日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔89〕

 時は一旦、更に遡る。
 顕界(ミドガルド)西方、王都グランヴァールの地下深くに、人知れず広がる監獄。
 光さえ届かない冷たい石室の奥に、グノアは変わらず囚われていた。封印術式の魔法陣や
両手足の枷、そしてその身を縛り付ける全身の鉄杭。幾度となく血を流し、再生を繰り返し
た傷は薄汚れた痕となり、やつれて力なく項垂れたままな彼の姿を一層凄惨に見せている。
「……」
 それでも尚、息があるのは魔人(メア)の不死性故か、或いは結社(そしき)への忠誠心
なのか。
 グノアは、連日のようにヴァルドー軍からの取り調べ──もとい拷問を受けていた。
 国を裏切って“結社”につき、この二年その内情を知る人物となったが故に、ヴァルドー
側としては少しでもそういった情報を引き出したかったのだろう。
 しかし彼は、散々に痛めつけられても尚、決して口を割らなかった。それは頑なと言って
いいレベルの気迫であり、強烈な王国側への敵愾心であった。拷問は日に日にエスカレート
していったが、現場の兵士達はその実「これは駄目だ」と感じていたという。
 尤も……事実として口を割らなかったことと、心身が磨耗しないなどということは必ずし
も共存しない。グノアは殆ど“結社”への縋りつく信仰でもって踏み止まっていた。肉体は
勿論、その精神は内心、エスカレートする拷問と経過する日数と共に壊れてしまう寸前まで
追い詰められていたのだから。
(……あの時、彼らは誰も私を助けなかった。私は、やはり見捨てられたのか……?)
 鉄杭と枷に繋がれたまま、ぼうっとグノアは考えている。繰り返し、徐々に膨らんできた
自身の疑心と闘っている。
 この国へのクーデター作戦、ファルケン王打倒に動いた際、他の使徒らは王の伏兵達に形
勢をひっくり返された自分に一切手を差し伸べなかった。
 まるで、何処かで失敗する(こうなる)と予想していたかのような。かの王を亡き者にす
ることは即ち今回の目的に適うが、失敗したのならそれはそれで仕方ないとでも言わんばか
りに距離を取ったままで。
(何故だ……。何故私が、こんな目に遭わなければならない……?)
 奴らは思い知るべきなのだ。“正義”は我々の側にある。あの厖大な真実を前にすれば、
人一人国一つのエゴなど何とつまらないものか。奴らの拷問に耐えてきたのも、全てはあれ
が絶対の存在だと理解したからだ。ここで負ければ、自分はその為に捨ててきたものさえも
無駄にしてしまう。あれと出会うまでに通り過ぎてきた時間が、無意味になってしまう。
(何故だ……。私は“選ばれし者”ではなかったのか……?)
 身体の痛みはさして重要ではない。魔人(メア)の再生能力という意味ではなく、もっと
大事なことが在るという意味で。
 今、グノアの心を折りかけていたのは、頭をもたげてくる不信であった。自分がこんな目
に遭っているというのに、仲間達は一向に助けに来ない。任務を失敗した者に情けは掛けな
いということなのだろうか。……ならば、何故勧誘した? 半身半機の身体を与え、使徒の
一人に加えておきながら、何故使い捨てた? 忠義と疑心の間で揺れる。身体の痛みよりも
何よりそれが、彼の心と体をミシミシと引き裂かんとしていた。
「──?」
 ちょうど、そんな時である。ふとグノアの耳と視界の端に、ゆらりと一個の松明の灯りと
幾つかの足音が入った。
 見張りの交替のようだ。もうそんな時間か。ずっと時計もない暗がりの中で繋がれている
ものだから、時間の感覚すらあやふやになっている。もう何十回目だろう? 数える余裕も
意味も失った。また取り調べという名の拷問が始まるのだろうか? ……だが、そうじっと
気配を窺っていると、どうも様子がおかしい。交替した獄吏達がカツンカツンと、こちらへ
向かって歩いて来る。
「やあ。酷い目に遭ったな、使徒グノア」
 一見すると揃いの制服に身を包んだ獄吏達だ。リーダー格らしき男が他の者達を従えて牢
の前に立ち、悠然と何処か陰のある声色で呼び掛けてくる。
 何だ……? グノアはゆっくりと顔を上げた。相手の人相は、深めに被った軍帽と暗がり
のせいでよく見えない。
「誰だ。ここの人間では……ないのか」
 絞り出した誰何は、疑問と憤りが半々に混じっている。態度とわざわざ自分を“使徒”と
呼んでくることからして、どうやらヴァルドー側の者でもないらしい。まさか助けが来たの
か? だとしても、遅過ぎる。今更どんな面を下げて鷹揚としていやがる。
「まあ、そう睨むな。七人の一人“黒の盟友”と名乗れば分かるだろう?」
「──ッ?!」
 故に、相手の名乗ったその一言に、グノアは戦慄した。いや、畏怖した。
 組織の中枢にいた者でなければ知らないその異名、統べる者達。“教主”と並ぶ、自分達
が仰ぎ見るべき存在……。
「貴方が……」
「ああ。“武帝”よりも私の方が、こういう仕事には適しているからな」
 目を見開いてグノアが呟いている。獄吏の制服に身を包んだ──変装したこの黒髪の男は
何の気なしにそう答えている。
 驚いたのはそういう意味ではないのだが……。ともあれ、同志である事には間違いない。
 尤も、この時期このタイミングで現れたということは、必ずしも助けに来たという訳では
なさそうだが。
「話は他でもない。面倒な事になった。元使徒ヘイトは知っているな?」
「ええ。奴は愚か者です。大命よりも私心に走った……」
「そうだ。ギルニロックでの一件から二年、奴は今、保守同盟(リストン)を掌握して自ら
の勢力を作り上げようとしている」
 黒髪の男は語り始めた。かつてその資格なしとして切り捨てられ、処分の手を逃れて行方
を眩ませた元使徒のその後。彼が今や、統務院でも自分達でもない第三の勢力を形作ろうと
していること。それが自分達“結社”にとっても、都合が悪いということ──。
「アトス方面の主犯が奴だということは、既に聞いているな? 癪だが、お前達の作戦を利
用して北方を──ひいては統務院全体を掌握しようとしていたらしい」
 グノアは静かに眉根を寄せていた。その話は、拷問の途中で何度か断片的に聞かされた情
報だ。彼らが自分から情報を引き出そうと躍起になっていたのは、そんな事情も加味されて
のことだったのだろう。
「アトモスファイ・ハーケンは死んだ。統務院は、その面子にかけて奴を許さないだろう。
事実奴が使った魔導具から、背後にいる協力者達をあぶり出そうとしている」
 曰く、近い内に全面戦争が始まると。
 黒髪の男は言った。ごく淡々と順を追い、グノアに向かって前置きを並べるように。
「──使徒グノア。お前に、最後の使命を与えよう」

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/11/15(水) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔88〕

「くうっ! 何という事だ……!」
 光の妖精國(アルヴヘイム)の中枢、屋内庭園に囲まれた会議場。
 外界の騒ぎとは一見隔絶され、対照的に見えるその広々とした席に、五人の老エルフ達が
集まっていた。この巨大な里を統べる長老達である。
 内一人がぎりっと杖を握り締めて怒っていた。残る四人も同じく激昂や、寡黙な不機嫌面
をそれぞれに浮かべている。
 先刻、里一帯に警報が鳴り響いた。防御結界に干渉した何者か──侵入者を知らせる鐘の
音だった。
 長らくこんな事はなかった。そもそも自分たち妖精族(エルフ)の一大拠点を、不用意に
刺激して敵に回そうと考える勢力が此処古界(パンゲア)の何処にいるというのか。
 なのに、現在進行形でそれは起きてしまった。森に紛れながら、犯人は逃走。しかも出動
した若い兵が二人ほど、彼らに怪我を負わせられたという。
「その者達の手当てを急げ、このような事で失わせてはならんぞ!」
「意識が戻れば、犯人の顔も覚えているだろうしな……。速やかに状況の整理を進めよ」
「他に被害はないのか? 一体何の為に……?」
 めいめいに腰掛けたまま、困惑している長老達。
 忙しなく報告に駆け込んでくる兵らにその都度指示を飛ばしながら、彼らは一様に渋面の
思案顔をしていた。何故? が多過ぎる。里が誕生してから数百──数千年。近隣の國々と
小競り合いこそあったが、この百年ほどは大きな事件もなく平和だったというのに……。
「目下確認中です。ただ現場の者達からの報告によると、侵入者はジーク・レノヴィンほか
二名だったと……」
『何っ!?』
 だからこそ、戸惑いながら言葉を継いだこの報告の兵に、長老達は一斉に目を遣ると丸く
していた。古界(パンゲア)でも仙界(レムリア)でもない。噂に聞く、地上の人間の名前
が出てきたからだ。
「レノヴィン……。確か地上で暴れているという、例の風雲児か」
「この二年、大人しいと思っていたが、また動き出した訳か」
「しかし何故、そんな地上の者達が此処へ……?」
「──天上(こちら)に来ているのですよ。彼と、クラン・ブルートバードが」
 そんな時である。眉根を顰め合う長老達の下へと、澄んだ一声が投げ掛けられた。ハッと
して彼らが視線を向けると、そこには庭園の入口からこちらへと歩いてくる一人の男──胴
着姿に羽織を引っ掛けた竜族(ドラグネス)男性の姿があった。
「ハザワール殿」
「お取り込み中失礼。ですが、どうやら里の外が騒がしいと聞きましてね」
 衣装もあり、何処となく独特な雰囲気。長老達からハザワールと呼ばれたこの人物は、あ
くまでフッと微笑を浮かべたままこの会議に同席を志願する。少なくとも敵ではない──よ
ほど信頼されているのか、長老達も立ち合っていた兵らも、特に反対などはしなかった。寧
ろ恐縮し、どうぞと席を勧めてさえいる。
「クラン・ブルートバード……」
「ええ。レノヴィンと、彼らと言えば特務軍です。つまり天上(こちら)に来た理由は十二
聖ゆかりの聖浄器でしょう」
「むう……」
「そういう事か。統務院め。地上だけでは飽き足らず、我らが地まで蹂躙するつもりか」
「少なくとも、彼らが与かり知らぬという事はないでしょうね。それに、ハルト・ユーティ
リアはかつてのレノヴィンが盟友の一人。私の掴んだ情報では、レノヴィン達は既に彼に接
触し、身を寄せているようです」
「何……だと?」
「おのれ、ユーティリアめ。やはり碌な事にならなかった……!」
 ハザワール氏──胴着羽織の竜族(ドラグネス)は、そう続けざまに独自に手に入れたと
いう彼らについての動静を伝えた。長老達が一様に悔しさに歯を食い縛り、怒りに身を震わ
せる。ハルト・ユーティリアとその妻サラ。二年前、この里からの離脱と独立を宣言し、長
年の秩序を掻き乱した者……。
「今回の侵入も、おそらく聖浄器──“弓姫”アゼル・メルエットの足跡を辿る為のもので
しょう。大方、目的を果たす為の陽動……。当時の史料は今何処にありますか?」
「む……? 史料? アゼルについての、ですか」
「何処にやりましたかのう。何せ先々代の頃のものですから……。旧書庫だったかの?」
 故に、次の言葉で彼が問うてきた内容に、長老達は数拍怪訝になった。
 アゼルにまつわる史料──それがレノヴィン達の狙い? あのかつての裏切り者を調べて
何になるのだろう? 事実ハザワール殿に訊かれるまですっかり忘れていた。おそらく随分
と埃を被っている筈だが……。
 長老の一人が、そちら方面の担当である別の長老についっと視線を遣って確認を取った。
コクリとこの長老は頷き、まだ控えていた兵とこの胴着羽織の彼を見返す。
「念の為、場所を移しておくことを勧めます。また狙ってくるかもしれませんから」
「……そうじゃな。すぐに係の者に伝令を」
 はっ! 控えていた兵が頷き、駆け出してその場を後にして行った。長老達自身は、裏切
り者の文献の一つや二つぐらいと思いはしたが、実際その為に里の平和が掻き乱されたので
ある。若き兵士が傷付いたのである。やはり開明派(れんちゅう)は信用ならない。改めて
警戒を強める必要があるだろう。
「ユーティリアもだが、やはり外の人間は信用できんな」
「全くだ。このままでは済ますまい。追跡はどうなっている? 例の若い兵と交戦した後、
逃げてしまったそうだが……」
「ああ。急ぎ、追跡要員を増やすとしよう。地の利は我々の側にある。事前に逃走経路を確
保してでもいない限り、そう遠くへは行けない筈だが……」
「くっ……。やはりユーティリアか、レノヴィンまで引き込むとはな……。やはり災いの芽
は早々に摘んでおくべきだった……」
「ご心配なく」
 口々に不信と、苛立ちを露わにする長老達。
 だがそんな面々に、胴着羽織の彼は言った。変わらず静かな笑みを浮かべてそっと胸元に
手を当ててみせる。
「既に私の部下達が、動いてくれておりますので」
 その表情(かお)に何処か不穏な、一抹の影を差しながら。

続きを読む
  1. 2017/10/09(月) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔87〕

 “弓姫”アゼルことアゼル・メルエットは、およそ千年前のゴルガニア戦役において解放
軍の一翼を担った妖精族(どうほう)の女性です。

 森に生まれ、森と共に生きる私たち妖精族(エルフ)の中でも、彼女の弓の腕は抜きん出
ていました。故郷で獲物を追って過ごした狩猟生活の経験は、戦場という環境に変わっても
遺憾なく発揮されたといいます。解放軍の遊撃大隊を任された彼女は、帝国兵の視認の外か
らの遠距離狙撃でもって多くの敵を討ったと伝えられています。
 ……しかし、その後彼女が辿った運命は、大よそ不遇と言ってしまってよいでしょう。
 故郷に戻った彼女は、地上の者達に与したという理由で追放されてしまいました。詳しい
やり取りまでは記録に残っていませんが、彼女は彼女なりに、故郷と天上世界の未来を憂い
て行動を起こした筈です。もし帝国があのまま滅びず、各地への版図拡大を続けていたなら
ば、ここ古界(パンゲア)にもその食指は伸びていたでしょう。事実当時既に、地底世界の
各地が徐々にその勢力下に呑まれつつありました。全ては故郷を守る為だったのです。
 ですがそんな彼女の想いは、結局理解されることはありませんでした。彼女を放逐したの
は、他ならぬ守りたかった故郷の古老達でした。当時から彼らは、じわじわと迫る外の世界
の悪意よりも、連綿と続けてきた“秩序”を守ることに拘泥していたようです。
 そして彼女は、二度と故郷の地を踏むことはありませんでした。
 守ろうとした人々に裏切られ、どれほど失意の旅だったのか。……いえ、或いは古老達が
そうした態度に出ることは、ある程度分かっていての志願だったのかもしれません。
 十数年に及ぶ、放浪の旅が続きました。帰るべき場所を失った彼女は、各地に点在する同
胞らの集落を訪ねて回りましたが、その殆どが彼女を歓迎しなかったといいます。古老達が
手を回していたのでしょうか。或いは風の噂で耳にし、保身に──要らぬトラブルの元を背
負い込みたくないと警戒したのでしょうか。
 しかし……救いはあったのです。長い旅路の末、彼女は一組の同胞夫妻と出会いました。
彼らは彼女の境遇を知り、大変親切に迎え入れてくれたといいます。まだ年若い夫婦だった
ため、それほどしがらみが多くなかったのかもしれません。
 二人の名は、コリン・ランバートとシーナ・ランバート。後に私達のご先祖様となる二人
です。かつての“弓姫”に手を差し伸べた彼らは、その後彼女の生涯の友となりました。長
い放浪の旅の末、彼女もまた、彼らの暮らすこの地を安住の地としたと伝えられています。
 ……唯一彼女が報われたのは、彼ら夫妻との出会いだったのかもしれません。地上ではそ
れこそ英雄的な扱いをされながらも、故郷に戻ってみれば放逐された身。
 一度は得た地位や名声を捨て、その後彼女は静かな余生を送ったといいます。生涯彼女に
は伴侶も、子もできませんでしたが、友であるランバート夫妻の子供達にはまるで実の親族
のように愛情を注ぎ込んだと伝えられています。
 記録によれば、それからおよそ三百年──私たち妖精族(エルフ)は長命なのです──の
後、彼女は亡くなりました。最期を友たるランバート一族に看取られ、そしてその今際にあ
る頼みを遺して。
『この弓を……エバーグリスを頼みます。この戦友(とも)の魂を解放してくれる者が現れ
る、その日まで……』
 これこそが、私達“守人の一族”誕生の瞬間です。
 夫妻は友の最期の願いを快く引き受け、代々守り続けてきました。遺された言葉の通り、
この翠に輝く聖なる弓が、真に解放されるその時まで……。

「──おーい、ミシェルー!」
 どうやら知らぬ間にうとうとと眠ってしまっていたようだった。大樹の枝の上に寝転がっ
ていたミシェルは、ふいっと、そう下から呼び掛けてくる声に起こされて目を覚ました。
 眼下には、妖精族(エルフ)の青年二人がこちらを見上げて手を振っている。大柄な方が
テオで、小柄な方がマギリ。共に彼女と同じ“守人”の一人だ。
 幹に預けていた背を、身体を起こしてミシェルは彼らに向き直って見下ろした。確か二人
には街の方へ買い出しに行って貰っていた筈だ。もうそんなに時間が経ったのか……。
「どうしたー? ぼうっとしてー?」
「……ううん。何でも。少し寝入っていただけよ」
 するりと樹から飛び降り、彼らの前に着地する。二人は両手や背中に買い物の布袋を提げ
ており、何処となく得意げだ。中身を確認したら長旅を労ってやらねば。
「おかえりなさい。一応聞くけど、尾けられたりは?」
「問題ない。その点に関しては最優先で気を付けてるよ」
 テオが苦笑いを零し、布袋を差し出した。ミシェルがそれを検めている横で、同じく仲間
のマギリがふと思い出したように言う。
「ああ、ミシェル。そういえばさ」
「? うん?」
 テオも彼を見遣っていた「ああ、あれな」と思い出したように小さく頷き、二人して彼女
に向かって報告してくる。
「実は情報収集がてら、酒場やギルドにも寄って来たんだがよ」
「そこで、面倒なものを見つけちゃってね……」

続きを読む
  1. 2017/09/12(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔28〕

「嘘、だろ……?」
 まさにそんな皆の絶望感を代表するように、仁は呟いた。
 西大場、日没後の雑木林。アウターの気配を察知した睦月達は、そこである意味最悪の形
でもって彼との再会を果たす。
『……』
 瀬古勇だった。玄武台(ブタイ)の事件、タウロスとの戦いの後、行方を眩ませていた今
回の尋ね人である。
 しかし三度対峙した今、彼の姿は変貌していた。新たなアウター・ドラゴンをその闇色の
リアナイザに取り込み、一行の目の前で“変身”してみせたのだから。
 黒を基調に統一された禍々しいパワードスーツ姿。ゆっくりと光った両眼はドラゴンのそ
れと同じ錆鉄色を宿し、まるで守護騎士(ヴァンガード)を反転させたかのような意匠で立
ちはだかっている。

「──ふむ。計算通り、装着は成功みたいだね」
 そんな人知れぬ波乱の一部始終を、彼らは観ていた。
 薄暗い地下のサーバールーム。“蝕卓(ファミリー)”の面々である。
 いつものように集まった面々、円卓に着いた六人とは別に立って、白衣の男(シン)はそ
っと眼鏡のブリッジを押さえながら微笑(わら)った。一同が視線を向ける壁面には、勇ら
の様子を映し出す大きなホログラム画面が展開されている。
「守護騎士(ヴァンガード)に対抗する存在、ドラゴンを宿す者──もし名前をつけるのな
らば、差し詰め“龍咆騎士(ヴァハムート)”とでも呼ぼうか」
 くくく。押し殺すように笑うシンは、そう心底愉快そうに呟く。
 円卓の面々が、静かに瞳を光らせていた。彼の発言を記憶する者、この新たな戦力を警戒
する者。口にこそ出さないが、それぞれの思惑が暗がりの中で交錯する。
 ミラージュに密命が下っていたのは、全てこの為だ。
 彼の能力で守護騎士(ヴァンガード)の詳細な構造を把握。その上でこれらを上回るシス
テムを開発する。
 この白衣の男にはそれができた。勇用にドラゴンをチューニングし、かの天敵に対抗する
為の力として生まれ変わらせたのだった。
「さあ、お手並み拝見といこう。運用試験(テスト)開始だ」
 同時、画面の向こうで龍咆騎士(ヴァハムート)──黒い鎧を纏った勇が咆えた。
 シンの二つと、他の面々六人分、十二の揺らいで軌跡を描いた眼光。
 延々と低く、駆動音を鳴らし続ける暗がりの中、彼の狂気を孕んだ喜色がこだまする。

続きを読む
  1. 2017/08/22(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔86〕

 先方からの案内役・ミハエルと合流し、世界樹(ユグドラシィル)の上弦から弧を描くよ
うに東進する。
 古都(ケルン・アーク)を出発してから数日。ジーク達北回りチームは古界(パンゲア)
の鬱蒼とした原生林を進んでいた。辺りには薄くぼんやりとだが、霧も出ている。これほど
までに自然が残っているのは、開拓が進む──使い潰される前に先人達が地上へと出て行っ
たからなのだそうだ。整備された道は少ない。ジーク達はミハエルやシフォン、クレアとい
った土地勘のあるメンバーを先頭にして緑の中を進んでいく。
「皆さん、大丈夫ですか?」
「平気ー? ちゃんとついて来れてるー?」
 樹から樹へと、トントンと軽快に跳んで渡ってゆく妖精族(エルフ)の三人。
 彼らは時々立ち止まり、こちらの進み具合を心配してくれた。三人にははっきりと草むら
の中に道筋が見えているのかもしれないが、ジーク達には辛うじて所々に掻き分けた痕跡を
見つけられる程度だ。
「何とかな。見失わない程度に頼まあ」
「はは。流石は妖精族(エルフ)だ。水を得た魚だな、ありゃ」
 樹上のクレア達に応えながら、がさがさと掻き分け掻き分け。
 リカルドが少し疲れているようだった。苦笑を漏らしながら、トントンと数歩先を跳んで
ゆく彼女達を見上げている。
(以前は、俺も森だの何だのに分け入って魔獣を狩ってたモンなんだが……)
 冒険者という括りでは自分もシフォン達も同じ筈だ。だが、種族的な差があるとはいえ、
今ではすっかり野に繰り出して魔獣討伐──冒険者本来の仕事をやるということが減ってし
まったように思う。それはひとえに自分達兄弟の為、度重なる“結社”との戦いにシフトし
てくれたからなのだが、こうして久しぶりに人気のない場所を分け入っていると、かつてあ
ったいち冒険者としての日々を思い出す。
(また、鍛え直しとかないと……)
 道なき道を、只々黙々と進む。
 ミハエルが先導してくれているから間違いはない筈だが、里に通じる「道」は依然として
見えない。注意深く見れば、何度か掻き分けられた跡は見つかるが、先ず素人には見分けが
つかないと言ってしまって良いだろう。
「なあ、ミハエルさん。もっときちんとした道ってねえのか? ある程度俺達でも覚えてお
いた方が、後々手間も掛けさせずに済むと思うんだが」
「……すみません。うちはまだ出来て間もないので。いずれ整備に人を回す予定ではありま
すが、それまでは私達が案内させていただきます。それに、この方が光の妖精國(むこう)
にはバレにくいですからね」
 一旦太い枝の上で立ち止まり、肩越しに振り向いて苦笑するミハエル。
 だが対するジークは内心、何とも言えぬ心境だった。思わず渋い表情(かお)をして眉間
に皺を寄せている。
 話によると、彼ら開明派のエルフによる新たな里・霧の妖精國(ニブルヘイム)は、これ
まで古老達の強い影響下にあった光の妖精國(アルヴヘイム)から独立して作られたという
経緯があるらしい。
 故に、隠れ里。出来てまだ日が浅いこともあり、なるべく古老達にはその正確な位置を知
られたくないのだという。
 ……そこまでして、分け隔てなければならなかったのか? ジークはギッと胸奥が小さく
も締め付けられる思いだった。他に方法はなかったのだろうか? 他種族の問題とはいえ、
ヒト同士いがみ合う、解り合えないというのは、まさにこの世界の縮図そのもののようでは
ないだろうか……?
「さあ、見えてきましたよ」
 内心悶々としながら進む。すると暫くして、それまで覆い被さるように広がっていた霧が
はたと捌けていった気がした。同時に視界が開ける。ぐるりと丸く切り拓かれた森の端から
見下ろした段々の凹みの先には、木造と石積みが混在する集落群が見える。
「あれが私達の里、霧の妖精國(ニブルヘイム)です」
 ジーク達はミハエルを先頭に、ようやく整備された道を下って行った。道の先は里の正門
らしき三重の見張り台に繋がっており、そこには二組のエルフ夫婦と子供達──里の面々が
手を振りながら一行の到着を出迎えてくれていたのだった。
「クレアー、シフォン君ー」
「お姉ちゃん、叔父さん、こっちこっちー!」
「おう、シフォン。久しぶりだなあ。元気そうで何よりだ!」
「……父さん、母さん」
 クレアの両親、ハルト・ユーティリアとその妻サラ。ハルトの弟で、シフォンの両親でも
あるカイトとその妻タニア。
 里を率いるのは、そんな仲間達の両親らだった。周りには四人の子供──クレアの弟妹ら
が元気に諸手を挙げている。皆、それぞれにクレアやシフォンと似た面立ちをしているよう
に見えた。尤も兄ハルトは線が細く、弟カイトはガタイが良い。どうやら二人の子らの容姿
は、それぞれに濃い方が違うらしい。
 おーい! 里の皆が、笑顔を向けて手を振ってくれている。
 ぱぁっと笑うクレアと、両親との再会に表情を硬くしたシフォン。ジーク達はそんな二人
に微笑みかけ、残る坂道を駆け下りた。

続きを読む
  1. 2017/08/07(月) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (151)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (89)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (349)
週刊三題 (339)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (326)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート