日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔40〕

 今思えば、由良が『二手に別れましょう』と言ってきた時、俺はあいつを止めるべきだっ
た。勝手な親心を利かせ、こいつも先ず俺を頼ることから離れて一人前の刑事(デカ)にな
ろうとしているんだなと、その心中を察せなかった事がそもそもの間違いだったんだ。

 一体どういう経緯で、どれほどの事実を知ったのかは分からない。
 だが少なくとも、あの時点であいつは越境種(アウター)や当局について怪しんでいたの
ではないか? その確証を得ようとしていたのではないか?
 つまり、わざわざ一人で調べようとしたのは──俺を巻き込まない為。
 ……馬鹿野郎。要らない所ばかり似やがって。先輩よりも先に逝ってどうする。
 白鳥達に消されたのは、十中八九蝕卓(れんちゅう)と当局の繋がりに、あいつが勘付い
てしまったからなのだろう。或いはもっと踏み込んで、触れようとしたからか。
 ……何てことはない。敵は始めから、すぐ傍にいたんだ。
 もし当局自体がクロ──白鳥や幹部連中が染まっているのなら、これまでの不自然なほど
の隠蔽や性急さにも合点がいく。というより、その為に奴らが組織内に入り込んだと考えた
方が妥当だろう。少なくとも、昨日今日の話ではない筈だ。
(すまねえ、由良。俺のせいで、お前は……)
 悔しくて悔しくて、何度だって唇を噛み締める。
 相棒(あいつ)がいなくなってから、一体何度、俺は自分の不甲斐なさに己をぶちのめし
たくなっただろう? いっそ暴発し、何もかも吐き出してしまいたかった。
 だけども出来なかったのは……ひとえにそれが刑事(デカ)の誇り以上に、あいつの犠牲
を無駄にする事だと、頭の何処かで解っていたからだ。
 あいつが自身の血を使ってでも俺に残そうとした『ASU』──杉浦が連中の仲間だとい
うメッセージ。俺にはその意思を、受け継ぐ義務がある。あいつに代わって白鳥達を、この
街のど真ん中で踏ん反り返っている奴らの鼻っ柱をへし折らなけらばならなかった。
 尤もその為に、そんな事実に俺自身が行き着く為に、対策チームなんていう外野の集まり
に借りを作ってしまうことにはなったが。
「……」
 全くどいつこいつも、他人を馬鹿にしてやがる。
 連中に捕まって、あっちこっちを引っ張り回されて。
 俺自身が表向き容疑者にされちまったことは、正直どうでもいい。それよりも今は、奴ら
をあの場所から引き摺り降ろすのが先だ。
 大よそ身体の傷は癒えた。一体あれから、どれだけ時間が経ったのだろう? 相変わらず
でたらめな技術だが、今は都合が良い。元よりじっとなんざ──大人しく怪我人なんざして
られない。
(……もう少し待ってろよ。由良)
 だから俺は一人歩いてゆく。目指すべき場所ならば決まっている。
 全ては由良(あいぼう)の弔いの為。あいつの信じた、正義の為だ──。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/11/13(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔39〕

『兄ちゃん──』
 黒いリアナイザの拳鍔(ダスター)を打ち込む寸前、勇の目には亡き弟・優の姿が映った
ような気がした。
 生前の記憶そのままに、心優しくはにかんだ笑顔。その姿に、勇は思わずハッとなる。
 故にそんな一瞬の迷いが、結果として七波を、粉砕の運命から逃れさせた。
「先、輩……?」
「──っ」
 咄嗟に身を屈めたすぐ頭上の、激しく抉られた背後の壁。
 どうやら攻撃が外れたらしいと判り、彼女は混乱している。勇もそこでようやく、事の重
大さに気が付いたのだった。
(俺は一体、何を……?)
 少し手元が狂った、と言うにはあまりにもお粗末。少なくともこの女が筧兵悟から自分達
のことを聞き及んでいる以上、始末しなければならない。
 なのに──身体が思うように動かない。理屈では今やるべきことは解っているのに、まる
で自分の中で別の力が働いているかのように、もう一撃という動作を踏み留まらせる。
 まさか、こいつの「謝罪」を真に受けたとでもいうのか? 今更優(あいつ)が戻ってく
る訳でもないのに。こんな涙に自分が騙されかけた? そんな「弱さ」など、とうに捨てて
来た筈なのに。
 大体こいつも、あいつを見殺しにした“仇”じゃないか……。
「……ご、ごめんなさい」
 するとどうだろう。怯えて震えの止まらない七波は、再びそう勇に謝り始めた。
「そう、ですよね。今ここで謝ったって、優君はもう戻っては来ないのに……」
 但し今度は、自らが見て見ぬふりをしてしまったことへの詫びではなく、勇へそう安易に
謝ってしまったこと、それ自体へのものだ。ぎゅっと目を瞑り、声色を抑えながらも、その
姿はまさに命乞いそのものだ。
「私達が死なせたんです。なのに謝ったらどうにかなるだかなんて──自分勝手ですよね」
「……」
 彼女を見下ろしたまま、勇はゆっくりと黒いリアナイザを壁から離した。数拍、ほぼ無音
の反応となって何が起こったのかと、七波がおずおず目を開けようとするが、勇は次の瞬間
そんな彼女を至近距離の真上から見下ろすと呟く。
「もう、喋るな」
「えっ?」
「これ以上誰かに話してみろ……。本当に死ぬぞ」
 思わず目を瞬いて戸惑う七波。彼が刺すような眼光と鬼気を纏っているさまは相変わらず
だが、その言い方は、まるで他人事のようにも聞こえた。
「──うーん。確かこっち辺りから聞こえたような……」
「本当かあ?」
「気のせいじゃねえの? 今この辺、ポリ公やら何やらで騒がしいし……」
 ちょうど、そんな時である。二人が居た路地裏の、更にもう一区画向こうの通りから、通
りすがりと思しき男達の声が聞こえたのだった。三人分の足音が近付いてくる。おそらくは
壁を抉った際、その物音に気付いたのだろう。
「おーい、誰かいるのか~?」
『……』
 カツ、カツンと、靴音がやけに鳴り響きつつ、そんな何処か間延びしたやり取り。
 警戒と動揺。勇と七波は、それぞれにハッとなって身構えていた。どちらからともなくそ
の場で息を殺し、何とか彼らが立ち去ってくれるのをじっと待つ。
「──ちっ」
 だが先に痺れを切らしたのは、勇だった。まだこの邪魔者らが視界に入って来ない内に、
さっさと逃げてしまうことを彼は選択したらしい。他人に目撃され(みられ)てしまっては
元も子もない。舌打ちをして自分からあっという間に離れ、反対側の横道へと消えてゆく彼
とこの乱入者の影を交互に見遣りつつ、七波も迷う。
「……っ!」
 そして出した答えは──逃走。
 故に彼女は次の瞬間、思わず慌てて、この場から駆け出していたのだった。

続きを読む
  1. 2018/10/16(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔38〕

「……ッ?! 由良!」
 目覚めた廃屋の広間で、筧はようやく行方を眩ませていた相棒の姿を目の当たりにした。
逆光の日差しの中、窓際の位置に倒れている──血に汚れ、仰向けになっているのを見つけ
て、咄嗟に駆け寄ろうとする。
 ──やっと見つけた。
 ──すぐに助けなければ。
 だがしかし、そんな身体の衝動的な反応とは裏腹に、その思考は辛うじて冷静だった。
 切欠は、彼の周りに広がる血だまりを、ぐちゅっと踏み締めたその直後だ。
(これは……血糊?)
 逆流するように溢れてきたのは、違和感。筧は思わず足を止め、そのすぐ真下に転がる由
良の姿を見つめ直す。
 ……そもそも、この状況はおかしい。
 こいつは何日も行方知れずになっていたのに、これじゃあまるで「今し方」殺されたかの
ようじゃないか。それも自分が連中に捕まって、また知らない場所まで移された──目を覚
ましたのと、ぴったりタイミングを合わせるように。
 いくら何でも、出来過ぎている。
 筧はそう直感していた。しかし実際目の前で眠っている、死んだように倒れたまま微動だ
にしない由良の顔は、やはり当の本人にしか見えなくて……。
「──!?」
 ちょうど、そんな時だった。思考の中の違和感と、目の前に映っているものとの齟齬にじ
っと眉間に皺を寄せていた筧の背後から、パシャリとある意味で場違いな音が聞こえてきた
のである。
 筧は半ば反射的に振り向く。だが時既に遅かった。いつの間にかこの広間の出入口の壁際
に、自分以外の第三者の姿があり、こちらにデバイスのカメラレンズを向けて静かに嗤って
いたのだった。
「……」
 にいっと、憎悪とねちっこい嗤いを浮かべてしたり顔をしている杉浦、もといライアー。
 故に筧は次の瞬間、自らの身に起きた状況の拙さを悟る。青褪める。
 由良の死体。血だまり。その前で古びてはいても、ナイフを片手に突っ立っていた自分。
その三つのさまが、今奴に撮られた……。
「っ、てめえ!」
 嵌められた。そう理解して思わず叫んだ直後、背後で更にあり得ないことが起きた。
 由良がむくりと立ち上がったのだ。まるでゾンビ映画のワンシーンにでも遭遇したかのよ
うに、杉浦に向き直った筧の背後を、この血に汚れた由良の姿をした何か──偽物が、逆再
生を掛けられたかの如く取ったのだった。
「!? そうか、やっぱりお前は──」
 完全に前後を挟まれた、退路を塞がれた格好。
 肩越しに全てが仕組まれたものだったのだと理解し、この由良の皮を被ったアウターらし
き化け物を睨もうとしたその時、ふと杉浦は何かをこちらに投げて寄越してきた。筧は反射
的に顔にぶち当たる寸前に掴み取ると、怪訝な眼でそっと確かめてみる。
「……これは」
 それは短銃型をした独特なツール。いわゆるリアナイザだった。
 不快──今までの経緯から蓄積してきた悪感情と、目の前に次々と投入される出来事に未
だ頭がついて来れないが故の混乱。
 ニヤリと、杉浦はそんな戸惑う筧の表情を見て哂っていた。先程よりも、彼に向ける憎し
みの類は、一層顕著になっているようにもみえる。
「もう逃げられねえぜ? 此処でお前を殺っちまうのは簡単だが、そうはしねえ。たっぷり
と……“利用”してやるよ」
 限界まで張り詰めるように緊迫する、見知らぬ廃屋の中。
 罠に嵌められ為す術なく身構える筧に、ライアーはその姿を撮ったデバイスをひらひら片
手にちらつかせたまま、言う。

続きを読む
  1. 2018/09/25(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔99〕

 刹那、巨大な翼で自らを包んだセイオンは、竜族(ドラグネス)本来の姿を解放した。
 冷え冷えと蒼い全身の鱗──氷竜である。その姿になってちらっとこちらを見下ろしてき
た彼の背中に、ジーク達北回りチームの面々は乗り込んだ。直後、ぐんと上昇し、空高くへ
と舞い上がる。周囲ではセイオンの部下達が竜人態となって飛び、ずっと遠く高くに見えて
いた竜王峰の上層が、次第に大きく近付いてくる。
「──切欠は、君達が大爺様と出会ったことだ」
 そうして何度、ゆっくりと大きな翼をはばたかせた頃だったろう。重ねて謝罪をしてきた
後だったろう。
 竜の姿のセイオンは、その整った横顔に憂いを宿したまま、されど視線は真っ直ぐに山の
頂を見つめ続けて言った。
「尤も君達からすれば、そもそも先に接触してきたのはこちらなのだがな……。最初、大爺
様がそこの彼女──レナ君について調べて来て欲しい、会いたいと頼んできた時、私は何と
なく嫌な予感がしていた。大爺様も、タイミングは違っただろうが、おそらく仔細を聞く内
に懸念を抱くようになったのだと思う」
 曰く、ヨーハンも“結社”との対決に有効だとは解っていても、本音としてはジーク達に
聖浄器を渡したくはなかった──絶晶剣(ボルフ)と絶晶楯(マレフ)を再び使わせたくは
なかったのだという。
「大爺様は、英雄になりたかった訳じゃない」
 曰く、若さ故の過ち。良かれと思って突き進んだ道が、偶々良い結果に転がっただけ。
 気付けば十二聖として祀り上げられ、他人びとに囲まれて身動きが取れなくなっていた。
それでも全くこちらに落ち度がなかったと言えば、嘘になるが……。
 だが、そうして増えていった一族と、子孫らの成長を見ることができたのは確かに幸せで
はあったものの、一方でそれまでに犠牲にしてきたものを忘れられた訳ではない。かの大戦
で失われた命と戦友・ユヴァンの死。それらを想う度に、自身の歩んできたこの道は本当に
正しかったのだろうか? と……。
 ジーク達をリュノーの大書庫へ誘った理由は、そこだ。
 生前かの親友(とも)は、早々に隠居こそせど、何やら熱心に資料を集めていた。あの頃
から既に“結社”の不穏な動きに気付いていた可能性が高い。ジーク達に聖浄器の真実を知
って考え直して欲しかったのと同時に、彼の残した資料からもっと詳しいことが判るかもし
れないと考えたのだ。
 だが……そんなヨーハンの心積もりも、アルスがその隠しメッセージを解読したことで大
きく崩れることになる。他でもない“結社”の黒幕が、かつての戦友(とも)だと知ってし
まったからだ。
 セイオン曰く、解読結果を読み終えた後、ヨーハンは今まで見たことがないほどに酷く泣
いていたという。その上で、彼は自分達に足止め工作を頼んできたのだと。
「大爺様は……死ぬつもりだ」
『──っ!?』
 だからこそ、次の瞬間セイオンがぽつりと絞り出すように紡いだ言葉に、ジーク達は思わ
ず言葉を失った。
 戦友(とも)を止めること。それが己に残された責任だと、ヨーハンは考えたらしい。
 たとえ命を賭してでも、彼と戦うつもりなのだと。事実“結社”の側も、既に残る聖浄器
である絶晶剣(ボルフ)と絶晶楯(マレフ)を狙っている。
「そこまで知ってて……!」
「ああ。止められなかった。私達では、大爺様を……」
 竜の姿のまま眼を、そっと気持ち細める。
 ジークの掠れそうになる荒げた声に、セイオンは抵抗することもなく認めた。イセルナや
レナ、クレアといった面々が「セイオンさん……」と哀しげな表情を浮かべている。
 なまじ近しい親族だから。現当主として本人の苦悩を知っていたから。
 しかし一時は自らに言い聞かせていたその釈明も、ジーク達と剣を交えた──交えて改め
て、結局は諸々の責任を彼一人に押し付けていただけなのだと痛感した。寒空の音。数拍の
間セイオンは、部下達は黙っていたが、程なくして再び前を見据えて言う。
「……だが大爺様は、もう独りじゃない──させちゃいけない」
「ああ。そうだな……。急ごう、爺さんを助けるんだ」
 静かに目を瞬いてこの跨る巨体を見下ろし、ジークが呟く。仲間達もコクリと、一様に神
妙な面持ちで首肯する。
 風雪の増してゆく空を昇り続け、やがて上層の宝物殿が見えてきた。
 やはり此処までくると地面はかなり白く降り積もっている。山頂に届く岩肌の一角を掘り
込むように造られたそれは、確かに来る者を拒む自然の砦のようだ。
「!? あれは──」
 ちょうど、その時だった。
 ジーク達は眼下に、開いた宝物殿の入り口に立っているヨーハンとその従者らしき数名の
人影を見た。そんな彼らと相対するように、目深にフードを被った人物と胴着羽織の男──
ティラウドと、数名の見覚えある使徒達の姿を見たのだった。

続きを読む
  1. 2018/09/12(水) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔37〕

「んんっ……!」
 無理やりいつの間にか、鉛のように重く暗い底に意識を沈められて、筧は一抹の不快感と
共に目を覚ました。喉に詰まった濁りを吐き出すように何度か咽返りつつ、知らず知らずの
内に深い渋面を浮かべている。
(……っ。何だ? つーか、何処だ、ここは……?)
 力いっぱい顰めた視界に映っていたのは、昼間と思しきながらも妙に薄暗い、とある室内
のようだった。
 長らくまともに人手が入っていないのだろう。辺りにはひんやりとしたカビ臭さが漂い、
粗く目張りされた壁や天井の隙間から日の光が静かに差し込んでいる。
 何処かの廃屋か……。筧はまだぼうっとする頭で、そう状況を把握しようと努めていた。
 後ろ手にされた手首と足首には、固く結ばれた縄。まだ節々の痛みが残る中、筧は可能な
限り直前までの記憶を引っ張り返そうとする。
 あの時は確か、自分達は鎖で柱に括り付けられていた筈だ。例の兄(あん)ちゃん達の姿
も見当たらないということは、やはり自分だけが別の場所に移動させられたのだろう。一体
何の目的で? いや、そんな思考を巡らせているよりも、今は此処から脱出する方が先だ。
 連中がいない今がチャンスだ。筧は辺りを見渡し、そして部屋の隅に半分朽ちかけた作業
机があるのを発見する。
 どうやらこれも長らく放置されているらしい。ごちゃごちゃと工具や図面らしき古紙が乱
雑に積まれているが、そこにナイフがあるのを彼は見逃さなかった。
 あれなら……。手足の自由が利かない中、腰を下ろした格好のまま尺取虫の要領で身体ご
と作業机の前に移動すると、筧は一旦背を向けて、後ろ手越しにこのナイフを手に取った。
古びて大分錆付いているが、背に腹は代えられない。まだ切れ味が残っていることに賭け、
この刃をぐいっと自身を縛る縄の隙間に捻じ込んでゆく。
「……よしっ!」
 少々難儀したが、無事拘束を解くことができた。どれだけの時間縛られていたのだろう?
軽く手首を振って握力を確認しつつ、残る足首の方の縄も切る。
「……」
 握ったままのナイフ一瞥して、改めて辺りを見渡す。
 案の定、警察手帳やデバイス、拳銃や警棒といった装備は取り上げられたままらしい。正
直心許ないが、このままナイフは持って行くことにした。いつ連中と鉢合わせして、戦いに
なるとも限らない。
 物音一つ聞こえない廃屋の中を、筧は慎重にクリアリングしながら進んだ。部屋の外周に
背を預けながら、扉同士の隙間をじっと覗いては、敵がいないことを一つ一つ確認しながら
隣へ、そのまた隣へと移動してゆく。一気に出口まで進むべきか? いや、内部構造が判ら
ない以上、下手に直進すれば潜んでいる敵に勘付かれる恐れがある。
(妙だな……)
 だが、そう筧が慎重に慎重を重ねて辺りを警戒しているのに、当の連中の姿は一向に確認
できなかった。気配すら感じない。
 尤も相手は人外の化け物達なのだから、それぐらいできるのかもしれないが……だとして
もそうする意図が分からない。わざわざ自分をこんな所に監禁していたのだから、何かしら
目的があった筈だ。
 もしかして、何かの取引の為に出払っているのか?
 ならば脱出には好都合ではあるが……杜撰過ぎないか?
(──うん?)
 ちょうどそんな時だったのだ。筧の前にふと、それまでよりも大きめの空間が広がった。
 先程までよりも一層警戒して、中に入る。例の如くボロボロだが、残っている調度品など
を合わせると、どうやら元々はリビングの類だったらしい。
 ここにも敵はいなかった。ぽつんと、筧は眉間に皺を寄せたまま、この廃屋の広間の中に
立っている。
『──』
 いや、誰かいる……。
 次の瞬間、筧が斜め向かいの窓際に見つけたのは、ぐったりと仰向けに倒れたまま微動だ
にしない、何者かの人影だったのだ。
「……?」
 だから最初、筧はそれが誰なのか分からなかった。
 少し遠巻きの位置にいたというのもある。だが何となくじっと目を凝らし、日差しの逆光
の中に血汚れが残る身体と、見慣れたその顔を認めた時、彼は思わず全身を強張らせて驚愕
の表情を浮かべた。
「……ッ?! 由良!」
 はたしてそれは、行方を眩ませた筈の自身の相棒で。
 次の瞬間、衝き動かされたように、筧は彼の下に向かって走り出し──。

続きを読む
  1. 2018/08/21(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (173)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (99)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (40)
【企画処】 (412)
週刊三題 (402)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (367)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month