日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)六つ巡りの時節に添えて

(´-`)。oO(今月は結局、週の中日に更新することがなかったな……)

前回時点では筆が進まずじたばたしておりましたが、自分でも言っていた通り、フッと抜け
た瞬間がありました。その勢いに乗じて、ユー録のプロット作成も可能な限りモリモリと進
めております(また何時失速するか分かりませんしね)
四月ももうじき終わり。中にはこの週末からGWなんていうリッチマンな方もいるかもしれ
ませんね。かくいう自分も、待ち遠しいです。先週先々週と連勤が続いたからなあ……。

──さて、本日を持ちまして、当庵は開設から丸六年を迎えます。

あっという間だなあ。その一方でまだ六年くらいだっけ? という感触も正直な所。何だか
もう十余年くらいずっと書いているような気がしますね。まぁ開設自体は六年前でも、それ
以前から(療養のリハビリがてら)書いていたので、あながち間違ってはいないのですけど。

この時期になると、普段は過去ログに埋もれている去年一・昨年のそれを辿り直して当時の
自分の書いたものを見返すというのがパターンになってきました。こと自分の雑記の中でも、
いつか読み直すだろう未来の自分に宛てて書いた体とでも言うべきなのか。
……冷静に考えてみると、黒歴史以外の何物でもないんですけどね。まぁ今に始まった事で
もなし、病んで臥っていた頃の方が酷い(鬱々と偏っている)のが分かるなら、それはそれ
で自分も歳月に合わせて成長変化してきた証なのだろう──そう肯定的に考えておくことに
します。ネガの為にネガへもっていくというのは、如何せん不毛だと学びました。

この一年で三題は合計300本を突破、ユー録は第Ⅵ部が終了し、現在は続く第Ⅶ部に向けた
プロット作りの真っ最中(章立て数的には折り返しくらい)です。
結局、目新しいものを創り出すには至らなかったかなあ……。ツクールは去年冬に二本目の
習作をUPしたけれど、まだまだ弾数もノウハウも溜まっていない。遅々として後回しがち。
どの形態の創作につけ、断片的な構想はあるのだけど、中々実際にプロット段階にまで手を
付けられてはいない(実は水面下で、参加させて貰っている創作コミュニティにてプロット
に関する企画が持ち上がっており、その機を狙って書こうとは目論んでいるのですが、はた
してその開催もいつになることやら……)

丸二年が経ちましたが、今も作業場に通っています。最近では新商品にも携わっています。

相変わらずの創作中毒です。良くも悪くも書くことに慣れ、寧ろしんどいのは体調やら筆の
ノリの振れ幅が大きいことそれ自体である昨今です。

次の一年は──これからの自分は、一体どうなってゆくのでしょうか?φ(=_=;)

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)音が隔てる此方と向こう

Before\(゚∀゚)/ ⇒ After_(⌒(_;=△=)_-3

やっとこさ更新したのに大分間が空いてしまいました。ぼちぼちこっちも書かないとなぁと
思っていた矢先に執筆モードの反動(疲れ)が来てがっくりと……。やはりと言うべきか、
タイムラグを伴って襲ってくるのは歳を取った証だなあと気持が凹んでいる現在。気付けば
四月も終わりが見えてきました。皆さんは有意義な日々、過ごせていますか?

遅れましたが、先日サハラ~の二十四章をUPしました。12エピソード目後編です。結果的に
原稿時は筆がノってたので、風邪という形でも一回休みを挟んだのは良かったのかな……?
ただまぁその後こうしてガス欠になってりゃあ世話ないですが。
何につけても、自由な時間がパッと来たぞとなっても事が手につかない(或いは遅々として
進まない)っていうのが個人的には一番辛いですね。抜けるにせよまた陥ってしまうにせよ
一時のものだとは経験的には判っていて、だからこそ徒に悲観的になっても余計にドツボに
嵌るだけなんじゃないのかとは思うのですが、性懲りもなく繰り返すこの一連の波にはどう
しても、自身のタフネスの低さを呪わずにはいられないようです。

ユー録のプロット作成も、躓いては進み、立ち止まっては進み。牛歩の如く。

かねてよりⅥ部の時よりもきっちりと詰めていこうとは考えていたものの、こうも心積もり
ほど進まないのも如何なものか。あまり間が空いてしまうと──ただでさえ普段の更新頻度
が決して多くはないというのに──作品自体が埋没してしまいかねないし、何よりサハラ~
の方が残りプロットを消化し切って追いついてしまう。そうなるとこさえなきゃならない量
が単純に倍になってしまうので、何とかそれまでには片付けたいのですが……φ(=_=;)

追記(4/25):同プロット作成、九十一章まで終了。
これで予定上、第Ⅶ部全体の半分までこさえ終わった計算になります。


どうにもここ暫く、また調子の乱高下(上下幅)が大きくなっている気がします。
まるで臥せっていた頃の一昔のような。一旦落ちると何も手に付かなくなってしまうレベル
にまで落ちてしまうケースが増えてきたような……。
ただ一点違うのは、昔は気持の沈みから入って身体が動かなくなっていったのに対し、今は
身体が疲れ切って(限界点を越えてプツッと切れて)しまって頭も回らなくなり、即ち思う
ように作業が進まないから鬱々としてくるというパターンであるという点でしょうか。兎に
も角にもタフネスが足りない。或いは数日で一気に書き抜けてしまおう──執筆モード的な
スタイルが余計に疲弊を呼んでしまっているのか。それにしたって極端過ぎる。

ただ完全に「治る」ことはないんだろうなあ。年齢的な面もあるが、騙し騙しやるしか。

やっぱり自分は、今も現在進行形で病気なんだろうか? 深刻なタフネス不足に加え、最近
更に“雑音”に敏感になってきた──何かにつけて集中力を維持できない言い訳にしてしま
っているような気もするし……。


続きを読む
  1. 2017/04/22(土) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)華咲くほどに影を見つめて

▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂

先週末から週明けにかけて、風邪をひいてしまっていました<(^o^)>
ツイッタ(小日記)上で当日言及はしましたが、ちょうど執筆モードに入ろうとしていた矢
先だったため、つい先日まで気持が折れた状態だったのが正直な所です。
暖かさと寒さを何度も往復するような時節柄というのもありますが、風邪をひく=身体が弱
っている、つまりそれだけ自覚以上に疲れが溜まっていたということなのでしょう。本当に
この身体は脆い。タフネスが(絶望的に)足りない。気持が云々というのも、そっち方面へ
の叶わなさから来ているのは間違いないと思われます。

……とはいえ、凹んでばかりもいられない。
そりゃあ風邪っぴきになって寝なきゃとなった直後は「嗚呼、まだだくそう」などと自身の
非力さに内心悪態をついていましたが、いつまでもネガティブを引き摺っている訳にもいき
ません。ポジティブ教徒ではないのですが、基本的にそうやって必要以上に鬱々としていて
も、回復とは反対の向きですからね。何よりも凹んだ気分のままでは創作する為のモチベも
上がらないし、コンディションも整わない。そしてそんな状況が続けばまた自罰的になって
ずるずると低調が続く──はっきり言って時間が勿体無い。自分も変わったなあ。

風邪は、貴重な土日休みを犠牲にアホみたいに寝まくって、ほぼ完治しました。処方された
薬も飲み切りましたし、流石にもう大丈夫でしょう。
繰り返しますが、気候的に体調を崩し易いみたいです。仕事場でもちらほら同じように鼻や
喉をやられている方がいますし……。どうか皆さんもお気をつけて。

ユー録のプロット作成は先日八十九章まで──Ⅶ部全体の1/3までが済んだ所です。
これって遅いのかな? 仮に一月このペースで捌けると計算しても、たっぷり合計三ヶ月は
掛かってしまうのですが(゚Д゚) より詰めて起こそうと気を配り、ノウハウを溜めようとして
いるとはいえ、成る丈早い内がいいですね。気長に生温かくお付き合いくだされば是幸いと
存じます。ツイッタ(小日記)やなろうさんの活報でも、大小区切りがついたその都度進捗
を追記していこうと思っていますので……m(_ _)m

ともあれ、一先ずは週末に改めてサハラ~の次章の執筆リベンジをば。

まぁその前に例の如く、来週分の三題を済ませておく必要がありますが。

続きを読む
  1. 2017/04/14(金) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)いつか不安と享楽(かれら)に

四月です。世間的には新年度を迎えました。

もう手垢の付き過ぎた導入ですが、本当に月日の流れとは早いものですね。去年一昨年を引
き合いに出して家人はまだ寒いだの春はまだ?だのとごちてきますが、個人的にはカッカ明
るく照っているよりも多少陰っているままの方が落ち着きます(病人思考)晴天に清々しさ
を感じない訳ではないのですが、どうせちょうどいい陽気なんて一時のものですしね……。
ただ自分は、毎日・毎月の創作スケジュールと共に生きるのみです。

ユー録の次編プロット作成、亀足ながら進めております。
もう三・四章分くらいこさえ終われば、なろうさんの活報にも書こうかな……? どのみち
次の〆までにはまだまだ時間が掛かりそうだけども。如何せん降ってくるのを待つ閃き頼り
な所があって、思うようにサクサク進んでくれない自分がもどかしいけれど、じゃあ急いた
からって早く仕上がる訳でもなし。これも生みの苦しみって奴なんだと自分に言い聞かせ、
その都度その都度、耐えてはやり過ごしていく他ないんだろうなあと(半分諦めに近い形で)
考えるようにしています。気長にお待ちくださいφ(=_=;)

……とは言っても、自分という人間の根っこはやはりネガティブらしい。

年度替わりという季節柄もあれば、今の作業場にすっかりどっぷり慣れて久しくなったが故
に見えてきたものもあるのでしょう。ふと気付けば、ぼやっと手だけを動かしている間にも
脳裏に過ぎるのは諸々の、リアルの側についての不安が多く。これじゃあ創作思案を併せて
進めてゆくというのも難しい、むべなるかな。職人的にしろ作家的にしろ、できることなら
とかく没頭し続けられる(ことが許される)環境というのが理想ではあるけれど……。だが
それらを阻害するリアルを凡俗だの、面倒だ邪魔だと突っ撥ねるようでは、以前の厨二思考
とさして変わらない。閉じ篭ることは、できない。或いは結局現在も絶賛進行中なのか。

大きな物語ばかりを語るのがみっともない云々という感慨は、その題材を観続けることが辛
いというだけでなく、その実「逃げ」──他ならぬ自分自身の小さなリアル、そこで抱える
課題を責任転嫁し、目を背ける一助にもなっているという点にも起因していると思うのです。
どれだけ社会だのセカイだの、大きなことを語っていようとも、その自分の足元すらまとも
に御せず投げ出しているような人間に、はたして説得力があるものなのか?
(まぁ大きな物語で名を成している御仁のプライベートを他人が一々知ろう・調べようとは
しないかもしれないし、仮に洗ってみてもこっちはてんでって事も少なくはないのですが。
こと藝術に身を捧げたような人間は、極振りされた能力が故に性格やら何やらに難があるっ
てパターンも少なくないですしね)
個人をつぶさに知って勝手に失望するのか、それともあくまで作品とは別物だと切り離して
割り切るのか。これも結局、こちらの心掛け・人格錬磨というよりは相手次第──どうしよ
うもないのかなあ? 突き所さえあれば自他共に何でも叩くんだ、というのも息苦しい。

少なくとも、大きな物語が絶対駄目で、小さな物語が絶対美しいという訳でもない。

要するに両者へ適宜・適度に力を入れるバランス感覚の問題なんだろうなとは思うのだけど、
未だに自分はそんな器用に、身軽に生きられる気がしないのです……(・x・)

続きを読む
  1. 2017/04/04(火) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)充足の後にやって来るもの

( >д<)、;'.・ヘックシ!! ( =д=)アア……。

気付けばにこっとした日が増えてきて、うちの田舎でもちらほらと梅や桜が咲き始めている
のも見て「ああ、春も近いかー」と思っていた矢先、花粉症がキました。
鼻がぐずぐずいうの何の。ここ数年、あまり激しく出ていなかったこともあり、正直虚を突
かれた感じです。まぁすぐに薬箱から対策グッズを引っ張り出してきて、今はもう大分落ち
着いてくれたのですが……。拝啓親父殿 せめて一言言ってから布団干してください

例の如く(体力気力が続かなくって)日が空いてしまいましたが、先日サハラ~の二十三章
をUPしました。12エピソード目前編です。シーズン2もいよいよ終盤。ただでさえ久しぶり
で難儀しているユー録に加え、こっちでもプロット作りの時期が迫って来るのか_| ̄|○
中の人は反動でぐでっとしておりますが、楽しんで貰えれば是幸いといった所ですかね。

……いや、そんな言葉は所詮上っ面か。
正直随分ともう、文章を起こす事にも難儀する場面が多くって、それをギリギリの所で踏ん
張って無理くり絞り出して書いている気がしてなりません。更新だけは絶やすまいと書き続
けてはいるけれど、はたして肝心のクオリティは如何なものか? 万人受けしない、自分の
拘りを優先して「読んで貰う」文章・物語ではないんじゃないかという自問やら不安は常に
あって。偶々なのだろうし、個々人の事情なり何なりがあったんだろうけど、実際に向こう
(なろうさん)でのブクマ数もととんと減少しましたし……。
営みの果ての無さと、リアルの生計には全く関与せずに心ばかり奪ってゆく実情。時に他人
との関わりさえ煩わしく思えて没頭しようとするのに、いざテキストに向かい合うとそれが
出来ずに時間ばかりが過ぎてしまうことが無性に腹立たしい。自分の無能と偏向ぶりに怒り
ばかり芽生える。少し前はこんな感情で一杯じゃなかったのに、どうしたんだろう? どん
どん空回りが進んでいる気がする。拙い、と思っても、それが余計にこの内心の傾向に拍車
を掛けているような……。

一方で、現在のお仕事も今月末で丸二年になります。長らく療養ニートな生活を送っていた
後ろめたさもあり、仮であっても職という看板が背中の荷を軽くしてくれた、その恩義こそ
あれど、こちらも最近では先述のような苛立ちを内包したまま臨んでいることが多くなって
しまいました。
没頭したい。その間にフッと創作思案が降って来てくれれば。
なのに気付けば最近はその両立(併行)が厳しくなったと感じ、加えてそんなままならなさ
を、しばしばにぎやぐ同僚達への煙たさに転嫁している自分がいる。八つ当たりだと自分に
言い聞かせてみても、ある種の苦手意識から逃れられずにいます。ごめんなさい。

……良くも悪くも、創作に色々と懸け過ぎているんだろうなあ。
その割には、目に見えた成果とか進歩がなく、何より自分の掘り進めてきた毛色・方向性に
行き詰まりを感じて、その分揺り戻った失望が大きく感じられてしまっている。

思考するもの・書き起こすものがおしなべて嘆きだったり、大きな物語だったりする。

それでは駄目なんだと。
美しくはないし、何より手に取る誰かの為になる気がしないφ_(:3 」∠)_

続きを読む
  1. 2017/03/25(土) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (141)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (24)
【企画処】 (315)
週刊三題 (305)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (303)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート