日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔98〕

 白咆の街(グラーダ=マハル)郊外、その道中。
 ディノグラード家からの使者が運転する鋼車に分乗し、その館を目指していたジーク達北
回りチームは、突如して彼らからの裏切りに遭っていた。中からは銃を突き付けられ、外か
らは竜族(ドグラネス)の戦士達に包囲され、為す術もなく一行は両手を上げた状態で鋼車
の外へと──積雪点々とする山道の只中に連れ出される。
「何で。何でだよ……?」
「……」
 そんな面々の中心に立つのは、七星の一人であり、ディノグラード家の嫡子でもあるセイ
オン。冬間近の竜王峰を背後遠巻きに臨み、ジークらが困惑と共に問い詰める中、その顔色
は明らかに浮かないものだった。
「ここから先は……行かせられない。悪いが君達には、このまま留まって貰う」
「えっ……? ど、どういうことですか?」
「おいおい。案内に応じておいてそれはないだろう……」
「そうね。いきなり過ぎるわ。理由を……教えてはくれないかしら?」
 レナやリカルド、そして団長イセルナも口々に問う。だがそれにセイオンは答えようとは
しなかった。代わりに深く眉間に皺を寄せ、静かに大きなため息をつく。
「……思えば、君達とは不思議な縁があるな。皇国(トナン)内乱から始まり、大都消失、
聖都(クロスティア)の一件、そして大爺様の聖浄器──あの頃は、こんな形で君達と相対
することになるとは思ってもいなかった」
 少なくとも、彼の眼差しと纏う雰囲気には、多分に“哀しみ”が含まれているように思え
た。配下の戦士達も同様だ。
 なのに彼らは何故、今こうして自分達に刃を向けようとするのか? それが分からない。
「できれば手荒な真似はしたくない。大人しく、言う通りにしてくれないか?」
『……』
 故にギリッと、しかしはいそうですかと折れる理由も見出せず、ジーク達は寧ろ警戒の気
色を強めていた。ゆっくりと腰の剣や銃に手を伸ばし、物音をも抑えつつオーラを練る。
「断る。俺達は爺さんに“会いに行かなきゃならない”んだ」
 互いに目配せをする隙さえ惜しかった。誰かに言われるでもなく、次の瞬間ジークは困惑
を無理にでも振り切るようにして、そうキッと険しい表情で言い放った。
 どんな理由──事情があるのかは分からない。
 だがもし彼らが、あくまで自分達の行く手を阻もうとするのなら……。
「……そうか」
 残念だ。そしてセイオンも、言外にそう漏らすようにまた嘆息をつくと、自身も腰の剣を
揺らしながら一歩前に出た。周りの部下達も、それを合図とするようにザリザリッと、一行
を包囲する距離を縮め始める。
「ま、待ってください! 私達は、皆さんと戦いたくは……!」
「そうです! 一体何があったというんですか? 何が理由でこんな──」
「シフォン。無駄だ。彼らに聞く耳はない」
「こんな所で消耗するなんて不本意だけど……やるしかないわね。突破するわよ」
 そんな彼らの動きに、レナは尚も必死に説得しようとする。ヨーハンとの面会を通じて、
同家の者達と事を構える気などそもそも持ち合わせていないのだ。シフォンやクレアも、納
得がいかないという風に首を横に振っているが、目の前の状況はそう悠長に構えていられる
ものではないらしい。
「……こんな歓迎は、御免被りたいんだけどね」
「足止め、だろうなあ。わざわざ使いをこっちに送って来ておいてまでだし……」
「うう……。何でこんなことに……」
 あくまでセイオン達は、こちらを阻止する構えのようだ。ハロルドやリカルド、クレアが
心を臨戦態勢に、銃を抜き、ピンを五指の間に構えてめいめいにごちている。ジーク達は仕
方なく応戦する他なかった。動機がいまいち分からないが、このままでは埒が明かない。と
もかくこの包囲網を、何とか突破しなければ。
「……。何でこうなっちまうんだよ」
 呟く舌打ち。それはジークに、仲間達にとって、言外に主語を大きくしたこれまでの旅路
に対する怨嗟のようでもあった。
 二刀を抜き放ち、同時にオーラを全身に巡らせる。同じく竜族(ドラグネス)の戦士達が
一斉に地面を蹴り、攻撃を仕掛けてくる動きがスローモーションのように五感に映る。オズ
がその機械の剛腕を、レナが指に嵌めた魔導具を、シフォンが靄状に変えたオーラを足元に
叩き付ける。イセルナが駆け出しながらブルートを纏い、周囲に冷気を吐き出す。
「──」
 そんなぶつかる寸前、両者の向こうでセイオンはじっとこちらを見ていた。
 同じくスローモーションの世界。その眼差しは、表情は、まるで思い詰めたように深刻な
それのまま、ざらりと腰に下がった長剣を大きく弧を描くように抜き放つ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/08/07(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔36〕

 再び時は遡る。睦月達との再戦を睨み、トーテムはスロース達に見せられた“合成”アウ
ターの実験に、自らも志願していた。準備の整えられた、淡翠の溶液に満たされたカプセル
を前に、スロースは気だるげながらも何処か神妙な面持ちでこちらに向き直ってくる。
「本当に……いいのね?」
「ああ」
 それで、今よりも強くなれるのなら。
 バイオとヘッジの弔い──仇を討つ為に、ひいては彼らの自由(ねがい)を叶える為に。
 そう……。尤も対するスロースの方は、そんな彼の動機自体にはあまり興味はなさそうだ
ったが。
 安全は保証できない。最悪“合成”の負荷に耐えられず、自滅してしまうリスクがある。
 だがトーテムは構わないと思った。他に選択肢が見当たらなかった。二人の遺志を継ぎ、
この困難を越えてゆく為には。
「じゃあ、始めるわよ」
 老紳士風の人間態から苔むす色の怪人態に戻り、スロースらが見守る中、カプセルの中へ
と入る。彼女やサーヴァント達が装置を操作すると、トーテムは自身の身体がデジタル記号
の──半データ状の羅列になってゆくのを見る。更にそこへ、カプセルの上下から、別の個
体のものと思われる核(コア)から分解された、データ粒子の螺旋が流れ込む。
『ぐぶっ?!』
 人間で言う所の、拒否反応という奴なのだろう。直後トーテムの全身という全身に、経験
したことのない猛烈な激痛が襲った。
 だが彼は表情(かお)を歪めながら、必死に耐える。全ては力に入れる為。バイオとヘッ
ジ、残された皆を救う為。こんな所で折れてしまっては、何も始まらない……。
「あ……があああああああーッ!!」
 それでも全身を襲う激痛は、治まるどころか時間と共に頻度・強度共に増していき、彼の
意識が少しずつ確実に引き剥がしてゆく。心の中でそう願った、自らに言い聞かせたその意
思と呼べるものも、一緒に“自分”より遠い何処かへ持っていかれそうになり、事実肉体の
側も、激しいエネルギーの奔流に壊され始め……。
「──へえ。やるじゃない」
 だが唐突に、その絶え間ない苦痛がはたっと止んだ。白目を剥きながらも、かはっと溶液
の中で盛大に息を吐き出しながらも、その変化を五感の端で感じ取り、外からそう呼び掛け
るスロースの声を聞く。
 自壊が始まる、その寸前で“合成”が完了したのだ。注がれていたエネルギーは、先の別
個体の核(コア)の全消費でもって収まり、サーヴァント達の操作で溶液がカプセル底部か
ら繋がる配管へと回収、その分厚いガラスの壁もぐるんと格納される形で消える。
『──』
 フシュウ……と、急速に気化する煙と共に、トーテムが出てきた。よろよろとまだ痛みが
残る身体で床に足をつけ、肩で息をしながら目の前のスロース達からの眼差しをゆっくりと
見上げる。
「……これが」
 そして今度はゆっくりと自分の両手を、全身をおずおずとためつすがめつ。
 苔むした緑色の、彫像が連なったような怪人態の身体。
 それが今は、全体が深い青色のそれへと変貌を遂げていたのだった。

続きを読む
  1. 2018/07/16(月) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔97〕

 これまでの旅がことごとく波乱含みだっただけに、こうもあっさりと着いてしまうと逆に
不安になる。

 霧の妖精國(ニブルヘイム)を発ってから十五日──およそ一週間と三日。
 古都ケルン・アークに到着したイセルナ以下北回りチームは、市中の一角に宿を取り、先
だって面会を要請したディノグラード家からの返答を待っていた。
 天上層特有のゆったりとした時間の流れと、古く染み付いた匂い。
 だが、そんな時にノスタルジックなこの地の空気も、今のジーク達にはじわじわと焦りを
促す材料にしかならなかった。立ったり座ったり、窓から眼下の風景をぼんやり眺めたり。
スライド式の間仕切りで男女別に分けられる大部屋で、一行は思い思いに過ごしていた。寡
黙が、気鬱が部屋一面に横たわっている。
『……』
 その理由は、単純なことだ。解りきっている。
 先のニブルとアルヴ、新旧妖精族(エルフ)達の争いに翻弄されつつも、何とか聖浄器・
深緑弓(エバーグリス)を手に入れたジーク達だったが、事件が終わって一段落……とはい
かなかったからだ。心中、決して穏やかではなかったからだ。
 体力的にというよりも、精神的に。
 ぐったりとめいめいに沈黙しているのは、その後の人々の評価故だ。保守的で平穏を望む
古界(パンゲア)の者達にとり、先の一件で「どちらが正しかったか?」はさして重要では
なかったのだ。開明派が、ブルートバードが掻き乱した──ただその事実一点をもって不快
なのであり、この市中でも散々その不満や悪評を耳にしてきたのだ。用心のため、外出時に
は変装やほっかむりを被っておいて正解だったと思う。目の前に当の本人達がいると分かっ
たら、はたしてどんな罵声を浴びせられたことか。
 ……自分達は、一体何の為に戦ったのだろう?
 聖浄器を手に入れる為、そして“結社”の脅威と戦う為には違いない。ニブルとアルヴの
対立に関わる形になってしまったのは、ひとえに成り行きだとも言える。
 だが結局、あの戦いで自分達は何を得られたのだろう? 何を守れたのだろう?
 どれだけ特務軍としての大義名分を抱えても、ミシェルら“守人”達を守れなかったのは
紛れもない事実だ。長老達の暗殺という形で一先ずの終止符が打たれたとはいえ、アルヴと
ニブルの対立は解消できなかった──寧ろ溝は深まったままで、その実単に振り上げられた
拳を下ろさざるを得なくなった、というだけに過ぎない。
 その意味では、市民(かれ)らの言う通りなのかもしれなかった。
 こちらがどれだけ“結社”の脅威を説こうとも、結果が伴わねば、ただ“掻き乱された”
という事実・感慨ばかりが残るのである。正直、もやもやした気持ちは否めないが、それが
現実だ。
(……ま、本を正せば俺達の個人的な戦いだったからな。誰かの為ってのは、結局後付けだ
ったのかもしれねえが……)
 そう、ぼんやりとジークが窓際で古都(ケルン・アーク)の静かな街並みを眺めていた時
のことだった。トントンと、部屋の入口が何者かにノックされる。
 一同が誰からともなく顔を見合わせて、ハロルドとレナがこれに応じた。開けた扉の向こ
うに立っていたのは、黒い正装に身を包んだ竜族(ドラグネス)の男性。
「クラン・ブルートバードの皆さんですね? ディノグラード公ヨーハン様より、皆様のお
迎えを仰せつかりました」
 ようやく来たか……。この慇懃な使者の到着に、ジーク達はおもむろに立ち上がった。皆
にイセルナが、纏めてある荷物を運ぶように指示する。それまで物静かだった時間が、にわ
かに緊張し、慌しくなる。
「表に鋼車を停めてあります。どうぞ」
 サッと無駄のない所作で、廊下の先を促す使者。ジーク達は彼の案内のままに、ぞろぞろ
と出発の準備をし始めた。
 僅かに唇を結んで、神妙な面持ち。ようやく彼に、最後の聖浄器に会える。
 リカルドやシフォン、オズなどが荷物をぶら下げ、先ず外に出て行った。その後ろをハロ
ルドやレナ、クレアにジークといった残りの面々が続く。この部屋の主達が減ってゆく。
 そこに、一通の開封済みの封筒が残されていた。備え付けの花瓶を文鎮代わりに、小振り
な丸テーブルの上に置かれている。
 最後にイセルナが、これをサッと花瓶の下から引き抜いて部屋の中を見渡した。忘れ物や
戸締りを確認してから、自身も肩に引っ掛けた荷物を揺らし、踵を返す。
『──』
 アルスからの手紙だった。
 彼が滞在中のジーク達に宛てた、件の解読結果だった。

続きを読む
  1. 2018/07/03(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔35〕

 いつだって強く思う。この世界は、嫌(ヤ)な奴ばっかりだって。

 私が物心付いた頃には、親父とお袋の仲はもう冷え切ってた。記憶の隅にこびり付いてる
のは、言い争う二人の怒声や罵声、獣みたいな横顔。
 物を投げ付け合っている時も珍しくなかった。取っ組み合いの喧嘩になる事も少なくなか
った。でも、遠巻きに見れてる内はいい。その矛先が私に向けられる日だってあったから。
あいつらの匙加減一つで、一体何度理不尽な目に遭わされてきたか。

 ……こいつらは、家が同じだけの他人だ。いや、同じ人間だとすら思いたくない。
 いつだって苛々する。どうして私だけ、こんなハズレくじを。
 あの二人だけの話じゃない。学校でもクラスの奴らは、毎日飽きもせず“仲良しごっこ”
の下で、互いの足を蹴り合ってる。女子特有の陰険さと、誰が決めたのかもはっきりとしな
いペースに、ルールに合わせなきゃいけないっていう面倒さ。本当に息が詰まる。
 なのに先公達は、分かった風に──実際は分かってても見て見ぬふりをして、何としてで
も私達に“問題がない”ってことにしたがって。
 地区の連中もそうだ。事ある毎に“見守り”だ何だと言って、放課後の私達の行動まで監
視してくる。無駄にニコニコしてくる裏で、何を考えてるのか分かったモンじゃない。それ
ぞれの仕事に、家庭に戻れば、そいつらがクソ野郎じゃないなんて保証は何処にもありはし
ないんだから。
 大人なんて皆そんなものだ。テレビの向こうでも、毎日のように芸能人や政治家、金持ち
連中のスキャンダルを嬉々として伝えてる──寄って集って誰かの足を引っ張ることばかり
に熱を上げている。進歩することを自分達から放り出して、代わりに残ってるカスを我先に
と争って、食い潰し続けているようにも見える。
 ……本当に、腐ってやがる。
 なのにあいつらは、口を揃えて私に言うんだ。
 必死になって勉強しろ、この国を担う人間になれ。その為の集積都市なんだと、口酸っぱ
く説教してくるけど、何で“こんな国”を支えなきゃいけない? “こんな国”を支える為
に大人にならなきゃいけない? 自分達がクソであることを理解しようとさえしないで、責
任ばかり押し付けてくるような連中の尻を拭く為に、私は生まれてきたんじゃない。お前ら
の“予備”になる為に、私は生まれてきたんじゃない。

 ……そんなの、絶対に嫌だ。
 でももし、そうしてああやって、汚く醜くなることが“大人”なんだと言うのなら。
 私は絶対、大人になんてなりたくない──。

続きを読む
  1. 2018/06/19(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔96〕

 それぞれの講義の合間に。或いは放課後に皆で集まって。
 アルスやエトナ、ルイスにフィデロ、シンシア、及びゲドとキースの護衛コンビら解読班
は、梟響の街(アウルベルツ)のエイルフィード家別邸に避難させていた文献を、修理の終
わったルフグラン号に再び運び込む作業をしていた。
 現在のシンシアの住居である別邸内には、既に技師組らにより『陣』が敷設されている。
転送リングで荷物ごと船内に移り、設備棟の転移装置を経由して、解読の終わった文献達を
翠風の町(セレナス)の大書庫へ返却するという流れだ。
「ほいさっ」
「ほい。よっ、と……」
 面々の中で大柄なゲドとキース、或いはフィデロを中心として、箱詰めした文献達を一つ
また一つと手渡しでリレーしてゆく。船内には団員達が待機してくれており、そのままある
程度纏めた都度、同じく転送装置を起動させて大書庫へと転移・返却に向かう。
「しかし、何だな。こんな二度手間三度手間するんなら、始めっから向こうの執政館で作業
してた方が良かったんじゃねえか?」
「あはは……。ご、ごめんね? フィデロ君達にもいっぱい迷惑を掛けちゃって……」
「謝ることはないさ。僕もフィデロも、エイルフィードさんも、好きで手伝っていただけな
んだから」
「好きっ?! ……ま、まぁそうですわね。アルスの頼みですし、お兄さん達──“結社”
との戦いの助けになるのなら、是非もありませんもの」
「フィデロの言いたいことも分かるけどねー。結局解読は、こっちで終わったんだから」
 そうしてルフグラン号から戻って来たフィデロが、また次の箱を持ち上げながらごちた。
アルスが苦笑(わら)い、ルイスが力仕事に難儀しつつ、シンシアやエトナがそれぞれに妙
に焦ったり、宙に浮かんで皆を応援したりしている。
「だが実際問題、向こうに出ずっぱりって訳にゃあいかんだろう」
「館の地下に『陣』は敷いてあるがのう」
「そう……ですよね。部外者をほぼ毎日のように上げる格好になっちゃいますし。アルノー
さんは気にしなくても、その事を知ったら、町の人達がいい顔をしないでしょうし……」
 故に、同じように船内と邸内を往復するキースが、そう何の気なしで言った。アルスや他
の面々も、とうにそういった事情は理解している。
 すっかり自分達イコール“結社”に絡む疫病神扱いされることもままある点に加え、かつ
ては一度、翠風の町(セレナス)は実際に天瞳珠(ゼクスフィア)を巡って使徒達と戦闘に
なったことがある。その一件もあって、領民感情が悪く働くであろうことは容易に想像でき
たからだ。
「また攻めて来られても、困りますものね」
 そう肩を竦めるシンシアも、結局は何処が被害を被るかの違いでしかないとは内心解って
はいたが。事実──文献を狙ったとは言い切れないものの、作業拠点であったルフグラン号
が襲撃に遭ったのだ。なるべく“他者”を巻き込みたくはない。
「ま、それも今日で終わりだ。解読作業も済んだし、これを全部返し終われば、ミッション
コンプリートってな」
「ああ。来月には定期試験だし、間に合って良かった」
「うん……」
 言って、彼女やルイス、フィデロ達がちらっと横目を遣る。小さく首肯するアルスの横顔
が、先程からどうも暗く感じられていたからだ。
 いや、彼の様子の変化はそれ以前、リュノーが残した暗号の全文が明らかになってからの
ことだ。大量の文献の中に隠されていた暗号、先祖の意図が判明し、アルノーこそ『これで
僕達は役目を果たせたんですね……』と何処か安堵し、感慨深げだったが、それ自体と暗号
の“重さ”とはまた別の問題である。
 アルスはぎこちない笑みを繕いながら、終始複雑な表情だった。フィデロ達も、そんな友
の姿に、自らが解き明かしたメッセージに、場が気分がゆっくりと沈み込んでゆくのを抑え
切れないでいる。
(アルス君……)
(まぁ、無理もねえよなあ)
 ひそひそと、学友達は小声で囁き合う。
 解読の結果は先日、ヨーハンの下にも送った。まさかあんな事が書いてあるだなんて思い
もしなかった。自分達も、にわかには信じられなかった。

 ……もしかしたら自分達は、とんでもないものをこじ開けてしまったのかもしれない。

続きを読む
  1. 2018/06/05(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (168)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (98)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (36)
【企画処】 (393)
週刊三題 (383)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (356)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート