日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔108〕

 世界樹(ユグドラシィル)内部に浮かぶ要塞・摂理宮。その深部たる中枢域にて。
 奥半分に大穴が空いたフロアの真ん中で、ユヴァンは幾つもの魔導的なホログラム板を操
っていた。ポゥン、ポゥンと。大穴のすぐ手前、大量の魔流(ストリーム)が渦巻く霊海の
気流。眼下にそんな世界の“摂理”を視ながら、彼はじっと自らが為すべき役割に集中を続
けている。
「──そうか。ジーク・レノヴィンはようやく“死んだ”か」
 そうして背を向けたまま、彼はハザンやシゼル、ティラウドにオディウスといった盟友達
から、事の子細について報告を受けていた。先頭に立つのはハザン。彼ら“結社”の表向き
の指導者として辣腕を振るう老魔導師である。
 曰く冥界(アビス)にて、かの兄弟の片割れが“煉獄”に収監されたとのこと。
 途中で色々とすったもんだはあったようだが、これで最大の邪魔者はいなくなる……。
「でもまだ、安心は出来ないな。あの男はしぶとい。それにクラン・ブルートバードの仲間
達が冥界(あちら)に攻め入ったとなれば、また一悶着起きるのは確実だろう」
 ええ……。ハザンは恭しく、シゼルはその補佐的に傍らで。オディウスは斜に構えたよう
に腕を組んで立っているし、ティラウドは沈黙を守ったまま、中空に浮かぶホログラム板達
をじっと見つめている。
「アララギ殿には、確実に消して貰わないと」
「はい。当人も既にその為に動いておられるようです」
「しっかし、あの世まで追っかけて来るとは……。ティラウド、やっぱあん時、ごり押して
でも始末した方が良かったんじゃねえか?」
「……かも、しれないな」
 ユヴァン殿。すると次の瞬間、ハザンが口を挟み始めた。
 まだ何か報告すべきことがあるとみえる。ユヴァンも、ようやくこちらへと肩越しに振り
向き、その眼差しで続きを促す。他の面々が横目を遣って気持ち眉を顰める中、彼はおもむ
ろにもう一人の片割れについて語り始めた。
「その事なのですが……。確かにジーク・レノヴィンは“煉獄”へ放り込めたものの、それ
とは別のトラブルが起こりまして」
「……弟の方、ですか?」
「ええ。面々に同行していたアルス・レノヴィンが、どうやら“虚穴(うろあな)”の中で
暴走した魔流(ストリーム)に呑まれ、はぐれたようなのです。おそらくは聖浄器──兄に
代わり守っていた六華でしょう。加えて彼の流された先というのが、神界(アスガルド)で
ありまして。現在、ルキ殿が動いてくれてはおりますが……」
『──』
 ユヴァンを始めとした他の盟友達は、それぞれに言葉を失って驚愕した。素直に目を大き
く見開いた者もいれば、すぐにその出来事(トラブル)が意味する所を導き出そうとする者
もいる。
 こと盟主たるユヴァンは、後者の側に拠って立ったらしい。
「……もしかしたら、彼らもまた“撰ばれ”つつあるのかもしれないな」
「っ?! 何ですと!?」
「おいおい。それって色々拙いんじゃねえのか?」
「アルス・レノヴィンが神界(アスガルド)に流れ着いたのも、偶然ではない……と?」
「可能性は十分にあります。そもそもあそこは、通常の航行では立ち入れない場所。偶然に
しては出来過ぎている。だから彼個人というよりも、もう“片方の者達”の意思が介在して
いるとしか……」
 そう最後まで言いかけて、ユヴァンは再び熟考モードに入った。口元に手を当て、じっと
何かを懸命に頭の中で計算しているかのように。
 驚き、動揺しているハザンやオディウス、シゼル。そんな中でティラウドだけは、彼と同
じようにそっと口元に拳を当て、薄く目を瞑り始めている。
「オディウス、ティラウド殿」
 そしてユヴァンは盟友の内、武に長けた二人を指名して言った。嫌な予感はなるべく潰し
ておかなければならない。こと自分達と──“摂理”に深い繋がりを持ちうる相手ならば。
「念の為、用意出来る分の兵を連れて神都(パルティノー)へ向かってください。ルキ殿と
合流し、あの二人が本当にそうなってしまう前に始末を」
「お、おう! 任せとけ」
「……了解した」
 重鎧を鳴らし、羽織胴着を翻して。
 ユヴァンとハザン、シゼルが見送る中、二人は直後踵を返すと出撃(ばをあとに)して行
ったのだった。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/09/10(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔46〕

 集積都市が一つ、飛鳥崎の郊外。
 先端インフラの檻(ゆりかご)から距離を置く──取り残されたとある集落の入り口で、
筧はふいっと肩越しに振り返った。警戒心で寄った深い眉間の皺は、今やその標準装備と化
して久しい。
(……何だ?)
 かつてスーツの上にコートを引っ掛けていた刑事の姿は、もう見られない。
 彼はハンチング帽を目深に被り、袖なしベストにズボンといった、変装用の服装に身を包
んでいた。言わずもがな、自らの正体を隠す為である。普段はかけもしない伊達眼鏡もその
一環だ。
 中央署の一件以来、自分を尾けていた冴島達に動きがあったのだ。彼が部下の半分を連れ
て、何処かへと去って行った──遠巻きに潜んでいた気配が、明らかに減ったのを感じ取っ
たのだった。
(まあ、目障りな連中が減ってくれるのはいいが……)
 されど、内心のそんな憎まれ口とは裏腹に、実際に貼り付けていた表情は渋いままだ。
 何の理由もなく、対策チーム(やつら)があの男を下げる事はしないだろう。となると、
それ相応のトラブルが起きたと考えるのが自然だ。……嫌な予感しかしない。街の方に──
七波君(かのじょ)の身に、何かあっただろうのか?
「……」
 しかし筧は、そのまま街の方へ引き返す事はしなかった。
 先日当の本人に、今後の心積もりを留守電に残したばかりだし、何より未だ面と向かって
話せる気がしなかった。心の整理がついていなかった。
 それでも……失意のまま閉じ籠もってしまえば、この視界はどんどん暗く狭くなる。だか
らこそ多少無理矢理にでも、己を“外”に向けていた方がまだ建設的だろうと考えたのだ。

 越境種(アウター)もとい、改造リアナイザの被害者を巡る旅。
 筧が独り足を運んでいたのは、かつて飛鳥崎を震撼させたテロリスト・井道の住んでいた
集落だった。由良と生前、一度聞き込みに訪れた地区でもある。
 司令室(コンソール)の資料によると、爆弾魔(ボマー)のアウターの召喚主。
 彼は急病に倒れた妻を、すぐに搬送に来てくれなかった集積都市に対し、強い恨みを抱い
ていたらしい。
 ……つまりは復讐だった。あの事件は大上段なテロリズムなどではなく、井道個人の復讐
劇と表現するのが正確であった。救命措置が遅れた結果、息を引き取った妻。井道はその無
念を、やがて集積都市の医療だけではなく、街そのものへの敵愾心として膨らませていった
のだろう。
 その為に、違法なリアナイザを?
 最初に資料を読んだ時は、正直そんな風に思ったが、今なら解る気がする。事実かねてよ
り飛鳥崎の水面下では、こうしたアウター達の力に取り憑かれた人間達が、多くの事件を引
き起こしてきたのだから。
 自身も井道以前──対策チーム(れんちゅう)による一度目の記憶操作を受ける前に、期
せずしてその一端に触れようとしていたらしい。
 尤も、これらが明るみに出た切欠が、井道の一件である点に変わりはないのだが。
(……あんまりじゃねえか。恨み辛みに付け入られた挙句、散々利用されてポイなんざ)
 独り筧は集落の一角にある、かつての井道の自宅前に立っていた。事件以降、主のいなく
なった古い一軒家は、どうやら売りに出されてしまったようだ。
 街に子供達がいるとの話も聞いているから、その内の誰かが厄介払いよろしく処分しよう
としたのだろう。ただ事の経緯もあってか、買い手がついている様子はなく、でかでかと地
面に打ち込まれた『売り物件』の看板の後ろで順調に廃屋化が進んでいる。
「……」
 暫くの間、筧はじっと、この見捨てられた空き家を眺めていた。
 あんまりじゃないか。
 言っておいて、思い直す。そもそも自分だって当時は、井道(かれ)が恨んでいた飛鳥崎
当局側の人間だったというのに。
「──誰だい、あんた? この辺りじゃ見かけない顔だな?」
 ちょうどそんな時である。その場に縫い付けられたように、旧井道家を前にしてこれを見
上げ続けていた筧の背後から、ふと少なからず険のある声がした。眉間もろとも皺くちゃの
顔をした、集落の住民らしき老人だった。
 ……拙い。気配に振り向いた筧は、内心焦っていた。
 こちらの正体がバレてしまったのではないか? 何せ自分は以前、由良と共にこの集落で
聞き込みを行っている……。
「え、ええ。市内から来ましたから」
「やっぱりか。てーことは、記者さんか何かかい?」
 ええ、まあ……。だがどうやら、その心配はなさそうだった。この近付いて来た老人は、
変装した筧の姿をざっと眺めると、勝手に勘違いしてくれる。筧は下手に自己紹介する訳に
もいかず、はぐらかすように応じておいた。
 もし自分が元刑事だと知られれば、間違いなく恨み節をぶつけられるだろう。「今更調べ
に? もう遅いよ……」老人は何処か遠い場所を見るような目をすると、おもむろに嘆息を
ついて話し始めた。
「この家に住んでた人のことは、もう知ってるんだろうが……。井道さんといってね。心臓
に病気のあった奥さんと二人で住んでたんだが、その奥さんを亡くしてからというもの、す
っかりおかしくなっちまった。かれこれ半年──いや、八ヶ月前くらいに行方知れずになっ
てそのままだったんだ。で、街で死体になって見つかった」
「……」
「二人とも、飛鳥崎に殺されたようなモンだよ。儂ら郊外の人間は、医者にもすぐに掛かれ
ない。本人にはもう訊けやしないが、井道さんも恨んでたんだろうよ。……街の方じゃあ、
デンノーセイメータイって化け物がうろついてるんだってな? 出元が街の連中らしいし、
もしかしたらとは思うが……。あんたらも精々、痛い目に遭えばいいのさ」
 声色はあくまで淡々とした冷たいものだったが、老人が時折向けてくる一瞥は、間違いな
く筧こと街側の人間への憎しみだった。
 井道ももしかしたら、その化け物によって命を落としたのかもしれない。それでも彼らが
同様にその牙を剥けられるなら、多少は留飲も下がろうものだと言わんばかりに。
「……」
 筧は老人を直視する事が出来なかった。郊外民、集積都市の恩恵を受けられない者達の、
街に対する憎しみは、かくも依然として燻り続けている現実。
 確かにアウター達は、蝕卓(ファミリー)──街の者達が生み出した“罪”だ。
 怪しいのは、リアナイザの製造・販売元たるH&D社だが……はたして人が取り締まる事
が出来るのだろうか? 相手はその内部まで、自分達当局に侵入を果たせるほどの組織力を
も兼ね備えている。今だって、どんな悪だくみを進めているか分かったモンじゃない。
 老人の恨み節は、“新時代”に乗らなかった各々の自業自得と行ってしまえばそれまでな
のかもしれない。だがそうバッサリと、全てを切り捨ててしまうのはあんまり過ぎる……。
(……法を犯してでも、叶えたい“願い”……)
 井道を始めとした、これまでの様々な召喚主達の背景を念頭に、筧はそんなフレーズを脳
内で復唱する。
 悪イコール蝕卓(ファミリー)。その点は間違いない。
 だが筧は改めて、この一連の問題の根深さを思い知ることになったのだった。

続きを読む
  1. 2019/08/27(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔107〕

 時はちょうど、グノアの処刑が中継され、世間の眼差しがそちらへと釘付けにされていた
タイミングと重なる。
「ま、待ってくださいよ~! 先輩~!」
 とある雑誌社に勤める、女性記者と男性撮影技師(カメラマン)のコンビだった。二人は
世間の注目が件の処刑に向かっている中、密かにトナン皇国へとやって来ていたのだった。
「遅い! ネタは待ってくれないわよ?」
 後を追ってくる後輩に、先輩記者である彼女は振り返る。今回の目的は、行方知れずとな
ったジーク皇子及び、クラン・ブルートバードの消息だ。
 古界(パンゲア)・ディノグラード家の葬儀に加え、弟皇子アルスも失意の休学。以降そ
の動静はなく、学院側も秘して沈黙を保っている。今はそっとしておいてあげてくれという
ことなのだろう。
 だが……そこではいそうですか、と引き下がる訳にはいかない。人々が強く知りたいと望
む時、何者かが風化させようとしている時こそ、自分達ジャーナリストの出番なのだから。
「だからって、俺達がすっぱ抜けるネタですかねえ? 例の処刑の方が、絶対に“撮れ高”
はいいッスよ?」
 一方でこの後輩は、今回の取材(えんせい)にあまり期待していないようだった。首から
下げた写姿器を片手に、普段見慣れぬトナンの和圏建築を時折見回している。
「横並びの記事なんか書いても、変わり映えしないでしょうが。うちみたいな小さな所は、
どうしても大手の報道に埋もれてしまう──独自報道を怠れば、じわじわと沈んでしまうん
だから」
 それでも彼女は、自らが勝ち取った情報に拘っていた。組織としての大きさに劣る分、追
従するだけの記事だけでは、どうしても大手の側に分がある。彼女は意気込んでいた。尤も
実際に記事を手に取る人々は、そのような事情など構いはしないのだが。
「さあ、聞き込みを始めるわよ!」
「はいはい……」
 故に二人は、というよりも主に彼女がぐいぐいと彼を引っ張り、両皇子の祖国・トナンの
地での取材を開始した。自分達が戴くジーク・アルス兄弟の事となれば、領民らも十や二十
思う所はある筈だと踏んだのだが──。

『あんたらも、ジーク様が死んだって言いたいのかい?』
『ブン屋はいつだってそうだ。他人に不幸があると、すぐに飛んで来る……』
『一番哀しんでるのは両陛下だ。俺達が何を言おうと、お二人の痛みに敵いやせんよ』

 滞在から数日、そんなある種の希望的観測は容易に砕かれた。話を聞いて回った限り、大
半の領民が思ったほど不満をぶちまけてはくれなかったのだ。或いは余所者に対して、不敬
を誰かに知られては拙いと暗黙の了解でもあったのか。
 少なくとも、国内情勢は少しずつ明らかになってきた。傷心のシノ女皇は体調不良を起こ
して倒れ、現在は夫・コーダス皇が代理として政務を回しているらしい。
 だが一方で、当のジーク皇子は過去あちこちの世界を旅して来ているため、敗北後も何処
かで身を潜めているのではないか? という憶測も多く聞かれた。二年前のフォーザリア鉱
山での一件から、突如として大都(バベルロート)に現れて、かの“結社”を撃退した先例
を指すのだろう。希望的観測なのか、まだ信じたくないだけなのか『まだ死んだと確定した
訳じゃない』──そう零す領民も、少なからずいたからだ。
「ですが、ディノグラード公の葬儀は行われたのに、こちらはそんな話さえ出ていないんで
しょう?」
「実はもう、治療中だとか? 同家が匿っているとか?」
「それとも……。表に出せないほど粉微塵になっているか……?」
「な、何てことを!」
「他国人だからといって、皇子らを侮辱するのは許さんぞ!」

「──はあ」
 結果、収穫はあまり無し。寧ろこちらが記者だと判ると、多くの領民達は不信の眼差しを
向けてさえきた。先代アズサ皇の治世を知りながら、放置していた事などを今も根に持って
いるのだろう。彼らはまだジーク皇子らの復活を信じているようだった。信じたいようだっ
た。心情としては、無理もないが。
「どうするんですかあ。肝心の皇子達の消息、分からずじまいですよ? まぁここの写真を
切り貼りすれば、繋ぎの記事一つくらいは出来そうですけど……」
「そんなのじゃ駄目よ! 何も獲って来れなかったって白状しているようなものじゃない。
正直、ここまで頑なだとは思わなかったわ」
「……そうッスね」
 参ったな。二人はそう、一しきり取材を終えて街の一角に座り込んでいた。滑らかな石の
ベンチが、ひんやりと尻から背中へと温度を伝える。暫くの間、お互いに掛けるべき言葉を
見つけられずに黙っていた。
 本を正せば、確かに自分達ジャーナリストの取捨選択、被害感情が故の非協力的な態度な
のだろうが……それは別に、直接自分達の仕業という訳でもない。
「こんにちは」
 しかし、ちょうどそんな時だった。
 ニッコリと、妙に紳士的に微笑む男性──トナン領民と思しき装束を着た、見知らぬ人物
が一人、こちらに向かって近付いて来たのは。

続きを読む
  1. 2019/08/13(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔45〕

 憎しみは何も生まないとは云うが、人は自尊心を痛めつけられたり実害を被ったり、何よ
り大切なものを失った時、容易に絶望からそちらへと流れ得る。
 そもそも溝(ドブ)に顔を押し付けられ、起き上がることすらしない人生など、はたして
生きていると言えるのだろうか?
(畜生……ッ!!)
 即ち、事件は終わってなどいなかったのだ。表面上、中央署を巡る一連の騒動は沈静化に
向かっていたものの、こと玄武台関係者(かれら)は密かに憎悪を再燃させていた。めいめ
いが街の中に潜んでいたのである。
(あいつが……。あいつが、ゲロっちまえさえしなければ……!!)
 事の始まり、瀬古兄弟が絡む内情を告発(リーク)した“裏切り者”の名は、七波由香。
野球部の元マネージャー見習いだ。
 確かに彼女は、結果的に中央署解放の立役者となったが、彼らにとっては敵視の対象でし
かなかった。加えて守護騎士(ヴァンガード)の実在──巷がいわゆる正義の味方と賞賛す
る向きに包まれても、彼らにとっては事を大きくした“疫病神”に過ぎない。
(……いや。どのみち瀬古勇の暴走は、止まらなかったのか?)
 或いは一周回って、はたと冷静に考える。
 尤もそれは、同じく結果論だ。当時から季節が移ったことで、ようやく過去の惨状を振り
返られるようになったというだけである。事実彼らの意識の内の占めるのは、尚も罪悪感で
はなく、各々の悔しさや保身──巻き戻る気配のない事態への苛立ちだった。
 故に水面下では七海や勇、こと“抵抗する相手”ではない彼女へと、その鬱憤は捌け口を
求め続けていた。

「引き金をひけ。そうすれば、お前の願いは叶う」
 そしてそんな彼らに目を付け、接近する影があった。他でもない“蝕卓(ファミリー)”
である。人間態のプライド、グリードとグラトニー、或いはスロースがそれぞれ改造リアナ
イザを投げ渡し、街の片隅に潜んでいた彼らへと魔手を伸ばす。
『──』
 行き交う人並みや物陰の奥。
 ただ当の彼らも、この出会いに欲望よりも困惑する向きの方が多かった。年頃の少年達や
学生と思しき少し年上の少女。唖然と、戸惑うように見上げた表情が、全く違った場所にて
重なる。
 改造リアナイザ。
 それは先の中央署の一件以来、アウターこと電脳生命体に繋がる代物として、知る人ぞ知
る禁制の品となっていた。「でも……」仮に望みが叶うとしても、そのような危険物に手を
出して良いものなのだろうか?
「……何を迷う事がある?」
 しかし対するプライド──白鳥は、淡々と彼らを見下ろしたまま言う。静かに眉間に皺を
寄せてから促す。
「力が欲しいんじゃないのか? 今を変えたいんだろう?」
 所変わって同じく、グリード及びグラトニーが言う。尻込みする目の前の関係者に、その
欲望を焚き付けんとするかのように。
「何? 今更“善人面”しようっていうの?」
 とりわけスロースは、そのゴスロリ服姿の少女という見た目からは想像出来ないほど、面
と向かって冷たい眼差しと毒を向けていた。そもそも苛めの末、瀬古優を死なせた“前科”
があるではないかと、暗に詰って刺激しようとしている。
「……手間を掛けさせるな。早く握れ」
 だが元より、プライド達はそんな彼らの心情を一々汲んでやる心算などなかった。必要な
どなかった。無駄な面倒が増えるだけだ。
 プライドはそう、迷うままの彼らを転げ堕とすように、改造リアナイザを半ば無理矢理押
し付けて──。

続きを読む
  1. 2019/07/23(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔106〕

 神都パルティノー。其処は街と呼ぶには違和感のある、創世の民・神格種(ヘヴンズ)達
の本拠地兼巨大研究施設だ。この世界の文明とは明らかに異質──無機質を突き詰めた塔状
建造物群の内外は、立ち入った人間(もの)に重暗い“畏れ”を抱かせるに充分ではあった
だろう。
「……ん?」
「あ、ルキさん」
 そんな継ぎ目も見えない研究棟(ラボ)の一角で、居合わせた神々(どうりょうたち)は
彼の姿を認めて振り返った。
 淡い金髪にトーガ風の衣装、引っ掛けた上衣。
 一見して端正な顔立ちと形容して差し支えない青年だった。ただ平常に張り付けたその表
情は、何処となくダウナーなそれを感じさせる。
「よう。見回りご苦労さん」
 遊戯と寓意の神・ルキ。こちらを向いてきた面々と同じく、創世の民の一人である。加え
て彼らからの眼差しと、手に何気なくぶら下げた高レベルのカードキー。それだけでこの人
物が、神都(パルティノー)内でも相当の地位に在ると分かる。
「話は聞いたぜ? 全く、所長(チーフ)はどういうつもりなんだか……」
 自分を一目置いて、若干緊張する神々(どうりょうたち)。
 されど当の彼──ルキ本人はごく気さくに、何時もの気だるげを引き摺りながら近付き、
話し掛けてくる。
「ああ、そっちも情報が行ったんだね?」
「何でも下界の人間が迷い込んで来たらしい。例の、レノヴィン兄弟の片割れだ」
「弟の方だそうだよ。それと、その持ち霊」
「ああ。二人をとっ捕まえた本人達から聞いた。所長(チーフ)に絞られた後で、随分ぐっ
たりしてたけどな」
 曰く、所長(チーフ)ことゼクセムが、件の迷い人らを箱庭(フラスコ)の下へと連れて
行ったとのこと。あそこは自分達にとって最重要のプロジェクトだ。いくら彼が施設内を自
由に行き来できる“権限”を持つからといって、安易に外部の者を入れてしまっては示しが
つかないではないか。せめて事前に、自分達にも知らせておくぐらいはしてくれてもいいだ
ろうに。
「そもそも何故彼が? 常人では、神界(ここ)には近付く事さえ出来ない筈だ。それに彼
の仲間──クラン・ブルートバードは、先日“結社”との戦いに敗北したんだろう? 悠長
に異界観光などしている場合ではないと思うんだが」
 そう言われても……。尤も居合わせた神々(どうりょうたち)もまた、その詳しい経緯に
ついては分からないことだらけのようだった。互いに顔を見合わせて、知らないと小さく首
を横に振る。
 王(ゼクセム)の手前、反抗も出来なかったのか。当人を含めた上層部の判断? それと
も彼らがアイリス転生体の友であり、例の暗号──自分達の正体を知っていること、下界で
はヒトの国のいち皇子である点からも、下手に扱えば後々面倒になると考えたからか?
「……仕方ないな」
 故にルキは大きく嘆息をつきつつ、されど追従するしかなかった。
 何せ自分達は“チーム”なのだから。もう後には戻れない身となって久しい以上、要らぬ
軋轢で神都(ここ)を追い出されては命に関わる。
 俺も様子を見に行って来るよ。ルキは言い、場の面々に深部へと続くゲートを開けて貰っ
た。自身の持つカードキーも使い、あくまで合法的に件の箱庭(フラスコ)へと向かう。
「そう言えば……。アルス・レノヴィンの所持品は、今何処に?」
「? ああ。えっと、確か……」
「B2隔離区だよ。例の凝縮品──兄貴の聖浄器を何故か持ってたらしくてな」
「へえ……。そっか、ありがとう」
 一人扉の向こうへと去って行くルキ。
 その間際、彼からそんな質問をされたが、場の神々(どうりょうたち)は特に疑問も持た
ずに答えた。既に己の持ち場に戻り、保守・点検作業を再開している者達さえいる。
『──』
 より深部へ。こちらに背を向け、通路奥へと消えてゆくその表情(かお)に、不穏な影が
差していたことにも気付かないまま。

続きを読む
  1. 2019/07/09(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (458)
週刊三題 (448)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month