日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(案内)日暮創庵へようこそ。

ようこそいらっしゃいました。
当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ『日暮創庵』です。
主に自分の書いた小説などの創作物+αの晒し場となっています。
創作物に関しては、基本的に各項目の下にあるものほど仕上げた時期が新しくなります。
投稿日時よりも、左記の“分類/索引”から辿ると読み易くなるように整理してあります(筈です)。
分量が多いですので、内部検索で“題名 〔章数〕”と走らせれば見つかり易くなります(筈です)。
(辿り易さを重視して投下するつもりなので、表示されている日時は必ずしも厳密ではありません)
また、折々密かに手直しを行う事もあるかもしれません(その際はできる限り履歴に記しますが)。
基本的に遅筆で鈍行運転かと思いますが、お気に召せばどうぞよしなにm(_ _)m

※尚、追記部分に時々の更新履歴(及び出没先)を載せるようにしています。変化の把握にどうぞ↓
 また当庵の各コンテンツの分類、備考は
品目紹介を参照ください。
※当庵は文章がみっちりです。お手数ですが、ブラウザの拡大機能などを併用くださるとm(_ _)m
閲覧環境は、PCを推奨しています。或いはスマホを横長状態にしていただくと、本来の改行が
上手く反映されるようです。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2037/04/28(火) 23:00:00|
  2. 【案内板】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(歌帳)とある物書の気紛短歌 2021

ここでは、拙いながら自分が気紛れに練ってみた短歌をまとめていこうと思っています。
なのでこの短歌という形態での創作は不定期となります(何よりも専門?ではありませんし)
一応「五・七・五・七・七」という、短歌としての最低限の形式になるよう文字数は調整
している筈ですが、時折変則的な読みをさせている場合があります。あしからず。
(その際は括弧付きでその読みを併記しておきます)

他の書き物共々拙作ではありますが、束の間の一興にでもして頂ければ幸いですφ(=_=)
(肝心の句は追記部分に掲載しています↓)

続きを読む
  1. 2021/01/16(土) 00:30:00|
  2. 【詩歌帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)巻き込まれぬよう、巻き込まぬよう

師走……かれこれ半年近く経ってしまったのか……○| ̄|_

再びの療養生活となり、時間自体はある筈なのに、どんどん筆を執る機会(習慣)が遠退く
なってゆく一方です。「書かなきゃ」と思っても──思う熱量さえ希薄で、中々手を付けら
れない。どうしても意味のあるものにしなければと、膨大になって震える……。

季節はまた一つ進み、すっかり寒くなりました。日が落ちるのもとんと早くなり、されどす
っかり不安定になってしまった心と体のリズムは、寧ろ独りの夜時間が訪れることにホッと
安堵さえしてくるように感じます(実際は気のせいなのでしょうけれど。その日一日で充分
な“成果”を挙げらなくてずるずると。少なくとも寝なければ、十中八九病む。その皺寄せ
が日中にズレ込みがちだというだけで)

コロナ禍も終わりが見通せず、先日からは第三波だと街はピリピリし、今年も気付けば残り
一月を切ってしまっている状況──やはりタイミングとしては悪手だったかなあと歯噛みは
しつつ、次のお仕事を探しています。とはいえ、今までの経緯が経緯なので、もうガッツリ
普通のサラリーマンをやるというのは正直諦めていますが……。

幸い実家住みなのと、前職の頃から貯めていた分を成る丈絞ってゆけば、もう暫くだけ猶予
はある。だけど迷惑を掛け続けたくはないし、当座として何処かしらのパート等に落ち着け
たとしても、自活の資力には程遠い。何より心が──もう積極的に他人びとの輪に入ってゆ
こうとは思わなくなっている。必要最低限。いつか廃れ、或いは物別れに終わって空中分解
する経験を繰り返すのなら、もうそういった方向で求めること自体止めようと。少なくとも
自分には向いていないんだからと。
平凡でいい。何者かになろうとしなくていい。器じゃなかったんだ。
只々この精神が、可能な限り長く、平穏であり続けてくれればいい──。

欲を掻き過ぎた。失敗した。調子に乗っていた。力が及ばなかった。

……だけど一方で、思うのですよ。別にそこまで、この先も頑張らなきゃいけない理由なん
てないよなあと。どうせ苦しむだけ、足りぬ足りぬと闘い、あと何十年も己を抑え込み続け
る日々を過ごすのなら、そこまで生きる意味ってあるんだろうか……? 某メンタルハック
の人の屁理屈や、古今東西の哲学者も、元々意味は用意されているものではないし、各々が
その最期に見出せれば上等だと云った。何より物理的に死んでも、残るのはただの汚い肉塊
に過ぎないし、デフォルトで生きる意味が無いのなら、同じく死ぬことにだって(自己満足
を除けば)意味は無い筈……。

結局大抵の人間は“惰性”で生きているんですよね。生まれて来てしまったからには仕様が
ない。全ては死ぬまでの暇潰し。俗世のあれこれに揉まれ、図太くなることを大人になると
呼んで、そこから意味を──ひいては価値を見出す。価値があるんだと信じることで忘れよ
うと努める。あまつさえ個体によっては、自身のそれをより多くの他者に感染(かくさん)
させることに熱狂する。そこに存在意義を求めたりもする。……酷い茶番です。尤もそうい
った足掻きこそ、良くも悪くも人間性と言えるのだろうなあとも思っていて。
まだ自分に余力あった頃は、歩みに酔っていた頃は、そういったもの達も含めて愛すること
も多少は出来ていて、しばしば創作の下地にもなり得た。でも今は……そんな余裕が無い。
熱が湧かない。ふいっと(己を棚に上げた)憎しみが勝ってしまい、善くない方向に叩き付
けたくなる。

それじゃあ……いかんのですよ。藝が無い。何よりそんなことに、現を抜かしていて良い身
分でもない。内側の矮小な思考力が死ぬよりも先に、空腹が来る。眠気が襲う。脳味噌が縮
こまり、錆び付いてゆけば、どのみち体に併せて心も死ぬ。

……ごめんなさい。

やっぱり未だ、元には戻れないみたいです。

続きを読む
  1. 2020/12/07(月) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)封をしながら過ぎてゆく

多少進んだけれど……(º﹃º)

誰も待ってやしないのにお久しぶりです。前回も同じ書き出しだったっけか、そう言えば。
日中の縋り付いていた残暑も、何度かの雨や台風によって取り除かれ、気付けばすっかり秋
の気配が濃くなってきましたね。日が沈む早さも然り、田畑にニョキニョキと生えては自己
主張をする彼岸花、或いは所々の余所様が植えたコスモスの鮮やかさも然り。如何せん半分
引き籠もりのような生活を送っていた身としては、正直季節に追い抜かれた感もあり……。

ツイッタ(小日記)上では、時々嘆きを吐き出しておりましたが、目下少しずつ現状を変え
るべく動こうとしている所です。向こうでの文面同様、恥を塗り重ねるような──所謂メン
ヘラと言って差し支えないような内容ばかりで、お目汚し申し訳ありませんm(_ _)m

……溜め込んでいては身体に毒で、実際出した=相談したからこそ身動きする目途が立った
訳ですが、正直罪悪感がじわじわと後ろから追って来る瞬間がままある。自縛から“解放”
されたとホッする自分を戒めるような、戒めるべきと思える感覚。後ろめたさ云々はまた雁
字搦めの素だと掃った方が良いのでしょうが、そもそも現状まだ事の取っ掛かりに過ぎない
ですからねえ……。良くも悪くも所詮は気の持ちようでしかないのか、焦りに苛まれる度合
いが和らいできたとはいえ、調子に乗るには早過ぎるのです。軽薄なのです……。

一つ前・二つ前の新記事の通り、コンスタントな創作活動は相変わらず止まってしまったま
まなのですが、ちょっとずつ「書く」行為に関わろうとはしています(紹介にもある通り、
リハビリを兼ねての参加でもありました)この雑記も例に漏れず。お前いつもリハビリしてんな。
習慣と感覚が取り戻せないほど遠くに行ってしまわないように、時々はこうしてキーボード
を叩いておきたいものです。──何より思考が、埃を被って積み上がる感情(なにか)達で
息苦しくなる。こんな、現状に振り戻された自分にも、彼らは未だ居るんだと確かめたい。

……う~ん、ポエミー。

まあ、前回よりは確実に頭の中を言語化できるようになってはいるものの、やはりと言うべ
きか相変わらずというか、予め着地点を固めておかないと本当要領を得ませんね(´A`)-3

続きを読む
  1. 2020/10/08(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)コロサレル

【注】先日、お世話になっている創作人コミュニティ内の企画に参加した際の拙作です。
   企画の日程が終了し、コミュ主さんからの許可を頂いたので、こちらにも掲載すること
   としました。概要は次の通りです。

   企画名「第六回おおくま杯(1400字の怪談)」
   :文字通り、1400字(程度)=文庫本2頁を上限としたホラー掌編を書いて提出。期間内
   であれば1人複数作でも可。コミュ放送内で一通り作品を紹介し終わった後、メンバー同士
   の感想や、誰が書いたものかを予想するクイズ要素付き。
   ※個人的には、執筆(創作活動)のリハビリを兼ねて参加した次第です(2/2本目)

(本文は追記部分からどうぞ↓)

続きを読む
  1. 2020/09/21(月) 00:00:00|
  2. その他参加物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (512)
週刊三題 (500)
その他参加物 (12)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (10)
【雑記帳】 (422)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month