環境が
全然取れませんでした(正直すまんかった)昼間は冷房が入った作業場にいるし、何とか耐
え凌げてきたものの、自宅に帰って来てからはそうはいきませんもの……。一応風呂飯を済
ませたらすぐに部屋を同様の状態にして引き篭もるのですが、それだけ時間をクッションし
ている内にモチベやら何やらが零れ落ちていって。「いやまぁ、まだ日数的に余裕あるし」
と高を括って……。

既に再三報道等でも伝えられている所ですが、今年の夏は文字通りの酷暑となっています。
何でもただでさえ毎年クソ暑い空気を纏って居座る太平洋の高気圧に、更にユーラシア方面
のそれまで加わる──いわば“重ね布団状態”なんだとか。……そりゃあ暑っづいわ。過去
数年も大概だけど、今年のそれはまさに異質と呼ぶ他ないレベル。先月には大阪北部地震が
ありましたし、先々週は西日本豪雨。そんでもって梅雨明けからの、ここ連日の暑さ……。
異常だ。ばったばったと人が死んでゆく。ただでさえ前者二件の被災した方々がいるという
のに、今度は毎日のように熱中症で倒れたり、死んだり。私事ですが、先日同僚さんの親類
も搬送されたとかで、いよいよ自分の周りにも災禍は迫ってくるようになったんだなあと、
この前の豪雨でハラハラさせられた時のことを思い出しました。

それにつけても……こんな異常な気候にも拘らず、それらすら憎き(憎むべきとする)相手
を腐す為に引き合いに出す、この国の人間達のメンタリティよ。

以前の雑記だったか、自分のツイッタ(小日記)上だったか、流石にこれほどの困難くらい
は一致団結しようぜ(´・ω・`) ってなことを書いた記憶があるんですが、そんな個人的理想
論的呟きは虚しく、観測範囲内に流れ続けるのは、様々な“敵”を叩いては哂う、そうした
言動にてばかり「団結」する人々の姿。
……厭だなあ。まぁ半分は“諍い”の気配を感じ取り過ぎる、個人的な無駄アンテナのせい
ではあるんでしょうけども。良く言えば(古くから災害に見舞われ続けてきた地理的環境の
DNAもあって)何が起ころうとも“日常”に戻ってゆかんとする強さ。悪く言えば、そう
いった流れに向かうこと──自分だけは変わらぬセカイに暮らし続けたいと欲する、改革の
類に向かない国民性。尤もだからこそ、そういった管理者階級(おとなたち)に対する批判
もSNSを中心として噴出するのですが、個人的には度し難きかな、それらさえ往々にして
“相手を哂う”という形でばかり現れ、共有されるパターンが多い気がします……。

『何でこんなことばかり起こるんだろうなあ。何でこんな世界なんだろうなあ』

全部が全部そういう訳ではないとは思うのですが、自分の創作は往々にしてそういった思い
を下地にしがちなように感じますね。徒に主語を大きくしがちである。“思想を込める”と
いう表現に入るのでしょうか。ただこの手の表現は、物語は、読者の母数を大きく狭めてし
まうのではないか? 事実狭めているのだろうとの自覚も一方であります。自分の「表現」
はであっても「娯楽」と呼ぶには厳しいですから。仮に手に取られる機会は同じでも、そこ
から先に読み進めて貰える確率となれば、純粋なそれよりもどうしても劣ってしまう──。

(やっぱり文学に指向した方がいいのか。でも題材や価値観がそこまで鋭かったり、豊かだ
なんて微塵も思わないからなあ。寧ろ“難関さ”は格段に上がるだろうし……)

嗚呼、それにしたって思考が纏まらない。着地点がブレるブレる(いつもの事だが)

やはり夏は嫌いだ。自分のようなインドア思考バカにとって、それを奪われる=頷けるほど
発揮できない状態ってのは、実質死んでるようなものだからなあ(´A`)-3

続きを読む
  1. 2018/07/20(金) 21:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)価値ある人だと決めるのは

(誰だ?)

例の如く前回の雑記からおよそ一週間ほど、されど一週間ほど。
本当、先週の豪雨は凄かったですね。うちの田舎も、幾つかの川がギリギリの水位まで増水
していて、貴重品と共に避難した二階で終日ハラハラと過ごしていました。十中八九今まで
生きてきた中で最強と言って差し支えないレベルの猛烈な雨……。準備もあって昨日今日の
仕事ではなかったのでしょうが、加えてオウムの死刑執行もこの最中にあり、普段ただ徒に
過ぎてゆくばかりだった筈の一週間が思いの外濃い内容になったなあと、今頃になって噛み
締めています。災禍と区切りと。中々綺麗に片付いてはくれないものか(´・ω・`)

とはいえ、西日本に集中した今回の豪雨被害は、発生から一週間経った現在も進行中です。

梅雨前線がもっと違った位置取りに居座っていたならば、画面の向こうでくたくたに項垂れ
ていたのは自分達かもしれない。中々どうして「手遅れ」が眼前に襲い掛かってくるまで腰
が重いというか、気付けないものでありますが、今はとにかく一日でも早い復旧を祈るだけ
です。現地で働いている関係者の皆さんも、どうか無理だけはなさらず。
(だからこんな困難においても、政府ガー○○ガーと彼らをダシに使って自らの“敵”を腐
すことにばかり熱心な──団結も糞もない連中ってのが、自分は正直吐き気を催すほど邪悪
に映るのですよ。不謹慎厨をやるつもりも、だから国民として一丸になるべきだ!とも強制
はしませんが、せめてTPOを弁えて喧嘩しろってんだ。……まぁ個人的には、そもそも諍
っているさま自体嫌いですけども。ダシに嘯いてる点では自分も同じか

豪雨が去った後は、熱気を帯びた酷暑。

もうここ数年、毎年夏シーズンになると右肩上がりに暑いのですが、今年はこの直前の災い
の所為で、文字通り試練の日々と変貌しそうな。……本当、勘弁してくれよ。人間にどんな
恨みがあるのか(寧ろ心当たりがあり過ぎるけども)昨今のお天道様はそれこそ本気で自分
達を殺しに掛かっているような気がしますね? 晴れにしろ雨にしろ、極端なのはもう人の
世で間に合ってるっていうのに……。ただでさえ、いち物書きとしては、この時期は集中力
がゴリゴリと削られる環境なんだからさあ。

……そんな訳で、事前のスケジューリング通りでは、この週末に次の長編系──サハラ~の
次章の執筆モードを予定しています。ただこのように、連日昼間の厳しい暑さが不可避な状
況にあって、どれだけがっつり書ける時間が取れるのやら。敢えて夜を待つにしたって、ど
だい昼間の長さに比べると足りませんしねえ。まぁ何のかんので、一旦モードだと自分で決
めた以上、書かずにはいられないのでしょうが……φ(=_=;)

冷房を点けましょう。昼間に点けるのは勿体無い、だらしないと言われて通じたのは、もう
このお天道様が豹変する一昔二昔も前の話です。もう我慢とかいうレベルじゃねーよ……。

電気代の節約? 環境のため?
自分が熱中症やら何やらで死んだら意味ないでしょうが。

続きを読む
  1. 2018/07/13(金) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (168)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (98)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (36)
【企画処】 (393)
週刊三題 (383)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (356)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート