日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)人の尊厳、人の空腹

早いモンだなあ。気付けばもう一月も折り返しか……(´A`)-3

年明け最初の週、正月中にがっつりと書かないでゴロゴロしていた結果と言ってしまえばそ
れまでなのですが、今年最初、今月前半分の長編系更新がすっかり「前半」とは呼べなくな
ってしまいましたねえ……。執筆モード時点では、確かに月序盤ではあったものの。

さて何時もの如く。間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百十二章をUPしました。今回
より現行第Ⅷ部も終盤戦に入ります。あっという間と言うべきなのか、ようやっと消化され
てきたなあと前向きに捉えるべきなのか……。

分量としましては、推敲後時点で23600字弱──個人的な目安よりもそこそこ多め。物語中の
展開、事態の進展度はそう多くはない、助走的な構成だったのですが……視点の切り替えが
多いとそれだけ、シーン数自体は嵩んでゆく故という具合でしたね(相変わらずユーザーフ
レンドリーという概念とはあさっての方向にばかり進んでゆく文章であります)
年も替わり、リアルではまた早速負荷ラッシュの予感ではありますが、なるべく今後もコン
スタントに小説を書く=創作活動をできるようタスク管理に勤しんでゆく所存です。今後と
も気長に、生温かくお付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

とはいえ当稿現在、特に大きくトラブっている案件はなく。

……まぁ各種メディアの情報を開く度に、国内外のきな臭い案件は飽きもせずに報じられて
はいるんですけどねえ。何よりインターネッツ、一部の声の大きい人々を中心とした醜い罵
り合いは年を跨いでも変わりやしない。自身の普段日中、ミクロに視えている世界により軸
足を置くように(タスク的に置かざるを得ない状況に)なったのは、少なからずああいった
マクロの世界ばかりに浸っていると“疲れる”からというのも大きくて……。

だからというのに前者の側で、いざ概ね大丈夫──秋口から年末辺りの新環境云々に慣れる
タームが何となく引いてくる感のあるここ暫く、どうにもそわそわと「不安」が過ぎる瞬間
瞬間がある。ふいっと大ポカをやらかさないだろうかと、未だ生ってもいない内から強張ろ
うとする。……実際の所、順風満帆(?)が怖いのだろうなあと自己分析しています。本末
転倒じゃないかと自分でも思いするのですがね……。一日一日単位ではそれこそバタバタ
と忙しなく動いているっていうのに、根っこのネガティブ癖は今も抜けていないんだなあと
改めて。
実際変に「出来る筈だ!」と自他へのハードルを上げても、真逆の結果になれば大ダメージ
必至なんだもの。そういう意味で、後ろ向き系の保険=予防線を張るのが癖になってんだ。

……やっぱり、厭世的な思考は毒だねえ。

個人的には嫌いじゃないんだけど、この手の命題はどうしても闇を孕む(´・ω・`)

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2020/01/16(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)願いが呪いとならぬよう

明けましておめでとうございます。がっつり一週間経ってから挨拶するというのもおかしな
話ではありますが……。年末年始も関係なく、相変わらず巷はきな臭い話題の供給に事欠か
ない様子ではあるものの、いち個人としてはなるべく従来の(創作)リズムを崩さないよう
心掛けていきたいと思っています。その割には、初週にユー録書きませんでしたが(¦3_ )=

……まぁこうして、今年最初の雑記をしたため始めた訳ですが、これと言って特に言及する
べきような変化があった訳でもないんですよねえ。いつものように生存報告、更新と更新の
間を埋めるように物を書く習慣ついでに。実際年末から年始にかけ、こちらの新記事が三題
ばかりになってしまっているので、一回別な部類をクッションするという意図もあります。
だから何だと言われてしまえばそれまでなんですけども……。

これも歳を食った証拠なのでしょうが、もう一年が過ぎた、新しい年の始まりだとその都度
テンションが上がるようなことがすっかり無くなってしまいまして……。前者があっという
間だったと数拍振り返り、虚無感を覚えることはよくあれど、暦が一つ替わったからと言っ
てミクロ・マクロの世界──自分を取り巻く現実が劇的に好転する訳でもなく……。悲観的
というか老成しちゃっているのか、無闇やたらに“期待しない”ことがデフォルトになって
久しいんでしょうね(予防線を張るのに余念がないとも言いますが)

当座の目標としては、現行の長編系二本を少しでも完結まで持ってゆきつつ、三題500本目に
向けて今一度個々のお話を吟味すること。数だけは無駄に膨れている現在、いい加減肝心の
クオリティやら戦略?(という表現で合っているのか)方面をもっと詰められれば万々歳と
いった所でしょうか。気を緩めればつい「思想語り」に走ってしまう悪癖と闘いつつ、創作
本来の──娯楽としての愉しみを自分の中で復権させられるか否か? でしょうね。ここ数
年、只々漫然とその日その週のノルマをこなすという動機づけに流されて過ごしてきた自覚
があり、これではいけないという焦りだけはありました。性分的に難しい(究理・求道の対
象としがち)と言えばそうなのかもしれませんが……楽しくない執筆はやはり苦行なので。
そんな状態で書いたもの等で、手に取ってくださった方々の時間を奪ってしまうのは申し訳
ないですし、何より自分自身が許せない。どのみち他人のリソースに割り込んでゆく業が避
けられないのなら、せめて頷いてから野に放ちたいのです。
           そもそもの前段階として、誰のどんな作品を選ぶか、或いは手段としないかは、各々の自由意志とはいえ。


……うーん、結局糞真面目に「語って」しまうなあ。

続きを読む
  1. 2020/01/06(月) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)厭世家を気取るような散文

聖夜? 知らない子ですね……( ˘ω˘ )

世間的なイベントも、折々の季節柄も、ガッツリ無視して執筆(創作)にばかり熱量を割く
といった営みを、気が付けばもう何年と繰り返しているのでしょうか? まぁ今更パリピに
なろうとも思いませんし、なれませんし、来年以降も同じように地味なライフワークもとい
趣味活動に没頭するのみです。少なくとも散財せねば成り立たぬって類でもないですからね。

歳末だろうが関係なく、例の如く更新&生存報告をば。
先日、サハラ~の五十章をUPしました。25エピソード目後編です。分量としては、推敲後の
段階で22100字半ば──若干多めといった具合でしょうか。また今回で、現行シーズン4も
折り返しを過ぎました。手元のプロット数は残り六章、3エピソード分。ユー録も第Ⅷ部が
佳境を迎え、残り五章分。三題は(なろうさんの仕様上、章数上限=同作にとっての月数)
が残り七ヶ月で500本。ぼちぼち、拙作らの大きな節目が見えてきたようです。

……正直そうやって逆算してみて、頭を抱えたんですけどもね。
主にプロット作成(休載時期)が被るじゃんよー! と。言わずもがな前者二つ、サハラ~
とユー録が。当初はどっちかを先にこさえ終えてしまって、もう片方を組み始める折に再開
する、という青写真を描いていたのですが……もう大分日数が迫ってるじゃない\(^o^)/
間に合うかのか、これ? 一応サハラ~の方はかねてより大枠を固める作業を進めてはいる
けれど……。どうやら来年の五月・六月辺りが、スケジュール的に大変な事になりそう;
(因みに三題は引き続き連番、なろうさんでは『二冊目』的な別枠にすれば大丈夫な筈)

……結局今年も、既にあるコンテンツを繋いでゆくばかりだったなあと改めて。まぁリアル
には秋口から、物理的に暫く忙しかったというのもありますが、ある程度それは知らされて
いた内容でしたからね。自分のキャパなり何なりを、甘く見過ぎていた。とりあえず今年は
乗り切ったものの、年明け以降にどうタスクがぶち込まれてくるかは分かりません。性分的
なこともありますが、お仕事はお仕事できちんとしたいのでね……。ただ一方でそれを理由
に、創作方面を中途半端に放棄もしたくないのですよ……。少なくとも手に取ってくださっ
ている誰かがいる訳ですし、何より勿体無い──今まで積んできた歳月と労力をふいにする
ようなものですから。せめてちゃんとエンドマークを、本編の完結までは持っていきたい。
結果そこに拘り続けることで、新しい企画(新規の弾数)を増やせなくなっても。

皆さんは今年どんな一年でしたか? まだ少し気が早い、イベント事に現を抜かせてくれと
仰るかもしれませんが……自身にとって“進展”が見られた歳月だったでしょうか? 勿論
なかった・乏しかったから全くの無意味という訳ではなくとも、やはり歩いてきた分相応の
何かを得たいっていうのが人情(歳による焦りとも云う)ってもので……。何分物書きなん
ていう営みも、往々にして目に見える変化が分かり難いですし……φ(=_=;)

来週分、今月第五週の三題がまだ残ってはいますが、長編系の更新はこれで今年最後となり
ます。また翌月──年が明ければもそもそ“次”に向けて書き始めているとは思いますが、
一先ずこれで区切りを。少々気が早いですが、皆さま良いお年を。

続きを読む
  1. 2019/12/25(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)如何すれば前向きになれる

(師走……師走?)

秋口から続いていたお仕事側(リアルサイド)の忙しなさも、先日ようやく落ち着きをみた
状況です。年明け以降の動きがどうなるかは未だ分かりませんが、これで当面はもうちっと
創作活動にもリソースが割ける──かもしれませんφ_(¦3 」∠)_ 喉元過ぎれば何とやら。

先日、ユー録の百十一章をUPしました。今回で現行第Ⅷ部も中編までが終了、次章より終盤
へと移ります。分量としましては、推敲後時点で24200字弱──個人的な目安よりも結構多め。
中の人のシフト事情で執筆モードに掛けた日数(及び翌推敲とUP準備で実質週半分くらい)
も延びてしまいました。如何せん、場面・視点切り替えが多いと、どうにも描出が大雑把に
なりがちな気がします。まぁ元より自分の文章は硬いわ長いわなので、寧ろガッツリと意図
的に削っていった方が(相対的には)読み易くなるのでしょうけど……。

しっかしまあ……今回もごっそり費やした(´=ω=`)-3

何時ものように難産、その癖散々四苦八苦して「もう嫌だ」となった記憶も、いざ原稿が上
がってしまえば高揚に変わる。それも所詮は束の間のものだと、今までの経験で痛いほど判
っている筈なのに、止められずにいる──只の阿呆、惰性でしかないのか。それとも本当に
書きたくて仕方ないのか。

(モチベよりもノルマ的なあれが勝って久しいですし)自問してみても、あまりそうは思え
ないんですけどねえ……。リアルのお仕事でわちゃわちゃ、物理的に割り振れるキャパが足
りなかった──題材としての時事に関心を向ける暇・意義をどんどん感じなくなってゆくの
も手伝い、ここ暫くは間違いなく小説の“優先順位”が下がって来ている風に思うのです。
ただそれはそれで、今まで拙作らを追ってくれている方達には申し訳ないのですけど……悲
しいかな多分事実ではあって。
肝心(?)のクオリティに関しては、その時々でなるべく妥協しないようにはしている心算
です。というよりもこっちは趣味で書いているのだから、自分が好きで出来なきゃ、それこ
そ本当に意味が無くなりますからね……。療養ニートから(一応)社会復帰一年生。歳月と
共に自身の立ち位置が移ろってゆく中で、その紡ぎ出す文章・物語(ひいては思考)もまた
レベルアップしていれば、読者のニーズに合うか否かはあれど、問題はないのですが……。

……うーん。雑記としては二週間ぶりぐらいなんだけど、如何せん直近までの執筆モードに
て大方のエネルギーを使い果たしている(ガス欠)なモンだから、更新&近況報告の文章で
すらままらない。文面が浮かばないというのもそうですが、これといって明瞭な話題を持参
出来ている訳でもない。じゃあ書かなくても。グダるグダる……。

あ。今月後半分の長編系(サハラ~の次章)は、特に予定が捻じ込まれない限りは来週末の
土日に書き始める心算でいます。残り三回の三題と共に、今年最後の更新となりますね。

続きを読む
  1. 2019/12/12(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)日々、闘いとなりしや

(間が空かない……)

前回の雑記からまだギリギリ丸一週間と経っていませんが、例の如く長編系更新後の報告と
いう体でご容赦の程を。多少日は空きましたが、先日サハラ~の四十九章をUP致しました。
25エピソード目前編です。
分量は推敲終了時点で22200字半ば──大体私的な目標ライン辺りか、少し多めといった所で
しょうか。また今回分の更新で、現行シーズン4も前半が消化し終わりました。章数の上で
は次回より後半戦となります。相変わらずの硬い・長い・臭い(近年は「重い」も加わって
いる気がする……)の三拍子が揃っておりますが、お楽しみいただければ是幸いです。個人
的にはかねてより、描出が粗くなっているのではないか? とも不安がる傾向があるものの、
十中八九自分の感覚はズレている筈なので、寧ろ意図的にゴリゴリ削った方が──文章単位
の肉付きを取っ払った方が、いわゆる一般的とされる水準に近付いてゆくのだろうと考える
ようにしています。そも今こうして書いてる文章だって、ごり押し過多ですしね?(# ゚д゚)⊂彡☆))Д゚)

(これで一先ず、実質的なノルマは終了)

……結局今月も変わらず、良くも悪くも、既存の執筆ルーティンとお仕事を捌いている内に
終わってゆくようです。カレンダー的には先月より、翌頭にかけてのスパンは空いてこそい
るものの、何か目新しいことに取り組めたとは言い難い。新たな企画起こし、中々増やす事
が出来ないでいる、別ジャンルの新規作品(だんがん)──年初に立てた抱負もすっかり瓦
解し、読書感想も四半期に一度くらいが関の山。その他のサブコンテンツ群も同様に後回し
が板に付いて久しい。水面下で、ほぼ毎日のように作業をしてはいるのだけど……。

お陰様で十年近い療養ニート生活から脱し、社会復帰(?)の一歩を踏み出して丸四半期に
なろうとしている現在。確かに日中バタバタと忙しく、それこそ何周遅れかよと哂われても
仕方のない“労働の喜び”とやらに少々毒されてきている、素人に毛が生えた程度ながらも
やりがいってものを覚えてきてはいますが……如何せん以前に比べると、明らかにガッツリ
と腰を据えて創作・執筆出来る時間は取り難くなっています。元よりそれが働くということ
だ、そりゃあ物理的にも忙しなくなるだろうよと、半ば割り切ってここ暫く突っ走ってきた
心算だったのですが、どうも自分の体力=キャパシティってものを気付けば過信してきた節
が見受けられます。つい数年前までは療養生活故のボドボドな体力だったというのに……。
多分、お仕事を掴めた高揚も手伝って舞い上がってるんでしょうねえ。なまじリハビリを兼
ねて創作趣味を再開し、今やライフワークにまで持ってこれた分、変に勘違いをしてきたの
かもしれません。まだまだ自分には、エネルギーが在るんだと。……若い子はまだピンと来
ないかもですが、気力(精神力)って、結構体力的な余裕に付随するんですよ(´・ω・`)

……性分もあってか手を抜けず、これまでの怠惰への反動・焦りも(何処かで今も)あって
か、つい頑張り過ぎてしまうらしいです。周りからの評によると。

改めて、もうちっと全体的にセーブしてかないといけませんねえ。長期的にもたなくなる。
いずれ身体が慣れてくるだろうし大丈夫……と踏んでいても、主治医の話ではそれも年単位
だろうとのこと。当面は今のような振れ幅が続くものと思われます。

またぶっ倒れてしまっては、かつての二の舞ですしね? あの時とは大分、メンタル的に違うとはいえ。

続きを読む
  1. 2019/11/28(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (196)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (112)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (50)
【企画処】 (479)
週刊三題 (469)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (406)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month