日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔35〕

 いつだって強く思う。この世界は、嫌(ヤ)な奴ばっかりだって。

 私が物心付いた頃には、親父とお袋の仲はもう冷え切ってた。記憶の隅にこびり付いてる
のは、言い争う二人の怒声や罵声、獣みたいな横顔。
 物を投げ付け合っている時も珍しくなかった。取っ組み合いの喧嘩になる事も少なくなか
った。でも、遠巻きに見れてる内はいい。その矛先が私に向けられる日だってあったから。
あいつらの匙加減一つで、一体何度理不尽な目に遭わされてきたか。

 ……こいつらは、家が同じだけの他人だ。いや、同じ人間だとすら思いたくない。
 いつだって苛々する。どうして私だけ、こんなハズレくじを。
 あの二人だけの話じゃない。学校でもクラスの奴らは、毎日飽きもせず“仲良しごっこ”
の下で、互いの足を蹴り合ってる。女子特有の陰険さと、誰が決めたのかもはっきりとしな
いペースに、ルールに合わせなきゃいけないっていう面倒さ。本当に息が詰まる。
 なのに先公達は、分かった風に──実際は分かってても見て見ぬふりをして、何としてで
も私達に“問題がない”ってことにしたがって。
 地区の連中もそうだ。事ある毎に“見守り”だ何だと言って、放課後の私達の行動まで監
視してくる。無駄にニコニコしてくる裏で、何を考えてるのか分かったモンじゃない。それ
ぞれの仕事に、家庭に戻れば、そいつらがクソ野郎じゃないなんて保証は何処にもありはし
ないんだから。
 大人なんて皆そんなものだ。テレビの向こうでも、毎日のように芸能人や政治家、金持ち
連中のスキャンダルを嬉々として伝えてる──寄って集って誰かの足を引っ張ることばかり
に熱を上げている。進歩することを自分達から放り出して、代わりに残ってるカスを我先に
と争って、食い潰し続けているようにも見える。
 ……本当に、腐ってやがる。
 なのにあいつらは、口を揃えて私に言うんだ。
 必死になって勉強しろ、この国を担う人間になれ。その為の集積都市なんだと、口酸っぱ
く説教してくるけど、何で“こんな国”を支えなきゃいけない? “こんな国”を支える為
に大人にならなきゃいけない? 自分達がクソであることを理解しようとさえしないで、責
任ばかり押し付けてくるような連中の尻を拭く為に、私は生まれてきたんじゃない。お前ら
の“予備”になる為に、私は生まれてきたんじゃない。

 ……そんなの、絶対に嫌だ。
 でももし、そうしてああやって、汚く醜くなることが“大人”なんだと言うのなら。
 私は絶対、大人になんてなりたくない──。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/06/19(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔96〕

 それぞれの講義の合間に。或いは放課後に皆で集まって。
 アルスやエトナ、ルイスにフィデロ、シンシア、及びゲドとキースの護衛コンビら解読班
は、梟響の街(アウルベルツ)のエイルフィード家別邸に避難させていた文献を、修理の終
わったルフグラン号に再び運び込む作業をしていた。
 現在のシンシアの住居である別邸内には、既に技師組らにより『陣』が敷設されている。
転送リングで荷物ごと船内に移り、設備棟の転移装置を経由して、解読の終わった文献達を
翠風の町(セレナス)の大書庫へ返却するという流れだ。
「ほいさっ」
「ほい。よっ、と……」
 面々の中で大柄なゲドとキース、或いはフィデロを中心として、箱詰めした文献達を一つ
また一つと手渡しでリレーしてゆく。船内には団員達が待機してくれており、そのままある
程度纏めた都度、同じく転送装置を起動させて大書庫へと転移・返却に向かう。
「しかし、何だな。こんな二度手間三度手間するんなら、始めっから向こうの執政館で作業
してた方が良かったんじゃねえか?」
「あはは……。ご、ごめんね? フィデロ君達にもいっぱい迷惑を掛けちゃって……」
「謝ることはないさ。僕もフィデロも、エイルフィードさんも、好きで手伝っていただけな
んだから」
「好きっ?! ……ま、まぁそうですわね。アルスの頼みですし、お兄さん達──“結社”
との戦いの助けになるのなら、是非もありませんもの」
「フィデロの言いたいことも分かるけどねー。結局解読は、こっちで終わったんだから」
 そうしてルフグラン号から戻って来たフィデロが、また次の箱を持ち上げながらごちた。
アルスが苦笑(わら)い、ルイスが力仕事に難儀しつつ、シンシアやエトナがそれぞれに妙
に焦ったり、宙に浮かんで皆を応援したりしている。
「だが実際問題、向こうに出ずっぱりって訳にゃあいかんだろう」
「館の地下に『陣』は敷いてあるがのう」
「そう……ですよね。部外者をほぼ毎日のように上げる格好になっちゃいますし。アルノー
さんは気にしなくても、その事を知ったら、町の人達がいい顔をしないでしょうし……」
 故に、同じように船内と邸内を往復するキースが、そう何の気なしで言った。アルスや他
の面々も、とうにそういった事情は理解している。
 すっかり自分達イコール“結社”に絡む疫病神扱いされることもままある点に加え、かつ
ては一度、翠風の町(セレナス)は実際に天瞳珠(ゼクスフィア)を巡って使徒達と戦闘に
なったことがある。その一件もあって、領民感情が悪く働くであろうことは容易に想像でき
たからだ。
「また攻めて来られても、困りますものね」
 そう肩を竦めるシンシアも、結局は何処が被害を被るかの違いでしかないとは内心解って
はいたが。事実──文献を狙ったとは言い切れないものの、作業拠点であったルフグラン号
が襲撃に遭ったのだ。なるべく“他者”を巻き込みたくはない。
「ま、それも今日で終わりだ。解読作業も済んだし、これを全部返し終われば、ミッション
コンプリートってな」
「ああ。来月には定期試験だし、間に合って良かった」
「うん……」
 言って、彼女やルイス、フィデロ達がちらっと横目を遣る。小さく首肯するアルスの横顔
が、先程からどうも暗く感じられていたからだ。
 いや、彼の様子の変化はそれ以前、リュノーが残した暗号の全文が明らかになってからの
ことだ。大量の文献の中に隠されていた暗号、先祖の意図が判明し、アルノーこそ『これで
僕達は役目を果たせたんですね……』と何処か安堵し、感慨深げだったが、それ自体と暗号
の“重さ”とはまた別の問題である。
 アルスはぎこちない笑みを繕いながら、終始複雑な表情だった。フィデロ達も、そんな友
の姿に、自らが解き明かしたメッセージに、場が気分がゆっくりと沈み込んでゆくのを抑え
切れないでいる。
(アルス君……)
(まぁ、無理もねえよなあ)
 ひそひそと、学友達は小声で囁き合う。
 解読の結果は先日、ヨーハンの下にも送った。まさかあんな事が書いてあるだなんて思い
もしなかった。自分達も、にわかには信じられなかった。

 ……もしかしたら自分達は、とんでもないものをこじ開けてしまったのかもしれない。

続きを読む
  1. 2018/06/05(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔34〕

「うぐっ!?」
 動きを止めたその一瞬が決定打だった。がら空きになった両腕の隙間をヘッジホックの拳
が抉り打ち、睦月は大きく吹き飛ばされた。目の前の遠巻きから、インカム越しから、仲間
達の自分を呼ぶ声が聞こえる。
「……」
 棘付きの拳鍔(ダスター)を両手に提げながら、鬼気迫る様子のヘッジホックがゆっくり
と近付いて来る。
 一方で守護騎士(ヴァンガード)姿の睦月は、その面貌の下で、ぐらぐらと動揺に瞳を揺
るがせているままだ。
「これで──」
 拳鍔(ダスター)を振り上げ、睦月に止めを刺そうとしたヘッジホック。
 だがそんな時、彼の身体に異変が起こった。不意に全身から血が──デジタル記号の粒子
が再び溢れるように噴き出し、その動きを止める。
 ダメージだ。初手の奇襲で國子達から受けたダメージが、今になり響いてきたのだった。
「かはっ……?!」
『……! よし、効いてる!』
『今だ睦月、反撃しろ!』
 瞳を明滅させ、ぐらりと大きく仰け反るヘッジホック。
 その異変を見て、すかさず指示を飛ばす、皆人以下司令室(コンソール)の面々。
 しかし肝心の睦月は、動かなかった。いや、迷いに囚われて動けなかったのだ。
 すぐ目の前で苦しみ、それでも尚抗おうとするヘッジホックの姿。
 その姿と、直前彼と打ち合いを繰り広げた際の言葉が、睦月の脳裏の中央でハレーション
を起こしている。

『約束したんだ……。お前を倒せば、僕達は自由になれる!』

 確かにヘッジホックは、そう言った。
 ただそれだけの為に、こいつは自分に戦いを挑んできた。
 ……どういう事だ? あの後から今日までに、奴らの間で一体何があった?
 頭の中が混乱している。戦いの意識と、もう一つ過ぎるのはかつての“友”の姿だった。
 これはあくまで推測の域を出ない。だがもしそれが正しければ、今自分が戦っている、倒
そうとしている相手の目的は……。
「ヘッジ!」
 ちょうど、その最中だった。海沙や宙、仁と対峙していたトーテムは、ビルの屋上からこ
の戦いの一部始終を目撃していた。
 自らに浴びせられた粘着弾にもがきながら、この盟友の危機に動こうとする。ぐおおおお
おおッ……!! ミシミシと、自身と足元のコンクリ床とを強力に貼り付けている粘々を、
その念動力の浮遊で少しずつ力ずくで引き剥がしてゆく。
「!? しまっ──」
 そう仁がハッと顔を引き攣らせた時には既に遅かった。一度完全に身動きを封じてやった
と思ったトーテムは、次の瞬間、その足元のコンクリ床ごと脱出して空中へと飛び上がって
行ったのである。仁達が追おうとしても間に合わなかった。海沙のビブリオが、宙のカノン
の銃口が慌ててトーテムに向くが、彼は一切構わずそのままヘッジホックの下へ急行する。
「掴まれ! 一旦退くぞ!」
 足元に粘着弾で貼り付いたままのコンクリ床──瓦礫の塊をぶら下げたままで。
 トーテムは“出血”にふらつくヘッジホックに、そう叫んで手を伸ばした。鬼気迫る表情
のまま、ギロリとこちらを睨み返してきたが、それでも数拍後には促されるがまま、その手
を取って彼と共に大きく再浮遊する。
 國子ら奇襲班はさせじと、このトーテムを叩き落そうとしたが、こちらへ飛んでくる際に
散らばり降ってくる無数の礫(つぶて)がそれを妨げた。
 混乱に、更に上乗せした混戦と、土埃。
 故に気付いた時にはもう、この二人のアウターはまんまと、睦月ら包囲網の中から逃げ出
してしまった後だったのである。
『……ちっ』
 インカム越しの向こうで、皆人が小さく舌打ちをするのが聞こえた。
 しかし当の、現場の睦月は、未だ動揺に身体の自由を押さえられたまま、荒く肩で息をす
る事しかできなかった。

続きを読む
  1. 2018/05/22(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔95〕

『まさか、これは……』
 ワーテル島の消失。映像越しにその一部始終を見ていたのは、何も一連の戦いを対岸の火
事と決め込んでいた人々だけではない。ようやく万魔連合(グリモワール)と合流──追討
作戦を再開しようとしていた王や議員達も、まるで頭を殴られたかのように大きく目を見開
いている。
『い、一体何が起きたんだ?』
『急いで現地に連絡を! サーディス達は無事なのか!?』
『そ、それだけじゃない。また万魔連合(グリモワール)を巻き込んでしまったら……』
 ざわざわと、ホログラム画面の向こうでこちら側で、面々が状況確認に動き始めた。
 よりにもよって……。その表情が総じて必要以上に険しいのは、既視感──二年前の大都
消失事件の記憶を重ねているからなのだろう。
『……してやられたな。あの時の結界か。それだけ結社(やつら)も、ヘイトの横暴を看過
できなくなったということなのかもしれんが』
『ああ。だが、策としては上出来だ。力の供給元を断てば、奴もいずれはジリ貧になる』
 尤も、それまで待つつもりはねえし、奴も待ちやしないだろうが……。
 そんな中でも、ハウゼン以下四盟主は比較的落ち着いているように見えた。フッとそう嗤
うファルケンに、ロゼとウォルターは横目を遣りながらも、画面の向こうに映る現地の様子
に注意を向け続けている。
『だ、駄目です! 応答がありません!』
『モニター中の映像も途絶えました! おそらくは、機材ごと結界の内側に巻き込まれたも
のと思われますが……』
 通信の端々で、各配下の技師や官吏達が振り向いて言う。案の定、ヒュウガやウル達も結
界の中へと閉じ込められてしまったらしい。
『ど、どうしましょう?』
『くっ……拙いな。突入の最中だったからな』
『ああ。だが彼らは魔人(メア)だし、実力も“七星”クラスだ。そう簡単にくたばるとは
思えん』
『し、しかし……。二年前と違って、今回はレノヴィンがいないんだぞ? 突入口だってあ
の時のように在るとは限らない。こちらと分断されてしまった事実には変わりないんだ』
 実際に二年前、大都消失を生き抜いた本人達ではある。そう易々とやられはしないだろう
と信じたい。
 だが議員の一人がそう口にするように、状況は間違いなく悪い──不透明だ。少なくとも
こちらの兵力も一緒に分断されてしまった以上、ヘイト追討を続けるにしても脱出を優先す
るにしても、リスクが高い。二年前のあの時はジーク達が正面の守りを破ったことで突破口
が開けたが、その当人達は今天上と地底に分かれて聖浄器回収の任に就いている。
『……結社(やつら)の介入があった時点で、想定すべきだったな。緊急事態だ。現地に兵
を増派する。残された万魔連合(グリモワール)の関係者と交渉を行ってくれ。結界で分断
されたとはいえ、まだ外側には大量の瘴気が残っている。先ずはその後始末をしつつ、結界
内部への進入も模索する』
 了解! 暫し思案顔をしていたハウゼンの一言に、配下の者達が動き出した。他の王や議
員達も、特段これに反対はしない。増派については先方と改めて擦り合わせる必要があるだ
ろうが、今自分達にできる事と言えばそんなものだ。またレノヴィン達──部外者ばかりに
頼る訳にもいくまい。何より今回は、こちらが始めた戦争なのだ。
「……」
 どっかりと、自身の玉座に深く腰掛け直し、ハウゼンは人知れず深く息をついた。眼下に
は官吏や将校らに指示を飛ばす臣下達の姿があるし、通信画面の向こうでも各国の王や議員
達が、それぞれに随時部下を動かしたり報告を受けたりしている。
 ファルケンやロゼ、ウォルターがじっとこちらを窺っている事には気付いていた。彼らも
彼らで思う所──戦術の立て直しや自身への心配、或いはこの戦いの後の商機について思い
を巡らせているのであろうが、正直ハウゼンが今胸中に抱く感慨は、ある意味でそれらとは
一線を画すものである。さも目の前の、現実とは違ったベクトルを向いてしまっている。
 ……ここまで戦いが長引くとは、複雑になるとは思っていなかった。
 いや、保守同盟(かれら)と戦うと決心した時点でその内情は入り組んではいたのだが、
兵力差を考えれば、決着は比較的早期だろうとやや楽観的に目算をつけていたのだ。
 それだけに飽き足らず、戦いは地底層──器界(マルクトゥム)の人々まで巻き込んで。
 直接の元凶はヘイトの側であるにせよ、当初想定していなかった広がりを許してしまった
事はれっきとした自分の落ち度である。
 これは、報いなのだろうか? 息子の弔い戦という大義が招いた罪であるならば、やはり
自分は多くの人々にとって悪人なのだろう。或いは身内が関わったことで、冷静な判断力を
欠いていたのかもしれない。
 何より“結社”の介入がここまでとは……。奴らの意図、目的は未だ判然としない部分が
多いが、少なくともこちらに任せていれば、漁夫の利を獲れた筈だ。
(……“共通の敵”とは、こういう事を云うのだな)
 ハウゼンは内心、自嘲っぽく苦笑(わら)う。その皮肉を痛感する。
 多くの兵達が、自分の指示一つで死地に向かう。“結社”は普段から、そんな価値判断を
繰り返しているというのだろうか? 一体何故そこまで、何を目指して……?

続きを読む
  1. 2018/05/08(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔33〕

 暗がりに潜む地下のサーバー室に、珍しい客がやって来た。灰色フードの青年と老紳士風
の男──ヘッジホックとトーテムである。
 カツンカツンと響いた足音の後、開いたゲート。
 その横顔、特にヘッジホックのそれは、真っ直ぐに張り詰めたかのような険しさを湛えて
いる。
「……何だおめえ。どうやって入った?」
 これにすかさず動いたのは、正面の円卓の面々だ。
 二人を睨み付けるチンピラ風の男(グリード)と、傍らの肥満の大男(グラトニー)に、
神父風の男(ラース)。ゴスロリ服の少女(スロース)、黒スーツの青年(ラスト)及び、
エンヴィーこと勇──不在の白鳥(プライド)を除いた“蝕卓(ファミリー)”幹部七席。
 気配ですぐに同胞だとは分かった。だがここは自分達蝕卓(ファミリー)の拠点だ。専用
のIDを使わない限り、ここへやって来るのは基本的に不可能な筈だが……。
「──」
 するとそんな思考を読んでか、トーテムがついっと指を一つ立てた。円卓の上に置いてあ
ったカップが、右へ左へとひとりでに滑って止まる。彼の念動力の能力だ。ラースが眼鏡の
奥から、ラストが流し目の端で視線を投げていた。どうやら扉のロックも、こうして物理的
に解除したらしい。
「やあやあ。おかえり。ヘッジホック、トーテム。君達から“里帰り”してくれるなんて、
泣かせてくれるじゃないか」
 ラース達の剣呑に反応して、暗がりのあちこちから現れていた無数のサーヴァント達。
 しかしその一方で、白衣の男(シン)だけは上機嫌だった。いつものように飄々としてい
るとも言えたが、両腕を、纏う白衣を大きく広げると仰々しく出迎える。
『……』
 だが肝心の、対するヘッジホックの表情は険しいまま微動だにしなかった。傍らのトーテ
ムも、彼ほどではないが、言葉なく白い目を向けている。
「……用件を聞こうか」
「ああ。折り入って、あんたに頼みがある」
 ラース以下七席達が、無言のまま眉を顰めた。それでもシンが自分達の前面に出て話して
いることから、実際に割って入ってまでこれを遮ろうとはしない。
「一つ、約束をして欲しい。僕が守護騎士(ヴァンガード)を倒せたら、僕の仲間達を自由
にさせてやってくれ。あんたらが僕達に手を出さないのなら、僕達もあんたらに手を出さな
いと誓う」
 ヘッジホックは言った。それは自らが、彼の者に対する刺客にならんとする宣言だった。
 全ては亡き友の──バイオの願いの為。やり方はいささか乱暴ではあったが、自分達の未
来を勝ち取ろうとして半ばに散ったその遺志を、彼は受け継ごうとしたのだ。
 ヘッジ……。傍らのトーテムが、実際にそう漏らしたかのように、きゅっと静かに唇を結
んでこの横顔を見ている。
「はあっ!?」
「おい、待て。何を勝手な事を……」
 当然ながら、この一方的な提案に幹部達は反発を隠さない。
 特に血の気の多いグリードや、獲物を奪われる格好となる勇は黙っていない。そうでなく
とも“身勝手”と映るのだ。そう安易に「独立」など許す訳にはいかない。
 詰まる所……敵討ちだとしても。
「ああ、いいよ」
『シン!?』
 だが当のシンは、そんな申し出をあっさりと受け入れた。ラース達を始め、周りの幹部達
が驚いたようにこちらを見遣ってくる。ガタッとにわかに席から立ち上がろうとする勇らを
制しながら、やはり彼は飄々としていた。
「まぁ、いいじゃないか。やらせてみるくらい。亡き仲間(とも)の弔いの為に……泣かせ
るじゃあないか」
 片手で目元を拭うようにして、だけども表情は変わらず底知れぬ笑みを。
 ラース達は押し黙っていた。蝕卓(ファミリー)の頂点、自分達を生み出した張本人がそ
う認めるのなら、これを覆すほどの権限は持ち合わせていない。
 勇が明らかに不服なまま席に座り直し、ラースが眼鏡のブリッジを、スロースがやれやれ
と嘆息をついている。そんな面々のやり取りをじっと見ていたヘッジホックが、改めて確認
するように問うた。
「……本当にいいんだな? 僕達を、自由にしてくれるんだな?」
「ああ。約束しよう。その間、こちらも邪魔はしないでおくよ」
 一見朗らかにシンが言う。ヘッジホックは、トーテムはこれを数拍じっと見つめていた。
 ゆっくりとその返事を咀嚼するように、全身に染み込ませるように、彼らは一旦目を瞑り
ながら深く息を吐き出した。安堵したのだろうか。「必ずだぞ?」念を押すように、確約を
取りつけるように、去り際にもう一度こちらを見据えてから踵を返す。
「……」
 その一瞬、トーテムが迷うように彼とシン達とを見比べていた。さりとてそれも数拍の事
で、すぐに彼の後を追って歩き出す。

 カツカツと、靴音が遠ざかって行った。
 少しだけ明かりの差した暗がりの中で、シンと七席達は不気味に佇んでいる。

続きを読む
  1. 2018/04/24(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (165)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (96)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (35)
【企画処】 (384)
週刊三題 (374)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (349)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート