日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)たった一つの弱みだけで

体力が尽きそうで尽きない、綱渡り状態_(:3 」∠)_

十月も折り返しを過ぎ、更に終盤、季節はどんどん過ぎてゆきます。
どうやら去年と違ったのは、夏の退場のすんなりさだけで、結局今年も秋という合いの時期
は大よそすっ飛ばされそうですね? 晴れ間は一時戻ったものの、総じて長引く秋雨の日々。
少なくとも列島に近づいて来ている台風が一通り通り過ぎて消えない限り、この寒いくらい
の空模様は続きそうです……。

例の如く、こちらはお仕事(作業場)と自宅(創作活動)の往復。
とうに一週間そこいらで劇的に変わるでもない、だけども着実に日数だけは過ぎてゆき積
重なってゆく、そんな生活。

なろうさんの活報やツイッタ(小日記)には書き残しておきましたが、サハラ~のプロット
作成は三十六章まで終了。18エピソード目後編まで進みました。シーズン3全体ではこれで
折り返し(8/14章分)といった所でしょうか。後半も引き続きこさえてゆく心算です。
ただ三ヶ月とみていた休載期間も、年内の再開も、正直怪しいですね。一章分を練り、清書
して書き残すのにざっくり一週間。残り六章分──当稿現在で次(三十七章)の清書に掛か
っているとはいえ──を逆算しても、来月いっぱいギリギリかもう翌月に乗り越すか。他の
執筆モードも週毎・月一に控えている訳で、そう考えると結構カツカツに能率をもっていか
ないと厳しいかなあと見積もるためです。まぁ元より筆は遅いので、手に取ってくださって
いる方達も気長に待って(或いは忘れて)くれているとは思うのですが……φ(=_=;)

とにかく、可処分時間が足りない。もっと欲しい。

尤もお仕事が(物理的に)生活の中心にあるというのは一般的なんでしょうし、実際臥せっ
いた=毎日が日曜日な頃を思い返しても、さほど能率が高かったような記憶はありません。
幸いやろうと思えば創作思案を並行してもできますし、ある種の「溜め」の後に臨んだ方が
一日一日着実に成果は挙がってゆく(まぁ必ずしも毎回どっぷり集中できている訳でもあり
ませんが……)ただその一日一日の進捗の「粒」が小さいような気がして、これでは埒が明
かないと焦る気持ちが寄せては返したりして、欲しがってしまうという事なんでしょうね。

創りたいけど、体力が……。
創りたいけど、気力が……。

「やらない理由」をうだうだ喋ってんじゃねえよ。書けよ(意訳)と地味にキレられたのは、
つい最近の出来事(´・ω・`)

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)気を揉むほどに、ヤミは深く

まだ一週間と経っていませんが(・x・)

恒例というか、間が空いている暇・休養インターバルの間に報告としてをば。
先日、ユー録の八十八章をUPしました。第Ⅶ部もぼちぼち序盤を消化しつつあります。

実はと言うと(執筆モードに入る)前日に三題と雑記を一挙に片付けた──根を詰める形で
あったため、初日は疲労が存外に来て大分難儀したんですがね……。それでも何とか最終的
には二万字のボーダーほどには書き上げられました。ただそんな推移だったもので、分量は
積めても肝心のクオリティはどうだったかなあ? と中の人的には心配です。
(尤もなろうさんの方のアクセスは更新直後ぐんと伸びている。待ってくださっていたので
しょうか。相変わらず筆が遅くて申し訳ない……m(_ _;)m)

さて、少し前までは雨が続いて肌寒いなどと言っていましたが、ここ数日はガラリと変わっ
て今度はじわじわと汗ばむような日差し──夏の暑さが舞い戻ってきたかのようです。時折
蝉の音も復活していたりして……どうなってんだ本当、この国は。

──かねてより体力作りを続けていなければ即死だった(鍛え上がったとは言っていない)

こんなの、健康優良児な一般人でも調子狂うレベルじゃないんですかね? かく言う自分も
薄着をまた引っ張り戻して来たり、うっかり厚めの服でセルフサウナ状態に陥らせてしまっ
たりと忙しないです。いい加減にして下さいよ……ただでさえうちの作業場は、元々病気を
抱えた人が多いんですから……。

体力がプツリと限界値を割ってしまわないよう、こまめに横になりながら。仰向けになって
背筋をぐぐっと伸ばしーの、胃腸の消化を助けーの。

マクロの世界ではいよいよ選挙一色で喧しくなるものと思われますが、例の如く自分は傍観
者というか、義務的に票だけは投じて距離を取るんだろうなと。離合集散、どこの勢力にも
強みはあり、同時に弱みもある。だけど、少なくともその部分を叩き合う煽り合うばかりの
舌戦(キレイゴト)に終始するなら、やっぱり自分が力を注ぐのはマクロな日々の生活──
お仕事とその後に待っている創作活動に他なりません。誰の糧になろうか、誰に認められて
いようか分からないけど、どのみちそれ以外に自分の「核」は無いですからねえ。それこそ
“大きな主語”を物語(箱庭)というツールでオブラートに包まずに語ってゆけば、その先
は五月蝿さと胡散臭さと鬱陶しさの美しくないコンボの出来上がりです。

ともあれ、更新後の反動にビクビクしつつ、暫しの休養を。

その後は再びサハラ~のプロット作成に戻りますが──執筆モードで一旦切ったリズムがど
れだけ早く戻るかが目下の課題ですね。まぁ焦っても仕方ないのですがφ(・x・)

続きを読む
  1. 2017/10/11(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)未だにブレるものだから

(……間が空いてしまった)

まただよ\(^o^)/
というか、本当お仕事との往復だと一日早ぇよ。一週間早ぇよ……。

月初めの三題から新規の更新が途絶えておりますが、生きてます。先月に続いてちみちみと
サハラ~のプロット作成に勤しんでいました(あと他の創作思案とか、ゲームのデイリー)
当稿現在で三十四章まで終了──前回の雑記からちょうど二章分、1エピソード分が追加で
仕上がった状況です。これでシーズン3のお話の内半分くらい(3/7話)が終わった計算になる
のでしょうかね? というかこれ、暫く進捗報告だけの雑記になりゃしないか……?

(話題を変えよう)先日から続いている冷えは、この一週間でより本格的になってきたよう
に思われます。作業場にももう長袖・長ズボンにプラス上着を持って行かないと肌寒い日も
出てきましたし、この連休はほぼ秋雨の降る冷え冷えとした週末になるようです。如何せん
変わり易い季節です。寒暖の差で体調を崩さぬよう、くれぐれもお気を付け下さい。

……それにしても、前回は久しぶりに時事で義憤(いか)っちまったなあ。駄目だ駄目だ。
結局炎上云々あれから一週間も経たず下火となり、多くのファンは静観の構え(或いは水面
下で電凸している連中もいるのか)に移ったようですね。まぁ両サイドからの正式な発表が
追加でない以上、基本自分たち外野のあれこれは推測に過ぎませんし、何より荒れてゆく事
は関係者の皆さんの本意ではないでしょう。火消しメンも走り回っていたようですしね?

まぁ先の話はもういいです。どだい事件と言っても騒いでいたのはファンであって、殊更に
作品を知ってもいない人達にとってはドン引きさえする“雑音”でしたからねえ。実際そう
いった反応の知り合いもいましたし、改めて自分たちサブカル住民の関心事というのは局地
的なんだなって(あと同じサブカル畑と一口に言っても、それぞれ守備範囲が違いますし)
義憤(いかり)は格好悪い。斜に構え、世を他人を哂ってみせる事がクールだと信じている
ようなさまはもっと格好悪い(※個人の感想です)何にせよ、平穏が一番──尤もそれは少
なからず、世に起きている様々な時事を如何に「スルー」して狭い自分のセカイを作るかと
いう話にもなってきますから、これもこれで程度物ではあるんですけど……。

結局、今回の雑記も近況報告とぼやきが主成分になりそうですね?

ですがそれも、今やものの一週間そこいらでは雑記のネタになるような出来事が(身近に)
観測されなくなってきている。とはいえ無理に探す必要も、そもそも一週間~十日スパンの
目安さえ適切か怪しい今日この頃なのですが\_へ(=ω=へ)-3

続きを読む
  1. 2017/10/06(金) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)モノづくりとカネモウケ

φ_(:3 」∠)_

いや、何となくぼちぼち何か書かないと鈍るなあと思いまして。
一本分を減らしただけというのに、この妙な空っぽで気が急けるような感じは……?

昨日、サハラ~のプロット作成が三十二章まで終了しました。シーズン3の二話目、全体と
しては16エピソード目終了まで書き進められた所です。本作が二章前後編構成、1シーズン
で7エピソード分一単位を(個人的な)目安にしているので、大体もう一章くらいで予定の
1/3くらいになりましょうか。
先んじてツイッタ(小日記)やなろうさんの活報にも追記をしておきました。ペースとして
は早いのか遅いのか──まだまだ先は長そうですが、大雑把に年末から年明け辺りには再開
できたらいいなあと考えておりますm(_ _)m

夏が案外あっさりと退場してくれて、今年こそ秋が深まってくれると思いきや。

ここ数日、ぐっと冷える(暑くならない?)気候が続くようになりました。こちらでは霧に
むけるような雨がしとしとと降った日もあり、すわっまさか今年も秋を蹴飛ばして冬がやっ
て来るんじゃないか?と一抹の不安が。まぁ春秋の天気は変わり易いとは云うけれど、何故
こうも昨今この世界は「落ち着いて」推移することから離れよう離れようとするんだ……。

一見して平穏無事。だけどもその水面下では色々なものが動いている。というよりも、何も
波風が起きずに時間が流れるということ自体があり得ない──そんな現実。
実際、自分自身も毎日のようにあれこれとやるべきことが積み重なり、創りたいものが圧迫
される。その前者──お仕事は淡々とあまりエネルギーを消耗しないで済ませたい。だけど
後者・創作に関しては定期なコンテンツ以外も組み込みたい、もっと言うなら肥やしになる
「刺激」が欲しい。それも、厭気が差してモチベを損うようなリアルではなく……。

我が儘な欲求だと自分でも思うのですが、どうやらそうは問屋が卸さないようです。
前回の雑記でもつらつらと述べていた部分ですが、どうも耳に入るリアルの刺激は面倒臭い
というか、しばしば胸糞悪さすら伴います。この時期、このタイミングで嘆きを綴るのは、
サブカル界隈(インターネッツ)の住民の皆さんなら大よそ察しがつくことでしょう。

“そんなの、誰も幸せにならない──”

ただ自身の中のもやもやを(例の如く)言語化して吐き出したいだけです。近況報告だけで
充分だという方はブラウザバックないし他のコンテンツをどうぞ。それでも私のような者の
拙文に時間を割いてくださる殊勝な方であれば、続き部分をどうぞ。

続きを読む
  1. 2017/09/28(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)セカイを殺す病

一見穏やかなようで(内々は割と)忙しなく、かと言ってインプットをばと刺激になるもの
を探そうとマクロな方の世界を眺めてしまえば、往々にして精神衛生がマッハ(´・ω・`)

暫くぶりです。九月も終盤に突入し、今年も残りおよそ四半期。
一時は喧しく幅を利かせていた蝉の音も、今では移ろう季節に縋りつくようにして消えそう
で消えない。作業場近辺の植木の中はもう薄らと紅く染まり始めているものもあり、畦道や
土手をゆけば知らぬ間にヒガンバナが──というか、少し前にも生えてて、いつの間にか見
なくなった気がするのだけど……。二度目? 確かに「彼岸」に咲く花ではあるけど、この
違和感は何だろう? それだけここ数年“秋”が短かった(咲き直す暇がなかった?)証、
異常であったのだろうけど、如何せんその正常よりもこちらに慣れてしまった。じっと考え
ると空恐ろしいものですね……。

サハラ~のプロット作り、ちまちまと進めています。
およそ一章毎、区切りの良い時点でツイッタ(小日記)にも進捗は呟かせて貰っています。
ある程度書き溜まったら、なろうさんの活報の方にも何度か生存報告的な形で記事を追加し
ようかなぁとは思っております。
如何せん他のコンテンツ──ユー録や三題の執筆モードを始め、他の企画構想やらネトゲや
らtktkやらでこのプロット作りにリソース(具体的には可処分時間と熱量)を注げてい
ない状況ですが、まぁ気長にお待ちください。大よそ三ヶ月=年末か年明け辺りには再開で
きればいいなあというぐらいに考えております。なろうさんの方で「放置」表記が出てしま
うのは致し方ありませんが、長編を書きながらこさえるなんて器用な真似は中々できそうに
はありませんのでφ(=_=;)

あと私事ですが、先日誕生日を迎えました。17+n歳です(だがオッサンである)
ざっくりとした計算ですが、これでもう人生の1/3ほどは消費してしまったんだなあ。そも
そも人並みに生き長らえられるか分からないし、迷惑を掛けてまで長生きしようとも思いま
せんが。……ただ、身体が動く限り創作は続けたいなあと思います。いつか創ることさえで
きなくなる。それが自分にとり、ほぼ唯一最大の老いへの恐怖かもしれない。これだけこの
営みにどっぷり寄り掛かって久しい以上、それがプツリと途切れた時が冗談無しに生きる力
の切れ目になってしまうかもしれない。今の段階でもう、無茶──夜更かしや徹夜での作業
なんて出来なく(突入しても能率が上がんない)なっていますからねえ。そのエックスデー
が訪れる時までに、はたしてどれだけの物語を創れるのか……。

尤も、それより先に解決すべきは、自活力というか資力ですけども。

先の事を考え過ぎてもどうしようもない。刹那的な面を含むのは否めないけれど、精神衛生
を考えれば、何処かの段階で線引き──ぱーんと手放して「なるようになる」の心持でいた
方がまだ幸せなのかもしれません。そもそも“具体的でない”不安のために、今すべきこと
やしたいことを後回しにしても、人生中々真っ直ぐにリカバリーなんて利きませんし……。

続きを読む
  1. 2017/09/21(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (150)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (88)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (344)
週刊三題 (334)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (323)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート