日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)汝、灰色の世界を愛せよ

うるせえ! こちとらガキの頃から、ソーシャルディスタンスされてるんだよ!(゚Д゚#)

……言ってみたかっただけです。モヤモヤした感情を直接表に出せば、汚く罵る類の言葉に
なってしまいますが、そこを何とかしてオブラートに包むこと。尚且つ他人がクスッと笑え
るような表現に換えることこそが、いわゆる諧謔(ユーモア)というものなんだろうなあと
考えます。いち物書き、言葉を駆使する者を自負するのなら、尚更だ。

さて、間が空いてしまいましたが、先日サハラ~の五十五章をUPしました。
28エピソード目前編。プロット通り今回のお話で、現行シーズン4もお終いです。ユー録と
併せて、いよいよ作成休載の案件が二つ同時という状況が来ちまった……(´A`)-3 前者は
当面本編の分割作業が先ですし、何とか“時間稼ぎ”ができればいいのですが、如何せん目
下リアルが多忙(消耗多)であるため充分かどうか。暫く停滞します、の活報が現実となっ
て長くなるのやもしれません。
分量としてましては、推敲後時点で23400字弱──個人的な目安よりも結構多め。執筆初日は
そうでもなかったのですが、〆に入るパート辺りでモリモリ増えていったという感触です。
(細かく刻めば抑えられるだろうと思っていたけれど、やはり視点を切り替えて複数同時に
描出すると、どうしても膨れてしまう。程度物を盛大に踏み抜いたか……)

なろうさんの方(活報)でも少し触れてはおいたのですが、今回登場させた敵の名称が目下
の世相からしてちょいと“拙い”かな? とは、書き始める前から思案はしていたんですよ
ねえ。ただプロット作成時はそれこそ一年二年と前だし、その時点で現在のコロナ禍を予想
出来た筈もなく……。基本的に名前だけで、意図した能力などとの繋ぎ方は別の処だと考え
ています。予め(元々万人受けはしないだろう、自作で呼び掛けるのは今更も今更ですが)
不快だという方はブラウザバックをm(_ _)m 貴方向けの物語は、きっと何処か別の誰かだっ
て紡いでいる筈だから。

……まあ、こういう考え方・捉え方って、商業ベースを念頭に書こうとする場合猛烈に相性
が悪いんですけどね?(自分の代わりなんて幾らでも居る。みたいな発想では実際問題生き
残れないし、モチベが続かない。何より自分の思うがままにしか書けなくなる)

難しいなあ。いや、自分の思考が捻くれてるだけで、すんなりニーズ=他益に寄ればいいと
いうわけなのだろうけど。どうすれば読んで貰えるか? そこから逆算して戦略を組むなら
ば、それが“合理的”ってモンな筈なのだけれど。

“自分は正しい”って拘り、大抵の場合は正しくないですからねえ……。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2020/06/18(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)呪詛を紡いでしまうなら

体力が……気力が……追い付かん……(º﹃º)

月も替わって早十日。フライング気味の暑さが続いているかと思えば、同じく梅雨入りして
ゲリラ豪雨に見舞われた地域もある。ゴリゴリと時間とリソースばかりを取られて、どうに
も「○○をやった」みたいな感触が得られぬここ暫く。

多忙を言い訳にしてちゃあ如何にもなりませんが、前回の雑記からもう二週間以上経ってし
まってるんですよねえ。なまじユー録が一旦休載期間で、サハラ~の方も今月分に未だ掛か
れていない。とりあえず週毎、当座の三題を捌くことだけはすっぽ抜けぬよう踏み止まって
いますが……正直ガス欠な感が否めず。その割に、レスポンスが良い時もある(何なん?)
長編系は今週か来週末辺りには掛からなきゃなあとは思いつつ、さてはて今回の下降曲線は
随分と息の長いパターンであるらしい……。

十中八九、昼間というかリアルの方が圧迫してるんだよなあ。体力的な面はまぁ、昇格して
から多少なりとも慣れてきたけども、結局メンタル──本来注がれるべきでない方向の気を
遣わざるを得ず、消耗している感じ。必然、創作活動及びプライベートな時間があっても、
そこに割り振れる余力が足りない。月初め、ユー録資料集の更新作業をしている時は、まだ
ノってくるのも手伝って一時持ち直していたのですが、一通りそれが終わるとプツリと緊張
の糸が切れてしまったのか反動がφ_(x3 」∠)_

……あんまりなあ。ぶつくさと愚痴ってはいけない(建設的ではない)のだけど。

雑記にしろ時々の小説しろ、今に始まった事ではないけれど、どうにも自分の場合創作の原
動力ってのがネガティブな感情(鬱憤?)を梃子にしている例が多過ぎるんですよ。或いは
そこから言語化というか、思考を始めてとりあえずの形にする。娯楽とか藝術とか以前に、
間違いなく“他人の為”じゃなく“自分の為”に……。

駄目なんですよ、それじゃあ。
確かに広い括りの中での「物語」ってのは、誰かの苦難(と克服)を追体験して自らの浄化
を援ける作用もあるけれど、大多数の一般ユーザーはぶっちゃけそんなものは求めてない。
己を引き裂く辛苦なんてのは日々の現実で間に合っている訳で、更にそこへ自ら上乗せして
愉しむ人間は変態ごくごく少数派──語弊を恐れずに言えば物語中毒者なのです。創作世界
とはかくかくしかじかと在る、と既に解っている人間であり、そもそも彼らの糧となりうる
作品の担い手は別に「自分」でなくてもいい……極論を述べてしまえば。いや、そんな卑下
してまで書く奴の文章なんざ、糧云々関係なくても読みたくねえや──それでも俺が突き付
けてやるんだ! ぐらいの気概というか、負けん気の強さがなければ、書き手としてのレベ
ルは上がらないのか。根拠のない自信を持てない奴から、自滅してゆくのか。

申し訳ありません。
今回は(も)リハビリを兼ねてと言いますか、基本ネガティブな思考をぐるぐる捏ね回して
は引き延ばしての、ここ暫くの雑感となりますm(_ _)m

続きを読む
  1. 2020/06/09(火) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

(雑記)外に向く矛、内に抱く盾

( 」 ゚Д゚)」<第Ⅷ部完!

……ほぼ一週間スパンで雑記x3って、何気に久しぶりなような気がする。それだけまだもう
少しハイな気分が残っている? あんまり調子に乗ってると、すぐに反動(疲労)で痛い目
に遭うぞ~、もう若くないんだぞ~……。

先月末から月頭に掛けて一転、盛り返すようにもさもさっと書き物をぶん投げていてすみま
せん。日が空いてしまいましたが、先日ユー録の百十六章をUPしました。既になろうさんの
方でも色々と言及を済ませているように、今回で現行第Ⅷ部が無事終了しました。向こうで
の本編分割作業(とプロット作成の為の休載期間)があるので、次編及び次々編(最終章)
開始までには大分時間が掛かってしまうと思われます。もし忘却の彼方から戻って来られる
ようなら、その時はまたお付き合いくださると……m(_ _)m

分量としましては、推敲後時点で25800字弱──個人的な目安からしてもかなり嵩んでしまい
ました。編全体の〆やら幕間やら、次への布石やら、色々仕込んでいる内にどのみちもっさ
り化は避けられなかったようです。まぁ書けないよりは(先月の頓挫も思えば)よほど良い
のですが……如何せん読み手には優しくないので。相変わらずというべきか、やはり時々に
よって、量も質も御し切れない面が露呈した執筆でもありました。
また、同作全体で見ましても、総分量が今回で300万字を突破(約301万2500字)なろうさん
側におけるパート数も800部分ジャスト。こちらでもまた大台となりました。頭おかしい。

──さて、既になろうさんの活報では記載しております通り、来月以降の一・二ヶ月ぐらい
は暫しインターバルを貰い、当面の更新はサハラ~の残りと三題のみとなります。中の人の
繁閑によって多少前後するとは思いますが、あちらでの分割作業は(週一章再掲してゆくと
して)十ヶ月弱。それまでにユー録もサハラ~も、次のプロットをこさえようとなきゃなと
心算しております。故に、暫く長編系の更新それ自体はガッツリ止まりそうですが、当庵な
いしpixivでの掲載分は変わらないので、酔狂な方はそちらで気ままに辿っていただけると。
一旦折れかけたモチベを取り戻すべく、なるべく何かしら書いて創ってはしてゆこうと思い
ますのでφ(・_・;)

しかしまあ、アレだなよあ。自分で言うのも何だけど、未だ自己満足の域を出ない。なまじ
フルタイムではなくともお仕事に行けるようになった余裕(?)もあるのだろうけど、作家
で食ってゆくんだ! みたいな飢餓感が失われた、諦めちゃって久しいからなのか。

……あと何につけても、分量の暴力が過ぎるんだよ。頭(ry

続きを読む
  1. 2020/05/22(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)伝達のハレーション

(何かラノベの題名みたいですね。或いは某弾幕ゲームの曲名とか)

お久しぶりです。世間的に「ゴールデン」から「我慢」ウィークになった今年の大型連休も
気付けばあっさりと終了し、こちとらまた作業場と自宅を往復する毎日。勿論消毒やら三密
回避やら、取れる対応は取ってのお仕事ではありますが……業種的に全面禁止という訳にも
いかないのが、しんどいやらまだ救いなのやら(。д゜)
元を辿ればコロナで、そもそも起こらなければゴタゴタしなかった一連の事態。何事も怪我
の功名といいますか、炙り出されて良い面(改善点)が視えてくるならば未だ良しと自分に
言い聞かせようとはするものの、やはり個人的には差し引きマイナス──辟易する他人びと
の部分が悪目立ちしてばかりだなあと感じずにはいられず……。

いいや、面と向かって眉を顰めるだけ無駄だ。世の中ってのは残念ながら「そういうもの」
で、彼・彼女らにそれは違う! とこちらの感情をぶつけた所で粗々得られるものは無い。
寧ろ時間的にも精神的にも、失うものの方が圧倒的に多い。インターネッツは魔境だぜ。

……それよりも。自分は自分で、ぼちぼち筆感覚のリハビリを完成させなければ。いやまぁ
完成って何なのよ? と訊かれれば、自分でも分からない。今に始まった事じゃあないけれ
ど、多分自分の執筆(創作)活動ってのは、そうやって延々ぼやっとした“コンディション
の底”からなるべく離れた位置(?)をキープし続ける・し続けようとする営みなんだろう
なあと。正解なんて無い──それっぽく言ってみれば気障なれど、改めて本当に染み付いた
苦行でしかないなあ、ホント。

そんな訳で、今回もリハビリついでの雑記となります(週前半に三題を捌けたので、少し間
が空いていたんだ。かと言ってこのまま新規記事もないのも味気ないし……)
予定では明日・明後日にユー録の執筆モードを予定していますし、万全を期すならばガッツ
リと“溜めて”おけば良さそうなものなのだけど……まぁ今回も多分書き出し~中盤くらい
まで難儀するでしょうからねえ……。だったら別にいいや、という投げ槍。寧ろギリギリま
で気張るからコケるのか? ある意味そんな実験的な意味合いも含めて、書き物を一つこさ
えてみる試みです。何かしら書かなきゃ、吐き出したくなってきた衝動への方便とも言う。

なまじ普段、自分の物語自体が重く苦しい毛色になりがちな分、リアル日常の見聞までそれ
一色に染まるなんてごめんだ、という理屈なのか?(それだと結局、自作らが押し付けがま
しいと白状しているようなものだが)陰鬱や絶望などは、あくまで自分達の少し遠くに浮か
んでいる程度が一番、緩み過ぎず追い詰められ過ぎずに済むのかもしれない。

……感情を、剥き出しに闘うような日々は要らない。内に籠れる暇さえあればいいφ(=_=;)

続きを読む
  1. 2020/05/15(金) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)空っぽ暮らしの弊害と

更新が滞ってしまい、誠に申し訳ございませんm(_ _;)m

……先んじてツイッタ(小日記)及び、なろうさん側の活報でしたためました通り、当初の
執筆スケジュールから大よそガッツリ丸一週間ほど遅れた状態でのUPとなっています。何だ
かんだと今までは、ひーこら言いながらも書くの自体は間に合わせていたため、遂に途絶え
てしまったかあという印象──正直な所、地味にショックな事態でありました。

そういう訳で、日は空いてしまいましたが、先日サハラ~の五十四章をUPしました。27エピ
ソード目の後編。現行シーズン4も、残るはあと一話分のみと相成りました。
分量としましては、推敲後時点で23600字強──個人的な目安よりも割合多め。
先々週=四月末に書いてUPして……という心算をしていましたが、目下のコロナ禍自粛に伴
うお仕事周りのゴタゴタが影響してか、当日迄に心身のコンディション回復が追い付かず、
一度頓挫(中途延期)せざるを得ない結果に終わっていました。それでも翌週末に向けて少
しずつ書き進み、総量で嵩むぐらいになったのは皮肉というか何というか……。

(まあ、今に始まった事ではないですけども)連日うだうだと失礼致しました。お世辞にも
最近の世間のムードからして、気晴らしになるタイプの小説ではない──基本的に重苦しい
毛色ばかりな文章ではありますが、束の間の暇潰しにでも使って貰えれば幸いですm(_ _)m

……しかしあれだな。予想以上に自分も、主にメンタル的な方面でやられていたんだなと。

ここ数年、療養ニートから脱出して一応ながらもお仕事に就いた。もう大丈夫だと思ってい
た中、久しぶりに何もかもが嫌になるぐらい・何も出来ないぐらいにゴッソリと気力という
気力が削られてしまった感。それらに対応して、体力=身体を動かす活力的なものもゴッソ
リと落ちてゆく感。開設九周年の当日も、ろくすっぽ書けなかったし(´・ω・`)

自他共に“想定外”の災いと言えば確かに想定外なんだけど、一方で自身、もう『病人じゃ
ないんだ』『助ける番なんだ』とある意味言い聞かせ過ぎたんだろうか? とも考えるよう
になりました。ケアされて当たり前、ケアして貰える側だという意識をしばしば“罪”のよ
うに叱りつけ、そこから脱することが次のステージなんだ、自身の成長に繋がるんだと半ば
脅しの如く鞭打ってきた数年間だった──とも言えなくもないなあと。言い方を変えれば、
ちっぽけな選民意識でもあった訳です。自分は治ったと、後に続く他人たちより上(マシ)
なんだという高慢。……怪我の功名と呼ぶには、やはり上から目線な感が否めませんが。

諸々の自粛状況、ミクロ・マクロでの人々の意識などもあって当分完全には“回復”しない
のでしょうが、個人的にはいい加減平時の執筆(創作)ルーティンに己を戻してゆこうと考
えています。

カレンダー的には先月末、四月後半分のサハラ~更新が今月に延びてしまったため、後半を
もう一方、ユー録の次章執筆モードと更新期間に充てたいと思います(三題も一週分、何処
かで帳尻を合わせないといけないですし……)少々変則的なスケジューリングになってしま
いますが、予めご了承くださいませm(_ _)m

続きを読む
  1. 2020/05/06(水) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (507)
週刊三題 (497)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (418)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month