日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)もりもりと、再三再四

前回はあんだけ大上段に「語って」いた癖に、肝心の自身はというとさんざ好き勝手に言葉
を、妄想を吐き出して娯楽に替える営みをやっている٩( 'ω' )و 我が儘と言わずに何と言う。

まだ一週間と経っていませんがこんにちは。例の如く、長編系更新後の雑記です。日は少し
空きましたが、先日ユー録の百八章をUPしました。分量は19900字半ば──ギリギリ2万字台
に届かなかったといった所。全体の章数的に、次回で現行第Ⅷ部も折り返しを過ぎる計算と
なります(本当に過ぎ去るのが早いなあ。プロット作成月間が近付いて来る……)

自身の近況としては、新しくなった仕事環境にも少しずつ慣れてきました。まぁ今後も都度
の分担やら何やら、改善の為の変化が継続して続くと思われるので、日中の消耗度は底上げ
されたまま推移するのでしょうが。一時は変わり映えのしない繰り返しが正直だるいなどと
感じていたクチの癖して、いざごそっと違ってくると、今度は対応してゆく為のリソースで
もってしんどい・疲れる──欲張りなモンです。人間皆、慣れの生き物だと言ってしまえば
身も蓋もありませんが┐(・ω・)┌
ただ、その“慣れ”一つにおいても、いわゆる普通ととことん相性が悪い(困難を覚える)
人達というのは確かに存在している訳で……何とも悩ましい。仕事柄? 偽善? どうにも
日頃の思考材料についても、流石にリアルでのそれをぶち込み過ぎてるきらいがあるなあ。

……うーむ、話のネタが浮かばない。

いやまぁ、普段からそうですが、基本「更新しましたよ~」とか生存報告だけで十分なんで
すけどもねえ。なまじ文章を書こうとするともさもさ無駄に長く書きがちだわ、表現も堅い
し行間もみっちりだしで、相も変わらず不親切。それでも結局こうして“自分の”ノウハウ
を優先、貫き続けている時点で、嗚呼やっぱり自分はエンタメ(他益)精神ってものが無い
んだなあと。お仕事中求められている反面、プライベートがONになると逆張りでもするのか。
冒頭にも自分でごちて自分で突っ込んでいるように、別に無理して「語る」必然性は無いの
ですが、悲しいかな最早これ=書かないと段々と焦る・怖いってのは己のデフォルトです。
言うなれば“業”なんだと思います。

(時事問題=往々にしてイデオロギー云々、即ち面倒臭い話を成る丈梃子にしない縛り?を
やってきた所為か)論理構成力が回を経るにつれてガバガバになっている気がしてならない
今日この頃。残暑と秋口の狭間φ_(:3 」∠)_

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/09/12(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)貴方がどうして不満なのか

三┌[責任]┘┌[台風]┘┌[残暑]┘ Σ(゚Д゚;)お、俺の傍に近寄るなあああーッ!?

お盆から暫くは随分過ごし易くなったなあと思っていたら、またふいっと夏の暑さがぶり返
してやって来ている感じ。暦的には確かにもう半月ぐらい“出番”なんだけど、別にそこま
で役者根性出さなくたっていいんですよ? 引っ込んでろください。加えて予報では、また
列島にジェットストリーム台風が来てるとか聞くし……。今月からはただでさえ、個人的に
もリアルの方が忙しくなってるっていうのに……。

全幅の信頼で涼しくなるのは、もう暫く先のようです。どうもこんにちは、長月です。

前回も此方で軽く言及した所ではありますが、先日より療養ニート後の社会復帰(?)を果
たしつつあります。まぁ実際にやっていることは、以前とそう劇的に変わったという訳では
ないのですが……肩書きというか、身分一つで結構違ってくるのが現実ってもので。相応の
責務やら実感などは、また時間差でじわじわと圧し掛かって来るのでしょうけど、今度こそ
は逃げ出さないように。随分と遠回りに過ぎる十数年でしたが、これでちょっとはマシな大
人として胸を張れるのでしょうか? ……張れるように、なりたいものですね。

──とまあ、そんな私事もとい湿っぽい話は置いといて。

実際の所、月末から昨日ぐらいまで、中の人は結構なハードワークだったのですよ。自身は
多少動き回るシーンが増えた程度に考えていたのですが、どうやら肉体の方は正直に悲鳴を
上げてきたようで……。多分半分は気疲れだったんでしょうねえ。基本インドアで人付き合
いも多くはない人間が、急にばたばたと慣れないことに走り回ったモンだから(´・ω・`)
それでも何とか、通院ついでの中休みで物理的にも気分的にも休息を取り、ようやっと新し
い環境への慣れというかリズムも判ってきました。細かい部分ではまだ暫く手探りな状態が
続くとは思いますが、それらもぼちぼち日々のルーティンの中に落とし込んでゆけば済む話
です。大小の配分さえ心算がつけば、後は何とでもなる。何とでもする──。

雑記の頻度としてはまだ十日も経っていない段階ですが、そんなこんなで気付けばこっちの
更新間隔がすぽっと抜けてしまったなあ……と。月頭の週がどうしても空きがちになるのは
今に始まった事ではありませんが、ならば書き物のリハビリもぼちぼち再開してゆかなけれ
ばと。土日にユー録の執筆モード(予定)が控える中、正直「溜め」が足りるかなあ? と
いった不安要素はありますが。そもそも溜めてようとなかろうと、捗る保証なんて無いし? 

(一応、今週も水面下でゴソゴソ作業はやってたんですけどねえ……。如何せんそれだけに
構っていると、目に見えて進捗しているか否かが分かり辛いというのが何とも^q^)

続きを読む
  1. 2019/09/06(金) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)前にのめりつ、後ろに引けつつ

……捌カナキャ ○| ̄|_

月末が忙しなくなるのは今に始まった事じゃあないものの、今回は特に。お仕事の諸々やら
私用で帰宅が遅くなる時がままあり、一度は月後半の長編系更新を繰り下げますとの報せを
ツイッタ(小日記)上に書き残して用心をしましたが──何とか普段の更新時(18時)まで
に間に合ったことで本来の予定通りのUPに戻させていただきました。二転三転してしまい、
申し訳ありませんm(_ _)m ただでさえ月末も月末、ギリギリの執筆モード→推敲からのUP
というスケジュールを想定していましたので、少々要らぬぐらい気を揉んでしまっていたの
かなあと思いつつ……。

という訳で、先日サハラ~の四十六章をUPしました。23エピソード目後編です。今回で現行
のシーズン4の内、二話目までが終了。プロット全体でもちょうど1/3までが消化し終わった
計算になります。早め早めに、またプロット練っていかないとなあ。
推敲後を含め、今回の分量は24500字強──平均(目安)としている2万字前後よりも割かし
多めになった数字の反面、書いている本人としてはどうにもやり取り系のシーンばかりにな
りがちで、目玉と呼べそうなドンパチ系=戦闘シーンの比重が折につけ少なく少なくなって
いるなあと感じてなりません(´・ω・`)
……どうなんですかね? 冗長な描写を省いてると言えば聞こえはいいですが、ドンパチ中
も敵味方双方の殺陣──臨場感ある一挙手一投足に乏しいのでは? とも。元より文章自体
物語自体が長く延びてゆく以上、肝心のダレ具合が省けているとは考え難いですし。やはり
自身の愉しみと、手に取ってくださる読者さんのニーズをきちんと観て(量って)バランス
を取ることが出来ていないのだろうなと思います。
(ただでさえ文章が硬いのに、ラノベ方面という畑自体がそもそも向いていないのでは?)

連日書き物どころではなかった夏の暑さも、あれから半月ほど経った現在はすっかり落ち着
いてくれたように感じます(その代わり秋雨が停滞して、場所によっては大変な状況になっ
てしまっているとも報じられていて……。手放しで安堵出来ない)先日、暦の上でも処暑を
過ぎ、流石に秋のそれとタッチ交替といった所なのでしょうかね? 過ごし易い季節・環境
になれば、今より多少は創作諸々も捗ってくれると嬉しい。いや、能動的に捗らせないと。

私事になりますが、この秋から自分の社会復帰(?)もまた一つ大きく進みます。まだまだ
社会的な経験値というか、習得すべきスキルは山積みですが、これで一先ずは療養ニートと
いう括りから名実ともに抜け出せるかと思われます。いや、この山積みを全部ものにし終え
てからようやく? 或いは余生自体そんなもの?
 過去の選択、進んだ時計の針はもう戻り
はしないものの、可能な限り巻き返して笑っていたいなと思います。不必要にペシミストに
ならぬよう過ごしてゆけたらなあと思います。

……しっかし、あれだな。

この先もっと忙しくなると、今までみたいに小説(創作活動)に割けるリソースは、時間的
にも物理的にも減ってゆかざるを得ない訳で……。

折につけ、またエネルギー配分やら月々のスケジュールやらを見直さないとなあφ(=_=;)

続きを読む
  1. 2019/08/28(水) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)良貨と悪貨と風物詩

お、お盆さえ乗り切れれば、きっと……(xДx)

(いや、ここ数年「残暑」も本番みたいなものじゃないか)だけど多分、そうこっちの都合
に合わせてマシにはなってくれないんだろうなあ。未だズレるなり変わるなりする可能性は
あるものの、予報では既に一過後の土日がカッカ晴れのようだし……。

令和ちゃん。初めてのお天道様だから勝手が分からないかもしれないけど──もうちょっと
加減覚えてくれませんかねえ?(´・ω・`) 身体は少しずつ夏に慣れてきたかなあと思えど、
それでもやっぱり頭が回らんのはもどかしいのです。こんにちは、長月です。

よりにもよって、お盆の帰省ラッシュを直撃かあ。まぁ去年も似た感じで交通網が麻痺して
いた記憶がありますけども。諸々のニュース記事でも翻弄され、商売上がったりや時期限定
のイベントが中止せざるを得なかったり。記憶が美化というか、風化しているだけなのかも
しれませんけど、自分が子供の頃はここまで試練(忍耐)を課すような天候じゃあなかった
気がするんですがねえ……。

間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百七章をUPしました。此方=前回の雑記でも軽く
お知らせしていたように、暑過ぎて敵わんと、執筆モードに入る予定を一週遅らせての更新
となります。夏の茹だる昼夜の中ではありますが、宜しければお付き合いくださいm(_ _)m

今回の分量は、推敲後を含めて19600字弱。もう少しで平時の目安2万字台に乗ったぐらいで
したが──まぁ絶対にそこまで膨らませなきゃいけないという訳でもなく。
(ただでさえ頻度が遅いので、その分ガッツリお届け出来れば……という思惑もある)
尤も過去数回のそれが、随分と膨れてしまった反動もあるのやもしれませんがね。ちょうど
現行Ⅷ部前編(全体1/3)の〆に向かっていたという側面もありますが。

それでもまあ、分量はともかく自身の中では「何時もの」のルーティン──執筆モード時の
リズムを、この暑さに茹りながらも維持できたのは収穫だったかな? と前向きに捉えよう
とは思います。結果論ではありますが、先週のくたくた具合は暑さという以上に、先月末急
に入った用事で精神的な疲れが溜まっていたんだろうかな? と……。今後も趣味とリアル
を両立させてゆく為にも、例の如く忙しない月末辺りは、もう少し「空き」を設けておく必
要があるのかもしれません。
(尤も今回のように執筆スケジュールを遅らせると、その分次の月末~月頭の自分にその皺
寄せが来る訳ですが。結局、自転車操業的な所はさして変わらないっぽいなあ……^q^

続きを読む
  1. 2019/08/15(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)勝ち負けに狂う病

今年は冷夏になると言い出した人は、正直に手を挙げなさい(^ω^#) 殴りに行くから。

梅雨入りが遅くなった分、まるで巻き返すかのように明けた途端にカッカ晴れ。
まぁ分かっていたというか、どうせ今年もと経験則から導き出してはいたんだろうけど、蓋
を開けてみれば猛暑に次ぐ猛暑。誰が呼んだか「災害級」。自分は基本、屋内での物仕事が
多いのですが、冷房を利かせていてもじんわりと汗ばむほど。とうに人間の体温さえ上回る
気候が続いています。皆さんも、熱中症にならないようお気を付けて。しっかりと水分や塩
っ気を補給しつつ、出来る限り炎天下で動き回ることは避けてください。
(とはいえ、そもそも職種によっては無理ゲーなんだよなあ……。本当にお疲れ様です)

……しっかし拙いな。ここん所あまり書けていない。一応月末から月頭にかけての三題だけ
は捌いたけれど、長編系の執筆モード(前半:ユー録次章)は結局先延ばしにしてしまいま
した。あんまりに日中暑くって、とてもじゃないけど集中できる状態ではなく、先の土日は
ぐったりと寝てたりゴロゴロしていました。休養に専念していました。お陰様で体力気力の
方は結構回復したかな? とは思うのですが……如何せん目下の環境が。いっそ昼間に書く
のは諦めて、夜時間に冷房をガッツリ入れて短期集中でやってみようかとも考えましたが、
朝から始めてエンジンが掛かるのに下手すれば丸一日掛かるような人間が、そんな都合良く
コンディションを持って来れる確証など無く(´・ω・`) そもそも、熱量とは代替性が皆無であって。
さりとて、これ以上ずるずると延ばしていると、月全体のスケジュールがもっとキツキツに
なってしまいますし、今週末こそはと書き出し練りやらそれ以前までの書き物やら(当雑記
を含む)を捌きつつ準備中です。申し訳ありませんが、もう暫くお待ちくださいm(_ _;)m

……うーん。別に今に始まった事ではないけども、やはり「ノルマ」としての書き物・創作
活動へと傾きまくってしまう。自縄自縛──内容に行き詰ったり、普段の生活に支障が出る
ようなら後回しにしたっていいものを、どうにもこれまで続けてきた“惰性”が止めてしま
うことを過剰に恐れているような。自信が習慣(ルーティン)の生き物だと自認しているが
故に、一旦プツッとそれを途切れさせてしまうと、簡単には戻って来れない(復旧困難な)
ような気がして。

書きたい時に書く。書きたいものを書く。書くことを楽しむ。

年初の抱負を始めとして、以前からさんざ事ある毎に自分に言い聞かせてきたフレーズ達な
のですが、未だに中々どうして身に成ってはくれないようです。多少昔に比べてバランスを
取ってゆく術を培ってはきたものの、それでも根っこはぼんやりとネガティブな世界観に支
配され続けているというか。

欲が──出るんでしょうねえ。今やただ書くだけでは満足できず(長持ちせず)に、もっと
良い文章、もっと良い物語をと追及を止めない。その癖変な自尊心というか、自罰癖で悦に
浸っておきながら、他人に受けるコンテンツとは? という分析眼・実践に徹せられない。
未だに小説なり創作というものを、利他=消費されて当たり前の娯楽ではなく、利己=自身
が思考を深める為の踏み台として突き詰めよう突き詰めようとしている。

良く言えば“藝術”志向……なんでしょうけどねえ。

その割には文体と題材がマッチしてないんだって、何度言われたら( ゚д゚)⊂彡☆))Д゚)φ

続きを読む
  1. 2019/08/06(火) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (458)
週刊三題 (448)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month