日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)感じる所と実際の所

反動が襲ってくる前にしたためておかなければ……φ(=_=;)

お久しぶりです。雑記カテとしては今月二回目、結構がっつりと間が空いてしまいました。
ついこの前まで暦が替わったなあと思っていたら、もう折り返し。何度同じことをぼやいた
かも分からなくなって久しいですが、とんと時の流れは早く過ぎ……。自宅や作業場近隣で
満開だった桜も、とうとう先週末くらいから散り始めました。まとまって雨が降り続き、散
るさまさえ落ち着いて目に出来なかった去年に比べれば、まだゆっくりとしたペースだった
のかなあとは思いますが。歳のせいなのか、春風の中の桜吹雪ってのは良いモンですね。

さて例の如く、近況報告をば。先日ユー録の百三章をUPしました。現行第Ⅷ部、四回目の更
新となりますか。今回も長丁場というか、無駄に長いというか、分量としては28000字強──
執筆モード初日の朝には出だしから鈍かったのに、結局かなり多めと相成った形。エンジン
が掛かるのに手間暇が要っているというのは、今に始まった事ではありませんが、どうやら
自分は朝型よりも夕~夜型っぽいですね。単純に家人などの雑音なく、部屋に籠れる時間帯
という理由も大きそうではありますが。

サハラ~のプロット作成は、現在五十三章──27エピソード前編まで終了。上記執筆モード
で一旦横に置いてある続きは、これから改めて。なろうさんの方でも粗筋欄に追記してあり
ます通り、残り三章分の予定です。今月いっぱいで何とか次編(シーズン4)の〆まで組み
終えられればいいんですが……。というかいい加減終わらせないと、他に手が回らない(´・ω・`)
他の現行連載(ユー録と三題)の他にも、色々書けるものなら書きたいですしね。小説だけ
に限らず、tktkやら何やらだって。今更ではありますが、とかくテキストだらけという
のもねえ? 妙に体力と意欲が付いて来てくれているこの時期を、逃がすのは惜しい……。

──リアルのお仕事も、当初に比べて大分軌道に乗ってきました。

ポジティブ教かと哂う人達もいるのだろうけど、少なくとも人(環境)に恵まれた部分が大
きいなあと思います。元より旧い方というか、職人気質的な所がある分、どだい「普通」の
サラリーマン的な働き方は無理があったのだろうと今は思うようにしています(折角のノウ
ハウを無駄にしたくないという打算も、否定はできなませんが)
ちょっとずつ、何だかんだで気付けば変わっているものなんだなあ……。しばしば亀足でも
そうあってくれた自分と、今も振れ幅に苦しんでいる同僚達や忙しなくしている大人達を眺
めていると、フウッと“調子に乗って申し訳ない”と感じてしまう──他人の機嫌に引っ張
られてしまう癖は未だに抜けないのだけれど。

実際にそうなのか、それとも個人的な考え過ぎなのかに拘るのはあまり「重要」なことでは
なくて。結局は今自分が何をコツコツ積み上げているか? に尽きる。勿論人によって性分
はあるにせよ、それでも自分という個人はそれをやってゆくしかない筈で。保守的──まる
で毎日の儀式のように、一日の中に取り入れた行動ルーティンを繰り返し繰り返し遂行して
ゆく。そこにフォーマルとプライベートといった垣根はあまり高くないように思いますね。
自身が「好き」を「求道」に傾け過ぎるきらいがあるにせよ、力の入れ具合に極端なON/
OFFを設ける意義をあまり感じていないからなのか。自分で自分を観ていて、おい、また
酷くガス欠になっても知らねーぞ? と冷や冷やもして……。

地道に、黙々。
この身よ──驕るなかれ。高ぶるなかれ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2019/04/17(水) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)やはり鈍りは避け得ねど

(如何せん内容がワンパになっちまうなあ……。別に今に始まった事ではないけれど)

暦が替わり、四月になりました。そしてかねてからの告知通り、先のいっぴに新元号の発表
がありました。令和──意見だの何だのは人によって色々ありましょうが、個人的には見慣
れぬ・聞き慣れぬという第一印象でした(そりゃそうだ。新しいんだもの)ただまぁこれも
今までのように、段々と自分の中で日常の一部となってゆくのでしょう。あの頃は物心つく
よりも前だったとはいえ、平成という言葉も当時は新しいフレーズだった訳です。個人差が
あるにせよ、改めて自分という人間は保守的──新しいものにホイホイ乗っかってゆく世の
ミーハーさよりも、今ある“いつもの”に依りがちなんだなあと知覚した一齣でした。

改元? 新年度? そんなことより創作だ!ヽ(゚Д゚)ノ

そうやって世間様がまた一つ新出のムーブに乗っかっては騒ぎ、誰かのスキャンダルに便乗
して留飲を下げたり嘯いている間も、自分はほぼ相変わらずプロット作りのターン。三題と
ユー録の更新も忘れずに。……ただ前者にリソースを割く状況が続いているためか、どうに
も執筆各毎のそれが「間に合わせ」になりがちな感が否めませんね。尤もこれもまた今に始
まった事ではないし、一応その(執筆モードの)都度、時々の全力を振るっている心算では
あるのですが……。

サハラ~のプロット作成は、当稿現在五十一章=26エピソード目前編まで終了。休載期間も
三ヶ月目に突入し、ようやく全体の半分を通過して1/3、終盤に差し掛かっています。次章も
目下、各シーンを起こしつつ話の流れを組んでいる最中。最初の、ほぼ全体像がゼロからの
時に比べてある程度前章以前からの「筋」が出来ているので、随分と楽にはなったかな? 
尤も作成作業時のそれと、作品としてのクオリティ云々は基本別の問題ではあるのですが。
例によって三題と、来週末には今月のユー録を執筆予定なので、多少間が空かざるを得ませ
んが、何とか今月中に次編(シーズン4)の〆まで組み終えたいですね……多分日数的には
ギリギリになるだろうと思われますφ(=_=;)

……しっかし、中々「新しい」ことが出来ない。

先日の元号発表で改めて保守的だなと思った自身の性質然り、つい日々の行動をルーティン
化してしまっている自分がいる。あれをしたらこれをして……自分の中で“いつもの”手順
を踏んでいれば間違えは少ないけれど、逆を言えばどんどん新しいタスクを入れ込んでゆく
ゆとりを無くしがちで。さながら“儀式”のようでもあるのですよ……。几帳面、性格故の
部分も大きいのだろうとは解っていても、これ「だけ」じゃあ駄目だよなあと。少なくとも
ずっと「このまま」はあり得ない。一気にAをBに変えることは難しくても、せめて段々と
変化をつけてゆかねばと。
それは何もお仕事や日常生活だけに限らず、創作活動全体に対しても言えること。
折を見ては新しい物語を、企画を起こす“習慣”をつけ、本工程へと乗り出す準備を──。

出来れば、いいんですけどねえ_| ̄|○

なまじ今ある作品(抱えているコンテンツ)が長くなってしまい、ちゃんと畳んでから次に
進もうとしても、そもそもにそれ自体が先になりそうで……。かと言って新しい企画を~と
今あるこれを放り投げたって、今以上に等しく捌き切れるとは思えない(更新頻度諸々も、
当初から随分と落とし来てようやっと体調との釣り合いがトントンって所)ですし、何より
その新しい物語、コンテンツが、過去の自分を越えて反応を貰えるとは限らない──経験則
的には寧ろ、どんどん尻すぼみになってゆく場合が多い訳で……。

いあ、創りたいんですけどね?

うーん……。やれ娯楽にしなきゃだの、思想をぶっ込んじゃ駄目だの、やはり自分で自分に
縛りを設け過ぎてるってのも大きいんだろうか?
もっと気楽に創ればいい──全部を「作品」として意識し、整えようとする分、結局硬直性
ばかりが発揮されてしまっているような気がします……。

続きを読む
  1. 2019/04/04(木) 22:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)諍い厭いとアップグレード

■ ■ ■ □ ■<まるっと一週空いたよ!

……やっばい。その日その日の作業(タスク)で手一杯になってたら、すっかり此方の更新
が疎かになってしまっていた。まぁ普段から、主に毎週の三題で頻度を繋いできた感は否め
ないし、そんなずっとずっと書くべき内容がある訳でもないけれど(´・ω・`) 理由というか
焦りの原因は、本当自分の個人的な拘り──更新が長らく無いと大きな広告が表示されてし
まう仕様が邪魔臭いっていう、ただそれだけなんですけどねえ(そして今更そのリミットが
一週間ではなく一ヶ月らしいと知った哀しみ)……何だかなあ。どうにも色々な事に対して
前のめりというか、焦り過ぎといいますか。作業自体は、モソモソほぼ日でやってるんです
けども、中々キリの良い所=近況報告できるタイミングまで行かなくって……。

そんな訳でお久しぶりです、長月です。気付けば鼻のグズグズ──花粉症が大人しくなった
なあと思いつつ、今年のシーズンも収まり始めたかと、妙に(歳のせいか)月日の流れに対
して感傷的になってしまったなあと振り返る今日この頃。こういう話も、今日びは他のアレ
ルゲンをお持ちの方を配慮していない! とか文句が来るのかなあ……? 当方、杉とハウスダスト也。

なまじ前回からほぼ二週間空いたこともあり、サハラ~のプロット作成は現在四十九章まで
終了。単純な章数だけの計算なら、ようやく全体の折り返しを越えたといった所です。もう
一章二章進めば、残り1/3になるのかな……? 相変わらず三ヶ月(四半期)での見積もりは
カツカツな状況ですね。まぁこの作業にせよ普段の書き物にせよ、究極「降って」来ないと
ろくに進まないものなので、急いてメモと睨めっこしてても埒が明かないんですが。精神的
にも存外宜しくないですからねえ(実体験)下手に背負い込まず、さりとて常に頭の片隅に
は置いておくというスタンスでもう一ヶ月ほど粘る予定です。その辺はツイッタ(小日記)
の方が、まだリアタイで覚書なり何なり呟いていると思いますので、ご参照のほどを。

……嗚呼。ぼちぼち三月も終わりかあ。本当に今年がもう四分の一終わっちゃうんですね。
世間的には新元号の発表やら、統一地方選の本格化、例の如く政治や芸能のスキャンダルだ
の何だので日々喧しくしているようですが、こっちはあまり劇的な変化がある感じでもない
作業場と自宅の往復で過ごす日々です。強いて言えば年度替わりと人の入れ替わり、自身の
体力気力(リソース配分)との向き合い方云々といった辺りになるのでしょうが、別段そう
いうのは固有の問題ではなく、大よそ社会人(と自称して良いものか……)全般が半生抱え
る命題ですからねえ。あまり大仰に言うのも図々しい……。今に始まった事ではありません
が、いざものを書こうとすると、どうにも主語が大きくなってしまうのが悪い癖で……。

(今回は何だか、ダウナーな文体。柔らかくなったと言われたこともあったけど、この文面
からして“読み易く”はないよなあ……。小説とはまた勝手が違うとはいえ)

とりま、やや不定期の生存報告。
あと筆感覚は『持ち直す』のではなく、常に『立て直す』ものなんだなあ、ともφ(・_・;)

続きを読む
  1. 2019/03/26(火) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)書きたいものと書くべきもの─シリアス病

文字通り自分を削りながら書く、創る。或いは働く。
その都度体力・気力の足りなさを嘆くけれど、何につけても生きるとはつまりそういうこと
なんだろうなあと思う……φ_(:3 」∠)_

少々間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百二章をUPしました。……ちょうど前章から
丸一ヶ月でしたね。今回はシーン数こそ多かったものの、分量自体は21500字程。まぁ先月分
のそれが大分膨らんだ=含ドンパチ系のシーンだったという面も大きいのですが。
年明けから、ちょうどサハラ~と入れ替わりで更新を再開した現行第Ⅷ部。まだまだ〆まで
は長く掛かる予定ですが、やはり月一作の頻度では(体感的に)すごく久しぶりという気が
しますね……。今に始まった事ではありませんが、毎回毎回鈍った筆感覚を取り戻しながら
の執筆モードが続いています。如何せんクオリティなり何なりが安定しませんが、今後とも
気長に生温かくお付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m
                    にしてもいい加減、振れ幅の少ないやりようはないものなのか……。

後はざっと近況をば。
サハラ~のプロット作成は、前回(ユー録執筆モードに入る前)から一章分進み、四十七章
まで組み終わり。24エピソード目前編です。計算上、この後編とその次のお話で、ようやっ
と全体の半分ほど──作成作業も折り返しを迎える具合となりますね。今月も残り半分にな
ろうとしていますし、なる早で進めばいいのですけど……。ただ当稿現在において、流石に
疲れが度々自己主張してきます(日中のお仕事も、心なしか能率が落ちているような……)
ただまぁ原因はおそらく、夜遅くまでプロットの清書をやっていたせいで、日中の疲労との
合算が身体のキャパを上回り始めているという点に尽きるんだと思われます。要するに過信
ですね。ゆっくりと風呂飯を取り、今日も今日とて回復のプロセスは一通り踏んでいる故、
ちゃんと寝さえ(睡眠時間を確保さえ)すれば大丈夫だとは思うのですが……。

うーん。やっぱりここ暫く、タスクを詰め込み過ぎなんかもしれん。

プライベート、創作活動のそれも勿論なのですが、日中のお仕事にもついつい(自分なりに
ではあるものの)全力投球?をしてしまう。結果ごっそりとトータルの消耗が多くなって、
翌日なり週後半~土日の執筆の心算に響いてくる。そのためか、気付けば一頃に比べて明ら
かに疲労から回復、活動から疲労のサイクルが短くなっているんですよ……。具体的に言う
と、月~半月単位だったものが、ややもすれば数日単位に変わっている。それだけお仕事と
趣味創作の間を往復する日々に密度が増し、今まで以上にコンディション管理が重要かつ不
可欠になっているのに、どうにも「ぼ~っと休む」ということが出来ない。時間の空きさえ
あれば、何か一つでも作業を進めておかなきゃ……みたいな思考と衝動が勝る。社畜?前々
から自分でも言っている、臥せっていた歳月を取り戻したい反動、みたいなものなのかもし
れませんが……これはこれで、逆に今度は「何かをやり過ぎ」てぶっ倒れそうな気がせんで
もないですねえ。まぁ頑張り過ぎるな、疲れ果てる前に表に出せと等は主治医を含めた周り
からも割と口酸っぱく言われているので、心配をかけないようにしないとなあ……。病気の
せいで色々失うというロスは、もう繰り返したくないし……。
(主に今の年齢や、基本それらに反比例するリソース残量という意味で。どれだけ「普通」
とは違った人生経験になったと嘯けたとしても、十数年という療養に費やしてきた時間は、
二度と返ってくることはありませんから)

あまり深刻に考え過ぎれば、また例によって“毒”にしかならないんだろうけど。

自分にできる(残せる)ことって……何なんだろうなあ。

続きを読む
  1. 2019/03/14(木) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)綺麗なもの××を、視ていたい

( >д<)、;'.・ブエックシッ!! ( =д=)ア゙ア゙……

冬だし基本曇ったり雨だったりは仕方ないよなあと思いつつも、時折差してくる晴れ間が、
気付けばすっかり暖かくなってきたとその青さを仰ぐ今日このご頃。

どうもこんにちは、暫くぶりです。長月です。暦的にもぼちぼち、春の足音が聞こえ始めて
きたようです。
ただ個人的には──そんな体感的な気温の上昇というよりも、何につけても花粉症。近所周
りの梅や椿が咲いてきたなあと目にし始めたら、洗濯物とかを注意しなくっちゃならない。
何だかんだで毎年、うっかり良い天気に干したバスタオルでお風呂に入った後、盛大に鼻を
やられる──激しいくしゃみに襲われてようやく「嗚呼、もうそんな時期か……orz」となる
パターンが多いもので。いい加減学習しろ。

昨夜遅くツイッタ(小日記)となろうさんの活報でも言及しておきましたが、サハラ~次編
のプロット作成が、四十六章まで終わりました。同シーズン4内で四章目、2エピソード分
となり、全体の進捗がこれでようやっと1/3といった所です。
(区切りのいいタイミングを探し、狙って雑記なりで報告材料に代えようとすると、どうし
ても大なり小なり突貫的な書き物になりがちですね……。申し訳ありません)
シーズン3完結から各章の清書に入るまでの期間=全体の骨組みを固める工程が当初の心算
以上に掛かってしまったため、全体の進捗速度がおよそ半月から一ヶ月程度遅い状況になっ
てしまっています。毎回章の総数が違ったりするとはいえ、大体仕上がるまでに三ヶ月──
空き過ぎても忘れられるし、何より自分自身もダレてしまうために設定している、連載再開
までの大まかな目標ではありますが、ちょっと厳しいかなあ? というのが正直な所。その
際は改めて遅れる旨を報告させていただきますゆえ。
(尤も一旦全体の展開がノってくれば、多少なりとも詰めの作業は早くなる(筈)なので、
今月と来月の間に巻き返せる可能性は……多分、きっと、おそらく……?)

追記:あと、同拙作が先日、なろうさんにて累計アクセス19000PVを突破しました。此方でも
重ねて御礼申し上げますm(_ _)m


──ともあれ、時間が欲しい(※正比例して捗るとは言っていない)

前々からそうっちゃそうなのですが、如何せんプライベートやら創作活動やら、そこに注ぐ
のに十分な可処分時間が足りない。いや、厳密には帰宅後の“回復”に充てるのを優先せざ
るを得ないから、結果的に望むほど作業分のそれを確保し難いのか……。

前提として、元のリソースがさして増えない(寧ろ減りがちな)のに、昼間のお仕事と夜間
の創作とと「プラス」にする予定ばかりぶっ込むからキャパが追い付かないんですよねえ。
単純にもっと両者の比率を落とす、消耗をセーブできる所はセーブすりゃあいいんだと頭で
は理解しているんですけども、馬鹿正直職人気質なモンだから、気付いたら一日ガッツリと
打ち込んで帰って来るという……\(^o^)/加減をもうちっと学ばないとですね。或いは基本
はお仕事=リアルの生計が社会人の本分なのですから、趣味の領域ってもの自体、とかく大
風呂敷になりがちだった今までを見直す時期に来ているのかもしれません。

生きることとは稼ぐこと。即ち働くこと。何につけても、お金が無ければままならない。

それこそ一時(療養ニートで鬱々と臥せっていた頃)は、蛇蝎の如く嫌っていた「常識」だ
ったのですが、人間変われば変わるものなのか。はい、黒歴史です。或いは只々歳月が流れ
去った末に、妙に枯れてしまったのか……。

続きを読む
  1. 2019/03/06(水) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (179)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (103)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (42)
【企画処】 (434)
週刊三題 (424)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (381)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month