日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)だから過激派と呼ぶ

とんと月日の、季節の流れが速くって、油断していたらあっという間に「次」の執筆予定が
迫って来ている……そんな(個人的な)状況を繰り返して、もうどれくらい経つのだろう?
すべき事・したい事は色々山積みで、追い立ててくるのに、肝心の時間の方は如何とも足り
ない。無為に過ごして浪費してしまうばかりのような気がして、また新しく急ける気持ちが
むくむくと生まれてくる。
……ただ、そうやって足りぬ足りぬと嘆いた所で、実際に何かしら改善するでもなし。
ならばいっそ、そんな状況である今を「諦めて」その上で「受け入れる」という考え方の方
がまだ現実的なんだろうなあと。お肉のつき易い身体を絞るのも、ボドボドになった精神を
立て直すにも、創作のノウハウも、結局一つ一つ地道に積んでゆくしかない……。

お久しぶりです。尤も更新自体は火曜日にもありましたが。いやあ、参った。いつもの事っ
ちゃ事とはいえ、執筆モードが終わってやれやれとなった次の日くらいにはもうスポーンと
全身から力が抜けて──ガス欠になっていました。やはり毎回大分無理しながら書いている
んだなあ。半ば惰性というか、執念というか。月一とはいえ、今まで続いていることの方が
実は奇跡に近いんじゃないだろうか?(という自画自賛?)

そんな訳で日が空いてしまいましたが、先日ユー録の九十四章をUPしました。
今回でアゼル編(仮)が終了──現行の第Ⅶ部も全体の2/3が消化された計算となります。
いい加減膨れに膨れ、未だに終わりの見えない拙作ですが、今後とも気長にお付き合いいた
だければ是幸いですm(_ _)m もっと更新頻度を上げられれば進みも早くなるのでしょうが、
間違いなく自分の身体がボドボドになります。……それでも連載最初期は、3万字超えの章
を量産していた訳ですから、良くも悪くもまだ若さが残っていたのでしょうねえ……。まぁ
他にやる事がなくて鬱々としていたというのも大きいのでしょうけど。

確かにあの時に比べて、一時に書ける分量は減りましたし、深く集中=没入できるケースも
とんと少なくなってしまったように感じます。老いたのかなあ? とは、否定できません。

だけども、それらが再びV字回復するなんてことはもうないのでしょう。それを足りぬ足り
ぬと、出来ない出来ないと嘆く──あの頃の熱量をと望むのは、如何せん幻想に過ぎるんで
はないかと思うのです。先述のように、そんな今を「諦めて」「受け入れる」──手が付か
ない時もそりゃああるだろうけど、ならばせめて、成る丈その振るえる機会を逃さぬよう、
そのパフォーマンスに全力をφ(・_・;)

少し前、他の物書きさんに『ある程度登っていった後は、苦しみながら書くのは当たり前。
それでも尚愉しいまま書けるような奴を、天才と呼ぶんだ』といった言葉を聞きました。
その“ある程度”に自分が値するかは定かではありませんが、嗚呼そうかもな、と思ったの
は事実です。ふいっとこの一節を聞いて少し気持ちが楽になりました。「できない」を嘆く
暇があるのなら、まだ「できた」方を見ていた方が精神衛生的にも良い。歳月と共に移ろう
自らの変化を受け入れ、そこからまたもがきながら地道に積み上げてゆくしかないのだと。

受け入れ易い難い、公募マンや書籍化、傾向と対策──色々と「最適化」のメソッドは言わ
れるけれど、自分の「中」を豊かにしていかなきゃ長続きはしない。有益にならない気負い
はしない方がいいのです。……つい謙遜を卑下を通り越し、自罰的でないと落ち着かないな
んていう、面倒臭いメンタルになってしまっているのだから、尚の事。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/04/13(金) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)言葉にならないナニカ

気が付けば前回の雑記から十日以上が経ってしまいました。暦も替わって四月──新年度。
まぁ通常のスパンとしては、これぐらいでもまだ早い部類なんでしょうけどねえ。主にネタ
的な意味で。ものを書く習慣という意味合いも兼ねているとはいえ、書く為に書く、無理に
自分の中から感情?を引っ張り出すというのは、経験則からしてもあまり「健全」な営みで
はないようにも思えますφ(=_=;)

先週・先々週は、例の如く執筆モード後の休息に充てていました(というか、充てざるを得
ないくらいやっぱり疲れた)その後は積ん読の小説だったり、なろうさんに上がっている他
の方の小説を読んでいたりしていましたね……。一度インプットに傾いてみた、と言えば聞
こえはいいのですが、実際には自分が書く分のエネルギーが足りなかった──どんなものを
書けば受けるのだろうともがいていた、という方が厳密であったかもしれません。いや、今
も現在進行形でその悶々に悩まされている感じですかね……。結局、今週の三題も練り込む
よりも期間内に書き終える──突貫工事でまた乗り切ったパターンでしたし……。

今月の執筆スケジュールは、この第一週末(七日頃~)にユー録の、一週間のインターバル
を空けて第三週末(二十一日頃~)にサハラ~の次章を書こうかなと予定しています。まぁ
いつも通りですね。カレンダー的に今月は日曜日からピシッといっぴが始まっているので、
先月に比べれば若干余裕をもって臨めそうです。……そんな事言ってるから、毎回慌てるし
難儀ばかりなんでしょうけども。

──先日、なろうさんにて三題が50000PVを、ユー録が35000ユニークを突破しました。

とはいえ、やはりと言うべきか『数を誇っている内は三流』で、上を見上げれば文字通りに
桁違いの作者さん達はごまんといる。このブログはともかく、なろうさんという「場」に出
している以上は、そこに在るムーブメントというか“傾向と対策”にしっかり沿った上で書
かないと人は読んでくれないのだなあと。痛感させられた──その経緯は私情込み込みなの
で端折りますが、一方で今抱えている連載(自作)をごそっとそれらに塗り替える為には、
もう時既に遅しな感があります。分量の多さ故手間過ぎるというのもありますが、書き始め
からそういったもの(=傾向と対策)を意識できていないのなら、そもそも「場」における
競争の俎上にすら載っていない訳で……。遅過ぎたなあ。前回の雑記でもさんざぼやいた事
ですが、我流という拘りの中に籠もり過ぎた……(今だって多分抜け出せていない)

変に「欲」を悪者扱いし続けてきた分、こうどばっと揺れ戻る時がある。但しその時も大抵
自分に向けた言葉(分析?)はネガティブであったり、自罰を装ったりで。

その方が“楽”だったんでしょうね。「××してはいけない」と制約を立てていった方が、
己を律するという目的自体には適ってきた。だけどもなまじ療養ニートから脱し、仮ながら
お仕事と自宅を行き来するようになって三年の今、そればっかしの防御(閉じ篭り)じゃあ
この先の人生はどう見積もっても「詰んで」いる\(^o^)/そう気付くのまた、遅過ぎる。

続きを読む
  1. 2018/04/02(月) 21:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)次に必要となるもの

(変にハイになっている時より、少し間を空けてからの方がまだ落ち着いて文章を書けるか
もしれない?)

暖かい日が続き、暦的にもそろそろ春だなあと思っていた矢先、一転して気付けばここ暫く
何日も雨降りが続いています。時には風が強くて嵐のようになる時分もあり、そう自分達に
都合よくお天道さんは微笑んではくれないんだなあと思わされます。このへそ曲がりめ。

先日、サハラ~の三十二章をUPしました。16エピソード目後編です。前章を含めて、今回は
いわゆる幕間的なお話だったのですが、如何でしたでしょうか? 多少の程度差はあれ、各
ジャンル全般に言えることではあるのでしょうが、こと特撮系・変身ヒーロー物という題材
は物語の形式(構造)がワンパターンになりがちなんですよねえ。なので今回は、少しそこ
から外れたものを挿れてみようと試みたんですが……結局、これまでの「枠」を越えられた
かというと微妙な所でしたね。奇を衒おうとも半端だったというか……(´・ω・`)

ともあれこれで、今月分の執筆スケジュールはほぼ終わりました。後は月が替わるまでの間
に成る丈、できる細々とした作業を見つけては捌いてゆこうかなと考えています。

……それにしても疲れた。最早例の如く、今回も難産したし……。

単純に歳のせいだとは限らないと思われるのですが、どうにも集中力が落ちていっている。
持続時間は勿論の事、その質(密度)も。確かに一旦ぐぐっと物語セカイに“埋没”できれ
ば、普段以上の量を書き進めることも未だ不可能ではない(今回がそうだった)のですが、
如何せんそういった状態にエンカウント──自分の中のスイッチ?を強力に押し込んで熱を
帯び、対象の物語セカイに深く深く同化できる、その遭遇率自体がそもそも低いので。いわ
ゆる結果オーライ、生みの苦しみだものと云ってしまえば簡単ですが、いい加減その時々の
「勢い」のみに頼り続けるのは安定しない。一方で現実、ある程度「作業」として執筆を捌
けてしまうことも、それはそれでソウルを失っているんじゃ? とも思ったりもする。まぁ
何でも程度物というか、バランスが大事──ものにしたいんだよなあと思うのです。一番何
が辛いって、この勢いだの作業的だのの片方ばかりへ、時と場合によってぐわんぐわん偏っ
ては揺り戻り、偏っては揺り戻りするその“振れ幅”の大きさなんですよねえ……○| ̄|_

それってつまり、もっと「楽に」創りたいってことなのだろうけど、如何せん他ならぬ自分
自身の性分が立ちはだかる。基本的にただ愉しければいいや、他の人と交流したいんだって
いうよりは、もっと究めたいというか求道的になりがち(孤独を選びがち)その癖その求道
的に「良い」物語って基準が、自分の中でぼんやりしているものだから、多分無駄な所まで
も他人のあれこれを気にしてしまう──比べてしまうんだと、思う。

続きを読む
  1. 2018/03/22(木) 18:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ディファレント・コンフリクト

えっ?(つд⊂) もう折り返し……?(゚Д゚)

やりたい事、やるべき事はたんまりと積み上がったままなのに、相変わらず時間だけは容赦
なく過ぎてゆきます。三月も半ばに差し掛かり、一時のことを思えば随分暖かくなったなあ
と思っていた矢先。やって来ましたよ、今年も花粉の季節が( >д<)、;'.・ ( =д=)
まぁ昔した手術のおかげで、今は寝られないほど酷いってレベルではないんですがね……。
それでも例年の50倍の飛散量とも聞きますから、風邪予防から花粉予防へ、引き続きマスク
は外出時には手放せない状況が続きそうです。落ち着いて過ごせる季節がとんと少なくなったなあ。

この前は少し先延ばしにし過ぎたので、きっかり一週間。暫くぶりです、長月です。
現状、今月分の執筆スケジュールはユー録と三題を5本中3本。例の如く前半(ユー録後)の
一週間のインターバルを挟み、今週末辺りには後半の長編系枠──サハラ~の次章に掛かろ
うかと予定しています。相変わらずの遅筆鈍行ですが、気長にお付き合いください。執筆前
の助走(書き慣らし)もコンディション次第では必要とはいえ、かといってあまりギリギリ
まで詰め過ぎても、いざその時に疲れてしまうし、中々按配が難しい……。

気付けばもう、今年も最初の四半期が迫ってきているんですね。
役所的なあれこれは未だよく分からんのですが、世間は今日も忙しなさそうです。毎日毎月、
飽きもせずに話題(というか問題)を提供し続ける──。
正直言ってそれだけで気持が疲れてしまいますよ。ただでさえ個人的な、家族というミクロ
な関係だけでも、時々煩わしくなって自室に逃げ込んでしまうのに、色々難しいこと言われ
てもなあ。だけど、病身の症状自体は十中八九寛解期ではあるのだから、いい加減そういっ
た「現実」とも向き合わなければならない。向き合って進み続ける胆力と経験を積んでいか
ねばならない。……それが、今度こそきちんと大人になる、ということなのだから。時計の
針はもう戻せないけれど、少しでも、怠けてきた過去を清算できたらなあと……思うのです。

作業場と自宅──お仕事と創作の往復。繰り返し。
妙に一日が、濃くなってきたように感じるここ暫く。

急いた所でどうなるってものじゃあないけれど、他人の役に立つ、いつか真の意味で「特技」
たる特技を以って、身を立てられる日が来れば……。来るのかなあ?

続きを読む
  1. 2018/03/14(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)方向音痴の気煩いは

まだ早いかなと先延ばし、執筆後の方がいいだろうと先延ばしにしている間に、気が付けば
二週間近く経ってしまいました。

尤も月初めの雑記が遅くなるのは、今に始まった事では──長編系のスケジュールを詰め出
して以来、物理的に仕方ないのですが。
雑記にしたためるべき(たい)事柄が頭の中に浮かんでこないという事は、それだけ日々が
それなりに平穏無事である証。確かにいち創作人としては、感性のアンテナ達が鈍っている
傾向なのかもしれませんが、かと言って「考える為に考える」は本末転倒ですし……。

さて、先日ユー録の九十三章をUPしました。神樹アゼル編(仮)もいよいよ大詰めですね。
つまりは手元プロットの計算上、次回で第Ⅶ部全体の2/3が終わる訳であって……。大分長い
こと書いていたという感覚が──月1の頻度だから余計に──あるのですが、それでも尽き
る時は尽きる、必ず来るという訳で……。もう半年くらい先の話にはなりますが、今から既
に続きをどうしたもんかなと考え始めなければおっつかないφ(=_=;)

また、加えて今回の更新(なろうさん換算)で本作の累計文字数が250万字を超えました。
ついこの前は三題がこれに追いついてきた(現在210万ほど)なあと思っていた所だったの
ですが、これでまた一つキリ番。次は300万かな? まぁ上を見ればキリがなく、しばしば
『数字を誇っている内は三流』とも云いますし、あくまでいち通過点という程度の認識で。
相も変わらず遅筆鈍行ですが、今後とも気長にお付き合いくださればと存じますm(_ _)m

……ただ、一方でこう“同じ”物語を何年も続けていると、どうしても自分の中での鮮度と
いうか、モチベーションの大きさには振れ幅が出てきてしまいますね。
三題は一話完結式なのでそれこそ本当に根気と習慣の問題なのですが、ユー録の執筆はそれ
こそ惰性──ここまで物語を進めてきたのだから、きちんと最後まで書き切らないと気が済
まない、という至極個人的な拘りによって支えられていると言っても過言ではありません。
ポジティブな言い方をするならば「思い入れがある」とか「看板作品だから」といった表現
になるのでしょうが、生存戦略としては不器用そのものですしねえ。第一、胸を張れるほど
クオリティが伴っているかどうか……。かと言って一つが収まらぬ内に違う企画を起こし、
連載ベースに乗せられたとしても、結局どちら共が中途半端になるか、後発のそれが振るわ
ぬままフェードアウトさせるというのが関の山のような気がします(というか、個人的経験
はまさにその繰り返しな訳で)
正直“過去の自分”くらいは、越えたいのですけどね……?

○○だよ××だよと報われている、成長している。ないしは足りない、あさっての方向を向
いている──せめてそういった明示は欲しいよなあとは思いますが。

寧ろ自分の出来ることと言えば、これからも黙々と積み重ねるくらいなのでは? とも。

続きを読む
  1. 2018/03/07(水) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (160)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (94)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (32)
【企画処】 (374)
週刊三題 (364)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (341)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート